『私たちの40年!!』関連BLOG2

あるぜんちな丸からブラジルへそして世界に

日本の各地/話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

≪2025年万博の大阪誘致に賛同を≫ ニッケイ新聞

樹海より転載

イメージ 1
会場のイメージ。大阪市臨海部の夢洲〈出典:ビッド・ドシエ(立候補申請文書)経済産業省作成〉
「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会を、2025年に大阪市で開催するため、「2025日本万国博覧会」誘致委員会(会長=榊原定征経団連会長)が中心となって、誘致活動を精力的に展開している。ぜひとも日本開催に向け、ブラジルからも一肌脱いで協力したい。
 ブラジルでは労働者党(PT)政権がサッカー
W杯、リオ五輪と立て続けに開催した。だが、それらの開催経費がとんでもない債務として残され、その公共事業に群がった悪徳政治家による汚職蔓延が起き、政財界を直撃する事態になってしまった。1930年代以来で最悪とよばれる大不況のトンネルの先に、ようやく最近出口が見えてきたのが現状だ。
 ブラジル独立200周年を祝う意味もあって、サンパウロ市のアダジ前市長(PT)が2020年万博に立候補して落選し、ドゥバイ(アラブ首長国連邦)に決まったことは記憶に新しい。五輪開催後にムチャクチャになったリオを思えば、サンパウロ市民としては、むしろ「落選して良かった」と胸をなで下ろしたい気分だ。
 ちなみにブラジルは「独立100周年」を記念して1922年にリオ市で国際博覧会を開催した。これがいまだかつて南米唯一の万博だ。とはいえ1970年の大阪万博が日本初開催だったことを思えば、かなり早い。参加は欧州9カ国、米州4カ国(伯国含む)、アジア1カ国でもちろん日本。だが規模が小さかったせいか、日本語版ウィキペディアなどでは割愛されてしまっている。
イメージ 2
体の一部のように動いてくれるロボットスーツHAL〈サイバーダイン(株)提供〉
 

























 



一方、1970年の大阪万博は「人類の進歩と調和」をテーマに、それまでの入場者記録を塗り替える6421万人の大記録を打ち立てた。なんと国民の6割以上が見た計算になる。というのもアメリカ館にはアポロ12号が持ち帰った「月の石」が展示されるなど、未来を感じさせるものが目白押しだったからだ。
 この大阪万博で提案され、その後に実用化されたものとしては「ヨーグルト」「電気自動車」「動く歩道」「ワイヤレステレホン(携帯電話)」「LAN(データ通信システム)」など。それらナシには現在の生活は考えられない。
 つまり「未来」を見る場所が万博なのだ。
 大半の戦後移民は東京五輪(1964年)以前の渡伯だから、そんな大阪万博には立ち会えなかった。邦字紙を通して日本での盛り上がりを、地球の反対側から指をくわえて見ているしかなかった。
 でも今回は違う。
 2020年の東京五輪を「最後の訪日の機会」にしようと待ちかまえている移民は多い。でも、それに加えて2025年大阪万博となれば、健康に気を付けて「こっちを最後の機会に」としたくなる。
 2025年の方は、臨海部の夢洲(ゆめしま)を会場に5月から11月まで開催し、日本の優れた科学技術力で、国連が提唱する「持続可能な開発目標」を実現する未来社会の姿を、目の当たりにすることが出来そうだ。
 例えば、高齢者や足の不自由な人の動きを補助してくれるロボットスーツ。すでに700台以上が日本では使われている。10年後、20年後に実用化する先端ロボットの数々の原型が会場では見られそうだ。
 その他、地球レベルでの課題解決に挑戦する企業の先進的な取り組みや研究が展示される。そこにはきっと「ブラジルの未来」もあるに違いない。ちなみに25年万博にはフランス、ロシア、アゼルバイジャンも立候補しており、来年11月に開催地が決定される。
 まずは次のリンクから個人会員登録をして、大阪誘致に賛同の意思表示をしてみては。(深)
(賛同署名して会員になる人はここから→
【日本語】
http://www.expo2025-osaka-japan.jp/recruit-ind
【ポ語】http://bit.ly/expo2025-br

第58回海外日系人大会 世界各地から250人が参加 サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 1
秋篠宮ご夫妻のご臨席を賜り行われた歓迎交流会(仲島尚撮影)

東京五輪への日系パワー結集テーマに

イメージ 2
ブラジルからの参加者ら(仲島尚撮影)
 【東京支社=瀬頭明男】第58回海外日系人大会(海外日系人協会主催)が10月23日から3日間、東京の憲政記念館、JICA市ヶ谷ビルを会場に、世界各地から参集した250人が参加して開かれた。参加者歓迎会には秋篠宮ご夫妻がご臨席になり、日系人と親しく言葉を交わされた。
 大会は「TOKYO2020に向け日系パワーを結集」をテーマに開かれ、3分科会に分かれて討議された。スポーツと文化をテーマにした第1分科会。ビジネスをテーマにした第2分科会。第3分科会は若い日系人が集まり、日系社会と日本間の問題点と解決策について討論した。
 第1分科会では、2020年の東京五輪で日本が世界から注目され、日本文化を継承する日系人が新たな評価を受けるチャンスであり、この機会を日系人は大いに活用し、日本との連携を強化していくとの方針を確認した。また、日本文化から遠ざかりつつある2世、3世に日本の良さを認識させる好機であると共に、日系社会はスポーツ面においても日本との連携強化を図る必要性から、日本の国体に日系人が参加できる道を設けてほしいとの意見が出された。
 第2分科会では、日本企業はもっと日系人の活用をしてほしいとの意見の他、在日日系人子弟の教育にも力を入れてほしいとの要望が出された。さらに、母県と在伯県人会が密接に協力し合うことで、日本の中小企業製品、日系人経営の企業製品を、それぞれの国で販路拡張することを考えてはどうか、といった提案もされた。
 第3分科会では、若い日系2世、3世は日系人という意識を持たなくなりつつあり、日本文化にも興味を示さなくなっている。これからは東京五輪で日本に海外の目が集まり、改めて日本文化が注目される。こういう時に日本政府が、新たに日系4世への在留資格の付与を検討していることが、若い日系人を日本文化に引きもどすことになると歓迎した。
 24日は外務大臣主催歓迎レセプションも実施。あいさつで河野太郎外務大臣は、父の河野洋平氏について触れ、天皇皇后両陛下ブラジル訪問に随伴した際の熱烈な歓迎について伝え聞いているとし、自身も日系人の活躍に敬意を感じていると述べた。また、その事実が日本でもっと周知されるべきだとの考えを披露し、そのために力を尽くしていきたいと述べ、出席者の拍手を受けた。
 さらに、同大会では、鈴木大地スポーツ庁長官が基調講演を行った他、田中克之海外日系人協会理事長が、日系人の中からノーベル文学賞を受賞する人が出たと述べ、世界で活躍する日系人脈の交流に期待を寄せた。
 河村建夫日伯国会議員連盟幹事長は、昨年のリオ五輪の開会式を見学した際、日本選手団へのひときわ高い拍手を聞いたとし、「日系人の地道な努力と高い評価が、ブラジルでの日本の知名度を高めてくれているのだと感じた」と称賛した。
 ブラジルで空調などの設備会社を経営している財津アンジーノさんは「友人を通じてこの集まりを知り、参加した。ビジネス分科会では各国のビジネス事情が参考になったし、日本政府の働きかけも大切だと思った。また、交流自体に意味があり、知見が広まったと感じた」と参加した感想を語った。
 なお、来年の日系人大会は「移住150周年」を迎えるハワイで開催することも決議された。
 大会で決議された大会宣言は、(1)日系社会との連携に取り組む日本政府に期待する(2)日系社会は日本文化の発信に努める(3)ビジネス・国際協力で日系人の活用を求める、などを中心に7項目の声明が発表された。
2017年11月1日付

≪日本の秋を田圃風景から届けます≫しゅくこさんからのお便りです。


砂古さ〜ん 
               しゅくこです


目と耳の調子はいかがですか?   少しでもよくなりますようお祈りしています。
砂古さんには絵という宝物があり羨ましいです。
おかげさまで「幸せ」のおすそわけをいただいています。
アクリマソン公園はこの三田のニュータウンに似たような公園があり、絵の中を歩いている気持ちになりました。左の背の高い木々のことですが、木のてっぺんまで描かず、途中で切っていますが、それは何か意味があるのでしょうか。
というのは、写真を撮るときに、木の全体をいれようか途中で切ろうかと時々迷うときがあります。


素人のへんな質問おゆるしください。もし気が向いたらお教えいただくと嬉しいです。
こんごともどうぞお体にはご自愛なさって、またすばらしい作品をご紹介くださいませ。


日本の秋を散歩道からおとどけいたします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

〃福島の今〃内堀県知事が講演=JHで特別セミナー=復興状況と五輪展望を語る ニッケイ新聞WEB版より

〃福島の今〃内堀県知事が講演=JHで特別セミナー=復興状況と五輪展望を語る ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1
講演中の内堀知事

 「県内の原子発電所10基を廃炉し、原子力に依存しない社会作りを」――。21日、内堀雅雄福島県知事(53、長野県)によるセミナー『福島の今』がジャパン・ハウス(以下、JH)で開催された。内堀知事は2011年の東日本大震災からの復興状況と20年東京五輪に向けた展望を講演し、野口泰在サンパウロ総領事やギリェルメ・ムロ副館長など招待客約80人が集まった。
 
 挨拶に立った野口総領事は、同セミナーがJH開館以来初の地方連携事業であるとして、「福島県の復興状況を伝えることができて嬉しい」と開催を喜んだ。
 内堀知事は、震災時の支援に感謝を述べ、震災から6年半経った現在の福島の『光と闇』について紹介した。
 明るいニュースとして紹介された『光』は、県内の12%を占めていた非難区域が3%に減少したことや、除染作業が進められ非難区域外では放射線量が0・04〜0・15毎時マイクロシーベルトと世界主要都市と変らない量になったことを挙げた。
 また、多くの観光地を持つ県内の温泉が日本の旅館ランキングで1位を受賞し、農産物輸出も来年には震災前最大となる見込みだ。
 一方、『闇』では県内全体人口が約200万人から180万人程度に減少したことなどを挙げた。
 また、日本国内の福島県産生産物の価格が震災前より低く設定されていることに触れ、「福島県産のものを避ける国民も多い。観光客の増加も厳しい」と震災の影響を説明した。
 続いて、福島県が震災から明るい話題を増やすために取組んでいる『挑戦』について紹介した。
 2020年に震災から10年目を迎える同県は、県内生産物の品質を保証するGAP(農業生産工程管理)認証数日本一を目指している。また、同年までにロボットの試験環境「ロボット・テストフィールド」の整備を終え、ワールドロボットサミット開催を計画。東京五輪では野球とソフトボールの開幕試合が行われる予定だ。
 講演終了後には質疑応答が行われた。「日本国内では原発に対しどのような扱いが求められているのか」との質問に、「福島県は世界でも例のない事故に遭い苦しんでいる。私達は県内10基の原子炉を廃炉し、原子力に依存しない社会を作りたい」と語った。
 一方で、「自民・公明党は原子力発電を重要な電力発電と考えている。2030年に国内の原発0を目指している党もあるが、具体的な道筋はなく実現するかはわからない」と説明した。
 講演に参加した丹治ズミーラさん(67)は福島県系人と結婚し、同県を訪問したこともある。講演内容について「私達は危険性については知っているが、詳細は何も知らない。日本国外の人にも知らせなければならない内容だと想う」と感想を述べた。

県連故郷巡り=伯国/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第11回=世界の果てが新世界への出発点 ニッケイ新聞WEB版より

2017年10月28日

イメージ 1
ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬

 怖いぐらいの強烈な風が吹き付け、身体を持っていかれそうだ。9月19日夕方、一行はユーラシア州大陸最西端のロカ岬へ向かった。リスボン市内より寒い感じだ。切り立った断崖絶壁の向こうには大西洋しか見えない。いかにも「地の果て」という雰囲気が漂う。
 ホメロスやダンテと並び称されるポルトガル史上最大の詩人ルイス・デ・カモンイスの代表作、叙事詩『オズ・ルジアダス(Os Lusiadas)』の一節「ここに地終わり海始まる(Onde a terra acaba e o mar comeca)」を刻んだ十字架の記念碑に加え、「欧州の終わり(Fin da Europa)」などと書かれた石碑も立っていた。
 この叙事詩は、カモンイス自らが東方航海を体験して帰国した3年後の1572年に出版された。ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を中心に、大航海時代におけるポルトガルの海外進出と栄光を描いた物語だ。リスボンで見た「発見のモニュメント」に彫られた登場人物は、この作品の登場人物そのもの。
 彼にちなんで、ポ語世界でもっとも権威ある文学賞「カモンイス賞」も作られた。
 西に進んでアメリカ大陸に辿りついたコロンブス、南下してアフリカ越えをしてインドに到達したヴァスコ・ダ・ガマ。大航海時代、欧州から世界へ旅立とうとした人はみなこのような場所に来て、夢を膨らませたに違いない。
 ヨーロッパという「旧世界の果て」であったがゆえに、ポルトガルは遠いアジアを始め、アメリカ大陸という新世界への出発点となったことが実感される場所だ。
    ☆

イメージ 2
市川さん夫妻

 9月19日晩、リスボン市内の民族歌謡ファドの生演奏を聞かせるレストランで一行は食事をした。ギターと歌はかなり情熱的だったが、評判通りどこか物悲しい雰囲気も強い。平たく言えばカントリーソング、ブラジルならセルタネージョの類のように聞こえる。
 たまたま隣に座った、日本国外で最大級の日本をテーマにした祭典、県連主催「
日本祭り」で実行委員長の大任を務めている市川利雄さん(富山県人会会長、69、二世)と話していたら、44年前にポルトガルに来たことがあるという。
 市川さんは「その頃は町がもっと汚かった。例えばバールの床は、つまみで食べる黄色い豆のカスで一杯。床まで黄色くなっていた。当時ブラジルから来て、『遅れた国だな』と感じた」と振りかえる。
 「ITA」(航空技術大学)の卒業旅行で、学生40人、引率教授2人で2カ月かけて欧州を旅行した際、ポルトガルに立ち寄った際の印象だ。ITAといえば、ブラジル最高峰の理系大学であり、超難関だ。航空技術や宇宙工学までの最先端が学べ、卒業生の多くは航空機メーカーのエンブラエル社に就職する。
 当時の競争率は60倍。一学年100人のうち、市川さんの同期はなんと22人が日系人だったそう。「今は8人もいないでしょ」と笑う。あのITA新入生の22%を日系人が占めた時代があったとは驚きだ。
 「2カ月の旅行といっても自費は飛行機代だけ。例えばフランスやドイツ滞在中は現地側が全部面倒を見てくれた。その代わり毎日、工場見学とかね」。さすがITA卒業ともなれば世界の大企業から引手あまただ。
 「あの頃スペイン、フランスに行くと、レストランの給仕とかホテルの従業員がみんなポルトガル人だった。近隣の大国にデカセギしていたんだね」と振りかえる。「ポルトガルには5回目。EUに入ってから急に経済が良くなったね」と目を細めた。(つづく、深沢正雪記者)


開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事