『私たちの50年!!』関連ブログ

『私たちの40年!!』関連BLOGを再開しました。

全体表示

[ リスト ]

≪極右翼みたいな新入社員71歳に洗脳されています≫ 広橋さんからのお便りです。

広橋です
近頃、極右翼みたいな人が入社されました。昼休みや会社の帰りに酒屋で一杯飲みながら、彼の思想を聞くようになってから私も右翼的な思想になってきたようです。彼は日本生まれの71才で、如何してか全社員(女性も)から好感をもたれています。(少し嫉妬)
その影響で、添付写真のような、旭日旗のようなデザインに、奇妙に興味がわきました。1ダース買っていこうかな。

イメージ 1
 
どこかの国では不買運動が起こるでしょう。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

丸木で~す

戦前の大日本麦酒みたいですね、戦後は集中排除法によりアサヒとサッポロに分離して、アサヒが伝統を引き継ぎサッポロが恵比寿ビールを出してます。阪神ファンは全員アサヒビール党の様です。

2019/3/8(金) 午後 8:16 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木で~す

昭和十年元旦生まれの僕は、広島原爆投下と同じ日の阪神大空襲で焼け出され、九死に一生を得て助かりました。焼夷弾が周りで炸裂し、死人の山詰みになった現場に遭遇した恐怖は消え去るものでは御座いません。学校でも鬼畜米英と教えられ、チャーチルとルーズベルトは鬼より悪い人で無しで、♬出て来い ニミッツ マッカーサー 地獄の底に突き落とせ🎶と毎日の様に学校で歌わされました。ですから鬼畜米英に対する憎悪は、戦後の民主国家になっても薄れず、いつの日か報復してやると皆んなで誓ったのでした。終戦の前日までこの様な教育を受けていたのが、明くる日からデモクラシーと言われても十歳の若造には理解できませんでした。ただただ、続々進駐して来た米軍の暮らし向きが、住む家もなく着る服もなく、食べるものも無い僕達の目には夢の世界でした。焼け跡の煉瓦取りで僅かな金を稼いだり、進駐軍の兵隊にパンパンガールを斡旋して当時の子供には大金と食べた事の無いベーコンの大きな缶詰なんかを貰って、世の中にこんな美味いものがあるのかと有頂天になってました。

2019/3/8(金) 午後 8:21 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

後年、アメリカで仕事してた現役時代にはドイツ人の同僚と 今度こそ負けないぞ と誓いジョッキを飲み交わしてました。アポゼンタした現在も、その気持ちは変わりません。アメリカにとっては日本領土の拡張が悪でしょうが、日本にとっては正義の戦いで、これはコインの裏表で論議の余地はありません。いつの日か世界中に日章旗と旭日旗がひらめくことを念じ、老軀に鞭打ち精進しております。末筆になりましたが、先月の呑み会で徳力さんから頂いた本に書かれてる吉田松陰を見習います。徳力さんの日本会議の益々の発展に期待します。日系コロニア長老の田辺さんが提唱される様、祖国日本の政府に影響力を発揮し日本政府を動かしてください。

2019/3/8(金) 午後 8:22 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木さん

日本人の魂を持った丸木さんの文章には説得性があり、凄く参考になります。これからもよろしくこれからもよろしくお願いします。ご指導のほどをお願いします。
都賀

2019/3/8(金) 午後 8:23 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木で~す

なんのなんの、天下のIBMで鍛えられた武士の子孫の都賀さんには足元にも及ばぬ浅学菲才の町人風情に温かいお言葉痛み入りまする。ただ日本全土を焼き払ったあくどい米軍の非人道的な仕打ちには子供心に許せないと感じたまでです。アメリカ側から見れば日本が悪いのであり、日本側から見れば日本が正しいのは当然で議論の一致は有り得ません。ですから、本件に就てはこれ以上ブログに書き込みたくはありませんし、思い出したくもないのが本心です。済んだことをあれこれ言っても仕方のないことで未来を展望した建設的な話し合いをしたいものです。こちらこそよろしくご指導くださる様お願い申し上げます。

2019/3/8(金) 午後 8:25 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木さ〜ん
古谷です

下記の URL で記述されている通り、昭和20年08月06日、神戸市・芦屋市・西宮市は
大変な空襲に遇いました。

http://blog.livedoor.jp/liveyousan/archives/22292250.html

昭和19年06月30日、政府は、東京・横浜・川崎・横須賀・大阪・神戸・尼崎・名古屋・門司・小倉・戸畑・若松・八幡の13都市在住の国民学校03-06年生の児童を、地方遠隔地に「縁故疎開」又は「集団疎開」させるべく「学童疎開促進要綱」を閣議決定しました。更に、政府は「、翌20年03月09日に、学童疎開の徹底強化を図る為に「学童疎開強化要綱」を決議しています。

斯く申す私も三年生になったばかりの04月に岡山県に集団疎開(西須摩国民学校)しました。

2019/3/8(金) 午後 8:29 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

当時西宮市にお住まいだった(と理解していますが)丸木先輩は国民学校05年生で当然の事乍ら、「学童疎開強化要綱」に沿って、同市が被爆した08月06日は地方都市へ疎開なさって居て、被爆地に居られなかったのと違いますか?
集団疎開にしろ縁故疎開にしろ、終戦直後には解除されておりません。焼け出されなかった国民学校ですら、授業再開の態勢が整うまで、二カ月以上を費やしています。


尚、別件乍ら、「日米安保条約」が解けるまで、あと何年掛かる事でしょうか?
日本が、中国・朝鮮半島と軍事力で対等の立場に立てるにはもっとGNPの拡充を図らねばなありません。

2019/3/8(金) 午後 8:30 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木で~す

ご指摘の通りです。仕事のある父と旧制の甲陽中学に通ってた兄(古谷さんの大阪外大スペイン語科の5年先輩)を除き僕も含む家族は西能勢村に疎開してましたが、たまたま帰省中に家族全員が空襲に遭遇したのでした。あの様な怖い思いをしたのは懲り懲りで百パーセントの反戦派です。後日に何度か死線を彷徨った経験はありますが自ら招いたバガボンド生活の祟りですから、それはそれで恐怖心にも空前絶後の差があります。

2019/3/8(金) 午後 8:32 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木さ〜ん
古谷です

要するに「縁故疎開」だったから、行動が自由だったと言う事ですか?

私も02月の空襲で経験がありますが、当時の米軍B-29の空襲は夜間でした。
米陸軍少将ルメイの方針で、夜間の焼夷弾に依る住宅地攻撃を大都市中心に行いました。B-29は30機40機の編隊を組み、都市のピンポイントで攻撃地を決めていました。従い、数百米離れると被害を免れています。

先ず、警戒警報が鳴り、その後、B-29が近づくと空襲警報が鳴りました。
遅くとも、空襲警報が鳴った時、逃げなかったのですか? 瓦礫や焼死体を見たと言われるのは、翌日の事でしょう。

私も、翌々日に住んでいた家の焼け跡を見て、「こんなに面積が小さかったか?」と子供心に吃驚したのを覚えています。我が家も近所もみな無事に逃げおうせました。焼けたのは、百米四方もなく、残った家を羨ましく思った事を覚えています。

2019/3/8(金) 午後 8:34 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木で~す

その通り、縁故疎開でした。父が役員してた会社の社長はじめ役員全員の家族が同じ村で暮らし、学校では堆肥作りや鎌で雑草を切る都会育ちには慣れない授業に閉口したものです。戦災翌日には浜甲子園に流れる新川の橋の下から浮かび上がり、近くの家政婦の家が焼け残ってたので焼け爛れ汚れた衣服を着せ替えてくれ大助かりでした。戦前の父の本職は計理士で、淀屋橋にあった日鉄(戦後は富士鉄)の隣の石綿会館に会計事務所を構えてましたが、戦時中には爆弾工場の常任監査役として将官旗を付けた車で送迎されてました(戦後は公認会計士として元の事務所に復帰しました、為念)。僕らの疎開中には父と兄の男所帯でしたので会社が鶴屋の料理人を雇って離れで暮らしてたそうです。

2019/3/10(日) 午前 7:06 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

その人は空襲警報に気付かず焼死されましたが僕達9人家族は負傷したものの全員生き残りました。もう、思い出したくもないのが本音です。戦争は真っ平です、学連で平和を叫ぶ歌声運動の先頭に立ったのには、こんな体験に起因します。日本軍はアメリカに攻め込む理由も意義もありませんが、国防には万全を期さないと又アメ公にしてやられますよ。仮想敵国殲滅を虎視眈々と狙い、その方策が進行中です

2019/3/10(日) 午前 7:08 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木さん カンピーナスの都賀です。

米国との戦争で 一つだけ我が家に記念がありました。終戦間際に米軍機が我が家に機銃掃射をしました。
集落には50軒がありましたが なぜか わが家だけに 3発 打ち込み そのまま飛び去りました。
我が家の住民は全員 防空壕に避難して無事でした。家が大きかったためか と当時言われたそうですが、たかがしれた民家です、真面目に戦争しなかった米軍は その後 朝鮮 ベトナム 等への攻撃にも真面目に戦争しないで 済ませました。、、、と小生は考えます。
山本元帥の総力を懸けた真珠湾攻撃では米軍はハワイに係留してあった全ての航空母艦を日本軍の来襲を避けて南方へ移動してあった、、とのことです。わが家では8人兄弟でも、 父も父の兄弟も 従兄弟も 誰も第二次世界大戦争には さんか(戦地での) していませんでした。 口笛で賛歌を吹いたものです。小生は生まれておりませんでした。

2019/3/11(月) 午前 3:21 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

名無しの権兵衛さん(カンピーナスの都賀さん)
古谷です

憚りながら、貴信の記述違いを正して置きます、


1)山本五十六中将は、連合艦隊司令長官(兼第一艦隊司令官)職を昭和14年08月に拝命。翌15年11月に海軍大将に昇進しました。昭和16年12月に真珠湾攻撃を立案・指揮しました。
2)昭和18年04月18日ブーゲンビル上空で、乗機が米軍の攻撃を受け、戦死。06月05日に日比谷公園で国葬に付されました。現役時の勲功に対し、大勲位、功一級、正三位と元帥の称号が贈られました。民間人が国葬に付されましたのは初めてでした。

2019/3/11(月) 午前 3:27 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

3)昭和16年12月08日の日本海軍に真珠湾攻撃は奇襲作戦であり、艦隊内の交信も暗号通信で極秘扱いであった事で、少なくとも真珠湾の米海軍基地では知られてはいませんでした。依って、米空母三隻のエンタープライズはオアフ島西二百海里を別作戦で航行中、レキシントンはミッドウエーに航空機を輸送中、サラトガはサンデイエゴでドック入り中で、それぞれ別行動をとっており、真珠湾攻撃を避ける為に退避していた訳ではありません。艦載機攻撃が重要視されだしたのはミッドウエー海戦後で、真珠湾攻撃時は未だその認識はなかったのです。
4)米国は、太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争で米国は真面目に戦わなかったとはどう言う意味ですか? 教えて下さい。

2019/3/11(月) 午前 3:31 [ yoshijiwada ] 返信する

顔アイコン

丸木で~す

僕も空襲の数ヶ月前に艦載機による機銃掃射を受けた経験があります。搭乗員の顔がはっきり見える至近距離でしたが銃撃されなかったのが幸いでした。

2019/3/11(月) 午前 8:23 [ yoshijiwada ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事