世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

「一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め」言志晩録

全体表示

[ リスト ]

「花は桜木、人は武士」1
みなさんは「いやのこと」をご存知でしょうか?
「嫌なこと」ではありません。
「禮(いや)のこと」と書きます。
日本の神話や礼儀作法・食文化の作法など
子供たちに
森日和先生はご指導されています。
森日和先生は、宮司がいつも
お世話になっています。
明るく、すごくやさしく、
知性と教養もあり
しかもお着物が似合う
凛とした女性です。
いつも「日和(ひより)」です
別名、吉野では「ジャンヌダルク」と呼ばれ
行動力はバッグンでフットワークの
素晴らしいことに驚かされます。
森日和先生は、美人で
笑顔の回遊魚みたいです。
先日
森日和先生からメッセージが届いた。
ああ、やはり
森日和先生も、宮司と同じように、
思われていたんだなあと、
共感致しました。
過日に大学の先生が、
今の大学生は幼いと
おっしゃっていらっしゃいました。
学生さんと話していていると
人にもよりますが、男らしい気迫にかけるなあと
ときどきそれを感じます。
世界の子どもたちは
いろいろな危機と隣り合わせなので
自立しているように思います。
外国の人たちは祖国を誇りますが
日本は愛国心に少し欠けているようにも思います。
また、外国の子供たちは、歴史や文化やマナーを知っています。
それに比べ
日本の子供たちは
「日本の神話」や「伝統文化の歴史」を知りません。
今の日本の子どもたちが
世界で通用するような教育が
必要だと感じています。
今、なさねばならないことがあると思っています。
宮司さまのお力添えをいただけますと
とても嬉しゅうございます。
宮司は、
「山路(やまみち)を歩きながら、こう考えた。
日本中が、「男女平等、男女平等」と
言い過ぎ、騒ぎ過ぎたからではあるまいかと・・
智に働けば、お愚かさや力強さを失う
情に棹させば、軟弱で逞しさ、元気さを失う
意地を通せば「損な生き方」と
馬鹿にされて、疎まれる
窮屈で、女性ばかりが強くなり
とかくに、この日本は男にとって住みにくい。
宮司は、思うのです。
日本には、世界に誇る
男の中の男の生き方「武士道」がるのだと
武士道とは、「いかに美しく散るか」の桜である。
それは、「いさぎよく生を全うするか」である。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事