薔薇好きパパの気まぐれ日記

誹謗中傷にあたるコメントは全て削除します!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

市民ランナーが新星に躍り出た。27日の東京マラソンで、埼玉県立春日部高校の定時制で事務職を務める川内優輝(23)=埼玉陸協=が2時間8分37秒で日本人トップの3位。世界選手権(8月開幕、大邱=韓国)代表に決まった。公務員が果たした大仕事は、実業団主導の男子マラソン界に大きな衝撃を与えた。

 ゴールテープを切った直後、川内は立ち上がる力も残っていなかった。「勝ったのはうれしかったんですが…。すぐに医務室行きでした」と苦笑い。42・195キロで精根尽き果て、約1時間の休養が必要だった。

 39キロ過ぎで日本人トップだった尾田賢典(30)=トヨタ自動車=をとらえて豪快に抜き去った。「レースでは負けたくないんです。死んでもいいという思いで走りますから」。その執念はすさまじい。

 自らを「落ちこぼれ」と評す。埼玉の春日部東高時代は故障がちで全国大会の経験はない。進学した学習院大でも陸上部での箱根駅伝出場はなく、個人として関東学生陸上競技連盟選抜(学連選抜)チームのメンバーに選ばれ、2度走るにとどまった。公務員試験が始まった時期に、実業団からの誘いを受けたが、きっぱりと断ってもいる。

 この日は全国都道府県対抗駅伝で埼玉県代表に選出された際に支給されたユニホームを着て走った。シューズも遠征費も自前。勤務は午後零時45分から同9時15分。毎日の練習は午前中に1回で、月間走行距離も600キロ程度と少なく、3部練習も行う実業団とは対照的だ。

 強烈な自負はある。「実業団には負けたくない。お金をもらわず、(私は)払って陸上をしている」。高校3年の時に亡くなった父の葦生(あしお)さんは、深夜に帰宅しても入念にマッサージをしてくれた。そうした多くの支えに感謝を込めて走っている。

 日本陸連の坂口泰・男子マラソン部長は賛辞を惜しまなかった。「実業団の選手はショックでしょう」。社会人になって5千メートルからフルマラソンまでの自己記録を更新した新鋭は「(自分でも)どこまで伸びるか楽しみです」。この夏、市民ランナーの星が世界の舞台に挑む。



1987年生まれ。春日部東高校出身。
学習院大学陸上部時代は、関東インカレ2部ハーフマラソン3位、立川ハーフマラソン6位、上尾シティハーフマラソン3位の好成績を残し、また、大学4年の時、日本学連選抜でニューカレドニアマラソンのハーフマラソンの部に出場し優勝、昨年の東京マラソンでは19位になっている。箱根駅伝には、2年生と4年生、2度学連選抜で出場。いずれも6区を任された。今年は60分を切る好タイムで区間3位に。
埼玉県庁に就職、現在は春日部高校定時制主事。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事