『私たちの40年!!』関連BLOG2

あるぜんちな丸からブラジルへそして世界に

日本の各地/話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」 ニッケイ新聞WEB版より

クリチバの日系農場のコーヒー豆も楽しめるカフェテリア。充実した1年を振り返る大城さん(岐阜県羽島市のカフェテリア・バネサで、1月17日)
クリチバの日系農場のコーヒー豆も楽しめるカフェテリア。充実した1年を振り返る大城さん(岐阜県羽島市のカフェテリア・バネサで、1月17日)
 【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。

 大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世の父と二世の母はともに沖縄系。その影響で幼少期から沖縄民謡などに親しんだ。2002年のNHKのど自慢チャンピオン大会でグラチャンを獲得し、スカウトされた。
 08年にデビュー当初の事務所と契約を終えたあとは、かねてから親交のあった現在の事務所社長の声かけで岐阜に移住した。今では地元テレビやラジオほか、ルーツのある沖縄でもレギュラー番組を多数抱える売れっ子だ。これまで20作ほどのシングル、アルバムを発売している。
 15周年を迎えた昨年は奇しくも、ブラジル、アルゼンチン、ペルー3国の岐阜県人会がそれぞれ創立80、45、35周年を迎える節目と重なった。そんな折、岐阜県知事から「五木ひろしの『長良川艶歌』を越えるようなご当地ソングを歌ってほしい」と要望があった。県と南米をつなぐ人材として、期待を込めた言葉だった。
 同曲を世に送り出した作曲家の岡千秋さんとタッグを組み、4月に『長良川悲恋』を発売。地元ラジオ局の年間ランキング1位を獲得するなど、大きな反響を得た。
 7、8月には県人会の創立式典で南米へ。県人会行事ほか、母国アルゼンチンでは15周年記念コンサートを行い、ペルーでは三線や沖縄民謡と共演した。伯国では、移民110周年を記念した県連日本祭りのステージにも立った。
 南米で歌唱する機会に恵まれたことで、「つながりを強く感じる1年になった。歌い手として懸け橋になれるなんて、とても幸せなこと」と話す大城さん。「あっという間だった」という15年が過ぎ、気持ち新たに新年を迎える。
 今年は初のカバーアルバム発売も計画しており、「新しい試みにも挑戦しつつ、『長良川悲恋』を引き続き大事にして、いろんな場所で歌いたい」と抱負を語った。(小倉祐貴通信員)

CDを手にPRする大城さん
CDを手にPRする大城さん


□関連コラム□ 大耳小耳

 昨年デビュー15周年を迎えた大城バネサさん。歌手活動のかたわら、岐阜県羽島市で営業する「カフェテリア・バネサ」の経営者でもある。一押しは、クリチバの日系農場で栽培されたコーヒー豆のエスプレッソ。記者もごちそうになったが、深く香ばしい味わいに伯国らしさを感じるような。スパムおにぎりなど沖縄系メニューもあり、日本・南米両面のルーツを大切にしている様子。本業の歌手活動など関心のある方は公式サイト(vane-music.com/)まで。

南米セミナー開催 サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 1
ブラジルの日本食事情に耳を傾ける参加者たち
 【福岡支局・吉永拓哉福岡支局長】JICA九州(植村吏香所長)は、南米の日系社会と日本企業との経済交流を目的として、ブラジルなど5か国12人の日系人ビジネスリーダーを九州に招聘し、1月30日に福岡市内のエルガーラホールで『食』をテーマとした南米セミナーを開催した。
 南米の総人口は6億人を超え、GDPは600兆円規模とASEANの2.2倍もある。それに加えて約230万人の日系人が暮らしており、日本にとってはビジネスの可能性を大きく秘めているが、地理的にアジア諸国に近い九州の企業には、あまり知られていない。
 招聘された12人は、いずれも南米で日本食レストランや食品製造にかかわる事業者たちで、1月22日から1週間にわたって長崎県と福岡県内の食品関連企業を視察した。
 30日の南米セミナーには九州の企業経営者ら約50人が参加し、各国の日系人ビジネスリーダーたちの話しに熱心に耳を傾けた。
 ブラジルの魅力を紹介した駒形エーネルさんは、クリチバ市に本社を置くMaster Admの経営者で、ブラジル南部の大型ショッピングセンターに日本食ファーストフード店をチェーン展開しており、並行して日本食品の販売業も行っている。
 今後は、持ち帰り弁当屋や総菜販売にも乗り出すという駒形さんは、「日本から食材や業務用キッチンを輸入したい」と参加者たちに希望を述べた。
 サンパウロ市で焼きそばなどの製麺や食品調味料を製造しているアルファ食品のヒデシマ・マルセロさんは、「サンパウロ市のほぼすべてのスーパーマーケットには日本食品コーナーがあり、ブラジルの消費者たちは、より良い味と高品質の日本食を求めている」と現状を語った。
 ヒデシマさんは、訪日をきっかけに日本企業とのネットワークを強化し、日本の食材や技術を取り入れたいという。
 ブラジルからの招聘者で最後に紹介されたモリ・ルイスさんは、サンパウロ市で日本食レストランや寿司屋、日本食品販売を手広く営む。
 近年、ブラジル人の間でも人気の高い日本酒に注目しており、「わが社が日本酒のブラジル代理店となって販売促進につなげたい」と参加者たちに呼びかけた。
 セミナー終了後のビジネス交流会では、参加者たちのほうから名刺を持って日系人ビジネスリーダーのもとへ挨拶まわりをしていた。
 参加者のひとりで、福岡県で稲荷ずしの皮を製造しているオーケー食品工業(株)の野寄はるか海外営業部主任によると、現在、同社は海外30か国に輸出しているものの南米諸国との取り引きは「年間にわずか数万円ほどしかない」という。
 このセミナーを機に、南米への本格的な進出の足掛かりをつけたいと意気込んでいた。
2019年2月1日付

開く トラックバック(1)

『ファクトフルネス』チンパンジークイズ 古谷さんからのお便りです。

皆さん
 古谷です

「賢い人ほど、物事を否定的に捉える」との怪しげなタイトルに惹かれて
その記事を読んでいて、下記のクイズに出くわしました。チンパンジーの
正解率が三割。どうぞ、お試し下さい。あなたの頭脳はチンパンジー以下
か? 筆者の誘導尋問に引っかからぬ様祈っています。
       『ファクトフルネス』チンパンジークイズ


 『ファクトフルネス』チンパンジークイズ
世界の事実にまつわる12の質問にチャレンジ

消費者庁=WILL社に行政処分=15カ月の取引一部等停止=5月の慈善ショーに影響? ニッケイ新聞WEB版より




イメージ 1
昨年の慈善ショーで、感謝状を授与された大倉会長(左から2人目、現在、業務禁止命令中)










 情報通信業者WILL株式会社(中井良昇代表取締役、東京本社)が先月20日、日本の消費者庁から特定商取引法違反により行政処分が下されていたことが分かった。当地では、16年1月から日系人向けにIPTV電話レンタル事業を実施し、17年に橋幸夫、18年に美川憲一など大物演歌歌手を招待して慈善ショーを催すなど、大々的に宣伝活動を行っていた。この行政処分は日本国内での適用だが、当地でも波紋が広がりそうだ。

 消費者庁によると、先月21日から来年3月20日までの15カ月間、同社は連鎖販売取引に係る取引の一部等停止、大倉満会長、中井良昇代表取締役らには業務禁止命令が下された。
 日本消費経済新聞サイトのWILL問題特設ページによると、同社は「テレビ電話8台を約60万円で購入してレンタルすると、3年間毎月2万円のレンタル料が入り72万円になる」として、日本の高齢者から高額な資産を集めていると指摘している。
 全国の消費生活センターに寄せられた同社の相談件数は3年間で約300件に及び、一人当たりの最高契約金額は6千万円にも上るという。同紙は「被害拡大を防ぐための厳正な行政処分が急務」として、刑事告発に加え、同様の被害を繰り返さない法制度の厳格化の必要性を説いている。
 同社は、TV電話のアプリケーションを読み込ませたカード型USBメモリを販売する連鎖販売取引業者。日本の顧客に買わせた商品を預かり、海外の顧客を中心に貸し出して、レンタル料を日本の顧客に支払うという預託商法を行っていた。
 連鎖販売取引とは、商品販売と同時に個人を販売員として勧誘し、さらに次の販売員を勧誘させるというかたちで販売組織を連鎖的に拡大していくことが特徴で、これ自体は違法行為ではない。
 今回、違法行為として消費者庁が認定したのはその取引手法であり、連鎖販売取引の公正さや相手方の利益が損なわれる恐れがあると判断したために行政処分を出した。
 具体的には、勧誘者が勧誘に先立って「昼食に行こう」「旅行に行きましょう」などと誘い、相手方に対して統括者の名称、特定負担を伴う取引の契約締結について明らかにしていなかった。また、相手方から賃借したUSBメモリ個数を比較して、TV電話の第三者への賃貸台数が著しく少ない事実など、消費者の判断に影響を及ぼすこととなる重要な事項について告知していなかったこと等が列挙されている。
 なお、この処分は日本国内で適用されるものであり、WILL社ブラジル代理店「J‐VISION」社によれば、5月19日に聖市で開催予定の大物演歌歌手を招いた第3回目の慈善ショーの企画は継続中だという。

≪新年のご挨拶≫ 日伯協会 事務局長 細江清司


各位


事務局よりのご挨拶です


近年ブラジルへの郵便物の到着が不安定なため E-mailとさせて頂きました


また、多くの方へのご挨拶となるため BCCとさせて頂きましたこと お許しください


日伯協会理事長からの新年のご挨拶をお送りさせていただきますので よろしくお願いいたします。


*********************************************


一般財団法人 日伯協会 事務局長 細江清司


650-0003 神戸市中央区山本通3丁目19−8


TEL&FAX078-230-2891  携帯09089323661




*********************************************

イメージ 1

イメージ 2



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事