ファミコン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

妖怪道中記

イメージ 1

妖怪道中記

いたずら好きなたろすけは、神様の手によって地獄へと落とされてしまう。
エンマ大王の裁きを受けるために地獄めぐりをするアクションゲーム。
また、たろすけの行動によってエンディングが変わるマルチエンディングを使用している。




イメージ 2





発売日:1988年6月24日
発売元:ナムコ(現バンダイナムコゲームス)
ジャンル:アクションゲーム
対応機種:ファミコン




イメージ 3





イメージ 4





道中、様々な敵キャラが登場、念力によって攻撃する、気合いを溜めることによって強力な気合い弾で攻撃することも可能。
また、妖怪護符を使用することによって、ご先祖様である「もんもたろー」を使うこともできます。




イメージ 5





敵を倒したりすることによってお金を貯めることもでき、よろず屋などで強力な武器やアイテムなどを購入することによってゲーム進行を有利に進めることもできます。




イメージ 6





このゲームにはPIOUS(たろすけの心)というものが設定されており、この数値がある一定あると、ゲーム進行に影響するものもあります。




イメージ 7





道中、様々なイベントなどもあるのも特徴、かぐや姫は運動不足により太ったらしいな・・・。。。

ちなみに、たろすけがニヤニヤとしている、こんなイベントもあったりするのだ(笑)。




イメージ 8





イメージ 9





輪廻界をクリアすればエンディングなのだが、このゲームにはいくつかのエンディングがある。




イメージ 10





そこで、PIOUSという値、今までのイベントなどが重要でこの数値によってエンディングが左右される。
最終ステージ輪廻界では、「良い行いをすれば、きっと天に昇れるだろう」という言葉通りに、その行動が重要で、敵キャラを倒す、お金を拾うなどの行動によってPIOUSが下がる仕組みになっている。



[エンディング]
イメージ 11





数値が高いほど、より良いエンディングとなるわけだが、私め程度の腕では「人間界」が限度だったりする・・・・、2番目に良いエンディング。。









面白さ:★★★★★
操作性:★★★★★
グラフィック:★★★★☆
やり込み度:★★★★★
難易度:★★★★★
キャラ:★★★★★
音楽:★★★★★
個人的総合評価:95点

ロードランナー

イメージ 1

ロードランナー

主人公であるランナーを操作し、ステージ内にある金塊を集め脱出をするのが目的のゲーム。
またエディット機能というものがあり、様々な地形を組み合わせて自分だけのオリジナルステージを作ることもできる。




イメージ 2





発売日:1984年7月31日
発売元:ハドソン
ジャンル:パズルゲーム
対応機種:ファミコン




イメージ 3





基本、主人公はジャンプなどのアクションはできない、ステージ内には様々な地形があったり敵キャラとしてロボットが数体登場する。

ロボットは触れるとミスになる、金塊を持ち逃げする場合もある。。




イメージ 4





倒せないわけではないが、レーザーガンで穴を掘って埋めた場合は復活する、また穴を掘って足場にしたりと、いろいろな局面や各ステージごとによって戦略が問われるゲームでもある。

見事金塊を集めると脱出ハシゴが現れる。









面白さ:★★★★★
操作性:★★★★★
グラフィック:★★★☆☆
やり込み度:★★★★☆
難易度:★★★★☆
キャラ:★★★☆☆
音楽:★★★☆☆
個人的総合評価:83点

ベースボール

イメージ 1

ベースボール

ファミコン初の野球ゲーム。後の野球ゲームの礎となってる部分が多いかと思われる。




イメージ 2





発売日:1983年12月7日
発売元:任天堂
ジャンル:スポーツゲーム
対応機種:ファミコン




イメージ 3





選べるチーム数は6チーム。

C、D、G、S、T、Wから選ぶことになる、1人でプレイする場合は先攻・後攻、及び対戦相手はランダムで選ばれる。




イメージ 4





守備に関してはオート操作で、たいしたことないゴロでもお見合いしてしまったり、、、その他モロモロと、、補球できない場合がある。。。。

余談。。

イメージ 5





イメージ 6





後に発売されてきた野球ゲームの質などが向上されてきて、ほとんどプレイすることがなくなったゲームではあるけど、当時は選手に名前がないからか、好きな選手などの名前を勝手につけたりして遊んだりしてた記憶のあるゲームでもありました。









面白さ:★★★★☆
操作性:★★★☆☆
グラフィック:★★★☆☆
やり込み度:★★★☆☆
難易度:★☆☆☆☆
キャラ:★★★☆☆
音楽:★★★☆☆
個人的総合評価:62点

忍者くん

イメージ 1

魔城の冒険

アーケードからの移植作品で、手裏剣を武器に様々な個性ある敵を倒すアクションゲーム。横にスクロールするのではなく縦に上下スクロールするという形をとっている。




イメージ 2





発売日:1985年5月10日
発売元:ジャレコ
ジャンル:アクションゲーム
対応機種:ファミコン




イメージ 3





基本、ステージ中の敵キャラを全滅させればクリア。

簡単なようだが、各ステージの一番上には一つランクが上の強い敵キャラがいるのでやっかい。

最弱だと思われる、黒子であっても油断はできない。。。

ボスは、一定の敵キャラを倒すと自ら下に降りてくる。

敵を倒すときは、向き合うとやられる可能性が高いので(ステージのボス的存在は特に。。)こういった利便性を活かすほうがいいかもしれません。




イメージ 4





また、このゲームにはボーナスステージもあります。

点滅する玉を3つ集めるとボーナスステージに行けます、スコアで1upしたりするのでなるべく利用したほうがいいです。




イメージ 5





個人的に嫌いなステージはカブキが大量にいるステージとヨロイがボスのステージ。

ステージ7〜9はカブキがザコとして登場。

カブキの攻撃は爆弾で、数体いるために早めに倒さないと爆弾のオンパレードに・・・。。(汗)

ヨロイは1度気絶させないと倒せないやっかいな敵。

気絶させるためには敵と接触する必要があるので、やられる危険性が高い。。




イメージ 6





ちなみに、ステージ16〜18は今まで登場した敵キャラが再び登場する。





[pontaのプレイ]





面白さ:★★★★☆
操作性:★★★★☆
グラフィック:★★★★☆
やり込み度:★★★☆☆
難易度:★★★★☆
キャラ:★★★★☆
音楽:★★★★☆
個人的総合評価:78点

けっきょく南極大冒険

イメージ 1

けっきょく南極大冒険

主人公である可愛いペンギンを操作。各ステージには決められたタイムが設けられており、制限時間内にゴールを目指すというもの。
BGMは誰もが一度は聴いたことがある「スケータズワルツ」。
なにげに、ゲームをしながら癒されてしまう気分にもなってしまう一品です。




イメージ 2





発売日:1985年4月22日
発売元:コナミ
ジャンル:アクションゲーム
対応機種:ファミコン




イメージ 3





イメージ 4





道中、クレバスや氷の穴、アザラシがひょっこり顔を出したりと障害物があります。

障害物は当たったりするとタイムロスになります。




イメージ 5





また、点滅した旗を取ると、「○ケコプター」、、、いや、「ペギコプター」で空を飛ぶことも可能。

氷の穴、クレバスといった障害物を避けることができるので使いどころを踏まえた上で使用するといいかもしれません。




イメージ 6





このゲームの特徴は各ステージをゴールした際に各国の国旗が揚がること、南極点と日本の国旗が揚がるステージでは、ペンギン君が他のステージとは違う喜びを表現します。




[pontaのプレイ]





面白さ:★★★★★
操作性:★★★★☆
グラフィック:★★★★☆
やり込み度:★★★★☆
難易度:★★★☆☆
キャラ:★★★★★
音楽:★★★★★
個人的総合評価:83点

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事