世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

「一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め」言志晩録

全体表示

[ リスト ]

35年連続日本一の「おもてなしの心」名宿は、石川県和倉温泉

「加賀屋」

  
ナイスの代わりに是非クリックして応援をお願いします。
↑          ↑       ↑ 
イメージ 5
 
            若女将の小田絵里香さん
 
イメージ 1
イメージ 2
言葉がていねい。
イメージ 4
みやびなロビー
 
 
 
心を癒す琴の調べイメージ 3

  
ナイスの代わりに是非クリックして応援をお願いします。

↑          ↑       ↑ 

従業員の丁寧なお辞儀
 
お琴の響き
 
ほのかな「お香」の香り
 
客室係のきめ細かなおもてなしに
ホッとする時間が待っている
実はこの客室係の配置こそ加賀屋がもっとも気を使う日々の業務
 
宴会を盛り上げるのが得意な係、
夫婦の間に入ってのもてなしが上手な係など
相性を最優先に決めていく。
 
 
イメージ 6
 
イメージ 7

35年連続日本一に輝く名宿。もてなしの真髄とは?その秘密にせまる

旅行読売 12月3日(木)14時13分配信    
風光明媚な七尾湾に面して立つ加賀屋(石川県和倉温泉)は、旅行新聞新社の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で35年連続1位を受賞してきた和倉温泉の名門旅館である。

とはいえ入り口の敷居をまたぐことすら躊躇させるような閉鎖的な印象はまったくない。従業員の丁寧なお辞儀姿と琴の音色、ほのかなお香の香りに迎えられて館内に入れば、広いロビーと正面に広がる七尾湾の海の眺めがあり、町並みのような土産処街を抜けると、吹き抜けの大空間と中央に配されたバーやシースルーエレベーターの煌(きら)びやかなイルミネーションと続く。気の向くままに足を向けると迷子になりそうなほど広い館内は、旅館というより町を散歩しているような気分になる。

一方客室に戻れば、客室係のきめ細かなおもてなしにホッとする時間が待っている。実はこの客室係の配置こそ加賀屋がもっとも気を使う日々の業務。宴会を盛り上げるのが得意な係、夫婦の間に入ってのもてなしが上手な係など相性を最優先に決めていく。その責任を担うのは若女将の小田絵里香さんだ。「大きい旅館ですが、基本は人と人とのふれあい。同じ客室係を指名されるリピーターの方は多いですね」と語る。

客室係に接客マニュアルはあるものの、実際は個人の裁量に任される部分も大きい。
それだけに日頃から「人間力」を磨くことが求められる。
加賀屋では英語、茶道、華道などの講座を設けている。強制ではないが、英語では20人〜30 人の参加があり、学びたい意欲に応えられる環境作りに努めている。
 
その試みは、宿泊者対象に毎日開催される館内ツアーにも活用されている。館内に散りばめられている地元美術品を鑑賞して歩くツアーで、石川県の美の魅力にふれてほしいと3年前に始めた。輪島塗や九谷焼などの名品を、ユーモアを交えながら解説するのだが、その講師役が日頃は車両部で働く社員と聞いて驚いた。解説役を任せることで、地元の文化への関心を深めてもらうことを狙いとした社員研修の一環でもあるという。

若女将いわく、「おかげで最近は積極的に美術館へ出向くなど、社員のライフスタイルが根本から変わりましたね。今後は英語バージョンも加えたいと考えています」



アンケートは宝の山
要望を実現する努力

元大手航空会社の客室乗務員だった若女将が12 年前に加賀屋へ嫁いで最初に驚いたのは「アンケート会議」の定期的な開催だったという。

「大きな旅館だからアンケートなど読まないだろうと思われがちですが、とんでもない。全部に目を通して『段差が危なかった』とのご指摘があればすぐに確認して、必要なら即改修…… という具合に徹底的にお客様のご要望に向き合ってきました」

「できません」と即答はせず、どうしたら要望に応えられるかを最優先に考えてベストを尽くすことは一貫して加賀屋が目指してきた理念でもある。

さまざまな角度から社員の「人間力」を高めて、宿泊客の満足につなげていく。宿泊客からの要望を実行に変えていく。そんな日々の努力の積み重ねが35 年連続で日本一と評価されてきた理由だろうか。「いえいえ、現場にいると胸を張れないことだらけ
 
『まだまだ』という気持ちです」。若女将や社員の視線の先にあるのは35 年の名誉より日々の現場。「まだまだ」は加賀屋の伸びしろの大きさでもあるように感じられた。
 
https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31_rainbow_1.gif
       ↑            ↑   
 
  
ナイスの代わりに是非クリックして応援をお願いします。
↑          ↑       ↑ 
 
https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00164267.gif
↑       ↑    
 

閉じる コメント(3)

アバター

内緒さん同感でございます

2015/12/7(月) 午後 10:52 吉野の宮司 返信する

顔アイコン

35年間おもてなし日本一とは凄いの一語があるにみです。
若女将の美形に吃驚しました、着物美人ですねえ!。若女将を拝顔するだけでおもてなし度がぐんーと上がります、

従業員の頭の下げ方!〜、流石は加賀百万石の伝統が行きています。宿泊料の嵩むとは思いますが、是非とも機会があったら訪れて見たい加賀屋旅館です。

☆ナイス!〜

2015/12/8(火) 午前 8:16 [ gre*n*hub*32 ] 返信する

アバター

gre*n*hub*32 さん従業員一人ひとりの「人間力」でしょうね・・・上辺のサービスでは35年間も一位にはなれませんね

2015/12/8(火) 午前 8:21 吉野の宮司 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事