『私たちの40年!!』関連BLOG2

あるぜんちな丸からブラジルへそして世界に

各種行事及びその他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=聖市在住 中島 宏  ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1
「ブラジル日系美術史」出版記念会のときの田中慎二さん










 また一人、コロニア、いわゆるブラジル日系社会から、異彩を放った稀有な人物が忽然と消えた。田中慎二さんが亡くなられた。享年八十三歳であった。
 一九五五年に日本からボリビアに移住、その後、一九六〇年にブラジルへ再移住し、パウリスタ新聞社に入社後、コチア産業組合の機関紙「農業と共同」誌に勤務。一九七〇年代以降はフリーとなって、日系社会の出版界に深く関わることによって、コロニアの歴史と共に歩むことになった。
 コロニアにおける主な公共的な出版物(文協、援協、人文研関係など)の多くは、その装丁やイラストを田中慎二さんに負うところが大きい。おそらく、コロニアの出版物を手にしたことのある人の大半は、田中さんの手によって作成された表紙やイラストを目にしているはずである。それほど、田中さんのコロニア出版界における功績は大きなものがあった。
 ただ、この種の仕事は、どちらかというと常に地味であり、自ら表面に出るという機会もあまりなく、地味な存在であったといえよう。そこにまた、田中さんの持っておられた謙虚な姿勢が滲み出るというような雰囲気があった。言ってみればそれは、縁の下の力持ちという存在でもあった。そのような姿勢を田中さん自身が好まれていたことも事実だし、そこに田中さんの人格が如実に反映されていたとも言える。
「俺が、俺が」と目立ちたがり屋の人間が多い世の中で、田中さんのような人は誠に稀有な存在であったと言えるだろう。このような人は、逆に目立つことを嫌い、自身が行なって来た日系社会に対する貢献をも無視するようにして過小評価し、一向にそれに対しては取り合おうともしなかった。周りがそれを評価しようとしても、頑として受け付けない。
 田中さんの人物像を語ろうとする時、目立つようにして現れてくるのは、その芯の強さであり、同時にまた終生持っておられた謙虚さであり、そこにある生きる上での真摯さであろう。
 もっとも、そこにあったのは単に自分を押し殺すようにして生きるということではなく、あくまで自分の生き方を貫き通すという姿勢であった。一見、柔らかそうな外観の内には、毅然とした自分の明確な意見や意志が存在し、その線からは絶対譲らないという頑固さがあった。そこに田中さんの持っておられた、生きて行く上での姿勢と魅力というものがあったように思われる。
 時流に迎合することなく、流されることもなく、常に自分の信念を持ち続けることは、言うのは簡単だが現実には極めて難しい。そのことを田中さんは、ごく自然な形で体現しておられた。まさにそれは、自分に正直な、誠実な生き方であったと言えるだろう。それが、田中慎二さんの真骨頂でもあった。
 イラストレーターとしてだけでなく、田中さんは日系を含めたブラジルの美術界にも造詣が深く、また文筆家としても様々な著名な作品を残しておられる。その主なものとしては「移民画家 半田知雄・その生涯」、「ブラジル日系美術史」、画文集「アンデスの風」などがあり、この他にも「文協四十年史」「文協五十年史」「援協四十年史」などでも表紙、装丁、編集を担当され、さらに多くの執筆にも参加されている。
 その中でも「半田知雄・その生涯」「ブラジル日系美術史」などは、日系社会の文化史を知る上でも、欠かすことの出来ない書籍であることは間違いないであろう。
 田中さんの生涯を記録する意味での集大成が、昨年の末に出版された画文集「アンデスの風」に集約されている。そこにはイラストという、ある種、限定されたような仕事から解き放たれることによって得られる、自由に、思うままに自分を表現できるという雰囲気があり、まさに田中さん自身の飾らない人柄が思う存分描写されていると言っていい。これは、コロニアでも珍しい貴重な画文集と言えるだろう。
 そう言えば、一昨年亡くなられた宮尾進さんもそうだったが、田中慎二さんもまた、自伝的なものを著すということはついぞなかった。お二人の共通点だったとも言えるが、これはやはり双方共が、常にその視点を全体的なもの、恒久的なものに定められていたという風に言えるのではないか。器の大きさということなのであろう。
 葬儀に参列された人たちの会話の中で、多くの人たちが田中さんを「慎ちゃん、慎ちゃん」と呼んで、悲しみの中にも親しみのある和やかな雰囲気が醸し出されていたのが、非常に印象的であった。それが、田中慎二さんという人となりとを如実に表していたようにも思われる。
「いやあ、宮尾さんと言い、田中さんと言い、コロニアからいわゆる個性派と呼ぶにふさわしい人たちが次々と消えて行きますね。本当に残念だし、惜しいですね。田中さんには、まだまだこれからも書いていただきたかったのですが、それも叶わなくなってしまいました。本当に寂しい限りですよ」
 ニッケイ新聞編集長の深沢正雪さんのコメントである。
 いぶし銀のような光を放つ星が一つ消えた。が、しかし、実際にはその光自体が消えたのではなく、これからもそれは、ずっと遥かな時空を超えつつ継続されて行くことになるのであろう。それだけは確かである。
(2018・09・09記)

■訃報■田中慎二 ニッケイ新聞WEB版より

 イラストレーター、画家、コロニア史研究家の田中慎二さんが7日午後4時、聖州立ガン医療センター(ICEUP)で多臓器不全のために亡くなった。享年83。今年初めにすい臓ガンが見つかり手術をしていたが、感染症を併発して急死した。初七日は16日(日)午前10時15分からパロキア・サンフランシスコ・デ・アシス(Rua Borges Lagoa, 1209 Vila Clmementino)で行なう予定。
 田中さんは1935年1月に福岡県博多市で生まれ、多摩美術学校図案科入学するも2年で中退。兄に誘われて55年にボリビアのサンファンへ移住、文化人類学者で東京大学東洋文化研究所の泉靖一教授が自宅にたまたま泊まり、パウリスタ新聞を紹介され、60年に出聖入社した。
 その後『農業と共同』誌で宮尾進編集長の下で10年ほど記者を務め、週刊『コチア新聞』でも各地の単協デポジット(流通倉庫)探訪記事を発表した。サンパウロ移民史料館開設時には、館内のイラスト類も担当。
 『文協40年史』『同50年史』『援協40年史』『半田知雄―その生涯』に加え、長野県人会や兵庫県人会の記念誌などの多数の出版物の執筆編集に携わってきた。2016年には30年間の資料収集の集大成『ブラジル日系美術史』、翌17年には初めての自作文画集『アンデスの風』を刊行していた。
 画家として個展は文協貴賓室1回、デコ画廊2回に加え、サンパウロ美術館(MASP)友の会スペース3回、英国協会、米国協会で開催するなど、一般社会向けにも広く開催し、幅広い活躍をしてきた。

開く トラックバック(1)

≪一度だけ身内の話を≫  ニッケイ新聞WEB版より

イメージ 1
NIPPAKの眞子さまご来伯特集号
 かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。

 だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。
 もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談したら、「しゃらくさい。社会の公器たる新聞に、身内の話、つまり個人的なこと書くのは読者に失礼だろうが」と怒られるかもしれない。
 だが、次の移民120周年の機会には、紙で発行される邦字紙はなくなっている可能性が高い。それなら110周年を最後の機会として、一度くらい記者のことを書かせてもらってもバチはあたるまい。実際、彼らなくして邦字紙は成り立たない。日本からの助っ人である彼らもまた、立派なコロニアの歴史の一部だ。
 現在、日本語編集部にいる記者3人はみな二十代、今回の110周年取材をするために滞在を延長してくれた猛者ばかりだ。
 例えばリオ、サンパウロ、ベレン、トメアスーと、文字通り全伯を飛び回った國分雪月記者。彼女は大学を卒業したばかりで一見寡黙な女性だ。ところが、実は関心を持ったことには体当たりで突撃取材をする勢いがある。先月の移民の日特集号にあった「ジョアン・デ・デウスの館」に潜入取材したのはその真骨頂だ。
 それに彼女は「あげまん」記者で、彼女が連載で取り組んだネタは不思議なことに実現する。たとえば、いったんは在外邦人全員が使えなくなったJRパスが、彼女の連載後、在留期間10年以上の在外邦人にかぎって利用可能になった。そして四世ビザ連載もしたが、この7月から実際に始まっている。
 山縣陸人記者は優男のイケメン風だが実はハードボイルドだ。彼は今回サンパウロとマナウスを担当。
 彼からメールで、《24日午前1時にマナウスの空港について1時間ほどベンチで寝ていたのですが、吐き気で目覚めてトイレに行き、(便器だと態勢が辛かったため)床に座り込んで吐いたり腹を下したり寝たりするという時間を過ごしました。飲んだ水もすぐ吐き出すというほどで、携帯をポケットから取り出す元気もなく、回復したころに携帯で時間を確認したら午前8時で、トイレに座り込み6時間も過ごしていました。感覚としては1、2時間くらいと思っていたのでびっくりしました。時間の感覚がなくなるくらいもうろうとしていたようです。その後、正露丸を飲んで、ホテルに向かいました。夕方の取材の前くらいから完全に回復しています》と報告が来たのには驚いた。
 今回の取材に一番情熱を燃やしたのは大澤航平記者だ。ロンドリーナ、マリンガー、プロミッソン、平野植民地、アラサツーバとご訪問のハイライトを担当した。
 特にプロミッソンにはご訪問が決まる前の昨年から3回も足を運び、その都度、気運を盛り上げる記事を書いてきた。だから地元が皇室ご訪問を待望する声が繰り返し報道できた。60年ぶりの聖州地方部ご訪問を実現するには、地元の気持ちを存分に伝えることは必須だ。
 大澤記者は今回、プロミッソンには前夜から現地入りし、安永忠邦さん宅に泊めてもらいながら密着取材した。眞子さまが平野植民地の慰霊碑で皇族としては初めて献花をされ、それを見た地元の森部静代さんが泣き崩れた。それを眞子さまが優しく抱擁されたシーンを見て、大澤記者は感動の涙でノートの字をにじませながら取材を続けたと聞く。
 なお順次、日本に帰って行く彼らの代わりに、編集部では新しく記者を募集中だ。関心のある人は「記者研修の件」と件名に書いたメール(
redacao@nikkeyshimbun.jp
)を送って欲しい。
 もう一人特筆すべきは、本紙週刊ポ語新聞NIPPAKの樋口アウド編集長だ。彼はマリンガーの取材を終えたその足で夜行バスに乗って聖市へ向かい、翌朝から県連日本祭りの110周年式典を取材、その晩はまたバスでプロミッソンへ。なんとパラナと聖州の主要式典を3日間連続で取材した。
 しかもその晩もバスで聖市に戻り、そのまま編集部にこもって全ての記事を書き上げ、無事に23日の新聞に載せた。アウドの二世記者根性は感嘆に値する。
 日本語新聞は読者が凄い勢いで減り続けている。将来的に日系社会のコンセンサスを作れるのはNIPPAK紙以外にない。120周年、130周年を盛り上げるにはコミュニティ新聞は欠かせない。
 だから本紙読者のみなさんに折り入ってお願いがある。このNIPPAKが移民150周年まで続くように、ぜひ子や孫に読ませてほしい。週刊なので半年でたった90レアルだ。ぜひ購読を子孫にプレゼントしてほしい。NIPPAKにこそ、日系人意識を継続させ、日系社会を続ける鍵が隠されている。(深)

あるぜんちな丸同船者会 第29次航海船が着伯

50周年で サンパウロ新聞WEB版より

イメージ 1
記念の集合写真 

長編ドキュメンタリーの制作も

 1968年2月28日に神戸港、3月2日に横浜港を出港した「第29次航海あるぜんちな丸」の同船者会が5月26日、サンパウロ(聖)市リベルダーデ区の文協ビル5階の県連会議室で開催され、11人が参加した。今年で着伯50周年を迎えた同船には、工業移住者や花嫁移民など計136人が乗船していた。参加者は、互いの近況や50年ぶりの再会を喜んだ。また、同船にはNHKの撮影スタッフが乗船し、今までに3本のドキュメンタリー番組が制作・放送されており、今回は50周年を記念した最終作の撮影も行われている。
 同会の冒頭、亡くなった同船者に1分間の黙とうが捧げられた。その後、船内でのエピソードや、着伯後の人生を参加者それぞれが語り合った。
 世話人を務めた県連の伊東信比古さん(74、大分)は「(トラック運転手らの抗議行動によって)郊外からバスで聖市まで来れなかった人もおり、人数は少なくなってしまったが、久しぶりに会えた人もいる」と当日の状況を話した。
 同船者会は、78年、88年に同区のニッケイパレスホテルで開催されたのを最後に、30年ぶりの開催となった。過去2回の同船者会は、同区で宝石店を営んでいた尾西貞夫さん(75、兵庫)が世話人を務めた。
 尾西さんは、88年の同船者会以降も何度か顔を合わせている人もいると言い、「久しぶりの感じはあまりないが、(参加していない同船者の)知らなかった近況も聞けた」とし、「また5年後に開催できれば」と話した。
 聖市在住の代田吾朗さん(68、宮崎)は、パラー州ベレンに入植してから5年間、ブラジルを横断した後に、日本とブラジルの合弁企業として聖市に設立された電話会社ボヴィエル協和で勤務していた。代田さんは「同船者会に参加したのは初めて。全員、年を取ったな」と微笑み、「船の上の昔話もできたし、最近の皆さんの近況が分かったのが何より」と同船者会を満喫していた様子。
 同船の渡航には、NHKのスタッフが乗船し、「乗船名簿AR29次航海」が撮影・放送されたのを皮切りに、88年に「移住20年目の乗船名簿」、99年に「移住31年目の乗船名簿」が撮影・放送されてきた。今回はシリーズ最終作として19年ぶりに「ある乗船名簿の50年〜南米移住者たちの軌跡〜」が3本構成で制作される。
 当初から撮影を手掛け、同船者会にも参加した相田洋(ゆたか)さん(82、新潟)は「50年ぶりに再会できた人もいた」と同船者としての再会を懐かしんだ。
2018年6月9日付
鯉のぼりと雨の運動会!!

5月5日は、日本では子供の日、ゴールデンウイークで各地で凄い人出だったようですが、ブラジルでは、5月1日がメイデイ―でお休みになり、ポルトアレグレでは、恒例の南日伯援護協会主催の運動会が開催されました。今年は、朝から小雨が降り、1日愚図ついた天気が続きましたが、何とか雨の中に泳ぐ鯉のぼりも風がなく元気に泳が無かったですが、皆さん小雨をものともせず運動会を楽しんでいました。
援協には、以前から所有していた鯉のぼりに3年前の日本祭りに岡山の徳永鯉のぼり社の徳永会長のご厚意で寄贈して頂いた新しい鯉のぼりが一緒に長い竹竿に飾られ余り風のない五月の空に泳いでいました。鯉のぼりを配した運動会の様子を写真で紹介して置きます。地元の近藤領事、ブラジリアから来られたJICAの斎藤所長を来賓に迎えカシアス、イボチ移住地始めグラバタイ、サンレオポルド、ポルトアレグレとチーム対抗、70歳以上のご老人、子供たちと色々の競技を楽しんでいました。、玉入れ、綱引き、各種リレー、パン喰い競争、ビン釣り競争、果ては炭坑節の盆踊り、ラジオ体操と全員参加型の運動会を小雨にめげず楽しんでいました。婦人会が皆さんで作ったお饅頭も全て売り切れ、雨で売れ残った昼の弁当が割引で売られ夕食分にと5つも押し付けられてましたが、結構役に立ちました。鯉のぼりを配した写真を貼り付けて置きます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事