全体表示

[ リスト ]

今全国に インド料理と称してネパールカレーやが街の至る所で
見られます。 ナンを売り物にしているカレー屋です。
昔 ネパールは王政で チベットやインドともに仲の良い いい国でした。 そのころはインド料理と呼ばず ネパール料理と堂々とやって
いました。 この国の王制がクーデターで廃止された後、チベットを
植民地にした 中国共産党の支援する マオ派の共産主義者が
この国をおさめるようになり、すべて支那共産党の言いなりです。
そして 彼らが日本に大挙して日本にもぐりこみ 治安を乱しています。 彼らの支那共産党による行動監視は、中国の留学生と同じで
今ネパールの大使館が号令をかけると 集まるようになっています。
昔のネパールを知る人たちは ネパールへの募金とか ネパールの
学生援助とか言いますが、内情を知っていないのでしょう。
何年か前に 日比谷公園でネパールのお祭りを行っているときに
入り口で 「ネパールに住む亡命チベット人の人権を守れ」 をアピールしていたら 主催者が来てえらい剣幕で我々に迫った。
本来なら ネパール政府の横暴を一緒にアピールするはずが、
売り言葉に買い言葉でしたが、 日本人を誹謗中傷する言葉、すなわち 色の黒い『漢人』という雰囲気でした。
特に ご高齢の日本人の方に言いたいのは
 「もうネパールは昔のネパールではない、 口では日本好きと言うが そこには もう反日の火が燃えているのかも。。。。。。。」
ということで 本当においしい、インド料理もどきではない ネパール料理を食べてください。 そして不衛生な似非インド(ネパール)料理屋を排除しましょう。

亡命チベット当局者のために誤って米国市民がネパールから強制送還されました

2019-07-05 RFAより転載
 
  •  
米国市民のPenpa Tseringが、2019年7月3日のRFAとのSkypeインタビューで公開されています。

米国市民のPenpaTseringが、2019年7月3日のRFAとのSkypeインタビューで公開されています。

RFA
彼の名前が中国からネパール当局に提供されたブラックリストと一致し、 彼の名前厳しい処理を要求しているために先週ネパールから強制送還されたチベット出身の米国市民。
 
ニューヨークから17時間のフライトの後、ネパールのトリブバン国際空港に到着したばかりのペンサツェリング氏は、亡命先のインドのチベット議会の元講演者と同じ名前であったため、捜査のために連行されことを、7チベットのサービスが7月3日のインタビューで報告。
 
、「出入国管理当局は、彼らが探していた人ではないという私の繰り返し主張を無視し、代わりに私強制送還るために、空港でほぼ6時間の尋問した、」ツェリンは語りました。
 
「それは私にとって困惑させ、恐ろしい試練でした」と彼は付け加えました。
 
質問されている間、Tseringは彼が空港の外で彼を待っていた家族にテキストメッセージを送って、彼が 同姓同名の別の人と 間違われて拘束されていたことを伝えることをどうにかして行おうとした。
 
「そして、物事がさらに遅れたとき、私は再びテキストにしようとしました、しかし入国管理官は私の携帯電話を奪い、彼らは私を完全に犯罪者のように扱った」と彼は言った。
 
「彼らは私が探している人であるかどうかを確認するために私の帽子と眼鏡を外すように頼みましたが、それが私ではないことに気づいた後でさえ、彼らは私を強制送還しました」彼のFacebookアカウントを検索したところ、彼らは中国で禁止されているチベットの国旗の画像を見つけたためです
「また、私は亡命中のチベット政府に20年以上勤めました」と彼は言った。
 
中国からの影響
 
Tseringは、彼が空港での処置に中国政府からの影響を非難すると述べた。
 
同日、カタール航空を経由して米国に送り返され、その後ニューヨークで4日間過ごした後、インドのダラムサラに通って亡命したチベットの精神的指導者ダライラマの長寿式出席しました。。
 
「それゆえ、私はネパールの米国大使館にこの事件を知らせ、問題をさらに調査するように依頼するEメー​​ルを書いたが、まだ何の返事もない。」
 
「私も、私はアメリカに戻ったときに私の地元の代表者にし、議会への書き込みを計画しています」と彼は言った。
 
「私はこの悲惨な事件について考えるのをやめることはできませんが、もっと私はツェリングを国外に送り返したことがおきるのか想像することはできません

当局は、ネパールの中国大使館の要請に応じて行動し、ペンパツェリングという名前を国への入国を拒否されるべき人のリストに載せた。カトマンズに本拠を置くヒマラヤンタイムズ紙の通信社は6月24日、名前のないネパール当局者を挙げて述べたが、彼らの過ちを認識した後でも、ネパールの内務大臣を含む高官と協議した後も、「我々は単に国外追放によって安全側にいることを選んだ。」と1人の関係者が言った事を引用されました。

RFAがネパールの米国大使館に意見を求めようとしたが失敗した。
 
「説明を求める」
 
しかし、ヒマラヤタイムズ紙への電子メールでの声明の中で、大使館のスポークスパーソン、アンディ・デ・アーメント氏はネパール当局者の手によるTseringの扱いに対する懸念を表明した。

「我々は、ネパール政府からこの特定の事件の事実について、そしてより一般的には、ネパールに入国しようとしている米国市民が他の外国政府からの許可の対象となるかどうかについて明確化を求めている」と述べた。6月27日

金曜日のコメントのためにRFAに達した、国務省スポークスマンは、ネパールが米国市民を強制送還したことを「問題を抱えている」と米国を説明しました。
「我々は、この特定の事件についてネパール政府に懸念を表明し、この特定の事件の事実についてネパール政府からの説明を求めている」と国務省は述べた。
ネパールはチベットとの長い国境を共有し、中国の統治に反する失敗したチベットの蜂起がチベットの精神的指導者ダライ・ラマをインドのヒマラヤの丘陵地帯のダラムサラで亡命させた1959年に到着し始めた約2万人の亡命者の本拠地です。

ネパールは、難民コミュニティの選挙やDalaiLamaの誕生日のお祝いなど、国内でのチベットのコミュニティ活動を取り締まるという、中国との1つの中国政策およびその強い関係を引用しています。

ネパールは今年7月6日に84歳になった亡命したチベットの精神的指導者の誕生日のお祝いを再び禁止した、とカトマンズのチベット難民福祉事務所は金曜日に発表した。
チベット難民福祉事務所の代表ツルトリム・ギャツォ氏によると、当初は「暗黙の口頭による承認」が当局によって地元のチベットの修道院での祝賀のために行われていたという。
「しかし、7月3日、チーフディストリクトオフィサーとネパール警察は今年のお祝いを禁止する命令を出しました。「今、彼らはテントを解体し、すべてを詰めなければなりません」とギャットソ氏は述べました、
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

全人類にとってのガンの様な存在のチャンコロ族・・・・・地球上から
消滅して欲しいね。過去・現在だけで無く将来もチャンコロは人類
の害虫で有る事は変わり有りません。

2019/7/17(水) 午後 2:15 bug*nno*e 返信する

顔アイコン

> bug*nno*eさん
三分の虫にも五分の魂 という事で チベット仏教のダライラマ法王は 支那共産党が 誠実な考え方をでき無い事を 悲しみ 我慢してあげようと言われています。
其れさえも理解できない民族を 金を持って
人類の顔を叩いてきた さもしい人類に もっと力を貸す 欧米やアジアやアフリカ人がいる。 すべての人類が消えなくてはならないところまで世の中は動いています。

2019/7/18(木) 午後 10:06 [ オンマニペメホン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事