『私たちの50年!!』関連ブログ

『私たちの40年!!』関連BLOGを再開しました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<阪神>開幕から3カード連続勝ち越し 巨人は打線が沈黙
毎日新聞 - 2008/4/5 20:49

○阪神3−1巨人●(5日)

 阪神が開幕から3カード連続で勝ち越した。先発の岩田は球威十分で緩急もさえ、2勝目。打線は五回、四球とヒットエンドランで無死一、三塁とし、「(岩田に)投げる方に集中させたかった」という野口が先制の右犠飛。六回は金本の2ランで加点した。巨人は打線が沈黙。

 ▽巨人・原監督 重いゲームが続きますね。グライシンガーは先発としてはよく投げてくれた。

 ▽阪神・岡田監督 (グライシンガーをから3点を挙げ)最初から飛ばしとったから、何とか球数投げさせてな。連打、連打でいく投手じゃないから。(3カード連続の勝ち越しに)キャンプからいい流れ。みんながいいスタートを切れた。

 ◇金本が値千金の特大2ラン…試合の流れがっちりつかみ

 阪神1点リードの六回1死二塁。金本は、巨人・グライシンガーがど真ん中に投じた、141キロのストレートをジャストミートした。打った瞬間、それと分かる会心の一打。「何でもいい。どこかに落ちてくれと思って打った」打球は、右中間への特大の2ランとなった。

 阪神打線は、巨人先発のグライシンガーを打ちあぐねていた。一回は3者連続三振。決め球のチェンジアップにタイミングが合わず、三回まで無安打に抑えられた。四回の攻撃に入る前には、ベンチ前まで円陣を組んだ。あえてチェンジアップに狙いを絞った。

 五回、先頭の鳥谷が四球で出ると、フォードの5球目にヒットエンドランを仕掛けた。フォードは、低めのチェンジアップを左前にはじき返して一、三塁。続く野口の浅めの右邪飛で、鳥谷が果敢に本塁突入し、先制点を挙げた。

 この1点がグライシンガーに動揺を与えた。わずかながら、直球が高めに浮き始めた。百戦錬磨の金本が、それを見逃すはずがなかったのだ。

 試合の流れをがっちりつかみ、通算2000安打まで2本、400本塁打に3本に迫る価値ある一発。金本の引き締まった顔は、「どうだ」と言わんばかりだった。【和田崇】

 ○…昨季最多勝の巨人先発・グライシンガーは2度目の登板も勝利ならず。立ち上がりに4連続三振と上々の滑り出しだったが、阪神打線の粘りに球数を費やし、徐々に制球が甘くなった。100球近くなった六回、金本に2ランを浴び、七回限りで降板。これで巨人は開幕から8試合連続で先発投手に勝ち星がついていない。打線が低迷しているだけに、先発がしっかり抑えたいところだが、チーム防御率は5点台。投手陣の苦戦も続く。

 ○…大記録を目前に控えても、阪神・金本は心の乱れを感じさせない。六回1死二塁。巨人・グライシンガーの高め直球をかぶせるようにたたいた。外野手が早々と打球を追うのをあきらめた豪快な2ランが、右中間席へと消えていく。「甘めやろ。唯一の(失投だった)球や」。研ぎ澄ました集中力はさすがの一言。これで通算2000安打まで残り2本だが、記録へのこだわりはない。チームを勝利へと導く価値ある1本を、今夜も気負うことなく積み上げた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

おはようございます 道屋@神戸です。

当地で、今桜が満開になりました。
4〜5日前はまだ5分咲きくらいかと思っていたのですが
あっという間の開花です。

昨日、家の近くの公園と学校を廻ってその模様を
撮影してきました。

拙い作品で恐縮すが、お手すきのときに、ご笑覧いただければ幸いです。

***********************************
 道屋能弘(神戸市)
***********************************

開く トラックバック(1)

ルーラ大統領RS州訪問

イメージ 1

ルーラ大統領がRS州に遣って来る。リオグランデの港に出来た南半球最大の造船所の視察に10月の市長選挙をターゲットにしたPACの計画によるお金のばら撒き作戦。
写真は、シマロン(マテ茶)を飲むルーラ大統領。左は時期大統領候補の一人ヂルマ官房長官、右はイエダ州知事。両手に花のご機嫌そうな大統領。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事