『私たちの40年!!』関連BLOG2

あるぜんちな丸からブラジルへそして世界に

日本の各地/話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席 ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1
挨拶を述べる三野理事長
 日本側での日本移民110周年記念式典が、第1回移民船が出港した4月28日に神戸で行なわれた。笠戸丸は1908年4月28日に航海に旅立ち、6月18日にサントス港に着いた。そんな日本側の110周年にあたる4月28日に、一般財団法人「日伯協会」(三野哲治理事長)は神戸海洋博物館講堂で記念式典を開催した。兵庫県、神戸市の自治体関係者をはじめ、日本各地の日系団体関係者170人が参加し、移民がつないだ両国の交流の発展を盛大に誓った。
 式典では両国国歌斉唱の後、主催者である三野理事長が「今や伯国の日系人は190万人に達し、伯国の各分野で活躍している。歴史を作った全ての日系人に敬意を表したい」と挨拶を述べた。
イメージ 2
アンドレア・コレア駐日大使
 








続いて井戸敏三兵庫県知事、久元喜造神戸市長の祝辞の後、アンドレア・コレア・ド・ラーゴ駐日大使が「子や孫の世代のためにも両国関係をさらに発展させたい」と話し、移民の記憶を後世に伝える大切さを強調した。
 来賓紹介の後、伯国日系社会やブラジル日本都道府県人会連合会を代表して、ブラジル兵庫県人会の松下瞳会長からメッセージが伝えられた。
 また7月に伯国で行われる記念式典に一人でも多くの人が参加できるよう、兵庫県の県民訪問団募集についての発表があった。


山根一眞氏が記念講演=「日系人パワーに期待」

イメージ 3
山根一眞さんの講演の様子
 








 式典に先立ちノンフィクション作家である山根一眞講師による講演「人類滅亡危機世紀の貢献シナリオ―日系人パワーに期待する次の110年」が行なわれ、参加者は1時間半ほどの有意義な話を楽しんだ。
イメージ 4
乗船記念碑を見学する参加者
 








 その後、参加者全員で乗船記念碑を見学したほか、ライブ会場を利用し伯国移住者の記念すべき日であることを一般参加者にアピール。ラテン音楽を得意とするサンバチームも演奏を披露した。
 午後4時40分、井戸知事が乾杯の音頭を取り祝賀パーティがはじまった。華やかな中にも和やかな雰囲気のもと歓談が進み、日伯協会の長谷川吉弘副理事長の挨拶で締めくくられた。

開く トラックバック(2)

≪面白い反アベ!プラカード(笑)≫ 小川さんからのお便りです。


小川です。

先輩方から時に激励もいただき勇気と信念を持って情報発信を続けてみます。

朝日新聞が意見広告まで利用して動員をかけた国会前のデモ、若者の投稿の中から面白い画像を発見しました。まるで日本語を習いたての外国人が平仮名片仮名漢字のバランスもよくわからず書いたと思われ、美しいの送り仮名は難しかったね〜と言うのが上段。下段は日本語が少しできるようになった学のない中国人が書いたようで、有権者の権、選ぶの選、いずれも中国語の簡体字とMIXの微妙な字体に想像するに首謀者は動員された輩に、安倍、阿部、安部、阿倍を間違えるとまずいのでアベとカタカナで統一するよう中国語か韓国語で指示をしているのでしょう。これが日本国民の怒りですか(笑)


イメージ 1


ブラジル駐在経験者のリレーエッセイ≪連載91:ポス・リオ・オリンピックに思う ≫ 山下 日彬


連載91ポス・リオ・オリンピックに思う

執筆者:山下 日彬 氏
(ヤコン・インターナショナル)


「マラカナン・スタジアムが大イベント会場になっている」


平昌冬季オリンピックの華麗な開会式が報じられているが、リオ・オリンピックの開会と閉会式の会場となったリオのサッカーの聖地、マラカナン球技場が、オリンピック後、まだ、まともには使えない。20171月に、競技場内部が荒廃している様子が報道されたが、管理団体の引き受け手が定まらず、電気料金も払えず、必要な改修もできず、ひどい芝の状態で、周辺の施設やプールは汚水がたまったまま、この体たらく信じられますか。


https://i2.wp.com/nipo-brasil.org/wp-content/uploads/2018/02/91_01.jpg?resize=300%2C212


(出所:Wikipedia


マラカナン球技場は、2016 3月末から10月末まで、スタジアム使用権を「リオ2016」に供与し、大会後は元の状態にして返却するという契約であったが、オリンピック後の状態があまりにひどく、運営団体のコンソーシアムのMaracanãS/A、が受取を拒絶した。施設状態以外にも、返却チケットの払い戻し債務や、花火による屋根の破損、温暖化使用権などでFIFAもからんで、簡単には解決できない訴訟問題もあるようだ。


その後放置され、2016年のブラジル選手権の最終戦では、フラメンゴとフルミネセンスは、Odebrecht社と、スタジアムでプロサッカー試合をするために必要な修理費用を支払うことを含めた運用契約を締結し、2クラブはOdebrecht社が払うべき修理費の57万レアイスを立替え払いした。Odebrecht社がマラカナン運営を委嘱されたと時、そこをショッピング・センター、博物館などの巨大なスポーツ複合施設に変えようとしたが、州政府は、陸上トラックやプールなどの構造物の解体に反対する社会運動を受けて、許可を与えず、サッカーのフィールド周囲の空間利用も制限した。Odebrecht社は10月から4か月間電気料金を払わず、リオの電力供給業者ライト社(Light)への未払額は1.35百万レアイスに達した。


2017年3月にOdebrecht社は仏のLagardèreGroupとの間でマラカナン運営権を譲渡する覚書を締結したが、法的および契約上の確実性がないとして、5月には、Lagardèreは契約を断念した。最近数か月で、バスコ、フラメンゴ、フルミネンセなど、いくつかのゲームが行われたが、スタジアムを使用しているだけで、運営管理者不在、非公式の使用であった。


2018年は、サッカーのスタジアムというよりも、カーニバル期間中はVintageCurtureの「夢のカーニバル」ショーや、222日には 英国のROCK歌手PhilCollins など、ショーが次々と予定されており、大イベント会場になっている。


「進まないオリンピック・パークの再利用」


リオのオリンピック・パークの建造物は、大会後は市が学校などに使用すると、夢のある報道がなされていたが、今まで実現していない。通常、競技会用の各種競技場や建造物は、耐用年数を1年くらいしかみていないから、高温豪雨多湿のこの地区で2年も放置すると、電気、水道、塗装など使いものにならなくなる。それと、常に開催日までは突貫工事になるから、基礎工事は手抜きとなり、テニスセンターや自転車競技場の床の不均一性、水はけなどが最悪で、壁や床からの多数の浸潤もあり、そのままでは使い物にならない。選手村のアパートまで手抜き工事で、入居が遅れている。解体するにも解体費用は予算になく、誰もどうすることもできない。雨漏りがあっても盗難があってもそのままで、電気代、水道代も払えず放置されているのが実情のようだ。


「世界のオリンピック後の状況」


オリンピック後の悲哀は、アテネはEUを揺るがす経済危機になり、バルセロナでも、使っていない将来も使わないであろう巨大競技場が、市内観光ポイントになっていた。 大会後の施設活用を同時に計画したロンドン大会を除いては、どこもひどい状況のようだ。 平昌も、多くの施設は過剰投資になるであろう。現地政府の無能もあるだろうが、一体誰の責任だろうか。IOCも華やかに開催するだけでなく、大金をかけるのだから、新興国には、計画段階で、大会後の施設活用を指導し、もう少し後まで、具体的に面倒を見る必要があるのではないだろうか。


今後、ブラジルより後進の国では、今のIOCの要求どおりに開催すると、財政的に過負担になり、国民の同意は得られないと思う。時代はAI革命に向かっており、ここらで、5大陸に競技場の恒久施設をつくり、ネット映像やロボットを駆使し、運営企画持ち回りのような新システムを創造することはできないものだろうか。東京は、日本人が管理するから、大丈夫と思うが、施設の後処理の具体的な計画なしには、オリンピックへの過剰投資は止めたほうがよいと思う。


「リオの会場の現状」


開催までに完成しなかった工事は、すべて予算不足で中止になったので、セントロ地区のLRTなどもまだ開通していない場所があるが、各会場の大会後の状況は下記の通り。


「デオドロ・オリンピック・パーク会場」


デオドロ会場は、陸軍の施設利用だったので、いくつかの施設は軍管理に戻ったが、カヌー・スラローム競技会場と隣接の巨大人造湖は、市民の大レジャー・センターになる予定だった。 2016年大会後、12月に一般にオープンしたが、浄水装置が予算的に維持できず、巨大汚水湖になって3月始めに閉鎖されてしまった。 市は循環ポンプなどを整備して、2017921日に再開した。 月75万レアイスの維持費がかかるとのこと。


https://i0.wp.com/nipo-brasil.org/wp-content/uploads/2018/02/91_02.jpg?resize=300%2C167


(出所:TV画面)


「国が責任管理している会場」


バスケットボール会場 (Arena Carioca 1) はスポーツ省が責任管理。卓球と柔道などに使用中、本年はバレーボール国際大会実施の予定


開く トラックバック(1)

温泉や銭湯で「刺青お断り」=日本観光旅行時に要注意=子や孫、友人に忠告を! ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1
日本では見るのも嫌がられることが多い刺青(出典:Wikimedia Commons)
 















「日本に観光旅行にいった日系人が、刺青(タトゥー)のために銭湯の入場を拒否された」との連絡が編集部に入った。ブラジルではファッション感覚で気軽に刺青を入れている若者が多いが、日本の日本人が入れ墨をしている人を見たら「ヤクザ」だと認識する風習がある。そのため観光地でも温泉や銭湯で、入るのを拒否されることがある。東京五輪を前に外国人観光客誘致に力をいれる日本側だが、同時に「文化の違いをある程度は受け入れる」、もしくは「来日以前に十分に広報する」などの対策も求められそうだ。

 日本の観光庁サイトでは「入れ墨(タトゥー)がある外国人旅行者の入浴に関する対応について」(http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000183.html)として同庁が行った調査を基に、刺青がある外国人旅行者の入浴に関する留意点や施設側の対応事例をまとめ、施設の対応改善を促している。ただし、日本語だけで、観光客本人向けに広報している内容ではないようだ。
 同庁サイトによれば、田村明比古観光庁長官は16年3月16日の会見で、この件に関して《我が国においては風紀上、衛生上、治安上の理由から入れ墨のある方に対する独特のイメージ・制約があること等、様々な考慮すべき点があり、すべての方を満足させる一律の基準を設けることは困難と考えている》とし、観光客側の理解を求めている。
 同サイトでは、銭湯などの施設側の対応事例として①シール等で刺青部分を覆うなど一定の対応を求める②入浴する時間帯を工夫する③貸切風呂等を案内することが挙げられている。
 日本の刺青「和彫り」を専門に扱う日系彫師の島田俊夫さん(42、三世)は、1995年から日本で和彫りを学び、現在は東洋街のガルボン・ブエノ通りにある「Shimada Tatoo」を経営している。
 島田さんは「刺青も日本文化の一つだが、多くの日本人の中では絵柄の種類に関係なく『刺青=ヤクザ』というイメージが強い。だから理由もなく見るのも嫌がる日本人が多い」と日本社会での扱われ方を説明した。
 観光ビザを発行する在聖総領事館に尋ねると、「当館窓口(査証・広報文化班を問わず)ではタトゥー制限についての案内は特段行っていません」とのこと。ブラジル人観光客向けのポ語での刺青に関する広報はほぼないようだ。
 刺青を入れている子や孫、友人が日本に観光旅行する際は、「温泉のあるホテルや旅館を予約する際に、刺青ありでも利用可能かを予め確認したほうがいい」とアドバイスした方がよさそうだ。


□関連コラム□ 大耳小耳

 口コミサイト「Tatoo Spot」(tattoo-spot.jp/)では、刺青ありの人でも入場可能な日本国内施設を紹介している。銭湯や温泉、遊園地など11カテゴリの施設が「刺青お断り」の1つ星から「基本的に問題なし」の5つ星で評価されている。「問題なし」と紹介されている温泉・銭湯施設は以下の通り。(敬称略)▼群馬県=「西の川原露天風呂」(吾妻郡草津町草津521―3)、「伊香保石段の湯」(渋川市伊香保町伊香保36)▼東京都=「つるの湯」(東京都江戸川区船堀2―11―16)など、東部に入場可の銭湯施設が多い。▼京都府=「錦湯」(京都府京都市中京区 堺町通錦小路下ル八百屋町535)▼大阪府=「清水湯」(大阪府大阪市中央区西心斎橋1―4―18)など。
≪七福神とは???≫ 丸木さん、杉井さん、賀多井さんからのお便りです。


丸木で~す
浅田次郎の大名倒産を読んでいたら、七福神の中で日本人は恵比寿だけと知りました。と言う事は、神国日本と言い伝えられてきた八百万(やおよろず)の神々も殆どが外人ばかりなのでしょうか?

丸木さん
中国に居た時、中国の八福神が海を渡って日本へ行く最中に 吉祥天が海に落ちてしまったので日本へ到達したのは七福神になったと中国人から聞いたことがありますが、その後調べてみたら中国の八福神と日本の七福神は発生経緯が異なる様ですね。
大黒天、毘沙門天、弁財天はインド仏教から、福禄寿、寿老神、布袋尊は中国道教から来ており、恵比寿だけが日本出身です。
八百万の神は古事記時代の話なので七福神よりも古く、日本古来
の神々だと思います。
杉井

丸木さん
        岡山の賀多井です。


七福神の中、恵比寿さんだけが日本の神だけと言う事、初めて知りました。ありがとうございました。
次のURLで、分かり易く解説されておりました。





七 福 神 の 由 来
七福神とは、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)の七つの神様の総称です。「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続けてきたのです。




イメージ 1
え び す て ん
七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられている。左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。
 
イメージ 2
  イメージ 4
イメージ 3



だ い こ く て ん
大黒天は、大自在天の化身ともいわれ、大国主命と神仏習合したものである。一度仏となったが、人々に福徳を授けるために再びこの世に現れたという。大地を掌握する神様(農業)でもある。大きな袋を背負い、打出小槌をもち、頭巾をかぶられた姿が一般によく知られていて財宝、福徳開運の神様として信仰されている。
 
イメージ 5



び し ゃ も ん て ん
毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」といい、七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている。七福神では、融通招福の神として信仰されている。
 
イメージ 6
 
イメージ 8
イメージ 7



べ ん ざ い て ん
弁財天は、七福神の中で、唯一の女神で、元はインド河(水)の神であったが、やがて音楽の神、言語の神となり日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれた。その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天といわれるようになり、財宝を授けてくださる神へとなったものである。知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれている。
 
イメージ 9



ふ く ろ く じ ゅ
福禄寿は、名前は、幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、中国、道教の長寿神。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、人々の信仰を集めたといわれる仙人である。長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢 千歳という。長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴である。招徳人望の神様として信仰されている。
 
イメージ 10
イメージ 12


イメージ 11




じ ゅ ろ う じ ん
寿老人は、福禄寿と同じく星の化身で、にこやかな微笑みをたたえ、手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、鹿を従えた姿が一般的に知られている。団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴である。長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。
 
イメージ 13



ほ て い そ ん
布袋尊は、弥勒菩薩の化身といわれ、いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、信仰の厚い人に与えられたという。笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。
 
イメージ 14


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事