ここから本文です
アミのひとり言 (岸和田)

米大で苦学生に救世主

米国南部GeorgiaAtlantaMorehouse Collegeの卒業式で、ゲストスピーカーとして招待された黒人事業家Mr. Robert Smith56才)が、突然、「今日卒業する君たちに燃料を補給しよう。君たちの学生ローンの残高は私の家族が帳消しにしてあげる。」と発表した。519日に卒業した学生は全員ローンの負債を負っていて、その数396人、ローン残高は約4,000万㌦(44億円)、一人平均10万㌦(1,100万円)のローン残高があるという。この事業家によれば、社会に出る学生がこれほどの借金を抱えていると、世の中でできることの選択肢が狭まり、夢や情熱を追求できる自由が制限され、その結果American dreamchanceを掴みにくくなるとのことだ。
 

Mr.Robert Smith8世代前に奴隷としてアメリカに来た黒人の末裔で、Vista Equity Partnersというcomputer soft関連投資会社のCEO、保有資産約50億㌦というから、今回の贈物は自身の資産の1%にも満たないが、1,000万円もの借金を抱えて社会に船出する若者にとっては、命の恩人だ。Morehouse College(男子大学)は伝統的に黒人学生が圧倒的に多く、Luther King牧師もこの大学の卒業生とのこと。

 
彼は、先に150万㌦(1.6億円)の寄付をこの大学にしたことで、今年の卒業式で名誉博士号を授与され、ゲストスピーカーとしてスピーチをすることになったという。彼自身は母校のCornell 大学大学院にも多額の寄付をしているし、癌の研究や芸術の分野でも既に莫大な献金をしている博愛事業家として知られている。
 

MorehouseCollegeの今年の卒業生は全員、幸運にも学生ローン残高を帳消しにしてもらったが、来年以降の卒業生はどうなるのか。この億万長者は、来年以降の卒業生も同様の恩恵にあずかることができるように、君たちも後輩を助けるよう力を尽くそうではないかと訴えた。自分のローンの返済がなくなった分、後輩のローン返済の財源を自主的に積み立てようと提案したのだ。もちろん不足分はこの億万長者が全額補填してくれる。黒人が国家から助けてもらうのではなく、我々黒人が黒人社会を自立させようと卒業生たちに呼び掛けた。

 
アメリカでは、医学部の学生が卒業時平均19万㌦(2,100万円)の学生ローンを抱えているとの統計はあるが、医学部でなくとも黒人大学生が10万㌦の借金を背負って卒業しているとは驚いた。全米平均では、学生ローンの借金はせいぜい4万㌦となっているので、黒人はかなり経済的に無理して高等教育を受けているということがわかる。あの国で高等教育を受けなければまともな収入を得られないからだ。
 
今回は大富豪が目を付けてくれたMorehouse Collegeの学生だけが対象だが、これを機に、他の大学にも、彼のような大富豪篤志家の好意で学生ローンを肩代わりをしてくれる人が現れて、卒業生の寄付で、未来永劫、後輩のローン負担を軽減する社会になれば、世界の模範になるだろう。
 

新元号「令和」

今月から我が国の元号が令和になる。明治XX年生まれの人は何才か計算するので苦労したと思っていたら、今度は昭和XX年から令和YY年まで何年経過したか計算するのに、やはり西暦に換算しなければ答えが出ない。面倒だからこの際我が国も西暦に統一してはどうかと言う人もいるようだが、それは多数意見にならない訳がある。
 
西暦は、イエス・キリストの生誕を基準にする。本当は、生まれた年も月も日も不詳なのだが、それでは都合悪いので500年以上も経ってから専門家が「今から525年前に生まれた」と決めた。そんな訳だから1225日に生まれたという根拠も全くない。当初は生まれた年を西暦元年としたらしいが、しばらくたって4年ほど計算が間違っていたらしく、キリストの誕生は紀元前4年に訂正された。したがって、2019年とは、イエス・キリスト生誕2023年にあたる。(紀元元年の前年は紀元前1年で、紀元0年はない。)
 
タイ・ミャンマーなどの仏教国では、キリスト教の教祖の生誕を基準にするいわれもないので、釈迦の死亡(入滅)年を紀元元年と計算するようだ。一応、釈迦の入滅は紀元前543年とされるから、西暦2019年=仏滅紀元2562年。しかし、この年号も釈迦死亡後かなりの期間が経過してから専門家が計算で決めたもので、ミャンマー、スリランカなどでは、西暦2019年=仏滅紀元2563年と、1年のずれがある。入滅年をうんぬんするだけなら1年は誤差の範囲だろうが、タイとミャンマーで契約書を作成するのに、紀元2565年が今から何年後か特定できなくては、年号として意味をなさない。
 
釈迦は80才で死んだことになっているから、教祖を基準に年号を決めるなら、教祖の生誕年を紀元元年とする方が理にかなっていると思われるが、それすら確証もなく、もともと、生誕年は資料によっては紀元前1000年〜紀元前400年の間でいろんな説があり、今となってはどれが正しいのか誰もわからない。だから今年が仏滅紀元2562年でも2563年でも何でもいいのだ。これらの仏教国でも、一般的にキリストの生誕を基準にする西暦を併用しているからだ。
 
イエス・キリストを救世主と認めないユダヤ人は独自のユダヤ歴を使う。ユダヤ歴元年は紀元前3761年だ。西暦2019年=ユダヤ歴5779年。同じく。キリストを単なる預言者の一人でしかないと主張するイスラム教では、教祖Muhammadが布教の地を生まれ故郷のMeccaからMedinaに移転(聖遷)した年をヒジュラ(聖遷)元年(西暦622年)とする。したがい、イスラム教国では西暦2019年はヒジュラ(Hegirae1398年だ。
 
我が国がこのどれを採用するのも、所詮いい加減な計算で作った元年であったり、イスラム教の布教年を基準にした年号であったりするので、それならば、証人として我ら国民が見守る中で新天皇に即位した年を「令和元年」とするのは、理にかなっているのではないか。権力を持たず威厳がある天皇ならば、元号の元年とするに相応しいと思う。

NZ首相ようやく婚約

New Zealandの首相は同国歴代三人目の女性、昨年女児を出産したsingle mother、でもパートナーとは事実婚で、国連の会合でNew Yorkに出かけたり、Londonに出張などの時はゼロ才の赤ちゃんとパートナー同伴で行っていた。その女性が満を持してこのイースター(421日)の時期に婚約したことが判明した。
 
首相の名はJacinda Ardern38才)、婚約者はdisk jockey兼テレビ司会者Clarke Gayford41才)。二人は数年前から付き合っていて、同棲している仲。昨年6月女児を出産したので、首相として6週間の産休を取った。首相が産休の間、首相代行を勤めたWinston Peters副首相(74才)は、Jacinda首相の二倍ほどの年齢で、首相が生まれた1980年にはすでに国会議員になっていた人物だ。
 
Jacindaさんが突然NZの首相になったのは、野党・労働党の党首として選挙を戦った201710月、すでに妊娠中だった。連立政権で首相に選ばれ、間もなく、妊娠していることを公表、出産に際しては6週間の産休を取ることを公言していて、働く女性に希望を与えると好意的に受け止められ、この産休発言を機に労働党の支持率も首相の支持率も上がったという。女性が内閣総理大臣になってはいけないという法律もなく、現職の総理大臣が出産してはならないという規則もない。
 
ようやく婚約した二人は、年内には籍を入れ正式に夫婦となるが、夫は司会者の仕事を辞め、妻を支えるため専業主夫(full-time stay-at-home husband)になると発表した。ドイツのAngela Merkel首相、英国のTheresa May首相など、女性指導者はいくらでもいる。英国には過去Margaret Thatcherという女性首相もいた。妻がこのような公職に就く場合、夫は男のメンツにこだわることなく、妻を支えるべきだろう。
 
国会議員の40%が女性というNZでも、テレビで名の知れた司会者のClarkeが、妻のために専業主夫になると決断するのに結構時間がかかったようだ。テレビの番組で知り合った時のJacindaは、その時はまだ経験の浅い国会議員だった(28才で国会議員に初当選)。国会議員とテレビ司会者夫婦の仕事は両立する。しかし、内閣総理大臣となると、そうではない。子どもを含めた家庭の幸せのために、男が協力するのが自然だろう。
 
現職の首相が出産するというのは史上二人目。史上初の在職中に出産した首相はパキスタンのBenazir Bhutto元首相。当時37才の彼女は1990125日、在職中に第2子(女子、Bakhtawar Bhutto Zardari)を出産したが、パキスタンは男の国、産休などとれる雰囲気ではなく、出産後数日で復職したそうだ。たまたま母と同じ37才で出産したNZ首相に対して、Bhutto元首相の娘Bakhtawarさん(現在29才)は「娘さん誕生おめでとう」とtwitterで暖かい声援を送っている。これもたまたまだが、Jacinda首相の娘の誕生日は2018.6.21Benazir Bhutto元首相の誕生日は1953.6.21、どちらも621日が誕生日なのだそうだ。

希望者はいつでもとんかつをタダで食べられる飲食店が奈良にある。奈良駅からバスで10分ほどの奈良市神殿(コドノ)667-1(☎0742-81-4568)まるかつ店主金子友則氏(42才)が201854日に始めた無料食堂、純粋に世の中の役に立ちたいとの想いで活動を初めてほぼ一年になる。パリで路上生活者など貧困層の人たちに無償で世界一豪華な夕食を提供しているイタリア人シェフ、Massimo Bottura56才)に共通するものがある。
 
まるかつ食堂の前の張り紙は次の通りになっている。
「もしどうしても、お腹(なか)がすいても、お家(うち)にお金がないときやお子さんにおいしいものをお腹いっぱい食べさせてあげたいのにご事情があって難しいときは、コソっと店長に相談してください。電話がいいと思います。そのときは、店長のおごりで、コソッと無料でお腹いっぱい食べてもらいます。お店で食べるのが気まずければお弁当の持ち帰りでも大丈夫です!お代は出世払いでもいいですし、忘れてもらってもいいです。少しでも元気を出すきっかけになればうれしいです。ちょっとでも他人様の役に立てたという気持ちだけで充分うれしいので、本当に気にせんといて下さいね。
まるかつのお客様へ、いつも本当にありがとうございます。皆様に支えていただいているおかげさんで、こういうアホなことができます。心配させてすみませんが、ご理解よろしくお願いします。不快に感じられましたらお詫びします。すみません。」
この店主は奈良県橿原市で育ち、高校卒業後、県内の飲食店で修行、2014年独立してまるかつを立ち上げ、昼食時には行列ができる繁盛店に成長させた人物だ。無料食堂のヒントを得たのは、常連客から突然かかってきた一本の電話だったという。「妻が通帳を持って、子供を連れて出ていってしまった。おなかがすいてどうしようもない。お金が入るまで食べさせてくれませんか」ワラにもすがる思いで電話をかけてきた客をむげに断ることもできず受け入れたのだ。その後もツケのような形で弁当などを提供していたが、状況が落ち着いた頃にこの男性客は、それまでの食事代をすべてきちんと支払ってくれたそうだ。
現実に目の前で困っている人を放っておけない。食だけでもサポートしたい。困っている人を助けたいという店長の想いが無料食堂として実現する運びになった。間もなく開店1年になる。今まで大体2日に一人くらいが無料食堂を利用してくれたそうだ(3月末までに160人ほど)。急に会社の都合で失業した人が、せめて子供たちにおいしいものを食べさせたいと弁当を持ち帰ったり、病気で働けなくなった一家の主が3人の子どもたちと奥さんを連れてきて、久しぶりの外食に感激してくれたなど。生活に困窮していた学生が利用して、後日、家族で御礼にと食事にきてくれたとか。ただ、善意を踏みにじるような客もくるそうだ。「ただで食えるんやろ?」と、食べものに困っているようでもないのに、悪びれる様子もなく無料で食べて帰る。でも店主は、100人中99人にだまされても、誰かのお役に立てるなら続けたいと今日も頑張ってくれている。

杉並外国語学院という名の日本語学校を語り、ベトナム人留学生(希望者)66人以上から6,000万円強をだまし取った事件が先月報道された。実際に存在しない学校のくせに、ホームページだけ他の見栄えのする学校の映像を利用して立派に見せかけ、まんまと留学生をだますことに成功したようだ。この偽学校はインターネットの通話アプリ「スカイプ」で留学生と簡単な「面接」を行い、合格したら年間の授業料と半年分の寮費合計946千円を振込みさせる。(もちろん全員合格させていた)
 
留学を希望する者は、日本語学校から入国管理局発行の在留資格認定証明書をもらって留学VISAがもらえることを確認したのち946千円を振込むのだが、この偽学校は、在留資格認定証明書の画像をメールで送っていただけとのこと。画像ではそれが偽造されたものとはわかりにくく、いつまでたっても原本が届かないので催促したところ、杉並外国語学院に逃げられたという。
 
登記簿上の代表者(校長)は中国系。よくよく見ると、この学校のホームページ(現在は閉鎖されている)には日本語で使わない中国語の漢字まで使われていて、明らかに日本人が作ったものではない。この学校の責任者・関係者は全員今は逃亡していて連絡が取れない。被害者らの弁護士は詐欺犯を訴える準備中だが、国外逃亡している可能性大にて、被害額を取り戻すことができるか疑わしい。ベトナム人の平均年収は約30万円というから3年分以上の年収を盗られたことになる。
 
一方の正真正銘の日本の大学「東京福祉大学」は、もっと大規模に留学生を食い物にしている。全学生8,000人のうち、留学生は5,000人。一人70万円の授業料をとるから年間35億円の営業収入。一人3万円の私学助成金が文科省から交付されるので営業収入は更に増える。この商売をやっている人物は2006年、6件のわいせつ罪で懲役2年の実刑になった男(中島恒雄、71才)だ。収監中にも手紙などで『留学生をたくさん取れ』と指示を出していたという。
 
今年3月の時点で東京福祉大学の外国人留学生失踪者は700人に上る。過去3年で1,400人の失踪者が出ているとして、文科省と法務省は先月末、遅まきながら実地調査に入った。机も椅子もろくにないのに授業料収入目当てに留学生を研究生としてどんどん入学させて儲ける営利企業。留学VISAのみが目的で大学に来る者にとってはそれでもいい。建前上、週28時間の労働制限があるものの、それを無視してバイトを掛け持ち200-300万円稼ぐと、年間50-100万円の金がたまる。2年間の出稼ぎで100-200万円貯めることも可能らしい。ベトナム、ネパール、スリランカで200万円貯めようと思ったら20年以上かかる。
 
日本語学校に来る留学生の半分以上も本質は出稼ぎだ。授業料70万円と寮費50万円、合計120万円が経費で、200万円稼げば80万円残る。生活費を差し引いて年間50万円以上貯めるのが目的だ。でも、お金だけ盗られて日本に入国できないベトナム人にとっては実に過酷な人生の始まりでもある。親族から借りまくって払った94万円を返すには10年以上かかるだろう。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事