全体表示

[ リスト ]


余命半年と宮崎先生は説く、
しかしもっと早いのかもしれない。欲張りな人々の心は真っ黒!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)7月16日(火曜日)弐
        通巻第6142号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 マレーシア「パイプライン」プロジェクト、40億ドルが消えてい た
  ナジブ前政権、ケイマン諸島へ送金。前代未聞の資金洗浄疑惑
****************************

 前々から怪しいプロジェクトだった。
 ボルネオのサバ州から662キロの海底パイプラインを敷設して、 マレー半島の東海岸までガス輸送を行い、その工事は中国石油の子 会社「中石パイプライン・エンジニアリング」が行う。
 中国はこれを「シルクロード」プロジェクトの一環と宣伝していた 。新幹線工事と併せて合計23億ドルという途方もない資金が、無 駄なプロジェクトに投下されようとしていた。

 「トランス・サバ」と名づけられたパイプラインの工事はナジブ政 権時代の親中路線による積極姿勢で、「2016年に開始され、2 018年九月の正式のキャンセル決定までに13%の工事が完了し ていた」(ストレートタイムズ、2019年7月15日)。
 しかも、マレーシアは80%の資金を「前払い」していた。総額3 0億ドルもの大工事を延べ払いではなく、一括して80%も支払っ たという「気前よさ」!

 じつはHSBC(香港上海銀行)のマレーシア支店口座から、この カネはケイマン島へ送金されていた。
 明らかな資金洗浄である。

ナジブ政権は、このプロジェクトを含む資金調達のため、総額60 億ドルの財団(1MDB)を設立して投資資金をつのり、カタール 、ドバイなど産油国のファンドが応じていた。IMDB疑惑は当時 からマレーシアで騒がれていたが、マハティールの逆転勝利の選挙 までナジブ前首相の逮捕は行われなかった。

 スキャンダルの浮上にともない、ドバイ、カタールなどの投資グル ープは、資金返還を求めて米国の裁判所に提訴した。なぜなら、前 述60億ドルの起債幹事はゴールドマンサックスであり、同社は、 起債手数料として6億8000万ドルという法外な手数料を手にし ていたからだ。

 また「1MDB」の口座からは60億ドルのうちの45億ドルが蒸 発していた。これは国家財政を食い物にしていたことになる。

 7月15日、マハティール首相は記者会見し、総額23億ドルの工 事費の80%、およそ20億ドルが支払われたのに、工事は13% しか完成していない。残り部分に相当する金額は返還して貰う必要 がある。とりあえず、口座残金の2億4340万ドルを差し押さえ た」と発表した。

      ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事