世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

「一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め」言志晩録

全体表示

[ リスト ]

 https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative125_41_z_hinomaru.gif  
↓              ↓
[
https://politics.blogmura.com/conservative/ ]
          http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gifぽちっとクリック!http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gif 

 

 
 
イメージ 1

「中国人皆殺し」発言の番組

 
Record China 1月13日(月)19時2分配信
 
10日、昨年10月に米ABCテレビのトーク番組で男の子が「中国人を皆殺しにしよう」と発言したことを受け、在米華人が番組の打ち切りと正式な謝罪を求めていた問題について、米政府が正式に回答した。写真はホワイトハウス。
2014年1月10日、昨年10月に米ABCテレビのトーク番組で男の子が「中国人を皆殺しにしよう」と発言したことを受け、在米華人が番組の打ち切りと正式な謝罪を求めていた問題について、ホワイトハウスが正式に回答した。中国新聞網が伝えた。

2013年10月16日、米ABCテレビのトーク番組で、男の子が「中国人を皆殺しにしよう」と発言し、司会のジミー・キンメル氏が「面白い考えだ」と述べたことに対し、在米華人からの抗議が殺到していた。

ホワイトハウスの請願受け付けサイト「We the People」には、米国政府による調査や番組の打ち切りと謝罪を求める請願が集まり、1カ月以内に10万人の署名が集まったため、ホワイトハウスは規定どおり対応することとなっていた。

1月10日夜、美東華人社団聯合総会の花俊雄(ホア・ジュンシオン)常務副主席が記者に転送したホワイトハウスからの返信メールには、「関係者の謝罪と番組の打ち切りを請願された件について、関係者はすでにそれぞれ謝罪を行いました。
 
司会のジミー・キンメル氏も番組中で謝罪し、反省文を提出しました。ABCテレビはネット上から当該の番組を削除し、同社は番組の審査の変更を詳細に説明しています。大統領は、中国の平和的台頭を歓迎すると述べており、ご指摘の評論は米国の主流意見を反映したものではありません」と書かれていた。

また、「連邦政府はABCに番組の打ち切りを強制することはできません
 
他人の気分を害する可能性があったとしても、憲法は言論の自由を保証しています
 
さらに踏み込んだ審査がご希望であれば、連邦通信委員会にご意見をお寄せください」と述べられていた。

ABCテレビは昨年11月10日に、ウェブサイト上で公開謝罪し、審査を強化した上で同種の事件の発生を根絶すると述べ、問題となった番組のコーナーの廃止を決定した。(翻訳・編集/岡本悠馬)
 
“米トーク番組で6歳の幼児が中国人を皆殺し発言” で、波紋が広がっている。 報道を読めば、幼児のタワイのない発言だが、それは幼児本人の考えではないだろう。 では誰の? それは最も近くにいる親がそういってるのを聞いて、そのまま深く考えもしないで発言しているのだと思う。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
「”中国人を皆殺しにすれば借金を踏み倒せる!”=男児が米トーク番組で衝撃発言」(10月21日 Record China) _ ※追加1へ
「”中国人皆殺し” 米番組司会者が抗議行動の群衆に “中国式” で謝罪、番組降板や番組内での謝罪は拒否」(11月1日 新華経済) _ ※追加2へ
「“中国人皆殺し” 発言で在米中国人らの抗議広がる」(11月10日 テレビ朝日系/ANN) _ ※追加3へ
「米国で中国人学生のカンニングが横行=指摘しても居直る “中国ではみんなやっている!” ―米華字紙」(11月15日 Record China) _ ※追加4へ
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
日常的に中国関連のニュースが日々流れているが、日本でも米国でも 内容としては中国人の自尊心をくすぐるものは少なく、どちらかというとネガティブなものが多いのではないだろうか?

それは 大気を汚す環境汚染問題、食料などに含まれる添加物、ドブからすくって再生した危険な食用油、様々なものが破裂する問題、 劣悪な労働環境、中国からの国外旅行者の身勝手な振る舞い、近隣諸国への恫喝、内部少数民族への扱い など数えあげたら切りがないほどある。

そうした報道が米国内の報道ニュース映像で流されるたびに、それを見ていた親がいうことはどういうものだろうか? 勝手に想像すると、「中国人は地球の空気を汚して平気でいるな」「中国産の食料品は危ないな」「中国製品はいつ破裂するか分からん」「中国の旅行者は身勝手だ」「中国は回りの国を脅す国だな」などでは?

そのうち、「また中国ニュースか? バッドニュースは聞き飽きた。 あいつらは改善するということを考えないのか? とんでもない国だ」とエスカレートし、家族以外の人がいないと、つい気安く、「あいつらを皆殺しにしてしまえば全部解決する」などと口走ったりすると、それをそばで一緒に聞いていた幼児の頭に刷り込まれてしまうのは容易に想像できます。 それがトーク番組で “中国人=皆殺し” という形で出てきたのではないでしょうか?
………………………………………………………
記事4の報道では ある米助教授は、「カンニングをするのは中国人学生だけではないが、“みんながやっているから良い” との考えを持ち、“文化の違い” を理由に弁解を繰り返すのは中国人学生だけ」といっていることからも、中国人学生=大学に入学金や授業料を払ってくれる大事な学生ではありますが、中国人全体=尊敬する人々というよりも その逆のイメージが形成されていますね。

経済的には日本を追い越して存在感が年々大きくなり、その分 世界中で中国人の行動様式が目立つようになって来ました。 それが世界にいい影響を与えているかというと、どうもそうではないようです。 このまま “これが中国スタイルだよ” として、そのスタイルを変えず 中国国内のままで押し通すつもりなら、「中国人客はカネだけ置いて さっさと本国に帰れ」の大合唱が世界中で沸き起こっていくでしょう。 これは中国にとってはいいことではないのですが、中国人自身 どうも まだまだその事に気づいていないようです。

こういう状況下では、記事3の抗議活動は共感を得られ易い、といえるのかどうかはなはだ疑問です。 日ごろからの行動や態度が蓄積されて、それらが世界市民として尊敬に値するものだったなら、多くの人たちから支持を得ることでしょう。 そうでないならば …
 
20日 米国のトーク番組で、6歳の男の子が発した「地球の反対側へ行って、中国人を皆殺しにしよう!」というコメントが物議をかもしている。 台湾 Ettoday が伝えた。

「中国人が報復してきたらどうするか」という質問に対し、この男の子は、「先に手を出す方が有利、反撃できないようにする」と語
った。 このシーンが中国で大きな議論を呼んでおり、ネット上には「米国の子どもが邪悪な本性を持つようになったのは、教育の失敗の結果だ」という怒りの書き込みや「子どものいうことにムキになる必要はない」というコメントなどがみられた。

問題の発言が行われたのは、米国のトーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』だ。 番組では、「政治家のダダっ子ぶりは子ども並み」というテーマで、異なる人種の子ども4人をゲストに招き、お菓子を食べながら国家論を語ってもらうという企画だ。

司会のジミー・キンメルからの、「米国は中国から 1兆3000億ドル もの借金をしている。 このお金をどうやって返せばいいだろう」という質問に対し、子どもたちが様々な「卓見」を披露した。 1人は、「高い壁を作れば、中国人はお金を取りに来られないよ」と語り、別の男の子は大きく手を振り、テーブルを叩きながら、「中国人を皆殺しにすれば、お金は返さなくていい」と発言した。

男の子の衝撃発言には司会者も興味を持った様子だったが、別の女の子が不安げに、「私たちが中国人をやっつけようとしたら、中国人も私たちをやっつけに来るよ!」と、双方の武力衝突に発展する可能性を指摘するも、男の子の方は、「先に皆殺しにしちゃえば、僕たちをやっつけにくることはできないよ」と反論。 さらに別の子どもが、「すぐに中国人をやっつけちゃえば、仕返しできない!」と合いの手を入れた。

司会者は笑いを噛み殺しつつ、女の子に、「誰かにお金を借りたら、返さなきゃいけない?」と尋ねると、女の子は毅然とした口調で、「絶対返さない!」といった。 司会者はこれに対し、「それじゃあ 君もお金を返してもらえなくなるね」と答え、討論は「借りたものをきちんと返せば、次もまた借りやすくなる」という結論で終わった。

この3分ほどのやりとりがネット上に出回ると、ある中国人ユーザーからは、「冗談で人を殺すという男の子に大国意識が見て取れる。すでに役人、政治家の冷酷なやり口が身についているようだ。 大物になるよ」というコメントや、「中国人が一人ずつ唾を吐きかけてやれば、あの子たちを溺れ死にさせることができる」という書き込みなどがあった。 また 子どもたちの歯に衣着せぬ物いいが、中国人に対するアメリカ人の本音を物語っているという指摘もあった。
………………………………………………………
※追加2_ 中国紙・北京青年報は1日、米 ABC の番組内で「中国人を皆殺しにすればいい」との発言が飛び出し、在米華人らが抗議行動を展開していた30日、番組司会者のジミー・キンメル氏が群集の前に現れ、直接謝罪したと報じた。

記事によると、10月30日午前 南カリフォルニア地区の市民ら100人近くが「中国人皆殺し」発言に抗議するためハリウッドに赴き、問題発言のあったトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」の収録スタジオの前で抗議行動を展開した。

午後1時(同)ごろ、漢字の「平」という文字が書かれたTシャツを着用したキンメル氏が群集の前に姿を現した。 マスコミの取材を受け、お辞儀をしながら問題発言を謝罪。「平」は中国語で「平和」を意味することから、中国人民への友好を示すために番組スタッフが用意したという。

キンメル氏は「甥っ子も姪っ子も中国人。 世間が私のことを中国人を敵視していると思っていることは残念だ」と語った。 同氏は、「ABC からいわれたわけではないが、私は誠意を見せるため自分の時間を犠牲にして直接謝罪することを決めた」とした上で、「(問題発言は) 子どもが冗談のつもりで言ったもの。 私はそれに (同調せず) 皮肉で返した」と釈明。

「皆さんを楽しませるつもりが、華人の皆さんの反感を買う結果となってしまった」といいながら、合掌ポーズをとって何度もお辞儀するという “中国式” の謝罪を行った。 この件を理由に番組を降りるつもりはなく、今後番組で謝罪することも考えていないという。 問題発言のあった「子ども円卓会議」のコーナーは中止にすると語った。

問題の発言は現地時間の16日、番組に招かれた子ども4人による円卓会議で、米国が抱える中国への巨額の借金問題について、どうすればいいかと聞かれた子どもの1人が「地球の向こう側に回って中国人を皆殺しにすればいい!」と発言、これに多くの華人が怒りを爆発させていた。
………………………………………………………
※追加3_ アメリカの ABC テレビのトーク番組で、「中国人を皆殺しにすれば良い」という発言があったことを受け、アメリカに住む中国人らが各地で抗議活動をする騒動に発展しています。

騒動の発端は、番組の司会者が「アメリカは中国からの借金をどうやって返せば良いか」と問いかけたのに対し、出演者の子どもが「中国人を皆殺しにすれば良い」と発言したことです。 その後 司会者が謝罪しましたが、アメリカに住む中国人らは、9日にも全米の20都市以上で 1万人 規模のデモを計画するなど、怒りは収まっていません。
 
一方 中国国営テレビは、世界各国のアメリカ大使館の屋上にある白い箱型の物体を取り上げ、「盗聴設備の可能性がある」と大々的に伝えるなど、アメリカへのバッシングを強めています。
………………………………………………………
※追加4_ 13日 世界日報によると、近年 米国の各大学には中国人留学生が大挙して押し寄せている。 彼らの多くは賢く勤勉だが、一部の学生によるカンニングが後を絶たないという。

9日 カリフォルニア州のある街で TOEFL の試験が行われた。 試験会場の学生は9割以上が中国籍だった。 試験前に、試験官は「もしカンニングをしたら、受験資格を失います。 受験費用の返還は行いません。 この試験会場では、毎回カンニングにより受験資格を取り消される人が出ています」と警告した。

しかし 試験が始まって数分と経たないうちに、1人の中国人女子学生が、自分の太ももに文字を書き込むという方法でカンニングを行っていたことが発覚した。 試験官は「(太ももという) 場所を考慮し、再度確認したり、証拠の写真を撮ったりはしません」と伝えたが、女子学生は「私はカンニングをしていません」といい、その後 “everyone does this in China” (中国ではみんなやっている) と開き直ったが、最後には退室させられた。

ルイジアナ州のある大学の助教授によると、授業で再三にわたり、「カンニングをした者には厳しい処分が下される」と教えているにもかかわらず、複数の学生の回答用紙の内容が全く同じだったり、インターネット上の情報と一言一句まったく同じ回答がたびたび見られるという。 助教授は、「カンニングをするのは中国人学生だけではないが、“みんながやっているから良い” との考えを持ち、“文化の違い” を理由に弁解を繰り返すのは中国人学生だけ」と話している。
 
 
 

 https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative125_41_z_hinomaru.gif  
↓              ↓
[
https://politics.blogmura.com/conservative/ ]
          http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gifぽちっとクリック!http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gif 
↓        ↓ 
                              https://blog.with2.net/in.php?1456766  
                     http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gifぽちっとクリック!
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

多寡が6歳の子供の戯言に目くじらを立てる支那人の方が6歳児よりは遥かに幼稚!だといえるでしょう。

騒げば、騒ぐほど、支那人は嫌われていく!、・・・哀れな生き物です。

☆ナイス!〜

2014/1/14(火) 午前 0:00 [ gre*n*hub*32 ] 返信する

アバター

gre*n*hub*32さん同感です・・・中国人や韓国人は反省しない謝罪しない・・・支那人や韓国人が世界から嫌われ始めました

2014/10/13(月) 午後 11:42 吉野の宮司 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事