4月22日、超党派の議連「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー147人が22日朝、東京・九段北の靖国神社を集団で参拝した。議連事務局長の水落敏栄自民党参院議員によると、参加議員数は平成に入ってから3番目に多い。自民党からは高市早苗政調会長らが参加した。
 
水落氏の事務所が発表した資料によると、147人の所属政党は自民、民主、維新、みんな、結いの各党などと無所属議員。代理の秘書らも75人いた。当初は議員146人、代理70人と発表したが、その後、人数を追加した。議連とは別に新藤義孝総務相も12日に続いて参拝した。新藤氏の参拝は靖国神社の樋口知明広報課長が電話取材に対し、確認した。
  
安倍晋三首相は昨年12月に現役首相としては2006年の小泉純一郎氏以来初めて靖国神社を参拝。4月21日から靖国神社で始まった春季例大祭では「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納したが、首相側近によると今回は参拝を見送る見通し。安倍内閣では新藤総務相のほか、古屋圭司拉致問題担当相も20日、靖国神社を参拝している。

  https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative125_41_z_hinomaru.gif
↓              ↓
[
https://politics.blogmura.com/conservative/ ]       
    http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gifぽちっとクリック!http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gif 
↓        ↓ 
                              https://blog.with2.net/in.php?1456766  
                     http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gifぽちっとクリック