吉川市防災情報ブログ

埼玉県吉川市防災情報ブログです。吉川市が運営しています。災害、減災などに関する情報を発信します。 埼玉県吉川市きよみ野一丁目1

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

8月30日から9月5日の1週間は防災週間です。
この期間に合わせて、市役所1階のコミュニティルームにて防災・減災に関するグッズやパネルを展示しています。
皆さんは日頃から災害に備えた用意をしていますか。防災週間を機会に、家族と一緒に防災・減災について考えましょう。

展示場所:吉川市役所 1階コミュニティルーム内
展示期間:8月30日(金)〜9月5日(木)17時まで
イメージ 1

イメージ 2

埼玉県防災学習センター(そなーえ)では、災害に関する体験や学習ができるイベントを実施しています。興味のある方は、お子様を連れてお出かけしてみませんか。
イメージ 1
【様々なミニ実験ショー!(毎週日曜日開催)なども開催予定です。】
開催日2019年 毎週日曜日14001500
721日以降〜夏休み時間は
10001100
14001500
場所センター内
参加資格どなたでも
定員なし
防災に関するアレコレを簡単な実験ショーで学べます。
77日/緊急地震速報のしくみ ・714日/火山噴火実験 ・721日/水の強さ実験 ・728日/火山噴火実験 ・84日/大気圧実験 ・811日/火山噴火実験 ・825日/耐震補強実験 ・91日/液状化実験 ・98日/内水氾濫実験 ・915日/吸水ポリマー実験 ・922日/緊急地震速報のしくみ ・929日/火山噴火実験など
 
【その他】
818日は実験ショーはおやすみです。
※暴風体験は、小学生以上、消火体験は小学校4年生以上からとなります。ご了承ください。
※詳細は、次の関連リンクから埼玉県防災学習センターのホームページをご覧ください。
 

【お問い合わせ先】〒369-0131 埼玉県鴻巣市袋30番地
TEL : 048-549-2313
 FAX : 048-549-2316 mail :info@saitamabousai.jp

 
【関連リンク】
1 埼玉県防災学習センターのホームページ
 
2 吉川市防災情報ツイッター


3 安全・安心メール登録用アドレス(空メールを送信して登録してください)
 p-yoshikawa@s7.bmb.jp
概要
 中央中学校の2年生を対象に、市職員と、減災リーダーの認定を受けている自主防災組織及び女性消防団の方が講師となり、避難所等で使用する資機材の組み立てや起動訓練、応急手当訓練等を実施しました。
 今回の減災教育での経験を生かし、地域の方と協力し、災害時の避難所運営等において、立派な減災の担い手として活躍してもらえることを期待しています。

    1 日時   7月4日(木)午前9時55分〜午後2時35(2〜5時限目)
2 場所  中央中学校(住所:大字吉川234番地1)
3 対象   2年生
4 内容   (1)段ボールベッド、避難所用間仕切り組立訓練
        (2)災害用簡易トイレ組立訓練
        (3)LEDバルーン投光器及び発動発電機起動訓練
      (4)応急手当訓練(直接圧迫止血法の学習)
イメージ 1

イメージ 2

6月26日(水曜日)に、三輪野江小学校5年生を対象に減災教育(水害編)についての授業を実施しました。
 1班6人程度のグループで、自分たちの住む地域の地図にマーカーやシールを使って幹線道路や公共施設を確認し、地域の防災マップを作成しました。また、水害にあった実例等を見て、水害が起こった時に気を付けることを自ら考え、学習しました。
 
■減災教育
 子どもたちが災害時に危険を認識し、自らの安全を確保できるように、子どもたちがグループになって協力し、普段、何気なく遊んでいる場所や通学路に潜む危険個所などを考え、いざ災害が発生した時に、地域の人々の安全に役立つことを期待して実施します。

吉川市では、平成29年度から小学5年生、平成30年度から中学2年生を対象として実施しています。

■災害図上訓練(Disaster Imagination Game)
大きな地図をみんなで囲み、地震や水害をイメージして地域の課題を発見し、災害対応や事前の対策などを検討するための訓練。

イメージ 1

イメージ 2

6月25日(火曜日)に、旭小学校5年生を対象に減災教育(地震編)についての授業を実施しました。
 1班6人程度のグループで、自分たちの住む地域の地図にマーカーやシールを使って幹線道路や公共施設を確認し、地域の防災マップを作成しました。地震の際の被害を確認し、地震への事前の対策や、地震が起こった際に気を付けることを自ら考え、学習しました。
 
■減災教育
 子どもたちが災害時に危険を認識し、自らの安全を確保できるように、子どもたちがグループになって協力し、普段、何気なく遊んでいる場所や通学路に潜む危険個所などを考え、いざ災害が発生した時に、地域の人々の安全に役立つことを期待して実施します。

吉川市では、平成29年度から小学5年生、平成30年度から中学2年生を対象として実施しています。

■災害図上訓練(Disaster Imagination Game)
大きな地図をみんなで囲み、地震や水害をイメージして地域の課題を発見し、災害対応や事前の対策などを検討するための訓練。

イメージ 1

イメージ 2


全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事