全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1960ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【緊急告知】「台湾のWHO世界保健機関の加盟を
訴えるデモ行進」

(拡散希望!転送大歓迎!)

 去る5月8日、河野太郎外務大臣が、「台湾がオブ
ザーバーとしてWHO総会に参加することを、日本と
して支持する」とのことをツイッターで表明しまし
た。既にアメリカ並びにイギリス、ドイツ、オースト
ラリア、カナダ、フランス等の先進国も台湾の支持
表明をしております。

 つきましては、我々在日の台僑は全力を挙げて
日本の世論に対し支持を求めるデモ行進を下記の通り
敢行しますので、是非一人でも多くのご友人を誘い
のうえ、参加していただければ幸いです。

1、主旨:日本の世論に対し、台湾のWHO世界保健機関の
   加盟の支持を訴える。
2、期日:5月19日(日曜日)午前10時30分。
  (集合時間10時15分)
3、集合場所:新宿中央公園水の広場
4、行進ルート:新宿中央公園水の広場?青梅街道?新宿駅南口
     ?新宿三丁目新宿公園解散。
5、所要時間:約40分〜1時間のルート。
6、參加團體:有志の団体及び個人、予定參加者約300人。
7、呼びかけ:駐日台湾大使館、全日本台湾連合会一同

★是非、各団体より沢山の方々が参加できるよう、
呼びかけていただければ幸いです。宜しくお願い
申し上げます。

全日本台湾連合会
事務局 拝
令和元年5月13日

※台湾の声HP
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=uynoFnOvXw+Jh8GtEia5d3e/OKDE4IDyj/FAFwPN851NlI5DUaKFA6nIJPgZKqv4


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※関連記事です

河野外相、台湾のWHO総会参加をツイッターで支持:フォーカス台湾
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=VcLGm3w3TI6jTtM2L3hTj3e/OKDE4IDyj/FAFwPN851NlI5DUaIlA6nIJPgZKqv4

“プーさん”の風刺画で中国を批判
台湾のWHO参加妨害で:フォーカス台湾
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=iXTsJMXUUVWfK14EQEdgHHe/OKDE4ODyj/FAFwPN851NlI5DUaLVA6nIJPgZKqv4

欧州各都市で台湾のWHO参加を訴えるイベント
16日に一斉展開:フォーカス台湾
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=h3gVsJwleG2YZQgy9jyKNHe/OKDE4JDyj/FAFwPN851NlI5DUaIlA6nIJPgZKqv4

「日本は台湾のWHO参加支援を」 超党派の日華懇が決議
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=mgrjo30ghTSwgVDNO/WShHe/OKDE4GDyj/FAFwPN851NlI5DUaIVA6nIJPgZKqv4


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※台湾2020東京では勝手にプラカードのデザインを作成いたしました。
もしよろしければデモや拡散に、ご自由にお使いください。

台湾のWHO世界保健機関の加盟を訴えるプラカードのデザイン
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=IhHz4LodKTOuGIve/Llazne/OKDE4ADyj/FAFwPN851NlI5DUaKVA6nIJPgZKqv4

WHO世界保健機関台湾加盟を!
緑色
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=3d8R/xFnCGmZFz9VTrNHEXe/OKDE4EDyj/FAFwPN851NlI5DUaIVA6nIJPgZKqv4
青色
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=CdQXyyIADvmMHo/T3B/Uz3e/OKDE4BDyj/FAFwPN851NlI5DUaK1A6nIJPgZKqv4

台湾黒熊「私たちは、台湾のWHO世界保健機関総会への参加を支持します」
緑色
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=lOWeZUq64N61uWpxpIyVAXe/OKDE4FDyj/FAFwPN851NlI5DUaIlA6nIJPgZKqv4
青色
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=TAYxMDtQrOeu2gdOaK9c33e/OKDE4DDyj/FAFwPN851NlI5DUaIVA6nIJPgZKqv4

拡散用画像データ
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=YjNxYcNC8kqmBppFDO+cYHe/OKDE4DDyj/FAFwPN851NlI5DUaKVA6nIJPgZKqv4


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※署名サイトchange.orgの「キャンペーンの進捗」でコメントを読むことが出来ます
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=9SfyyDUGHZe/9yXrNzQfCne/OKDE4EDyj/FAFwPN851NlI5DUaK1A6nIJPgZKqv4


=======================
台湾2020東京ホームページ
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=SWcIbalefkCWRV4hQpJd/He/OKDE4GDyj/FAFwPN851NlI5DUaIFA6nIJPgZKqv4

※お問い合わせ
info@taiwan2020tokyo.org
=======================

--
台湾の声

バックナンバー
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=TrlFhDwwKmiKWlHAS2yhQXe/OKDE4DDyj/FAFwPN851NlI5DUaIFA6nIJPgZKqv4

登録/解除
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=QZfFYkaqb/+i82p5y2M6KXe/OKDE4NDyj/FAFwPN851NlI5DUaIFA6nIJPgZKqv4

Facebook
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=wI9//qmdbkOIIFQ2b6bEEne/OKDE4HDyj/FAFwPN851NlI5DUaI1A6nIJPgZKqv4

Twitter
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO0tUWPiscVReTya3e/OKDE4NDyj/FAFwPN851NlI5DUaLlA6nIJPgZKqv4



開く コメント(0)


アカウント停止は中国のせい?私のツイートのどこがヘイトなのか

2019/05/17 iRONNAより転載
中宮崇(サヨクウォッチャー)
中国によるインターネット支配が静かに進められている。そもそも中国ではネット空間においても言論の自由などない。反体制的な書き込みは言論弾圧どころか、逮捕や処刑の可能性さえある。そしてどうやら、日本国内でもそうした中国によるネット支配が着々と進みつつあり、私も思い知らされる事態に遭遇した。
中国による野蛮な支配は、決して中国国内のみにとどまらない。最近でも中国が「租借」と称して19世紀の植民地支配そのままの露骨な領土侵略を世界中で行い、現地の反発を招いている(「ベトナムで大規模な反中デモ、中国に99年間土地租借に抗議」大紀元日本 2018.06.13)。

また、米国のような先進国においても、米国大学教授協会(AAUP)から「中国国家の手足として機能している」と批判される中国政府系の「孔子学院」という文化機関が各地の大学に設置され、天安門事件やチベット侵略についての議論を禁止するといった活動にいそしんでいる。そのため、米国では孔子学院を大学から追放する動きが進んでいる(「米で孔子学院閉鎖相次ぐ北フロリダ大が閉鎖を決定」産経新聞 2018.8.16)。


日本も例外ではなく、2008年の北京五輪に伴う長野市での聖火リレー騒動も思い起こされる。当時私も現地入りし、その様子を記事に書いた。なんと中国の人民武装警察部隊が「聖火警備」の名目で日本の公道をわが物顔で警備していたのだ。その上、中国当局が動員し長野市に集めた4千人の「学生」がチベット侵略への抗議に集まった多数のチベット人や日本人を取り囲んで暴行するなど、さながら中国による日本占領のための予行演習のようであった。
こうした中、昨年10月31日に私のツイッターアカウントが突然、使用不能になった。ツイッター社から以下の中国批判ツイートをなんと「暴言や脅迫、差別的言動」つまり「ヘイト」だと認定され、当該ツイートの削除を要求されたのである。

イメージ 1

中国が南沙諸島を侵略し、武力による威嚇と通行妨害という国際社会への邪悪な犯罪を行っているという以下の報道について、「撃沈で対処せよ」と呼びかけたが、なんとこれらをヘイトだと言うのである(「中国艦船、米軍艦に異常接近「航行の自由」作戦中」CNN 2018.10.02)。

ところで、わが国は2001年に、日本の巡視船に発砲した北朝鮮の工作船を撃沈したことがある(九州南西海域工作船事件)。ツイッター社からすれば、こうした日本による実力行使はヘイトなどという言葉では到底収まらない邪悪な行為であり、ツイッター上で日本人が議論、主張することさえ許されない違反行為ということなのである。

例えば今後ツイッター上で「北朝鮮の工作船は撃沈で対処せよ」とつぶやいたとすると、それはツイッター社的にはヘイトであり、禁止行為なのだというのだから驚きである。
日本は中国や北朝鮮による侵略に対して一切「撃沈」のような反撃どころか、こうした対策を呼びかけることさえも禁止しているわけである。これを「ヘイト規制を騙(かた)った中国・朝鮮による支配」と言わずしてなんと言うべきか。
 
ところで、ジャーナリストの岩上安身氏は、IWJなる反安倍、反原発サヨクメディアを主宰しているが、そのツイッターアカウントが凍結されたらしく、昨年11月9日にこんなツイートを行った。
「ツイッター社による不当なアカウント凍結です。ヘイトスピーチをしたわけではありません。植村隆さんの裁判の市民への報告集会を中継し、IWJの速報アカウントで実況していただけで凍結されたのです。異常な数の嫌がらせ通報があったか、ツイッター社の判断に政治的偏向があったか、どちらかです」
何を根拠にジャーナリストを自称する岩上氏が「異常な数の嫌がらせ通報があった」などという臆測を喧伝(けんでん)するのかは全く不明である。関東大震災における「朝鮮人が井戸に毒をばらまく」という悪質なデマと一体何が違うのだろうか。
岩上氏は常日頃、「ネトウヨ」のツイートなどを「ヘイト」「デマ」と決めつけ「通報」を呼びかけている張本人である。自分が常に卑劣な密告を呼びかけているので、他人も自分と同じように卑劣な行為をしているに違いないと思い込んでいるのであろう。
一方、今回の私のツイッターアカウントの凍結は、実はサヨク陣営による組織的な「密告」運動の結果であるという証拠がある。私のツイッターアカウントが凍結された直後、密告者が喜々として以下のような勝利宣言ツイートを行っていたからだ。
イメージ 2

密告者のツイートに見える「ネトウヨ春のBAN祭り」という文字は、最近インターネット上で盛んな、サヨクによる組織的な敵対者弾圧密告運動の名前である。これにより、ツイッターだけでなくユーチューブやホームページなどにおいても保守派だけでなく、反中国的言動を行っただけの左派でさえ「ネトウヨ」と決めつけられ弾圧され、閉鎖に追い込まれている。
反中国、反北朝鮮は彼らサヨクにとって左右かかわらずすべて「ネトウヨ」であり「人間じゃねえ!たたっ斬る!」(政治学者の山口二郎氏によるSEALDsデモでの発言)べき敵なのだ。ちなみにこの山口氏による殺人予告発言も、私がツイッターで批判するとサヨクによる密告リンチによりツイートの削除をツイッター社から命令されたことがある。中国とサヨクの連携による日本支配は相当な所まで進んでいると言わざるを得ない。
サヨクの市民活動団体「しばき隊」に至っては、朝日新聞記者や人権派弁護士、LGBT(性的少数者)運動家などでさえ、自分たちが気に入らない場合、平気で「ネトウヨ」認定する。リンチなどの弾圧行為がまかり通り、被害者から裁判まで起こされている。
その背後に実際、どれほど中国や北朝鮮などの影響力があるのかは不明である。しかし、わが国におけるサヨク運動には冷戦時代にも旧ソ連や中国からの資金が投入されていた事実が、ソ連崩壊にともなう情報公開によりすでに判明している。
しかし、このことを例えば「サヨクには中国からの反日活動資金が投入されている可能性がある」などとツイートすると、たちまちサヨクの「ネトウヨ春のBAN祭り」対象として認定され密告などの組織的弾圧によりネット上から人知れず抹殺されることとなるだろう。
私のように他に発言の場のある人間ならともかく、一般の日本人はそれに対してなんの反論も主張もできず、誰にも知られることなくひっそりと消されてしまうことに抵抗もできないのだ。
実際、これまでそうした犠牲者がどれくらいいるのか、全体像は全く見えない。ジョージ・オーウェルの近未来小説『1984年』に登場する独裁者そのものである中国支配が既にかなりのところまで進んでいるのである。

■なんJ民のヘイト告発は「ネット言論の革命」になるかもしれない

■バイトテロ「みんなやってる」古市憲寿の炎上発言にモノ申す


開く コメント(0)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
令和元年(2019)5月17日(金曜日)
          通巻第6082号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 人民元為替レート、1ドル=7人民元を中国は死守できるか?
  保有米国債を売却すれば、かえって中国の首を絞めることになる

************************

 国際金融市場において、米中貿易戦争の険悪化で深刻な懸念が拡がっている。
 第一の懸念とは中国人民銀行(中央銀行)は、人民元為替レート、1ドル=7人民元をいつまで死守できるか? という問題である。
 第二は習近平が面子にかけてどぎつい報復にでた場合の最悪のシナリオは、中国が保有する米国債券を売却するのではないかとする懸念である。

 米中貿易戦争が第三幕(3000億ドル分にも25%の課税)に移行するや、上海の株式市場は下落を演じたが、人民元も対ドル相場を下落させ、1ドル=6・9人民元となった(韓国ウォンはもっと下落した)。逆に安定感のある日本円は上昇した。
 中国にとって、為替の死守線は1ドル=7人民元であり、これを割り込むと、下落は底なしになって1ドル=8人民元を割りこむことになるだろう。

 中国人民銀行はしずかに香港での対策を講じた。3ヶ月物と一年物の短期債券を100億元(1700億円)発行して、香港の通貨市場に介入し、人民元を買い支えたのだ。なんとしても、人民元の下落を防ぐ狙いがある。
 またASEAN諸国は1997年のアジア通貨危機の二の舞を演じかねないとして、中国の金融当局の出方を注目している。

 中国は最後の報復手段だとして、保有米国債を売却すれば、かえって中国の首を絞めることになることを、金融界は承知している。しかしながら、あの「やけくそプーさん」こと習近平が何をしでかすか分からないだけに、警戒を怠らないのである。
 米国債(米国の赤字国債総額は22兆ドル)は5月12日統計で、中国が依然首位の1兆1230億ドル、日本が1兆420億ドルを保有している。
     ◇◎□◇み◎◇◎▽や◇◎▽◇ざ◇◎▽◇き○□◎▽  

開く コメント(0)

今どうすることもない、

簡単、無視するだけ。
しかしドンドンやってくる韓国人旅行者たち、彼らが簡単に帰るとは思わない。不法滞在してアルバイトして帰るだけ!
送り返されて,曰く    人権侵害か・・・・・・

韓経:「メイド・イン・ジャパン」なければ生産困難な製品多い=韓国

2019年05月16日10時40分 
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
64
share
mixi
  世界最高の競争力を持つ韓国の半導体、スマートフォン、ディスプレー製造業者は依然として日本の装備と素材、部品メーカーの技術力に依存している。日本企業がなければ「メイド・イン・コリア」製品をまともに生産するのが困難なほどだ。 

  世界のメモリー半導体業界で1位と2位のサムスン電子とSKハイニックスは半導体工程に使う高純度フッ化水素をステラケミファ、森田化学工業など日本企業からほとんどを輸入する。フッ化水素は半導体製造核心工程であるウエハーの洗浄と蝕刻に使われる。ソルブレーンなど韓国企業がフッ化水素生産に乗り出しているが、歴史が100年を超える日本企業の技術力には追いついていないと評価される。 

  スマートフォン用有機ELパネル生産に必須の蒸着装備も日本製が大部分だ。キヤノン子会社のキヤノントッキが世界市場の90%以上を掌握している。大型ガラス基板に薄い膜を均一に形成する技術力を保有しているためだ。機器1台当たりの価格が1000億ウォンを超えるのにサムスンディスプレー、LGディスプレーなど韓国の主要ディスプレーメーカーが装備を購入するため列を作って待つ。 

  昨年韓国が日本との貿易で出した赤字は240億ドルで世界1位だった。輸入半導体装備の34%、高張力鋼板の65%、プラスチックフィルムの43%を日本から輸入した。日本企業に対する過度な技術依存度が韓国看板企業のグローバル競争力を損ねるという懸念も出ている。漢陽大学融合電子工学部のパク・ジェグン教授は「韓国大企業が輸入する装備と素材、部品を国産化するための政府支援が切実だ。それでこそ中小協力会社を含めた産業生態系の競争力を一段階跳躍させられる」と話した。 

  
※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

開く コメント(0)


最近のレポート


宗教の侵入に怯える中国、旅行者さえも調査の対象に含める

2019年05月16日 王安陽
中国の地方政府は、外国人、そして、キリスト教を用いて「政権の転覆」を狙っている嫌疑をかけられた諸外国と関係のある市民に対する措置を強化している。
Read in browser »
share on Twitter Like 宗教の侵入に怯える中国、旅行者さえも調査の対象に含める on Facebook

Bitter Winterのマルコ・レスピンティ理事がトリノ国際書籍見本市でメディア賞を獲得

2019年05月16日 マッシモ・イントロヴィーニャ
信教の弾圧を非難し、そして、信教の自由を推進するためのイベントにおいて、Bitter Winterのマルコ・レスピンティ(Marco Respinti)担当理事が表彰を受けた。信教の自由への貢献が認められたためだ。
Read in browser »
share on Twitter Like Bitter Winterのマルコ・レスピンティ理事がトリノ国際書籍見本市でメディア賞を獲得 on Facebook

陝西省鳳県にある千年の古刹、消災寺から45体の仏像が撤去される

2019年05月16日 周暁路
「世界一の祈福の聖地」と絶賛された消災寺に当局は打撃を与えた。高さ調整が可能な「滴水観音」像を含む計45体の仏像が解体されたのだ。仏像が取り壊されて、苦しんでいるのは仏教徒だけではない。訪問者が減少し、現地の経済も痛手を受けている。
Read in browser »
share on Twitter Like 陝西省鳳県にある千年の古刹、消災寺から45体の仏像が撤去される on Facebook


 

その他のレポート


キリスト教教会の統制を詳細に指示する文書
海軍記念日に備えた戦時治安維持
山東省で3日間に50人超の全能神教会信者が逮捕される
双鴨山市が2019年の宗教弾圧を強化へ
生徒たちに「習思想」を強制的に学ばせ、習近平の新しい紅小兵の育成

中国は虚偽報道に大金を投じています。事実を伝えようとする、私たちの活動に毎月数百円のご協力をお願いいただけませんか。

最近のレポート


キリスト教教会の統制を詳細に指示する文書

20190515日 韓生
先日配布された文書は、宗教施設の閉鎖、転用および厳格な監督を求め、担当する職員の個人的な責任を明記していた。
Read in browser »
share on Twitter Like キリスト教教会の統制を詳細に指示する文書 on Facebook

海軍記念日に備えた戦時治安維持

20190515日 李明軒
中国人民解放軍海軍の70周記念日に備え、少数民族と信仰を持つ人々に対する監視が強化されている。
Read in browser »
share on Twitter Like 海軍記念日に備えた戦時治安維持 on Facebook


 

その他のレポート


山東省で3日間に50人超の全能神教会信者が逮捕される
双鴨山市が2019の宗教弾圧を強化へ
生徒たちに「習思想」を強制的に学ばせ、習近平の新しい紅小兵の育成
中国共産党に忠誠心を示す役人たちが1つの村で4寺院を破壊
自由だが制限あり:信者の新たな管理手段「5対1管理体制」

中国は虚偽報道に大金を投じています。事実を伝えようとする、私たちの活動に毎数百円のご協力をお願いいただけませんか。

山東省で3日間に50人超の全能神教会信者が逮捕される

2019年05月14日 張文淑
4月上旬から省内で全能神教会の根絶を目的とした包括的、組織的なキャンペーンが進められている。
Read in browser »
share on Twitter Like 山東省で3日間に50人超の全能神教会信者が逮捕される on Facebook

双鴨山市が2019年の宗教弾圧を強化へ

2019年05月14日 周華
Bitter Winterは、双鴨山市の民族及び宗教事務局が作成した報告書を入手した。この報告書は、中国北東部、黒竜江省の双鴨山市で昨年行われた弾圧を詳しく説明するものであった。また、この報告書には、2019年に向けて、さらに厳しく宗教を管理することが提案されていた。
Read in browser »
share on Twitter Like 双鴨山市が2019年の宗教弾圧を強化へ on Facebook

生徒たちに「習思想」を強制的に学ばせ、習近平の新しい紅小兵の育成

2019年05月14日 沈心然
忠実な社会主義者になるため、幼稚園から大学に至るまで、中国の若者は習近平主席の演説と共産党の政策を学んでいる。
Read in browser »
share on Twitter Like 生徒たちに「習思想」を強制的に学ばせ、習近平の新しい紅小兵の育成 on Facebook

中国共産党に忠誠心を示す役人たちが1つの村で4寺院を破壊

2019年05月14日 王一馳
中央政府要人の訪問に駆り立てられ、河南省の地元当局は「宗教関連業務」を新たな段階に押し上げた。すべては共産党に気に入られるためである。
Read in browser »
share on Twitter Like 中国共産党に忠誠心を示す役人たちが1つの村で4寺院を破壊 on Facebook

自由だが制限あり:信者の新たな管理手段「5対1管理体制」

2019年05月14日 李明軒
「5対1管理体制」では、中国で禁止されている宗教団体のメンバーが釈放された後、役人と親族がその1人ひとれの監視役になる。
Read in browser »
share on Twitter Like 自由だが制限あり:信者の新たな管理手段「5対1管理体制」 on Facebook


 

その他のレポート


ずさんな宗教迫害への処罰
母の日の願い – ウイグル族の母を返して
チベットの教育に関する中国政府の白書で触れられなかった事実
進む回族の「中国化」- イスラムのシンボルを排除せよ
隠された仏陀を拝む

中国は虚偽報道に大金を投じています。事実を伝えようとする、私たちの活動に毎月数百円のご協力をお願いいただけませんか。
BITTER WINTERへの支援

最近のレポート


ずさんな宗教迫害への処罰

20190513日 李常山
中国各地の当局で信仰をもつ者の管理が主要課題になっている中、その業務は厳しく監視、評価されている。
Read in browser »
share on Twitter 

開く コメント(0)

全1960ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事