ジャズマンス・イン・旭川 blog

旭川ジャズ音楽祭ジャズマンス・イン・旭川のページ

ジャズマンス最新情報

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

2015年11月22.23日とコンサートを行い最後のジャズマンスが終了した。

今年もやはり最後迄なんだかんだとバタバタ走り回る。
一番の要因は初日の出演者を100名にした事。
後悔はしていないが、600名収容の音楽堂に100名の出演者。













今回、吹奏楽分野で全国的にも著名な、旭川商業高校吹奏楽部
に参加を依頼した。













当初は多くて40名位を考えていたが、エリック宮城他6名との
共演はそうないこと。なるべく沢山のメンバーをステージに。
と、考えるうちにステージスタッフ含め、部員88名全員がステージに
上る事に。
そういえば、ジュニアジャズの最初の同じ経験が蘇る。
98年の63名のビックバンドだ。

 
 
 
















































今回、どうしてもやりたかった事に、民族楽器の為に書いたオリジナル曲
『WIND OF ASIA(アジアの風)』をシンフォニックスタイルに直し演奏する事。
この曲は三部構成からなり、アンコール迄含めた4曲である。
曲中にはアイヌのウポポ、ムックリ、様々な民族楽器が含まれる。













その曲を若い世代が風の役割を果たし演奏する。
その為、商業高校73名、ジュニアジャズOB25名、ゲスト6名、104名の
オーケストラが出来上がってしまった。

当日はゲスト演奏に始まり、サミーネスティコの吹奏楽曲、オリジナルと進む。
 













今回一番驚いた事に、場面転換のセッティングが早い。
通常15分はかかろうかと言う場面が7〜8分で終わる。
こんなのも珍しい。 というより初めてだ。

商業部員のチームワークが素晴らしく、何か明るい日本の未来を
見るようで気持ちがよい。













100名の本番は、色々やり残した事はあるが、やり慣れない民族音楽
のスタイルに挑戦した、次世代のメンバーに最大級の賛辞を贈りたいと思う。
 













このコンサートを1年前から計画。
たった2時間弱のコンサートの為に費やした時間。
終わった瞬間、込み上げて涙が出るかなと思ったが、
それよりもスッと肩が軽くなった。

アジアンキッズジャズの集大成と銘打ったコンサート。
まず初日は成功ということにしよう。

その.2へ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 1

1995年から20年間続けて来たジャズマンスイン旭川も
今年で最後。
長い様な、短い様な不思議な気持ち。

最後はこのファイナルコンサート2つを行い
20年間の活動に幕を閉める。
多くの方の目に触れて欲しいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

季節は5月下旬。

今年の『ジャズマンスイン旭川2015.ファイナル』は11月22.23日で開催予定している。
20年間、1年も休ます続けて来たジャズマンスも今年が最後。

今年はファイナル事業と言うことで、2つの大きなコンサートを
行う。
11/23は、ジャズに新しいラテンの要素を取り入れるなど革新的な
活動を果たした『ディジーガレスピー』をテーマとする、JMIAスペシャル
ビックバンドによるスペシャルコンサート。
リーダーは近年、自己のEM BIGBAND、ブルーノートオーケストラを率い
日本を代表するビックバンドリーダーとなりつつある、エリック宮城。

http://blog-imgs-78-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/06.jpg 
他、近藤和彦、中川英二郎、奥村晶、椎名豊、坂井紅介等
20年間に出演した16名のメンバーからなるスペシャルオーケストラ。

11/22はエリック宮城を中心に6名のメンバーと、
ジャズの過去、現在、未来を考えるクリエイティブコンサート。
当然、ジャズマンスが作ったJJO(ジュニアジャズオーケストラ)
メンバーも多数出演。
ジャズだけではない、ここ旭川から発信するクリエイティブジャズ
コンサートとなる予定。

さあ、ジャズマンス最後の集大成となる2つのコンサート。
詳細は順次お知らせ致します。

乞うご期待。
http://blog-imgs-78-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/Dizzy_Gillespie01.jpg

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年もジャズマンスの時期がやって来た。
今年も強力メンバーを招聘し3日間に亘り開催する。
プログラムは以下です。

□11月22日(土)『東川町公演』
 出演:エリック宮城スーパーユニット&東川ジュニアジャズオーケストラ
□11月23日(日)『エリック宮城の音楽学校
 講師:エリック宮城、近藤和彦、片岡雄三、
    守屋順子、中村健吾、広瀬潤二
□11月24日『スピリッツofジャズクリエイティブコンサート』
 出演:エリック宮城、近藤和彦、片岡雄三、
    守屋順子、中村健吾、広瀬潤二
    佐々木義生

今年はジャズマンスイン旭川が長年取り組んで来た
ジャズ教育』の最終年。集大成の年。

そんなことで旭川でジャズ教育と言えば、この人
『エリック宮城』。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/20141010091517821.jpg 
今年はエリック宮城氏を中心にスーパーユニットを
結成。コンサート、ワークショップ、地方公演と活動します。

今年の目玉は23日『エリック宮城の音楽学校と称した、一日ジャズ
学校です。これは中学生、高校生を対象とした学校スタイルの
ポピュラー&ジャズの総合ワークショップです。旭川で初めての
ジャズ音楽学校!!
果たしてどんな学校になるか。

もう一つの目玉は、『スピリッツofジャズクリエイティブコンサート』
〜デュークエリントン&サミネスティコに捧ぐ〜
と題し、偉大なジャズ作曲家二人の偉業を振り返る
リスペクトコンサート。
超強力なメンバーで送るリスペクトコンサート、どのような
コンサートになるか、乞うご期待です。

『今年の出演者&講師』
■エリック宮城(トランペット)
言わずと知れた世界のスーパートランぺッター。
近年は作編曲家としても才能を発揮する。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/20141010091517821.jpg 
■近藤和彦(アルトサックス)
日本を代表するマルチリードプレイヤー。
近年のビックバンドのほとんどに参加。名実共に日本を代表する
リードアルト奏者である。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/20141010092629ec0.jpg 
■片岡雄三(トロンボーン)
超絶技巧と揺るぎのない音は他の追随を許さないプレイヤー。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/20141010092628311.jpg 
■守屋順子(ピアノ)
女流ビックバンドリーダー、作編曲家として有名。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/2014101009263070f.jpg 
■中村健吾(ベース)
米国での豊富なキャリアとビックトーンが魅力。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/20141010092632308.jpg 
■広瀬潤二(ドラム)
コンボからビックバンドまで演奏する名ドラマー。
作曲にも才能を発揮する。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/20141010092626348.jpg 
■佐々木義生(音楽プロデューサー&作編曲)
ジャズマンスイン旭川(JMIA)に19年参加。
19年間斬新な企画を出し続けるJMIA音楽監督。
http://blog-imgs-52-origin.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/201410100926482b1.jpg 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今年のジャズマンスイン旭川(11/13〜17)が終了した。

今年はパーカッションの巨匠ジョバンニ・イダルゴを中心にした
プログラムを展開し、1週間にわたる日程はジョバンニ1色となった。

最初のプログラムは東川町でのプログラムである。
ジョバンニは『音楽は弱者の為に使われなくてはならない』といい
障害児・者施設を来旭する度に訪問する。
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/IMGP9290.jpg 

http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/IMGP9332.jpg 
ジョバンニはとにかく子供が好き。
時間が出来るといつも子供と遊んでいる。
その顔がまた少年のようだ。

今回二つの大きなコンサートに参加した。
一つは若者たちの音楽祭カムイ・クリエイティブコンサートファイナルコンサート』
これは、4つのジャンルの若き演奏家が集まり、一つの音楽を
作るという画期的コンサートだ。
ここでも、ジョバンニのオーラ全開。

□1部:クラシック・ACT
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5406-2.jpg 
□2部:邦楽・ACT
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5428-2.jpg 
□3部:アイヌ・ACT
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5443-2.jpg 
□4部:ジャズ・ACT
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5488.jpg 
□5部:クリエイティブ・ACT
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5587-2.jpg 

『ジョバンニ・イダルゴラテンジャズスペシャルコンサート』

ジャズマンスの最終日を飾るコンサート。
超満員の中、最高のパフォーマンスが繰り広げられた。
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5795.jpg 
ジョバンニの珍しいカホーンプレイ。
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5874.jpg 
開場はジョバンニの音に酔いしれる聴衆で一杯になった。
http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE-25784.jpg 

http://blog-imgs-45.fc2.com/j/a/z/jazzmonth3567/SUE5982-2.jpg 
こうして、今年のジャズマンスイン旭川2013も終了。
さて、来年はどんな楽しいことが待っているだろう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事