世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

「一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め」言志晩録

全体表示

[ リスト ]


「はぶく」と書いて「省」とよむ


中国の危険な食糧品は他国は輸入禁止にしているが日本は何も規制をかけず日本人の生命を脅かしている。

消費者庁は国民の望む活動は何一つしなかった「ただ飯喰いの省」だった

役所ばかり多いから税金の無駄が多い・・税金の無駄があるから国民は貧しくなる。

毒餃子も、毒ミルクも毒玩具も毒野菜も輸入禁止にもできな「消費者庁」などいらない。

食品偽装や製品事故の監視など何もせず職員が遊んでいる。このような省もない省ははぶくことだ。


消費者庁なんていらない?
(1月11日21時17分配信 産経新聞)
 食品偽装や製品事故の監視など、これまで行政が対策を講じてこなかった消費者問題に取り組むための「消費者庁」設置構想。“消費者行政の司令塔”として期待され、設置法案などの関連法案が昨年、閣議決定されたが、いまだ無用論がくすぶっている。「人材不足で政策実行能力に疑問がある」「役所を増やすのは行政改革に反する」「既存省庁の消費者行政の邪魔になる」…。法案も昨年の臨時国会に提出はされたものの審議入りせずに終わった。麻生太郎首相も成立に本腰を入れているようには見えない。本当に消費者庁は必要なのか。なくても困らないのではないか。
 ■本当に司令塔?

 「消費者庁の指示は受けません。そんな権限はありません」

 現在、食品偽装を探し、行政処分を行っている農林水産省。幹部は法案提出後にも、消費者庁構想に反感をむき出しにした。

 省庁が集まる霞ケ関では、消費者庁構想に対する風当たりは強い。内閣府に外局として設置される消費者庁が、各省庁がバラバラに所管している消費者行政を「1段上から」一元的に“指揮”するという構想が、反発を買っているからだ。

 消費者行政は幅広く、業者を監視する役所も、多岐にわたる。食品の原産地偽装は農林水産省、安全かどうかの衛生面は厚生労働省、不正な訪問販売は経済産業省、紛らわしい製品表示は公正取引委員会、不正に高利率の貸し付けをするヤミ金融業者の規制は金融庁、といった具合だ。

 各省庁にはそれぞれ「なぜ自分たちのテリトリーに口を出されなければならないのか」という意識がある。農水省では「偽装監視などのノウハウもないのに、何をしようというのか」などと幹部から批判があり、金融庁でも「専門的で複雑な金融関係法に知識もないのに、口出しされても迷惑なだけだ」と、嫌悪感を抱く職員は少なくない。

1日21時17分配信 産経新聞


 食品偽装や製品事故の監視など、これまで行政が対策を講じてこなかった消費者問題に取り組むための「消費者庁」設置構想。“消費者行政の司令塔”として期待され、設置法案などの関連法案が昨年、閣議決定されたが、いまだ無用論がくすぶっている。「人材不足で政策実行能力に疑問がある」「役所を増やすのは行政改革に反する」「既存省庁の消費者行政の邪魔になる」…。法案も昨年の臨時国会に提出はされたものの審議入りせずに終わった。麻生太郎首相も成立に本腰を入れているようには見えない。本当に消費者庁は必要なのか。なくても困らないのではないか。


 ■本当に司令塔?

 「消費者庁の指示は受けません。そんな権限はありません」

 現在、食品偽装を探し、行政処分を行っている農林水産省。幹部は法案提出後にも、消費者庁構想に反感をむき出しにした。

 省庁が集まる霞ケ関では、消費者庁構想に対する風当たりは強い。内閣府に外局として設置される消費者庁が、各省庁がバラバラに所管している消費者行政を「1段上から」一元的に“指揮”するという構想が、反発を買っているからだ。

 消費者行政は幅広く、業者を監視する役所も、多岐にわたる。食品の原産地偽装は農林水産省、安全かどうかの衛生面は厚生労働省、不正な訪問販売は経済産業省、紛らわしい製品表示は公正取引委員会、不正に高利率の貸し付けをするヤミ金融業者の規制は金融庁、といった具合だ。

 各省庁にはそれぞれ「なぜ自分たちのテリトリーに口を出されなければならないのか」という意識がある。農水省では「偽装監視などのノウハウもないのに、何をしようというのか」などと幹部から批判があり、金融庁でも「専門的で複雑な金融関係法に知識もないのに、口出しされても迷惑なだけだ」と、嫌悪感を抱く職員は少なくない。

[https://history.blogmura.com/his_shiseki/ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ(文字をクリック)]

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

これこそ非正規職員を使うことです。流行のプロジェクト・チームを編成し、関係省庁の若手からベテランの男女混合体制確保です。食品の安全なら目的を明確にし、重点を絞り、情報の出入りを管理し、関係規定を精査し、真に危険なものの取り締まりを実行して頂きたい。

2009/1/11(日) 午後 11:25 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

アバター

biwako_1164さん非正規職員を使うべきでしょうね。熱心な人がやれば食費の食の安全が確保されますセクト主義のお役所仕事では駄目ですね

2009/1/11(日) 午後 11:34 吉野の宮司 返信する

消費者庁は、注意喚起して販売していたにも関わらず、親が幼児にこんにゃくゼリーを食べさせて死亡させた事案を理由に販売を中止させ、中小企業をいじめただけで、それ以外、何の成果もありません。
弱いものいじめだけして、支那には何ひとつ言えない、消費者も守れない弱腰…どこの省庁も同じですね。

2009/1/12(月) 午前 7:13 くろひつじ 返信する

顔アイコン

消費者の責任が明らかな「マンナンライフ」は徹底的に叩きまくり、支那の食品テロや支那に関係のある日清食品の外部からの成分浸透には目をつぶる。
日清食品には事件後、すぐに抗議のメールを送りましたが、素材改良の意思は無いようです。
同社は公的機関の発表以前に原因を大々的に発表するという、傲慢な行為を平気でしました。
とにかく消費者庁も野田聖子も政府自体も本気でヤル気はありません。今こそ消費者団体は立ち上がるときですが、これも望み薄ですね。 削除

2009/1/12(月) 午後 1:26 [ TAD ] 返信する

アバター

くろひつじさん、中国に弱い消費者庁は有名無実・・水際で安全確保されなければ日本は毒冷凍食品の垂れ流しです

2009/1/13(火) 午前 0:31 吉野の宮司 返信する

アバター

TADさん消費者庁がやったことは日本企業つぶしでした国民は食の安全を願い消費者庁のチェック機能や職の安全を脅かすものの除去に期待しましたしかし中国食品をだらだらと危険承知で輸入させ国民をかばわず中国政府をかばう消費者庁の存在こそ省くべきです。無駄な公務員ばかりです

2009/1/13(火) 午前 0:36 吉野の宮司 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事