全体表示

[ リスト ]


拘束中に「泣いた」ために中国の警備員によって殴られたチベット人の尼僧

2019-07-11 RFAより転載
イメージ 1

四川省のYachenGar仏教徒の野営地は、古い写真で示されています。

RFA
チベットの情報筋によると、四川省のチベット仏教研究センターから中国当局によって追放されたチベットの尼僧たちは、政治的再教育セッション中に苦痛の泣きを見せた後、警備員による厳しい治療の対象とされた。
 

四川省のPalyul郡のYachenGar中心部から今年削除された3000人以上の僧侶と尼僧たちの大集団の一部である尼僧たちは現在チベット自治区のChamdo(Changdu)県でJomda(中国語、Jiangda)郡で収容されているいます、情報源は言う。

 7月5日、チベット人の亡命者は、僧服を諦めざるを得ず、今や彼らは粗末な服を着ることを要求されている、と語った。
 「彼らの政治的再教育クラスの午前と午後のセッション中に、彼らは中国の愛国心のある歌を演奏し、踊ることを学ばなければなりません」とRFAの筋は言った、匿名性を条件にして。
 「そして夕方には、中国と日本の間の戦争で中国の兵士たちが勝利を勝ち取っているのを宣伝する中国の宣伝映画を見ることを強いられている」と語った。トレーニングセッションは中断して泣きました。
 RFAの情報筋によると、尼僧たちの涙が中国への不誠実さの証拠であると信じて、警備員たちは「黒く、く残るくらいのの殴打」で暴力を振るった。「その後、拷問がひどかったので、尼僧たちはほとんど立ち上がることができませんでした。」
 泣いた尼僧たちは、ふつうの収容者は6か月後には釈放され、また訪問した家族から食料や衣類の贈り物を受け取る許可拒否され1年半拘禁されると言われ、 。
 ジョムダで現在収容されている僧侶や尼僧たちは、外部からの接触について監視されており、厳重な監視下に置かれていると、情報筋は述べている。
 
数千人が追放され

 5月に始まったキャンペーンでは、およそ3,500人の僧侶と尼僧はYachenGarを去ることを余儀なくされました事を報告します。

 現在、約600人の中国人職員が、広大な仏教センターに常駐し、残っている人々を監視し、外部の訪問者をすべてチェックしています。

 ある当局がRFAに語ったところによると、中国当局は、以前は追放された人々の多くによって占められていたYachenGarの住居を取り壊しています。

 僧侶と尼僧を追い出した後、彼らは開発計画と呼ばれる対策の中に防火帯を作るためにおよそ60から70住庵を急襲し壊してしまいました」と、情報筋は言いました。
 
展開戦略
 

四川省のSerthar(Seda)郡のYachen Garと有名なLarungGarの規制は、チベットの仏教研究と実践のためのこれら重要なセンターの影響と成長を抑制することを目的とした「展開する政治戦略」の一部です。

2017年3月の報告書で述べています。
 ワシントン州を拠点とするチベット国際キャンペーンは、「(両センターとも)設立以来、何千人もの中国人開業医が仏教倫理を学び、精神的な教えを受けてきた」と述べた。

 チベット人の情報筋によると、2017年と2018年の間に、少なくとも4,820人のチベット人と漢族の僧侶と尼僧がLarungGarから撤去され、2001年から7,000を超える住居やその他の建造物が破壊された。

 1つの情報筋によると、両センターは現在、連絡を取って「連帯と相互扶助」に近づいてきており、亡命者からRFAに話しています。

 先月、超党派的な米国の国際宗教自由委員会の委員長であるTenzinDorjeeは、Yachen Garに対する中国の宗教制限を「宗教の自由に対するひどい違反である」と言い、当時RFAに「悪からもっと悪への方向への移行」と語った。」

 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事