『私たちの50年!!』関連ブログ

『私たちの40年!!』関連BLOGを再開しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

一つの木にピンク(薄紫)と白い花が咲く不思議な木だと思っていたら同じ花が色を変えていたようです。
アマゾンのトメアスーのご自分のお庭に沢山の花を咲かせている三宅昭子さん(同船者)の下記コメントが有りました。
【白とピンクのかわいい花はマナカではないかしら
野ボタン,クヮレズマ、マナカの違いは良くわかりませんがマナカは色が白く変わって散るので二色になって見えるようです。では おやすみなさい 】

昭子さん
貴女の言われるようにこの花は、MANACA da SERRA(山の中のマナカ)と呼ばれていることがわかりました。有隅さんが指摘されているようにTIBOUCHINA MUTABILISと呼ばれるようです。原産はブラジルでブラジルのインヂオがこの木から毒矢の先に塗る毒を採集するそうです。2-4メートルに育つ木で花は白から薄紫、最後に濃い紫に同じ花が変色していくとのことで1本の木にいかにも違う色の花が咲いているように見えますが、変色する花が見られるとのことです。
見つけた花をトラックバックして貼り付けて置きます。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

和田さん
2月4日の記事「一つの木にピンクと白の花が咲く可愛らしい木です」から、この記事に発展してきましたが、写真を一瞥して、これは2月4日の植物とは「種類が違う」と直感しました。一番大きな相違点は、蕾と開花当初の花弁の色が白という点です。
幸いwww.cultivado.com.brやTibouchina mutabilisと言った新しい手掛りが出来ましたので、グーグルの画像でTMを検索してみました。
その結果、TMとある種類の画像は「蕾の白から始まって、花齢が進むにつれてピンクが濃くなっていく。それでmutabilisという種名が付いたのだ」、ということがよく判りました。
2月4日の写真の植物は、最初のピンクから色が褪せて最後は白になります。ですから色は二色と、一見同じように見えますが、内容は全然別の種類です。
和田さんには、この写真のTibouchina mutabilisを探す楽しみと、2月4日の植物が何なのかを同定をする楽しみの、二つの楽しみが出来てきましたね。

2009/2/7(土) 午前 10:33 [ lap*ch*427 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事