『私たちの50年!!』関連ブログ

『私たちの40年!!』関連BLOGを再開しました。

あるぜんちな丸と同船者関連

[ リスト | 詳細 ]

このブログの中心テーマであるあるぜんちな丸第12次航の同船者仲間に付いての話題を語る欄です。今年の5月で着伯45年を迎えました。681人いた同船者の仲間が毎年減っていくのが寂しいです。生きている限り続けて行きたいと願ってますが。。。
記事検索
検索

全114ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

≪同船者、産業開発青年隊の山木源吉さんの数奇のブラジル生活≫ ニッケイ新聞記事より(続き)


あるぜんちな丸第12次航(1962年5月11日サントス港着)の同船者681名の内、産業開発青年隊員が33名いたが、その中の一人山木源吉さんの数奇の人生をニッケイ新聞の深沢編集長が2019年2月19日に紹介して呉れており、その中に2012年1月1日の新年特集号に児島阿佐美記者による『インディオと秘境生活―青年隊山木源吉さん=結んだ友情を育み続ける』と云う長文の体験記を紹介しておられる。こんな変わった同船者として山木さん関係記事2編をホームページに残して置くことにした。写真は、最近のニッケイ新聞に掲載されていた山木さんの写真をお借りしました。

イメージ 1

(続き)
 乾季でも土中で持ちこたえるマンジョカなどイモ類と、バナナを家族ごとに植えた。冬のないアマゾンではどちらも年中収穫できたため、蓄えるという習慣はなかった。焼畑農法で畑を作り、雑草が生えだすと場所を転々とするやり方に、フランシスコ神父が「もっといい畑を作り、同じ場所で連作する方法を教えてほしい」と依頼。部落の畑を一カ所に集め、全員に食料が行き渡るように指導をするのが4年間滞在したタピラペ部落での主な役割だった。

 今も語り継がれる武勇伝
 一番の思い出の一つは、タピラペ族の仲間の救出劇だ。
 「神父たちの働きかけで部族が二手に分かれたせいで、下流に残った仲間が『向こう(上流)に自分の親戚が残っている。きっと苦労しているはず』と言い始めた。それで皆で会いに行こうということになった」。
 しかし遠征には危険がつきもの。他部族の攻撃に遭えば捕虜になる。「初めは大勢志願したけど、最後に残ったのは俺と5人のタピラペ族だった」。鉄砲と弓で武装し、カヌーで上流へと向かった。
 襲撃を免れ無事に到着した昔の部落には、僅か3人の生存者が残るだけだった。生き残った仲間は「昔は少なくとも100人はいたが、部族が半分に分かれた後、他の部族に何度も襲われ子供も全て連れて行かれた」と悲劇を明らかにし、救いの手を喜んだ。
 当時、文書に記録する文化がなかったタピラペ族には語り部がおり、部落内で起きた出来事を記憶し後世に伝承した。「彼らは部落の中で起きたことを何十年経っても決して忘れない。悪いことをすれば絶対部落に入れてもらえない。だから今でも、一度も顔を会わせたことのない幼い子供までも俺のことを知っていて、『ヤマキ、ヤマキ』とって言って寄って来るよ」と嬉しそうだ。

 妻が育てたインディオの子
 25歳の時に結婚し、部落で新婚生活を送った妻のルイザさんと二人で部落を訪れると、喜んで駆け寄って来るもう一人の人物がいる。カラジャ族と結婚したタピラペ族の女性タイパの子、イパレという名の男性だ。
 山木夫妻の長男が誕生した同時期に生まれたが、母親の母乳が出ず、ルイザさんが2人の赤ん坊を両腕に抱えて母乳を与えた。「タイパは子供に『ルイザの乳がなければお前は死んでいた。お前の母はルイザだ』と教えて育てた。イパレは今もルイザを母として慕っている。人にしてもらったことをすごく大事にする、義理堅い民族なんです」と、彼らへの深い親愛を込めて語った。
 長男が就学年齢を迎えたため、山木夫妻は聖市に移り住んだ。仕事や子育てに明け暮れ何十年も部落を訪れることができなかったが、退職後は年に1、2回部落を訪ね、懐かしい仲間との友情を今も温め続けている。


≪同船者、産業開発青年隊の山木源吉さんの数奇のブラジル生活≫ ニッケイ新聞記事より 


あるぜんちな丸第12次航(1962年5月11日サントス港着)の同船者681名の内、産業開発青年隊員が33名いたが、その中の一人山木源吉さんの数奇の人生をニッケイ新聞の深沢編集長が2019年2月19日に紹介して呉れており、その中に2012年1月1日の新年特集号に児島阿佐美記者による『インディオと秘境生活―青年隊山木源吉さん=結んだ友情を育み続ける』と云う長文の体験記を紹介しておられる。こんな変わった同船者として山木さん関係記事2編をホームページに残して置くことにした。写真は、最近のニッケイ新聞に掲載されていた山木さんの写真をお借りしました。

イメージ 1

インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉 ニッケイ新聞WEB版より
2019年2月19日

 「インディオは猿を食べる。どうやって食べるかといえば、そのまま焚火にくべて丸焼きにするんだ。最初、毛が焼ける臭いがして、腹がプクーッて膨らんで、ポンって弾ける。そのうち頭が焼けてきて、歯をむき出したような顔になるんだ。正直って食べる気しないけど、皆と一緒に食べたよ、もちろん。他に食べるものないんだから」――インディオに憧れて移住してしまった山木源吉さん(76、山形県)=聖州カンピーナス市在住=の話は実に刺激的だ。
 1月にあった南米産業開発青年隊の総会の折、山木さんと話す機会があった。渡伯のキッカケを尋ねると、「中学の時に『裸族ガビオン』(杉山吉良、光文社、1958年)という本を読んでインディオの生活に憧れてね、なんとかブラジル行きたいと思って、産業開発青年隊に入って来たんだ」と振りかえる。

 1943年1月生まれの戦中派で、1962年に8期生として渡伯した。「戦後移民にも一風変わった人がいるものだ」とつくづく感じる。
 本紙12年1月1日号に児島阿佐美記者による、山木さんのインディオ共生体験の必読レポート�www.nikkeyshimbun.jp/2012/120101-91colonia.html)が掲載されている。">ihttps://www.nikkeyshimbun.jp/2012/120101-91colonia.html)が掲載されている。
 でもコラム子が会ったのは今回が初めて。今でも年に一度、マット・グロッソ州のインディオ部落で3カ月から半年ぐらい生活しているという。「インディオと同じ生活をする。彼らと一緒に狩りをして魚を釣る」
 山木さんの妻はインディオ部落で育ったブラジル人で、その部落に6年ほど住んでいた縁で結婚し、今もその部落を訪ねては妻の実家に世話になって暮らすのだとか。「部落で結婚式を挙げた時は、550人もお客さんが来たよ。盛大だったな。つき合いのあるカラジャー族、タペラバ族とかからも。皆が牛、豚、魚を持ち寄ってくれた。でもアルコールは一滴もナシ!」と上手にオチをつける。インディオ部落で結婚式を挙げた最初の日本人かもしれない。
 山木さんは農業高校を卒業して青年隊の山形県隊に入隊し、測量などを勉強した。「半年もインディオ部落にいて、毎日何をしているんですか」と単刀直入に尋ねると、「原始林を歩くのが大好きなので、毎日楽しい」という。ちょっと普通の日本人ではない。「普通は原始林で迷ったら、出ることばかりを考えて焦るでしょ。インディオは違う。原始林で生活できるから、どこでも生きていける。彼らから原始林でも生きていく方法を学んだ」。
 他部族が攻めてきた時のために、インディオは家の中に戦闘用の矢を何十本も常備しているのだという。「狩りで使う矢は、遠くへ飛ばすから長い。戦闘用の矢はもっと近くで当てるから短かめ」だという。一緒に住まないと分からないことだ。
 さらに、「ジャングルを歩くときに、青年隊で習った測量の技術が役に立っている。最近、息子に買ってもらったGPS(衛星測位システム)も役に立っている。原始林の中を歩くのが大好きだから、そこそこの川岸目指してってジャングルに入っていくだろ。GPSを持っていくと、大体迷うことなく目的地につけるんだ。とっても楽しいね」とニコニコする。
「僕は案外、運が良かったよ」と唐突に言うので、どんな運が良かったのかと聞くと、「三度、棺桶に入りかけた」という。まるで禅問答の様だ。良く聞くと、どうやらインディオと生活していて3度、致命的な感染症に罹ったらしい。「マラリアかデンギか黄熱病か、良く分からない」と笑う。
「立ち上がれないようになって、飛行機で町まで運ばれて治療を受け、一命をとりとめた。一度なんてFAB(ブラジル空軍)の飛行機でマット・グロッソからリオまで運ばれ、オズワルド・クルス研究所に入院したこともあるよ」
 本人はいたって満足した生活をしているが、山形の実家はそうではないらしい。「聞くところによると、実家の方では、『源吉は仕事もせずに、マット・グロッソでインディオとホイホイ遊んでいるらしい。どうにもこうにも恥ずかしい』という理由で、留守家族会には出ていないらしい」という。あまりに〝一風変わっている〟ので、理解するのは難しいかもしれない。
「同じ黄色人種として、インディオは山木さんをどう思っているんですかね?」と訊くと、「ああ、誰も日本なんて知らないからね。他の部族から来たと思っているよ。だから自己紹介するときに言ってやるんだ。『オレの部族はデカいんだゾ。ここの部落の何十倍もある』って」と豪快に大笑った。
 戦前に「聖州新報」の社主だったインテリ笠戸丸移民・香山六郎は生涯の最後をツピー・グワラニー語研究に捧げた。《ツピー語の単語で、意味が日本語と同じ、または類似のものを数多く見出し、私の全身の血も神経も希望にたぎりだした》《日本語と深い関係があるのじゃないか》(『香山六郎回想録』(人文研、76年、最終章)との心境に達し、3千語の辞書として51年に刊行した。ただし、現在の言語学の観点からは日本語とツピー語の間に関連性は認められず、香山の直感はハズれた。
 ただし、2014年10月24日付エスタード紙には、ミナス州で発掘された大昔のインディオの頭蓋骨から、ポリネシア人と一致する遺伝子が検出されたとの記事が出ていた。日本人がポリネシア人と近いことは言うまでもない。
 香山が期待した《日本語との深い関係》はムリだが、山木さんが冗談で言った『オレの部族はデカいんだゾ』というグローバルな同族意識は、地球環境を優先すべき現代において「あながち間違っていない」という感じがする。(深)


| 新年特集号 | 2012年新年号 |
インディオと秘境生活=青年隊員の山木源吉さん=結んだ友情を育み続ける 児島阿佐美記者
2012年1月1日
新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け

 南米産業開発青年隊員で、インディオの部落で原住民と生活を共にした人物がいると聞き、聖州カンピーナス市の自宅を訪ねて話を聞いた。その名は山木源吉さん(69、山形)。青年隊員としてグァタパラ移住地で半年間働いたすぐ後、インディオの部落で4年間を過ごした。部落を離れて40年以上が経つが、インディオ保護区となった部落の住民に今でも親しまれ、年に1、2回は彼らを訪れ交友を深めている。

 憧れのインディオの地へ
 中学生の頃に読んだ1冊の本が人生を方向付けた。本の名は『裸族ガビオン』(杉山吉良、光文社、1958年)、アマゾンに住むインディオに関するルポルタージュだった。「こんな未開の土地に住んでみたい」との夢を抱いた。
 当時のインディオ保護機関「SPI」(Servico de Protecao aos Indios)はキリスト教会と協同でインディオの生活支援を行っており、同書には様々な部落の言葉を操り新しい部落と第1コンタクトを取るフレイ・ジル(フレイはFreireの略で、修道士の意。本名は不明)という人物が登場した。「この人に会えば、インディオの部落に連れて行ってもらえるかもしれない」と期待を胸に地元の農業高校を卒業後、南米産業開発青年隊に入隊した。1962年に来伯、グァタパラ移住地で約半年間用水・排水路の据付に携わった。
 64年、ジル修道士に会える保証はないが、貯めた資金と彼の名を書き留めた紙切れを鞄に詰め込み、一路、パラー州マラバ市を目指した。青年隊らしい冒険旅行だ。1週間かけて約2千キロのベレン・ブラジリア街道を通過、ヒッチハイクでマラニョン州インペラトリス市、更に船に乗り換え同市へと向かった。
 有名人だったというジル修道士は容易に見つけることができた。「ろくにポルトガル語も話せなかったけど、辞書を引いて単語をつなげて来た理由を説明したら、喜んで歓迎してくれた」と懐かしそうに目を細めた。しばらく留まる内に、「一緒に部落にいくか」と念願の呼び出しがかかった。

 シッキリン族との出会い
 初めて訪れた部族の名はシッキリン(Xicrin)。ジル修道士が連絡を取り、後の支援をカロン神父が引き継ぐことになっていた。マラバ市を流れるイタカイウーナ川の支流に集落があった。普段は急流で船が通れず、雨季で増水する年に1、2回だけ訪れることができる〃秘境〃だ。
 船で川の分岐点まで上ると、シッキリン族がカヌーで迎えにやってきた。歩いて来たグループも次々に川の対岸に現れた。侍のように頭に刈り込みを入れ、一糸纏わない大柄の体を戦闘用に赤黒に塗りたくり、手には弓矢を握っていた。顔立ちは東洋人そっくり。その猛勇な姿に「こりゃすごい」と胸が躍った。
 上流へはカヌーで行くが、同伴者全員が乗り切れず、若さを買われてか「お前は歩いていけ」と言われた。「言葉も通じないし、全く初対面なのに」とためらうが他に選択肢はなく、部族と歩いていくことになった。
 「案内される方なのに、彼らは俺を先頭に立たせようとした。『道も分からないのに、何で』としきりに抗議して一人を前に押しやると、怖がって後ろばかり見ていた」。部族での略奪が日常茶飯事のインディオにとり、密林で仲間以外に背中を見せることは命とりになる。「生き延びるためのルールに違いない」と、異なるルールが支配する世界に訪れたことを実感した。

 口と尻からブクブク泡が
 夜は安全な場所に野宿を構えた。道中捕まえた猿を皮もはがず丸ごと焚き火に豪快に放り込み、焼いたもので夕食をとる。「腸が内部で破裂する、ボンボンという音が聞こえた。口と尻からぶくぶく泡が出て、顔が焼けて歯がむき出しになったのには参ったよ」と、当時の光景が未だに忘れられないというように苦笑いを見せる。
 遠征の時は部落から食料を携えるが、「蓄えるという習慣がなくて、腹が減ると満腹になるまで食べてしまう。食料は数日でなくなって獲物が見つからず腹が減ることもあるが、『なければ仕方がない』という考え」。今、食料にありつけることが全てなのだ。
 1日半後、部落に無事到着。椰子の葉で葺いた屋根を、木の柱で支えたものが住居だった。
 ポ語は通じなかったが「『これは何?』という意味の『マナカミジュク』を繰り返して部族の言葉を覚えた。雨も川も水も全部『ナ』だった。語彙が少なくて、色んなものを同じ言葉で呼んでいた」。
 女がマンジョッカやバナナを植え、男は原始林を拓き、狩りをした。狩から帰ると、豚、バク、猿、鳥など捕れた獲物ごとに異なる歌を歌い、部落にたどり着く前に仲間に獲物を知らせた。
 獲物は椰子の葉の硬い葉脈をナイフ代わりにしてさばき、地面に穴を掘って火を起こし、中で熱した石で調理した。「調理といっても塩もない。だから肉は絶対洗わず、そのまま焼いて肉の塩分を摂取する。物事はうまく出来ている」。
 食料が不足すると椰子の実を食べた。落ちて何カ月も経ち、腐りかけたものなら割ることが出来る。「白い幼虫が入っているのに当たると大喜びしていた。こんな虫…と始めは思ったが、あんなに喜ぶんだから美味しいのだろうと思って試してみた。噛むと口の中でパンッとはじけて、椰子油を濃厚にしたような味がして意外とうまかった」。彼らが食べるものは何でも口にし、狩りにも参加し生活になじんでいった。
 神父たちが年中訪れることができるよう、猛暑の中、テコテコが離着陸できる飛行場整備が引き受けた仕事だった。仕事を終えて集落へ戻る度、昔戦争で鳴らしたというベッカロチ族長が木の実やマンジョッカを振る舞い、労働をねぎらった。
 山木さんは「部落を出る時、友達の印に族長がくれたもの」と、祭りで使用する頭飾りや弓を見せてくれた。アララの羽は鮮やかな色を保ち、弓にも当時の張りが健在だ。
 
タピラペ族の部落へ潜入
 シッキリン族と暮らして4カ月、「怖がりもせず、インディオと一緒に生活する男がいる」との噂が修道士内に広まった。パラー州とトカンチンス州との州境にあるマット・グロッソ州サンタテレジーニャ市のフランシスコ・ジェンテル神父から、タピラペ族の部落に同行してほしいとの依頼があった。
 依頼を引き受け、カロン神父に4カ月分の報酬を求めると、「神が報いてくれます」との返事。「一銭ももらえないのか」と愕然とするも夢は金銭に換えがたい。無給を覚悟でタピラペ部落へと向かった。
 「文明人が入り込んで風邪や肺病がはやり、カヤポ族の襲撃もあって大勢が死んだと聞いた。俺が行った時は、人口72人しかいなかった」。元々アラグアイア川の支流タピラペ川の上流に集落を形成していたが、1950年代から始まった人口減を機に教会関係者らが説得、部族の半数がSPIの活動拠点があった下流に移動していた。
 タピラペ族も東洋人と良く似た風貌で、子供の頃は蒙古班があった。裸の手足には綿を寄って作った糸をびっしりと巻き、男女とも木の実で作った耳飾りをつけていた。男性は下唇に穴を開け木の棒をはめ込んでいたので、いつも涎がたれていた。独自の言葉があったが、片言のポ語も話した。

 興味深い儀式の数々
 「特に興味深かったのは儀式だった」と、男女の成人式の様子を説明した。「女の子は初潮が来ると、暗い部屋に1カ月隔離されて、食べ物を持ってくる親以外とは誰とも会うことが禁止されていた」。
 男の子は狩りが上達しある程度の年齢に達すると儀式を行なう。「カショッハという魚の針みたいに鋭い牙で、太ももの付け根から足下まで血が流れるまで裂いたり、大木を持ち上げたり、色々な項目で勇敢さや力が試された」。
 男女共に儀式を終えると改名し、12〜3歳で許婚と結婚し子供を産んだ。出産年齢が低く子沢山のため、人口の回復も早かったという。
 葬式も重要な儀式の一つだ。「仕切りのない広い土間だけの家の床に穴を掘ってハンモックに遺体を寝かせ、丸太を敷き詰めてバナナの葉をかぶせた上に土を盛った。死んだ人がかわいがっていた犬も『一緒に行くから』と殺して、持ち物と一緒に埋葬していた」。
 葬式には部落の住民全員が参加、夕方から夜が明けるまで墓の上を飛び跳ねながら死者の人生や人柄について歌い続けた。「明け方には墓が踏み固められてツルツルになり、時間が経っても臭いがしなかった」という。部族の伝統には様々な知恵が隠れていた。

開く トラックバック(1)

インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉 ニッケイ新聞WEB版より

2019年2月19日
山木源吉さん
山木源吉さん
 「インディオは猿を食べる。どうやって食べるかといえば、そのまま焚火にくべて丸焼きにするんだ。最初、毛が焼ける臭いがして、腹がプクーッて膨らんで、ポンって弾ける。そのうち頭が焼けてきて、歯をむき出したような顔になるんだ。正直って食べる気しないけど、皆と一緒に食べたよ、もちろん。他に食べるものないんだから」――インディオに憧れて移住してしまった山木源吉さん(76、山形県)=聖州カンピーナス市在住=の話は実に刺激的だ。
 1月にあった南米産業開発青年隊の総会の折、山木さんと話す機会があった。渡伯のキッカケを尋ねると、「中学の時に『裸族ガビオン』(杉山吉良、光文社、1958年)という本を読んでインディオの生活に憧れてね、なんとかブラジル行きたいと思って、産業開発青年隊に入って来たんだ」と振りかえる。

 1943年1月生まれの戦中派で、1962年に8期生として渡伯した。「戦後移民にも一風変わった人がいるものだ」とつくづく感じる。
 本紙12年1月1日号に児島阿佐美記者による、山木さんのインディオ共生体験の必読レポート(https://www.nikkeyshimbun.jp/2012/120101-91colonia.html)が掲載されている。
 でもコラム子が会ったのは今回が初めて。今でも年に一度、マット・グロッソ州のインディオ部落で3カ月から半年ぐらい生活しているという。「インディオと同じ生活をする。彼らと一緒に狩りをして魚を釣る」
 山木さんの妻はインディオ部落で育ったブラジル人で、その部落に6年ほど住んでいた縁で結婚し、今もその部落を訪ねては妻の実家に世話になって暮らすのだとか。「部落で結婚式を挙げた時は、550人もお客さんが来たよ。盛大だったな。つき合いのあるカラジャー族、タペラバ族とかからも。皆が牛、豚、魚を持ち寄ってくれた。でもアルコールは一滴もナシ!」と上手にオチをつける。インディオ部落で結婚式を挙げた最初の日本人かもしれない。
 山木さんは農業高校を卒業して青年隊の山形県隊に入隊し、測量などを勉強した。「半年もインディオ部落にいて、毎日何をしているんですか」と単刀直入に尋ねると、「原始林を歩くのが大好きなので、毎日楽しい」という。ちょっと普通の日本人ではない。「普通は原始林で迷ったら、出ることばかりを考えて焦るでしょ。インディオは違う。原始林で生活できるから、どこでも生きていける。彼らから原始林でも生きていく方法を学んだ」。
 他部族が攻めてきた時のために、インディオは家の中に戦闘用の矢を何十本も常備しているのだという。「狩りで使う矢は、遠くへ飛ばすから長い。戦闘用の矢はもっと近くで当てるから短かめ」だという。一緒に住まないと分からないことだ。
 さらに、「ジャングルを歩くときに、青年隊で習った測量の技術が役に立っている。最近、息子に買ってもらったGPS(衛星測位システム)も役に立っている。原始林の中を歩くのが大好きだから、そこそこの川岸目指してってジャングルに入っていくだろ。GPSを持っていくと、大体迷うことなく目的地につけるんだ。とっても楽しいね」とニコニコする。
「僕は案外、運が良かったよ」と唐突に言うので、どんな運が良かったのかと聞くと、「三度、棺桶に入りかけた」という。まるで禅問答の様だ。良く聞くと、どうやらインディオと生活していて3度、致命的な感染症に罹ったらしい。「マラリアかデンギか黄熱病か、良く分からない」と笑う。
「立ち上がれないようになって、飛行機で町まで運ばれて治療を受け、一命をとりとめた。一度なんてFAB(ブラジル空軍)の飛行機でマット・グロッソからリオまで運ばれ、オズワルド・クルス研究所に入院したこともあるよ」
 本人はいたって満足した生活をしているが、山形の実家はそうではないらしい。「聞くところによると、実家の方では、『源吉は仕事もせずに、マット・グロッソでインディオとホイホイ遊んでいるらしい。どうにもこうにも恥ずかしい』という理由で、留守家族会には出ていないらしい」という。あまりに〝一風変わっている〟ので、理解するのは難しいかもしれない。
「同じ黄色人種として、インディオは山木さんをどう思っているんですかね?」と訊くと、「ああ、誰も日本なんて知らないからね。他の部族から来たと思っているよ。だから自己紹介するときに言ってやるんだ。『オレの部族はデカいんだゾ。ここの部落の何十倍もある』って」と豪快に大笑った。
 戦前に「聖州新報」の社主だったインテリ笠戸丸移民・香山六郎は生涯の最後をツピー・グワラニー語研究に捧げた。《ツピー語の単語で、意味が日本語と同じ、または類似のものを数多く見出し、私の全身の血も神経も希望にたぎりだした》《日本語と深い関係があるのじゃないか》(『香山六郎回想録』(人文研、76年、最終章)との心境に達し、3千語の辞書として51年に刊行した。ただし、現在の言語学の観点からは日本語とツピー語の間に関連性は認められず、香山の直感はハズれた。
 ただし、2014年10月24日付エスタード紙には、ミナス州で発掘された大昔のインディオの頭蓋骨から、ポリネシア人と一致する遺伝子が検出されたとの記事が出ていた。日本人がポリネシア人と近いことは言うまでもない。
 香山が期待した《日本語との深い関係》はムリだが、山木さんが冗談で言った『オレの部族はデカいんだゾ』というグローバルな同族意識は、地球環境を優先すべき現代において「あながち間違っていない」という感じがする。(深)

開く トラックバック(1)

サンパウロに御住みの皆さんへのお知らせ!

来週19日(木)から21日(土)まで2泊3日で久し振りにサンパウロに日本食の買い出し(毎朝食する即席みそ汁の在庫が底を付いてきました)に出かけることにして航空券を予約しました。前回は、確か年末の園田さんの誕生日祝い以来で今年初めてになるようです。折角の機会ですので何方か旗振り(幹事役)を遣って貰えれば20日(金)の夜にでも皆さんと一杯やりたいですね。大袈裟にしないで仲間内数人でも結構と思います。何時ものニッケイパレスに2泊しますので都合の着く方は、連絡下さい。お会い出来るのを楽しみにしてます。

下記要領で4月20日(金)12時半よりニッケイパレスホテル地下食堂で昼食会を行うことに決まりました。今回は、駒形さんが仕切って呉れる事になりました。是非多くの皆さんとお話が出来ると嬉しいです。

和田さん、他、関係者の皆様   (駒形です)

和田さんのサンパウロ入りを期しての昼食会を4月20日、(金曜日)12時30分開始ということで催しましょう。(和田さん、ご承認御願いします。一応ニッケイ食堂にも都合確かめます)
# 情報共有のため、恐れ入りますが参加希望のかたはお申し込み御願いします。 私、駒形この件の連絡係となります。 

# 場所はニッケイpalace hotelの地下の階でpor kiloですから自分で好きなだけ選んでとれます。(日本人好みのご馳走もあります。価格はaccessivelです) 待合のスペースもあります。
楽しくお話しいたしましょう。   

和田 好司   私たちの50年!! 管理運営者
ブラジル ポルトアレグレ在住

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4




麻生悌三のブラジル不思議発見 51 ≪アマゾンの大ムカデとサソリと最大4mに成長する猛毒蛇、火の蛇≫


麻生さんのブラジル不思議発見51 4月号は、アマゾンの大ムカデとサソリに火の蛇とどれを見ても普通でない恐ろしい生き物です。ブラジルに来て最初に住まれたのがアマゾン、特別に愛着があるのではないかと思います。この連載は、これから2年は続くとの事でブラジル不思議は、アマゾンが主流になるのでしょうか?毎月初めが楽しみになりますね。
写真は、ペルビアンジャイアントオオムカデと云う正式名で検索したら出て来た写真を使わせて貰うことにしました。麻生さん、遭遇したくないムカデ、サソリ、蛇の紹介有難う。5月号は、もう少し楽しくなるような不思議発見を期待します。

イメージ 1

ブラジル不思議発見 –51 アマゾンの大ムカデとサソリと最大4mに成長する猛毒蛇、火の蛇

アマゾンの大ムカデ=ペルー/ブラジルの国境地帯に、成長すると体長40cmにもなる、大ムカデがいる。頭部は赤、胸部はワインカラー、脚は黄色の、ド派手のカラーは毒をもっている警戒色にもなっている。脚は23対、牙は強く、プラスッチックの網など切り裂く。牙の奥に毒腺を持ち、攻撃的で、ネズミ、小鳥、小へび、カエル、クモ、トカゲ等に
襲い掛かり餌食にしてしまう。人間にも攻撃し、毒を注入し、死には至らぬが、強烈な毒で、七転八倒する。万が一、刺されたら、患部を絶対に、冷やしては駄目だ。43-46度Cの温湯で洗い、ワクチンを注射する事だ。どう云うわけか、ムカデやサソリの毒は冷やすと、強度を増し、痛みが強くなる。暖めると、痛みが減るそうだ。寿命は長く、10年はいきるのではないか。繁殖期にオスは網籠と言う、産卵の籠にメスを誘い、オスは籠に精子をばら撒く。メスは、その精子を生殖口から、体内に運び、一時的に貯蔵する。半年程かけて、その卵を受精する。50個位の卵を産み、1ヶ月で孵化し、3ヶ月で親離れをする。メスは、其の間、絶食。小サソリは3年ぐらいで成熟し、繁殖活動を行う。このムカデにも、ダニという天敵があり、ダニに弱わらさせられる。このムカデの正式の名は、
ペルビアンジャイアントオオムカデと呼ばれている。色がド派手で、飼いやすいので、最近は、ペットとしても人気が出ているが、余程、頑丈な檻が飼育には必要だ。

アマゾンのサソリ=ブラジリヤン イエロー スコピオンという名の有毒な危険なサソリが、アマゾンに多く棲息している。毎年、ブラジルではサソリに2万人が刺され、3百人が死亡等の被害にあっている。毒蛇の被害に会う数は毎年3千人と言われており,サソリの害は、その10倍。ブラジルでは、サソリに御用心だ。サソリはクモ類に分類される生物で、前にハサミ、後ろに毒針を持つ、ざりがに型である。夜行性で肉食である。トカゲ等の小動物も襲うが、主食は昆虫である。サソリの繁殖は、卵生と卵胎生(体内で孵化して幼生が生まれてくる)と2通りある。婚姻活動で相性が悪ければ、メスがオスを一方的に殺して食べてくしまうこともある(さそり座の女とかいう歌謡曲がありましたね)。
サソリの肉は哺乳類にとって美味らしい。イタチ、ムカデ、プレトリードッグ、等は好んで、サソリを探す。孔雀は特にサソリが好物である。サソリの捕食者にはサソリ毒が免疫になっているケースが多く、毒は障害にならない。
一方、中華料理ではサソリ料理があり、熱湯で毒消しを行い、フライにして食べる。中々、美味だと聞くが、食べたとい人の話は聞いた事はない。

アマゾンの猛毒蛇スルククーデフォーゴ(火の蛇)英名Bush Master、中米二カラグアからアマゾンに掛けて、大型に(4−5m)成長する猛毒蛇スルククーデフォーゴが棲息している。この蛇はクサリ蛇科に属する毒蛇で、同種にはマムシ、ハブ、ガラガラ蛇等がいる、体形はズングリ型で、頭は三角、体紋は、鎖の様に、菱形が連続して連なり、鎖を連想して、鎖蛇科と分類した。この蛇に属する毒蛇は、出血毒をもち、その毒は細胞のたんぱく質を溶解する酵素である。蛇毒には、神経毒(神経を麻痺させる毒で、呼吸神経を麻痺させ、窒息死させる、)と出血毒(細胞を溶かし、出血させる)の2種類あるが、出血毒の蛇の咬害は、後遺症が酷く、手足の切断も多いい。このスルククーと云う蛇、神経毒と出血毒の2種類を持っており、血清も2種類必要とする。この蛇の咬害の犠牲者の数が多いいのは、蛇の大型による毒液の量が桁違いに多いいことと、血清が2種類必要とするからである。体長3mぐらいになると、大人の致死量の20人分位の毒液を注入する。牙の長さも3,5cmぐらいあり、口の中で折りたたみナイフのように折りたたむ。牙の中に毒腺があり、咬んで毒液を注入する。 この蛇、運動能力に優れ、キングコブラをかみ殺す、マングスーに勝つ戦闘力がある。火の蛇となずけられた由来は、灯りや、焚き火を見ると、猛り狂って、襲い掛かる習性がある。 スルククーは体色が褐色で腹が赤く、鎖状の紋がある。落ち葉の中にいると、全く解らない、保護色である。運動能力があって、凶暴で毒が強い、原始林を生活の場とする、住民が最も警戒する蛇である。
不思議発見2号(大ケイマーダ島のジャララカ)の末尾にスルククーに就き記述しており重複している面もある。
以上
麻生(2018年4月1日)


全114ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事