拉致問題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.08.29)国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)


 
■国民大集会ご案内 9/16(月、祝日
 
経済制裁が効果をあげているので、時間が経てば経つほど北朝鮮に不利になり
ます。私たちは政府が、全拉致被害者の即時一括帰国に向けて、国際社会と共に
厳しい制裁を維持しつつ、北朝鮮から一日も早く決断を引き出していただきたい
と願っています。
国民大集会を開催します。安倍総理にも出席を要請中。お誘いあわせの上、奮っ
てご参加ください。
 
 
と き 9月16日(月)午後2時から4時半まで
 
開 場 午後1時(先着順)
 
ところ 砂防会館別館1階、シェーンバッハ・サボー

千代田区平河町2-7-4 03-3261-8386

地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)
4番出口徒歩1分
 
登壇者 安倍総理大臣(要請中)、菅拉致担当大臣(要請中)、家族会・救う会
役員、拉致議連役員、知事の会代表、地方議連代表、各党代表、特定失踪者家族
会と調査会役員
 
参加費 無料(会場カンパ歓迎)
 
主 催 救う会・家族会・拉致議連、知事の会、地方議連
 
以上
 
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
 
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿
 
■救う会全国協議会ニュース
 
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会

みずほ銀行池袋支店(普)5620780救う会事務局長平田隆太郎

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


其の1から続き

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.07.24)北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告3

 
■北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢
 
◆今の制裁は金正恩の幹部たちに効いている
 
金聖●(王へんの文) 「朝鮮は平等な社会だ。労働者が主人だ」と言いますが、
 
北朝鮮ほど身分の差があるところはない。実は幹部たちは専用の供給所で配給
を受けています。それも1号、2号、3号と別れていて、各号供給で何をもらえ
るか決まっており、この仕組みは苦難の行軍後も続いています。
 
例えばタバコは一日一箱とか、肉はどれくらいと決まっていたのが、最近それ
がどんどん悪くなって、幹部の供給所が今は90年代の住民たちの配給所と同じ
になったと言われています。
 
一般幹部の1号、2号、3号供給対象の上に、労働党中央委員会書記局対象と
いうのがあり、それが最高幹部です。また各道の党書記とか政治幹部、軍隊で言
うと師団長以上にはクレジット・カードが配給されています。
 
それには2種類あって、一つは北朝鮮の通貨しか使えないもの、もう一つは外
貨が使えるもので翼の絵が書いてあり、「翼カード」と呼ばれます。職位によっ
て月500ドルから1500ドルまで使えるようになっています。
 
それをどこで使うか。今中国との合弁で大型のスーパーマーケットが6個でき
ており、マートと言います。何でも揃う。それ以外に、外貨商店の大型化された
ものが10いくつあり、計約20か所で自由に物が買えた。
 
これは金正恩が導入したそうですが、トンジュという大金持ちが出てきて、軍
や党の幹部がトンジュにペコペコするようになっては困るということで外貨を自
由に使わせようということになったそうです。それが何と2017年11月から
止まった。「翼カード」が使えなくなった。金正恩が2017年11月に外貨が
本当に不足していると感じたからではないかと思われます。
 
次にガソリンスタンドについて。北朝鮮でガソリンスタンドがいつできたのか。
北朝鮮では、2002年くらいにできた。それまでは、車はすべて所属が決まっ
ています。どこの党とか、どこの工場とか。そして所属する場所にドラム缶で来
ていた。それを節約しながら使う仕組みだった。
 
それが2002年になって平壌と地方都市にガソリンスタンドができた。そこ
でも自由に買えるのではなく、配給のように「自分はどこの工場の支配人だ」と
立場を示し、配給票を持っていってチェックしてもらって、配当されたガソリン
を買っていた。
 
しかし、去年の初めからガソリンスタンドでは買えなくなった。買えるのは7
27という番号のついた車両だけになった。これが先ほど言った中央党の書記局
対象の部署が持っている車です。
 
昔の幹部は216という番号をつけていた。これは金正日の誕生日ですが、金
正恩になって727になった。727は朝鮮戦争戦勝記念日で、この番号をつけ
ているのは金正恩の幹部で、ガソリンが買える。
 
ではどこからガソリンが来ているか。脱北者者に聞くと、軍隊から戦時用のガ
ソリンを盗んで公開処刑されたのを見ない人はいないくらいです。実は軍隊のガ
ソリンの量は減っていないように見える。それは盗んだ分水を入れるからです。
そうやってどんどん戦時用のガソリンがチャンマダンに流れ出ている。
 
あるいは密輸で中国からドラム缶が川を越えて入ってくる。そういうものが多
いので、先ほど言ったサービス車もどんどん増えていった。ガソリンスタンドで
配給がなくなっても、車は活発に動いている。
 
昔私が軍隊にいた時、金正日が軍隊の幹部たちに、俺はこんなに偉いんだとい
うことを見せるために、軍団長にベンツを贈り物をしたことがある。数年後には
師団長にも贈り物をした。その後ベンツの車はこなかったので語り草になってい
ます。
 
ところが金正恩は自分の誕生日に、そのような高級な輸入品を配ることができ
なくなり、国産になった。しかし、去年と一昨年の誕生日には、スイスや中国製
の腕時計が配られた。それは新しく買ったのではなく、倉庫にあった在庫品を配っ
たそうです。多分型が古かったのだと思います。
 
そして公安機関、国家保衛部は政治警察で人民保安部は一般警察の要因への配
給が悪くなった。本人には出ていますが、過去に出ていた家族への配給はなくなっ
た。そうするとどうなるか。彼らが脱北者の家族のところに行って、頭を下げて
金をくれという。昔は脱北者の家族に、「お前の家族は南に行っただろう」でし
たが、最近は「南に行かれましたよね。最近送金はなかったですか」と聞く。そ
ういう現象が起きている。
 
過去の北朝鮮では、帰国在日朝鮮人が羨望の対象でした。思想的成分(階級)
は悪いのですが、日本からお金や物が来る。制裁の影響で今それが来なくなって、
次に羨望の対象となったのが華僑です。中国から物が来る。今は脱北者の家族で
す。脱北者3万人がせっせとお金を送っている。
 
それだけではなく、脱北して韓国には来ないで中国にいる人たちが10万人く
らいいる。その人たちも、苦労しながらですけど送金している。その家族が羨望
の対象になっています。
 
ですから今の厳しい制裁は、かつて金正恩が外貨で幹部たちの忠誠心を買って
いたが、それができなくなったという効果を生んでいる。むしろ一般の住民たち
は、影響をそれほど受けていない。そして彼れが生活のために営んでいる市場で
の経済活動がこれ以上悪化すれば、これは経済制裁のせいか、核開発のせいでは
ないかと、金正恩に対する不満が高まってくる可能性がある。
 
とにかく今の制裁は幹部たちに効いているのが事実です。
 
◆制裁で貿易赤字が増加、外貨がどんどん減少
 
次に全体の経済統計に制裁がどう影響を与えているかについて報告します。
 
国際貿易センター(ITC)は国連のWTO(世界貿易機関)の下にある機関です
が、その資料によると、2018年北朝鮮の貿易赤字の規模は10年ぶりに最高
値である20億ドルとされています。
 
具体的には、昨年の輸入額は23億1296万ドル、輸出が2億9404万ドルで、赤字
が20億1892万ドルでした。そして今年も1月から5月に、貿易の90%以
上をしめる対中貿易だけで赤字が8億4000万ドルを超えている。
 
北朝鮮の貿易赤字は、2009年と2010年は15億ドルでしたが、その後
約10億ドル水準に落ち着いていました。ところが、経済制裁が本格化した201
7年に約15億ドル、2018年に約20億ドルに増加しました。
 
過去には毎年10億ドル程度の貿易赤字は海外労働者送金などで埋めていました
が、今は今年12月で全員帰国する制裁がかかっており、今は市場で金儲けをし
たトンジュや企業、及び外貨稼ぎ機関が、手段と方法を選ばずドルをかき集めて
いるけれども、国家の外貨準備高がどんどん減っているのが事実です。
 
西岡 補足ですが、2016年に北朝鮮は28億ドル輸出していましたが、制裁
が課せられた2018年は3億ドルしか輸出していない。25億ドルが無くなっ
ています。
 
そういう状況で石炭、水産物、衣料品の輸出ができなくなっています。石油は
会場で密輸していますが、密輸すると高くつきます。それにもお金がかかる。ど
んどん外貨が減ってきている。
 
制裁は北朝鮮の外貨を減らすことを焦点にしており、外貨こそが幹部たちの忠
誠心をつかむものでした。政治犯を取り締まる政治警察もそれを支えるので、そ
れを目標に制裁を課してきました。それが効いている。
 
トランプ大統領が金正恩と何回も会っていますが、制裁は緩んでいない。北朝
鮮が完全な非核化に同意して、そのための具体的な行動に出るまでは国際社会の
制裁緩和はないという姿勢を貫いているので、今のような状況が起きているとい
うことです。
 
◆韓国の食糧支援は弾圧する側に配給される
 
金正● 北朝鮮の公開された統計はほとんどでたらめです。石炭の生産量、米の
生産量は北朝鮮の人間たちもあまり気にしてないのですが、しかし外貨に関わる
ことは嘘をつけない。
 
そして私たち自由北朝鮮放送は、2016年に北朝鮮が作った国家経済発展戦
略(2016〜2020)という文書を入手しました。これは5か年計画で、数字
がいっぱい入っています。
 
貿易についてはこう書いていました。「国(北朝鮮)の対外貿易方向を中国一辺
倒から抜け出してロシアと東南アジア、中近東をはじめとする世界の色々な国と
地域に拡大する、「(ロシアの)市場を切り開くことを中心にして、ロシアとの経
済関係を多方面的に拡大発展させて貿易額を2020年に10億USドル以上に引
き上げる」と明記されています。
 
しかし今のような経済発展戦略は国連の制裁がある限り、絵に描いた餅だろう
という評価が出ています。
 
一方、国連の制裁は継続的に強化されてきましたが、制裁決議の度に、「本決
議によって対北朝鮮人道的支援が影響を受けてはならない」という文章がいつも
入っています。
 
私は脱北者ですが、この人道支援には反対です。文在寅大統領は5万トンの米
を国際機関を通じて出すと言っていますが、金正恩はいらないと言っています。
「要らない」と言っているのに文在寅大統領は「出す」と言って、多分近く出す
と思いますが、金正恩は「少なすぎる。もっとたくさん持ってこい」と言ったの
ではないかと私は思っています。
 
そして食糧支援が行っても、それは今まで配給を貰っていた人たちのところに
行くわけです。配給を貰っていない一般の住民はそういうものは食べない。体制
を維持し、庶民を弾圧する人たちへの支援は反対だというのが私の立場です。
 
(4につづく)
 
 
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.07.25)北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集
会報告4
 
■北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢
 
◆中国は観光で北朝鮮に外貨支援
 
金聖●(王へんの文) そしてもう一つ、これから言うことが重要なポイントで、
西岡先生とも議論をしてきたのですが、観光という穴が制裁に空きつつあります。
文在寅大統領は金剛山観光を復活したいと言っていますが、今の所できていませ
ん。アメリカは7月10日に、旅行警報により北朝鮮を依然として旅行禁止国に
分類しました。
 
しかし、中国が観光を使って北朝鮮に外貨を与えようとしています。習近平主
席が平壌を訪問後、「できることとできないことがある」と言ったのは、国連制
裁に違反するものはできないという意味だと思います。
 
では、できることは一体何なのか。裏で石油を出すのか。色々言っていたので
すが、その一つが観光だった。北朝鮮が去年輸出した金額は約3億ドルですが、
去年北朝鮮に入った中国人観光客が中国の統計によると120万人です。1人当
り約300ドルを支出したと仮定すれば、3億6000万ドルになります。北朝鮮の一年
の輸出規模より大きいドルを中国人が1年で落としている。
 
西岡 少し補足します。観光は国連制裁違反ではないんです。1年で120万人、
2017年は80万人でしたから1.5倍に増えています。それだけでなく中国
共産党はやる気になれば色々な形で助けられる。
 
今中国に2万人くらいの北朝鮮の労働者がいます。12月には戻さなければな
らないことになっていますが、既に分かっていることとして、観光ビザで労働者
を入れて、2か月とか3か月に1回、国境ではんこを押して橋を渡って戻ってく
る。そういうことを既にやっています。
 
あるいは私が北朝鮮の内部から入手した資料によると、北朝鮮のハッカーが中
国に出て、コンピューターのゲームを作ったりしている。また企業用ソフトを作っ
て韓国の企業に売っている。日本に売っているという話もある。そういう人たち
の活動も中国が黙認している。そこから得る外貨も大変な額になっていると思い
ます。
 
国連制裁の目的は外貨を止めることです。それが住民を苦しめないで、統制シ
ステムの中で食べている幹部たちを苦しめることになる。ところが中国が制裁の
穴を開けて、幹部たちに外貨を与えているということが明らかになってきていま
す。
 
◆人道支援か、食糧をたべる120万観光客のどちらかを止めさせろ
 
金聖● 昨日西岡先生と色々議論をしました。一体なぜ年間120万人の中国人
が北朝鮮に入っているのか。1年間に50%も増えているのか。誰かが誘導しな
いでこんなことが起きるだろうか。様々な説があります。
 
中国共産党が中国の観光業者に補助金を出しているのではないか。中国に電話
をして確かめてみました。具体的な証拠をつかまえることは今の所できていませ
んが、120万人の人たちが入っている。
 
西岡 ある関係者が平壌で北朝鮮の幹部に会って、なぜこんなに観光客が多いの
か聞いた。今北京では北朝鮮観光は1か月待ちだそうです。ホテルがなくて。そ
の幹部が言うには、「自然がきれいで美しい自然が残っている。人情がまだある。
料理がおいしい」。
 
国際社会から人道支援をもらいながら、おいしい料理を120万人に出してい
るんです。どっちか止めろ、と思います。これは事実ですから、その食糧がある
のなら、困っている人に食べさせればいいというキャンペーンをすべきだと思い
ます。
 
今中国人のための高級カフェとか、レストランとか、カラオケ屋があって楽し
く遊べるようになっているそうです。日本から北朝鮮に行く時は、昔は30万円
とか40万円かかった。距離の問題はあるにしても、中国人観光客はなぜこんな
に行くのかを明らかにして、この穴をふさがないと制裁が効果を上げない。制裁
が効果を上げると、内部矛盾が高まる。
 
いままで幹部たちはドルが使えたのに使えなくなった。銃が逆に向くかもしれ
ない。インフレが起きれば住民たちが北朝鮮の核開発に反対することが起きるか
もしれない。そういうことが起きない限り、北朝鮮は核を止めないし、被害者を
返さないと思うのですが、そのためにはこの穴をふさがなければならないと思っ
ています。
 
金聖● 最後に一言だけ申し上げて終わります。私たちが放送を始めて15年以
上が経ちました。苦しい時期もたくさんありました。今はアメリカの国務省の支
援を得て、4時間の放送ができ職員にもまともな月給を出せるようになったので
すが、そうでない時期も長かった。
 
その時助けてくださったのは日本の皆さん方でした。日本の皆さんが救う会の
自由北朝鮮放送支援委員会を通じて、その時、その時に支援してくださり、今日
もそれをいただきました。それがあったからここまでこれた。そのことをいつも
忘れていませんし、この間も職員みんなで話し合って、今少し余裕があるので、
日本からいただいたお金を自分たちで使わないで、別途貯めることにしました。
 
そして日本の皆さんは拉致問題を解決したいのだから、拉致の情報が北から出
てくるように使おうと思っています。苦しかった時の恩を忘れないで、これから
も皆さんと一緒に戦っていきたいと思います。ありがとうございました(拍手)。
 
今日本にいる自由北朝鮮放送のマネージャーで、梨花女子大学で北韓学の修士
号を持っていて、今日本で暮らしているソン・チウさんですが、これから窓口に
なってくれますので宜しくお願いいたします(拍手)。
 
西岡 次に家族会の横田拓也事務局長と救う会の島田洋一副会長にお願いします。
 
◆暴力と恐怖で人々を支配する北朝鮮、国民に自由を与え明るい未来を
 
島田洋一(救う会副会長)
 
では、横田拓也さんから、今の話の感想も含め、最近感じていることを話して
いただきます。
 
横田拓也(横田めぐみさん弟、家族会事務局長)
 
父は1年半ほど前から入院して来れない状況ですし、母は昨日は行くかどうか
悩んでいたんですが体調がすぐれないということで、今日は家族会は私一人にな
りました。
 
代表の飯塚繁雄さんも、先の国民大集会では体調が悪くて欠席されましたので、
私自身も辛い思いでいます。
 
今日金聖●さんの話を聞きました。色々な所で似たような話は聞いていますが、
金正恩委員長の親が行ってきたことによる被害者等の苦しみを思うと本当に心が
痛いと感じます。
 
我々は今、日朝、米朝でなんとか国際環境がうまく回転して、人権問題、拉致
問題を解決して、北朝鮮の国自体が幸せな未来を描けることを願っていますが、
今の話では暴力と恐怖で人々を支配する時代が続いていて、明日のことより今日
の命をつなぐにはどうしたらいいかという苦しみの中に2500万の国民がいる
のではないかということを聞くと、辛いところです。
 
金日成のファミリーとしては国民に肉のスープを食べさせることを長年言って
いますが、未だに逆のような現実があります。自分の体制維持のために高級車や
豪華な時計を渡して権威を高めたり、体制維持をするのではなく、国民に自由を
与えて暴力と恐怖を解けば、世界から金正恩委員長が尊敬されるのではないかと
思いますので、そういう意思決定をしていただきたいと思います。
 
2006年にブッシュ大統領とお会いした時に、ハンミちゃん(瀋陽の日本総
領事館に駆け込んだ北朝鮮少女)もオーバルルームに招かれていました。その場
で金聖●さんは、人権問題、拉致問題解決のために自由を訴えたということで、
胸が熱くなる思いでした。絶対負けてはならないという、人として生きている信
念と強さに感動を覚えつつ、私も姉を救う会立場で、拉致された人々を救うとい
う立場で、一生懸命活動していきたいと思っています。
 
前回の東京連続集会は6月7日に開催されましたが、その時点では板門店で米
朝首脳が会うような予兆はなかったのですが、G20やその前にあった中朝首脳
会談を受けて、とんとん拍子に国際情勢が変わっていったということを見ると、
日朝でも、それは米朝が先に進まないと具体的に進まないでしょうが、何が起き
てもおかしくないなと期待も含めて思っています。
 
一部の報道では、8月にタイで日朝の外相が会うような話もささやかれていま
すので、これが日朝首脳会談にうまくつながるように期待したいと思います。ま
た先ほど北朝鮮国民の大変苦しい話を聞くと、拉致された人々、私の姉も苦しく
貧しい生活をしていることを考えると、残された人生を明るく過ごしてほしいで
すし、また両親と家族と友だちとすごせるようになればいいなと願っています。
 
また家族会の活動の一つで、既にニュースでも報道されていますが、タイの拉
致被害者のアノーチャー・パンジョイさんの活動に、元事務局長の増元さんがタ
イを訪問されて、国内、国外に情報発信をしていただいているということです。
国際社会、そしてタイの外交当局が人権問題によりセンシティブになって、北朝
鮮に対して、タイも日本もアメリカも、そして国際社会でも、拉致問題を解決せ
よとの動きにつながればありがたいと思っています。
 
今日は金聖●さんの話を聞いて勇気づけられましたし、これからも戦っていき
たいと思います。ありがとうございました(拍手)。
 
◆中国人の北朝鮮観光による外貨支援には、日本も中国圧迫に協力を
 
島田 今日の金聖●さんの話ですが、俗悪な中国人が大挙して平壌に行ってお金
を落としており抜け穴になっているということですが、習近平に倫理を求めても
無駄ですから、やはり俗悪な中国人が北朝鮮に行く余裕をなくす、つまり中国経
済を苦しい状態にするのが大事だと思います。
 
その点、トランプ氏は、「習近平のことが大好きだ。尊敬している」と言いな
がら、どんどん経済制裁を強化しています。牽制しつつですが、そういう大統領
は今までにいませんでした。
 
この間G20で日本に来た時も、今後関税の上乗せは当分しないとトランプ氏
が言い、これを「米中休戦」と報じたメディアが多かったのですが、これまでに
課している関税は一切下げないのですから、関税による戦争状態が続いているわ
けです。
 
エスカレーションを止めただけで、現にアメリカの企業を中心に中国からどん
どん工場を東南アジアに移す、あるいはメキシコに移す動きが加速していますか
ら、日本も中国圧迫に協力すべきだと思います。
 
例の情報通信会社ファーウェイ(華為)については、アメリカは輸入と輸出を
分けて考える必要があると思いますが、ファーウェイの輸入についてはアメリカ
政府が調達から完全に外し、アメリカの企業にも基本的に使わせない。同盟国、
友好国にも同じようにファーウェイを使うなと言って、輸入を止める圧力はアメ
リカは全く緩めていない。
 
逆にアメリカの企業がファーウェイに部品を売ること、輸出については安全保
障上も問題がないものは売ってもいいとしています。他の国の企業が売ってもう
けるくらいならアメリカ企業がもうけを減らしてまで輸出を止める必要はないと
いう議論です。
 
アメリカから輸出していい部品、輸出してはならない部品の線引きは、今担当
の商務省がガイドラインを作っているところです。アメリカの中でも、ファーウェ
イを締め上げろと、マルコ・ルビオ上院議員のような人が影響力をもっています
から、ここは日本もしっかり協力したらいい。
 
中国経済が苦しい状況に追い込む。向こうがルールを守らない限りはそういう
状態に持っていくのが、北朝鮮に旅行にいく人たちが減ることにもつながるだろ
うと思います。
 
◆金正恩はアメリカの「斬首作戦」が怖いから会談に出てくる
 
最近イランの首脳部が、トランプ氏から「話し合いましょう」という申し出に
対して、こういうことを言っています。「アメリカはイランに制裁をかけている。
これは経済テロだ。経済テロをしながら話し合おうなど、ふざけるな。トランプ
と話し合うことなどない」と。これは私は常識的な態度だと思います。
 
ところが金正恩は、アメリカに制裁をかけられながら、「板門店に出てこい」
と言われると嬉しそうに出てくる。これはやはり金正恩は怖いんでしょうね。ト
ランプが豹変して、「斬首作戦をやるぞ」と、1年半前の状態に戻るのが怖いの
です。だからイランのような、ある意味で筋の通った対応ができない。
 
北朝鮮は相変わらず、段階的相互的な措置でやろうということで、みせかけの
措置、例えば一つの核関連施設を封鎖するから代わりに制裁を一部解除しろ、と。
その手法で今までだましてきたわけで、それをまたやりたい。そのためにはジョ
ン・ボルトン(安全保障担当大統領補佐官)が邪魔になるから、「ボルトンを止
めさせろ」とさかんに言っています。
 
アメリカのメディアでも少し前に、「ボルトンはイランに先制攻撃をするよう
な危険な人物であるから彼を止めさせるべきだ」という議論が盛り上がって、
「際トランプ氏もボルトン解任に傾いているのではないか」という報道があった
のですが、そういうことはなく、ボルトン氏も、「イランに先制攻撃をすべきだ」
というようなことは、少なくとも補佐官になってからは言っていません。
 
あくまでもアメリカの兵士や民間人に対してイランがテロをやっているから、
人的被害が出たら厳しい報告をするということで、今は抑止力で対応しています。
そして軍事的圧力をかければ、ひょっとしたら戦争になるかもしれないというと
ころに、新たに投資しようという企業は出てこないですから、だから軍事的圧力
をかけるというのは、経済制裁を実効性があるものにする上で、大変大事なんで
す。
 
その点、北朝鮮に対する軍事圧力が今弱まっているので、だから中国人のわけ
の分からない連中が観光旅行をするわけです。
 
ボルトン解任の話は最近なくなりましたので、ガセネタだったと言っていいと
思いますが、5日ほど前に、アメリカのメディアが一斉に報じた話ですが、ボル
トン氏の側近ナンバーワンというべき、フレッド・フライツという人物が、国家
情報長官に指名される可能性が高まっているという報道がありました。
 
人事のことですからどうなるか分かりませんが、そういうことを見てもボルト
ン氏の影響力は落ちているどころか、第一の側近が国家情報長官に起用されるか
もしれないと言われるくらい、むしろボルトン派の影響力が強まっていると期待
をもって見ています。
 
そのフライツ氏は私も親しい人ですが、彼は日本人拉致問題について一度、上
院で証言したことがあります。私も日常的に情報を入れていますが、そういう人
が毎日大統領に、朝、機密情報を上げる立場、つまり情報コミュニティのトップ
になってくれれば大変いいことだと思っています。
 
フライツ氏は現在、「FOXニュース」に毎日、コメンテーターで出ています
が、ボルトン氏及び周辺の存在感が増しているのは心強いことです。日本もしっ
かりバックアップしていかなければいけないと思います。
 
時間ですので、今日はこれで終わります(拍手)。
 
以上
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。

[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

 
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿
 
■救う会全国協議会ニュース
 
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)

TEL03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp

担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会

みずほ銀行池袋支店(普)5620780救う会事務局長平田隆太郎

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

貼り付け元  <https://mail.google.com/mail/u/0/?pli=1#inbox/FMfcgxwChmWDWcfsjzGgStgdLvvMVCJF>

 
 



★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.07.22)北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告  より転載
 
7月22日(月) 17:31

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.07.22)北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告1

 
令和元年7月19日、東京・文京区民センターにおいて、第107回東京連続集
会が開催された。テーマは、「北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢」。
 
トランプ大統領の突然の呼びかけによって3回目の米朝首脳会談が板門店であ
り、内外の注目を集めたが、決まったのは実務協議の再開だけ。今後米朝、拉致
がどう動くのか。その鍵を握るのが北の内部事情、特に制裁の効果だ。今回は、
北朝鮮の脱北者で、自由北朝鮮放送代表の金聖●(王へんに文、キム・ソンミン)
氏をお招きし、北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢について報告し、西岡会長が
最新情勢を解説した。
 
■北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢
 
◆対北朝鮮制裁の効果はどのくらいか
 
西岡力(救う会会長)
 
こんばんは。板門店でトランプ大統領が金正恩氏に会いましたが、そこで約束
した実務協議も表向きは始まっていないようです。また膠着状態になるのか、い
つ大きな動きがあるのかといらいらする毎日です。
 
大きく言うと、トランプ政権も安倍政権も、「時間は我々の側にある」と判断
しています。その判断の根拠は経済制裁が効いているということです。アメリカ
は、北朝鮮がアメリカまで届く大陸間弾道ミサイルを持つことを許しません。北
朝鮮が2年間で3回の核実験をして40発の弾道ミサイルの実験をした時、空母
を3隻送ったり、戦略爆撃機の演習を20回、朝鮮半島周辺で行ったりしました
が、わずか2年前のことです。
 
その結果北朝鮮は、核・ミサイル完成の直前になって止め、まだ完成していな
いというのが多数意見です。いつでも再開できるわけですが、止めた。先週から
私はソウルに行って、北朝鮮の内部につながる筋と会いましたが、「まだ完成し
ていない」という話を聞きました。ただ、完成のすぐ近くにいることは間違いな
い。アメリカはそのことを基本的に分かっていて、軍事的圧力ではなく経済制裁
で政策を変えさせる戦略をとっています。
 
その経済制裁で北朝鮮の政策を変えさせる対象として、核・ミサイルだけでな
く拉致が入ったというのが今の状況で、そのために私たちは色々やってきたわけ
です。それが効果を上げるかどうかは、経済制裁が一体どれくらい効いているの
か、いつになったら金正恩が降伏をしてくるのか。「経済制裁を止めてくれ」と
言って、実質的な譲歩をしてくるのか。
 
金正恩が拉致被害者を返す決断をいつするかということと、経済制裁がどのく
らい効いているかということは相関関係がある。経済制裁が効いているというこ
とは事実なんですが、一体どれくらい効いているのか、どこの部分に効いている
のか、政権を倒すくらい効いているのか、どのくらいもつのか、ということが今
一番の焦点です。
 
実は私もそのことのために先週から韓国に行って、北朝鮮につながる人にも会っ
てきました。また、そういうことは北朝鮮内部のことを知っている人に聞かなけ
ればならないということで、去年12月に大きな病気をして復帰した後初めて金
聖●さんに東京に来てもらいました。
 
まだ病院に通っている状況で完治したわけではないのですが、活動を再開して
いるということで電話をして、制裁がどう効いているか調べてほしいと頼んだら、
「調べてから行きます」と言って、色々なデータや今北朝鮮の内部と直接電話が
つながりますから、そういう調査をして今日来てもらいました。
 
金聖?さんと私は20年近く一緒に、北朝鮮内部に真実を伝える、その真実の
中にある拉致問題も伝えるということをやってきましたので、同志的な関係です
が、まだ大きな病気が完全に治ってない中で無理して来てくださったことに感謝
しています。
 
皆さんの手元に金聖●さんが書いてくれたものの抜粋があります。元はA4で
6ページの小論文ですが、それを3ページにしたものを見ながら、「対北朝鮮制
裁の波及効果、金正恩の白旗投降は可能なのか」という題でお話をしてもらいま
す。
 
その後私と討論形式で話をし、その後横田拓也・家族会事務局長に感想などを、
島田洋一救う会副会長にアメリカから見た観点などを話してもらいたいと思いま
す。宜しくお願いいたします(拍手)。
 
◆日韓関係の悪化は、50年間北朝鮮が行ってきた工作が成功したからかもしれ
ない
 
金聖●(自由北朝鮮放送代表、脱北者)
 
お会いできて嬉しいです。韓国ではこの数日、反日感情が盛り上がっていて、
ニュースを見るとそういう記事ばかりで、昨日はソウルの日本大使館前で自殺を
しようとする人がいたりで感情的な反日が盛り上がっているのですが、東京に来
たら皆さんが普通に過ごしていて、何か肩すかしを食ったような感じです。
 
実は最近、自由北朝鮮(北韓)放送は北朝鮮向けのラジオだけではなく、ユー
チューブの発信もやっています。そこで先ほど、西岡先生との対談番組を撮影し
たところです。
 
私は韓国に来て20年経ちますが、韓日関係について知らないことが多くて、
これまでは北朝鮮で習った通り日本は悪いんだと思ってきましたが、今日様々な
具体的説明を聞いて、単純に日本がフッ化水素の輸出を止めたとか、それが韓国
に対する制裁だという言い方は間違っていると思いました。
 
過去にすべて解決していた問題についても、また問題にしているということで
信頼関係がなくなっているというようなことを学ぶことができ、韓国政府がやっ
ていることの問題も理解することができました。
 
私は今の状況を見て、黄長▲(火へんに華、ファン・ジャンヨプ、元北朝鮮党
書記、脱北者)先生がよく言っていた話を思い出しました。黄長▲先生は、「日
米韓三画同盟こそが北朝鮮の独裁政権を倒す一番の動力だ。だからこそ北朝鮮は
それを弱めようとしている」と言いました。北朝鮮では日米韓三画同盟のことを
李朝時代の冠と冠のひもに比喩した言い方があるということです。
 
冠(かんむり)が韓国で左右のひもが日本とアメリカ。それが結ばれていて韓
国という国が安定する。日韓関係や韓米関係が断絶すると冠は飛んで行ってしま
う。両方大切だ。だからこそそれを切り離すことを北朝鮮は目標にしていた。
 
今文在寅大統領の政策の結果、日韓関係がかつてなく悪化しているということ
は、50年間北朝鮮が冠である韓国を吹き飛ばそうとひもを切ろうとしてきた工
作が成功したのかもしれない。そのような印象を持っています。
 
今韓国ではテレビも新聞も、反日感情を煽る記事であふれています。「どうす
ればいいんですか」と西岡先生に聞いたら、「勉強しなさい」と言われました。
読むべき本を教えてもらい、見るべき資料を示されました。
 
西岡 ちょっと補足すると、韓国でも今の日韓関係はおかしいと言って、最近本
が出ています。「反日従属主義に対する反論」という本で、反日民族主義が韓国
を滅ぼしたという内容の歴史学者たちが書いた本で、慰安婦問題でも「性奴隷は
ない」とか、「戦時労働者は奴隷労働をしなかった。日本人と同じ賃金を貰って
いた」とか、「65年の協定でどう解決したのか」とか、「もう蒸し返すべきじゃ
ない」とか、「日本統治時代韓国は経済成長をしている」とか、「土地が40%
奪われたというのは嘘だ」というようなことを、韓国の学者たちが実証的に書い
た本です。
 
金聖● また最近やっと韓国の一部が報道しましたが、2005年に当時の文在
寅大統領も委員になって、当時の総理大臣が委員長の委員会が作られました。そ
の委員会はなにをしたかというと、日韓外交交渉をした外交文書数万ページを全
部読んで、日韓交渉でどこまで解決したかという韓国政府の公式見解を作ったん
です。
 
その資料が2005年8月に出ているんですが、それを見ると、それをさっき
金聖?さんに見せたんです。当時の委員長は今の与党、共に民主党の代表で委員
に文在寅大統領も入っていたんですが、結論は、「日本政府が1965年に韓国
に供与した3億ドルの中に、動員された労働者の補償問題も含まれている。だか
ら補償は韓国政府がやるべきだ」と書いてあるんです。
 
◆国連制裁は2016年1月の4回目の核実験以降本格化
金聖● 序論が長くなりましたので本論に入ります。私の書いたものの題は、皆
さんご承知の通り、「対北朝鮮制裁の波及効果、金正恩の白旗投降は可能なのか」
ですが、私が西岡先生と付き合っている目的は拉致問題の解決です。日本に何回
も来ましたが、目的はそのことで、自由北朝鮮放送が拉致問題のために何ができ
るかをいつも考えています。
 
そういう中で、西岡先生からこのことについて調べろと言われて調べる中で、
経済制裁で拉致問題が解決するのかどうかを深く考えて準備してきました。拉致
問題の解決のためには、究極的には北朝鮮からすべての情報を入手することは大
変困難ですし、北朝鮮の耐性も崩壊しなければならないと、私は考えています。
多分西岡先生も同じ考えではないかと思って一緒にやってきたわけです。
 
では経済制裁で北朝鮮の体制をどこまで追い込むことができるのか。そのこと
について考えながら、今日お話ししたいと思います。
 
今経済制裁について北朝鮮の当局、そして北朝鮮の住民たちがどう言っている
か。私たちはしばしば北朝鮮の住民と直接電話をして情報を取っていますが、ま
ずそのことをお話します。
 
当局は、「経済制裁等というものは我々はずっと受けてきた。建国以来経済制
裁を受けてきた。だから今も昔も変わらない」と。住民たちも同じことをいいま
す。そして去年9月以降、今の制裁の意味を軽く見ようとして、住民たちに、
「自力更生の革命精神を持て」と強調しています。
 
「自力更生の革命精神」と言っても、韓国の人でも知らない人が多い。我々北
朝鮮の人間はこういうふうに習っています。金日成将軍が日本軍とパルチザンで
戦っていた時、日本の軍や警察に包囲されていた。
 
そういう中で、革命の根拠地で「手りゅう弾を自力で作れ」と言って、193
2年に金日成が命令した。それで40日間かかって試行錯誤しながら自力で手りゅ
う弾を作った。そのことが北朝鮮で言う、「自力更生の革命精神」で、今アメリ
カ帝国主義に包囲されている。その中でも自力更生の精神ですべてを作れ。過去
にできたのだからできるだろう、というのが「自力更生の革命精神」です。
 
しかし、皆さんご承知の通り、過去にも北朝鮮に対する制裁はありましたが、
2016年1月の4回目の核実験以降、北朝鮮に対する制裁は、国連が行った制
裁の中でも過去にない、史上最強の制裁が課されています。
 
ここに書きましたように、1回目、2回目、3回目の核実験で制裁がありまし
たが、4回目の核実験以降本格化したということです。それは制裁決議2270、
2321、2371、2375、2397、これらの措置では非軍事的措置では70年の国連の歴史
上、最も強力で実効的な措置になっています。
 
具体的なことは以下のように書きました。
 
安保理決議2270号(2016年3月2日)が北朝鮮の鉱物および原油取り引きへの制裁、
武器取り引き全面封鎖、金融制裁および運送の封鎖、核兵器資金調達に関与した

機関および個人の海外活動制裁.国連加盟国が自国内に北朝鮮銀行の支店・事務

所開設することを禁止、既存支店・事務所も90日以内に閉鎖するという内容を含
んでいます。
 
引き続いた国連安保理決議2321号(2016年11月30日)では、2270号決議で民生目
的で輸出する石炭を制裁の例外にした条項をなくして上限を設定しました。これ
に伴い、北朝鮮の主な輸出品目である石炭輸出を年間4億90万ドル、物量基準750
万トンに制限し、毎年11億ドル(1500万トン)と推定された北朝鮮の石炭輸出規模
は半分以下に制限されました。
 
国連安保理決議2371号(2017年8月5日)では2321号で導入した石炭輸出の上限を
なくして、北朝鮮の石炭、鉄、鉄鉱石、鉛、水産物などの輸出を全面禁止にした。
これで北朝鮮輸出の3分の1が遮断されました。また、国連加盟国の新規の北朝鮮
労働者雇用を禁止し、国連安保理理事国による北朝鮮会社との新規合作投資(西
岡注:合弁のこと)を禁止しました。
 
また、国連安保理決議2375号(2017年9月11日)では、北朝鮮に入る精油製品の
55%を制限して、対北朝鮮油類供給の30%を縮小しましたが、国連安保理決議2397
号(2017年12月22日)では、2375号決議より進んで対北精油製品供給量を年間200
万バレルから50万バレルに減少させました。
 
北朝鮮の貿易関係者の話では、これまでは言ってきた原油と石油精製品が、全
体の20%になった。そしてもう一つ、国連安保理決議2397号(2017年12月22日)
で見逃せないのは、金正恩にとって多額の外貨を稼ぐことができていた外国への
労働者派遣、これが24か月以内に北朝鮮に送り返すことが義務化された。その期
限が今年の12月です。
 
(2につづく)
 
 
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.07.23)北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集
会報告2
 
■北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢2
 
◆連安保理決議による厳しい対北朝鮮禁輸品目
 
金聖●(王へんに文) これまで我々は、国際的な経済制裁というと、ぜいたく
品が対象と思っていました。ベンツとかヨット、高級じゅうたん等です。実は2
016年から17年の制裁は、北朝鮮がほぼ輸出で外貨を稼げなくなり、海外の
労働者も引き上げなければならなくなり、またそれがないと社会が維持できなく
なる石油についてもかなり厳しい制裁が課せられました。
 
北朝鮮に売ってはいけないものについてリストをつけておきましたので見てほ
しいのですが、実は配布資料に、HSコードを使って禁輸製品を明示化していま
すが、その中に安全ピンとかホチキスの針まで禁止になっています。
 
以下配布資料から引用
 
禁輸品リスト
 
○すべての在来式武器
○核・弾道ミサイル開発に寄与する可能性がある品目、これと関連した装備、技
術、技術サービス
○北朝鮮の作戦能力に直接寄与すると決定された品目
○ぜいたく品:真珠を使っている宝石製品、宝石、宝石用の原石および準宝石用
原石(ダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルド含む)、貴金属になった、
あるいは貴金属メッキ宝石製品、ヨット、高級自動車(大衆交通ではない自動車、
レース用自動車)、高級時計、スノーモバイル、鉛クリスタル製品、レクリエー

ションスポーツ装備、じゅうたん(500ドル以上)、磁器の食器類(100ドル以上)

○大量の現金
○金
○天然ガス液体
○精油製品(年間50万バレルを上限)
○原油(年間400万バレルを上限)
○機械類(HS 84)
○電気機器(HS 85)
○木材類(HS 44)

○運送手段(HS86〜89、鉄道車両、自動車、航空機、船舶)

○鉄鋼およびその他金属類(HS72〜83: 鉄鋼、鉄鋼製品、銅、ニッケル、アル

ミニウム、鉛、亜鉛、スズ、その他非金属、非金属製の工具、非金属製の各種製
品)

*禁輸品目が最も幅広く設定されたのは、2397号(2017年12月)である。この決議

は貿易において取り引き商品の種類を数字で分類したHSコードを使って具体的に

禁輸品目を指定している。例えば2397号の「鉄鋼およびその他金属類HS830110

番」には鍵、クリップ、ステープル(ホッチキスの針)、「HS73940番」円型安全
ピン、「HS731819番」には金属ねじが禁輸品として明記されている。
 

*HSコードは72番から83番までに非常に広範囲で鉄鋼、鉄鋼製品、同、ニッケル、

アルミニウム、鉛、亜鉛、スズ、その他非金属、非金属製の工具、非金属製の各
種製品がこの範疇に入る。韓国の与党政治家たちが操業再開を論じている開城工
業団地の場合、工場の機械に塗る潤滑油が禁輸品目の「精油製品」であることか
らはじまって、生産設備や工具類、交通手段などが国連制裁に違反する行為であ
り、開城工業団地労働者への賃金を支払うために南側の銀行が開城工業団地支店
を再び開くこともやはり決議2321号(2016年11月)で禁止されている。決議2375号
(2017年9月)は北朝鮮が開城工業団地生産品目の相当部分を占めていた繊維(織物、
衣類完成品および半製品)輸出を禁止しているし、北朝鮮との合作事業も禁止し
ている。
 
金聖●  このような状況の中で、文在寅韓国大統領は、北朝鮮に支援をしたく
て開城工団の再開をしたいということで、トランプ大統領が板門店に行った時、
板門店から開城工団が見えますので、トランプ大統領に「あそこにあるんです。
あそこを再開しましょう」と言ったそうですが、再開するためには機械を持ち込
まなければならない。石油も入れなければならない。これはトランプ大統領がO
Kする話ではなく、具体的に国連制裁でこの品目を持ち込んではならないと書い
てある以上、簡単に再開することはできないわけです。そこまで厳しい制裁が課
されています。
 
◆住民は総合市場や小土地(山の傾斜地)で食べている
 
そういう厳しい経済制裁がかかっているわけですが、それが北朝鮮の内部にど
のような影響を与えているか。通常ですと、北朝鮮の住民が苦しんでいるという
意見があるのですが、私の理解では、今の制裁で一番苦しんでいるのは金正恩の
幹部たちです。住民たちの苦しみは幹部たちに比べると小さいのです。
 
北朝鮮の住民たちはこれまでずっと配給で食べてきましたが、今や配給を受け
ることはできないので、配給なしで生きていく覚悟をした。それから20年以上
経っています。
 
実は90年代の後半に、「苦難の行軍」という、配給が途絶えてばたばたと人
が死んでいった時代がありました。その時、党や首領様に忠誠心が高い人から死
んでいった。配給を待っていたからです。そうでない人は闇市を始めた。
 
忠誠心が高い人から死んでいったのを見て、「もう忠誠心を持っていても食べ
ていけない」、「配給を待っていては食べていけない」、「自分で食べるしかな
いんだ」と住民たちが覚悟を決めたのが90年代の後半です。
 
ではどうやって食べてきたかということですが、チャンマダンという市場で商
売をして食べてきたのです。ところが2002年になると、72経済改革措置と
いうのが出たんですが、自分たちで作ったチャンマダンという市場を総合市場と
いう名前で公式化しました。そこから税金を取ることが始まりました。
 
1.5m×1.5mの売り場を作って、そこで商売をさせ税金を取る。つまり、
国家が配給を与えないで、商売で食べることを公認したのです。市場で何が売ら
れているかというと、アメリカ製品も日本製品も韓国製品も売られていました。
韓国製品は隠して売るのですが、何でもある。
 
商売が始まった結果大成功して大金持ちになった人がいます。外の世界ではト
ンジュと呼ばれる人たちも出てきたし、金儲けができなくて一日一日食べるのが
精一杯という人も出てきた。つまり資本主義的な市場経済が入ってきたのです。
 
最近はなくなったのですが、ちょっと前までは帰国した在日朝鮮人たちは、日
本から送られてくるもの、大金持ちならコンテナ一杯分の中古の衣服が送られて
きて、そういうものがチャンマダンで売られていた。少し前まではチャンマダン
に行くと、日本製品が一番いいものとみんな思っていて、日本に対するあこがれ
が北朝鮮で生まれました。
 
公認の総合市場とは別に、駅前とか、人が通る路の道端で闇で商売をする人も
出てきました。政治警察がきたら物を持って逃げる。それがバッタが飛んでいく
みたいだからバッタ市場と呼ばれた。それもたくさんあった。そういうことをし
てみんな食べていました。
 
農村には協同農場がありますがそれとは別に、小土地というのがあります。山
に入って斜面を耕し、そこで主としてじゃが芋を植える。その収穫は自分のもの
です。山中どんどんみんな上がって行って、少しでも空き地があるとそこに植え
る。少し大げさかもしれないですが、私の感覚では、北朝鮮の全耕地の10%く
らいは小土地じゃないかと思います。
 
それを北朝鮮当局が一度没収しようとしたのですが、一度所有ということを覚
えてしまった人たちは自分のものを取られることに徹底的に抵抗する。没収は成
功しなかった。軍隊が駐留している以外の北朝鮮の山という山はみんな小土地に
なって、それで食べている。
 
実は家内作業班というのがあって、これは合法的なもので、1968年8月3
日に金日成が、職場に行っていない家庭の主婦や、北朝鮮では定年は男60歳、
女55歳ですが、定年を過ぎた老人や身体障害者は家の中で働け、生活品を作れ
という制度を作ったのです。
 
8・3人民商品というのですが、家の中で家内手工業のようなことをやれとい
うわけです。在日朝鮮人がこれを利用してござを作ったり、工芸品をたくさん作っ
ていたのですが、これを逆利用して、家の中で何でも作っている。衣類、タバコ
もそうですが、最近麻薬まで作っている。そういうもので食べているので配給な
しでも生きていける。
 
また運送業もやっている。サービス車なのですが、「す」がなくてサービ車
(チャ)というものです。これは何かというと、中国から中古のバスやトラック
などを買ってきます。個人所有というのは表向きはないですから大きな事業所や
軍部隊に登録だけしてもらう。彼らにお金を払って、最初は自分で運転しますが、
その内運転手を雇って国内で人や物を運んでお金を取る運送業が発達してきた。
 
そういうもので食べているので配給の復活は望んでいないんです。食糧配給制
が復活する場合、配給の3大要素というそうですが、政治活動証明書、軍事活動
証明書、所属した行政単位が発行する証明書を持っていくと配給がもらえるので
すが、政治活動なんか参加したくないし、自分で食べていけるから配給の復活は
望んでいないんです。そういう人たちが多く出てきている。
 
但し、自分で食べていけることに関して経済制裁がどういう影響を与えている
か。今北朝鮮では、国が配給する機能が麻痺していて、トンジュという大金持ち
がいて、市場経済があり、個人がある。それで経済が回っていく体制ですが、実
はそのトンジュの一部は国境地帯で中国と貿易をしている。その貿易ができなく
なった。北朝鮮に物を売れなくなった。また北朝鮮の貿易の9割以上は中国が相
手ですが、その中国に物が売れなくなった。
 
その結果、市場の経済規模が縮小した。そして食糧をはじめとする物価上昇の
兆しが見えている。バッタ市場などが増えるのに反して、総合市場は半分、ある
いはそれ以下に減っている。売り場に空きが出ている。しょば代を払えないから。
そういう通信員の報告が殺到している。
 
これがもっと続いて、インフレーション、物価の高騰が起きた場合には北朝鮮
の住民たちが、これは制裁のせいだ、それで市場での自分たちの生活までできな
くなるのかということになれば、その原因である北朝鮮の核開発を止めろという
方向に住民たちの意識がいく可能性があります。
 
私は経済制裁で金正恩が核を放棄することはかなり疑わしいと思っていますが、
しかし住民たちの市場を中心とする経済生活が、経済制裁の結果より苦しくなる
ならば、なぜ核開発をするのかという不満が高まってくる可能性があると思って
います。
 
以上をまとめると、今の所住民たちの生活に経済制裁は相対的にそれほど大き
な影響はないが、一方幹部たちには大きな影響があります。
 
(3につづく)


★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.06.06)明日、東京連続集会を開催します


全拉致被害者の即時一括帰国を!東京連続集会106 ご案内


訪米報告と米大統領面会報告

 トランプ大統領がハノイで金正恩委員長に2回にわたり拉致解決を迫り、それ
を受けて安倍総理が「条件なしで金正恩委員長に会う」と明言するなど、拉致
題は山場を迎えています。家族会・救う会は全拉致被害者の即時一括帰国実現の
ため、4月末から5月はじめ2回訪米し米要人と懇談、5/19の国民大集会を経て、
5/27には家族会がトランプ大統領と面会しました。今回は以上につきご報告し、
西岡会長が緊迫した情勢を解説します。奮ってご参加下さい。

       記
日 時 令和元年6月7日(金)
    午後6時半〜8時半 開場6時

場 所 文京区民センター3階3A(03-3814-6731)
    文京区本郷 4-15-14 春日町交差点前
    都営三田・大江戸線 春日駅徒歩2分
    地下鉄丸の内・南北線 後楽園駅徒歩5分
    JR 水道橋駅東口徒歩15分

参加費 1,000円(事前申込み不要)

主 催 救う会東京・救う会全国協議会

連絡先 救う会事務局03-3946-5780 FAX03-3946-5784

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



■救う会のホームページ修復中

 いつもご支援、ご理解、ありがとうございます。

 救う会のホームページが、5月24日午後以降、文書、画像などが一時的に読めなくなりました。原因はまだ不明ですが、削除だけで改ざんはされていないようです。外部から人為的にサイトを攻撃してデータを削除した可能性があると思われますが、海外のIPアドレスから複数経由しており、原因を確定するのは難しいようです。

 現在修復中で、文書はかなり修復しましたが、画像はまだ少しだけです。

 今後とも修復を続けますので、今後とも宜しくお願いいたします。

救う会事務局



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事