1パック200グラム入りで希望小売価格650円(税込み)。

レトルトカレーのもととなった
基地のメニュー「黒米のとろとろタンドリーチキンカレー」

学生が食べるカレーの味を再現した
レトルト商品「大和肉鶏のとろとろカレー」が
発売された。

じっくり煮込んだ野菜のコクと甘みが味わえる自信作だ。
5月の発売から2カ月足らずで1500個が完売。
3千個を追加生産した。

 「空自基地カレー」は全国10基地以上で商品化。
土産物として人気だ。

奈良でも実現しようと、飲食店運営の「エムワイピー」(奈良市)が開発した。

 基地側から提供されたレシピは食堂で一番人気の「黒米のとろとろタンドリーチキンカレー」。

調理を担当する給養班が2013年、奈良基地の名物カレーをつくろうと考案した。

 すり下ろしたニンジンと
みじん切りにして炒めたタマネギを
とろとろに煮込んでコクを引き出した。

トマトで爽やかな酸味も加えた。
考案メンバーの1人、笠間朋美さん(39)は
「奈良の食材として黒米を使っています」と説明する。

 レトルトカレーには県産の大和肉鶏を使い、奈良らしさを出した。
給養班に試食を繰り返してもらい、助言をもらって完成させた。
エムワイピーの増井義久社長(56)は「とろとろ感にこだわりました。

栄養たっぷりのカレーを味わってほしいです」と話す。

 1パック200グラム入りで希望小売価格650円(税込み)。

奈良市観光センターや基地内の売店などで販売している。
問い合わせはエムワイピー

イメージ 1
イメージ 2

https://politics.blogmura.com/conservative/img/conservative88_31_rainbow_1.gif
↑            ↑   
                                                      
  
ナイスの代わりに是非クリックして応援をお願いします。
↑       ↑         ↑  
 
https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00164267.gif