世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

「一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め」言志晩録

トップぺージ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



「天皇・皇后両陛下に感謝する夕べ」

〜スメラミコト イヤサカ〜
「願いを叶える 國軸吉野 七夕祭り」
日本初の祭り〜
平成天皇30年在位記念に
感謝のまことを奉げる。
平成30年7月7日は300名以上の
参加者を目指しています。
日時 7月7日
集合 吉水神社 午後6時 祭礼 
午後7時0分水分神社前
出発 7日7時7分

場所 世界遺産 吉水神社
(奈良県吉野郡吉野町吉野山579)
コース 吉水神社〜吉野水分神社〜勝手神社
吉水神社〜勝手神社までの参加も可

※ 皇居へ響け 吉野山からの感謝の雄叫び!
  提灯行列
主催 「世界まほろばプロジェクト」
   
   代 表   浅井 里江
   副代表   田中 ふみ枝
   事務局長  佐藤 一彦
   みたみわれの会
   名誉会長」 西村 慎悟
   代 表   佐藤 一彦
   副代表   柴田 顕弘
参加申し込みは
世界遺産 吉水神社 0746 32 3024)
式典
皇居遥拝
國旗掲揚
君が代大合唱
修祓・宮司祝詞奏上・玉串奉奠
提灯行列出発
参加者は提灯を持って参集ください。
(提灯は、電池式)
祭礼の「大義」
七夕の夜に、
國民のために、いつも祈り守ってくださる
天皇・皇后両陛下に感謝の誠を捧げ奉る。
◎平成天皇在位30年記念
○勝手神社再建復興蘇りを祈る。
(シェアお願いいたします)

この記事に

開く コメント(0)

吉野山 特別大花見 桜中茶会と
勝手神社再建のための
吉野 桜花奉納祭を

開催してくださって感謝です。

日本の大切な文化財である。
吉野山の焼失した「勝手神社」
を再建費用に寄与するため
自己犠牲・赤字覚悟で
開催して下さった気持ちが嬉しい。
能や歌舞伎や舞で、知る人ぞ知る
「五節の舞」の発祥の地なのです。
全国の人々が何とかして
再建費用の4億5000万円を
手助けしようと、頑張ってくださっています。
只今、ご寄付が670万くらい集まりました
勝手神社は、大海人皇子が箏をひかれ、
5人の天女が袖振り山から
舞い降りてきたことや
静御前が頼朝の追っ手につかまり
勝手神社の神楽殿で舞をさせられた話
能の「二人静」「吉野天人」の舞台でもあります。
ですから、芸能関係者はもとより教養のある方は
何とか焼失した勝手神社を再建しなければならない
と思われています。
特に山伏の方々にとっては大峰山に入山する
第一の行場が「勝手神社」なのです。
奥がけの修行者がまず勝手神社に参拝し
次が「吉野水分神社」から「金峰神社」にと
進むのでした。
ですから、山伏の修験者や芸能関係者は、
現実を知り何とか手を差し伸べようとしてくださっています。
何とか焼失した勝手神社を再建しなければならない
と思われています。
毎年「4月8日に行われる」
「勝手神社再建のための
吉野 桜花奉納祭」もその思いで実施されています。
宮司として、涙の出るほど感謝しています。
お花見の茶会の関係者
桜花奉納祭関係者に
吉野から深く感謝いたします。
語り部ふみの会・アユチ雅楽会
花響(はなゆら)
和合神楽渡邊直加さんグループ
紀伊ふるさと創生研究開発機構
ゆたか旅案内所
ヘリコプター運航主催小川航空株式会社
一般社団法人 つぼみ咲くプロジェクト
(森日和先生と行く桜中茶会&吉野旅)
ありがとうございましました。
宮司・・心から感謝いたします。

イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(1)

吉野 桜情報

奈良 吉野 桜情報NO11
4月1日(午前8時)
気温12度
風力1
開花
下千本 満開
中千本 8分
上千本 5分
奥千本 開花
吉野町情報

開花日:3月27日
満開予想日:4月 1日ごろ

開花日:3月28日
満開予想日:4月 2日ごろ

開花予想日:3月31日ごろ
満開予想日:4月 5日ごろ
開花予想日:4月 4日ごろ
満開予想日:4月10日ごろ

この記事に

開く コメント(4)

勝手神社再建祈願

第三回 「吉野桜花奉納祭」
  1. 「」 
  2.                 主催 「勝手神社再建委員会」
                                
                    吉野桜花奉納祭実行委員会

  3. 開催日 平成30年 4月8日(日)
          (午前9時30分〜16時30分)

  4. 場所   奈良県吉野郡吉野山 
  5.       晴の日は「勝手神社 境内」 と「威徳天満宮神楽殿」
  6.       雨天の場合 (威徳天満宮 神楽殿)

  7. 参加者 吉野の花見客 約11、000名

  8. 平成13年9月27日に 不審火で焼失した
    日本にとって重要な「五節の舞」の発祥地でもある「勝手明神」
    また、能や謡曲の「二人静」の舞台として有名な神社です。
    修験者の山伏の第二の行場なのです。
    一日も早い「勝手神社」の再建のために
    「吉野桜花奉納祭」を開催致します
  9. 式典
    9時30分〜10時   祭礼式次
  10.  宮司挨拶・修祓・宮司一杯・降神の儀・宮司祝詞奏上・玉串奉奠
  11. 10時00分〜12時00分
  12.  
  13. 〜五節の舞 起源伝承〜
  14. 「桜天女 蘇りのうた」            
  15.  子守明神 水の女神の物語
  16.            
    ◎ 語り
  17.   田中 ふみ枝(語り部ふみの会 代表)

       演奏・舞い
  18. 〇 アユチ雅楽会

  19.   柴垣治樹(主韻会主宰)
  20.   鬼頭リキ(アユチ雅楽会 代表)
  21.   松久 貴郎
  22.   青木 和美
  23.   青山 智子
  24.   荻野 哲生
  25.   野尻 由紀子
  26.   成瀬 朝香
      水野 絵美

  27.   大岡 浩子(語り部ふみの会)
  28.   稲垣小百合(語り部ふみの会)
  29.   
  30. 12時00分〜12時45分
  31.  ◎箏・尺八・舞

  32.   「花響(はなゆら)」

  33. 〇 箏   勝井 粧子(かつい しょうこ)
  34. 〇 尺八 井本 蝶山(いもと ちょうざん)
  35. 〇 舞   楳若 仔朝(うめわか こちょう)
  36.  演奏曲・舞
  37.  涼流 (舞)
  38.  夜桜お七(舞)
  39.  千本桜
  40.  若水(舞)
  41.  春の海
  42.  春よ来い
  43.  ルパン
  44.  Jupiter
  45.  恋

  46. 13時00〜15時30分
    ◎「和合神楽」
  47.    〜天地人、うたい舞咲く〜

  48. ◎演出 ・語り   わたなべなおか
  49. 〇バリ仮面舞踊 小谷野哲郎
    〇 三線・唄者   長阪由紀子
  50. サックス・笛  クリス ハリントン
  51. 唄・ダンス   カメユキ
  52. 太鼓・唄    Kawole
  53. シタール    田中 峰彦

  54. 歌って 笑って 輪になり踊れば
    笑いの花が咲きワッハ ワッハ 
    「和合神楽」でワッハハ・ワッハハ
  55.               
    ※ 音響・写真・動画
             写楽                
                    
  56. 16時00分〜16時30分
  57. 主催者挨拶(お礼)
  58. 関係者挨拶
  59. 「世界まほろば」の祈り
  60. 「世界が美しく、豊かで、平和」でありますように
  61. 何故ならば・・世界は家族だから
  62. お笑い神事「お笑いえびすだ、わっはは、わっはは」


この記事に

開く コメント(2)

「世界まほろば」世界大会の開催(ご案内)
日時 3月11日 (午前11時〜3時30分)
場所 世界遺産 吉水神社 本殿
直会 静 亭
参加者「世界まほろば」全国支部長ならび参加希望者
「世界を美しく、豊かに、平和にする」主旨に賛同する方で
あれば国内・国外を問いません・・どなたでも参列できます。
「世界は家族」だと思う心の広い方々の参加をお待ち申し上げます。
「奈良だけがまほろば」でいいとか
「日本だけがまほろば」でいいという
閉鎖的な考え方ではなく、
「地球をまほろば」にするという
壮大な夢と目標を持つ
スケールの大きい
心が広い方々は
どうぞ
遠慮せずご参加下さい。
会費2、000円(直会お食事代)
(式次第)
正式参拝 前11時〜12時
(修祓・祝詞奏上・玉串奉奠)
邪気祓
笑いえびす神事
直会(お食事会)
事務局 世界遺産 吉水神社 宮司 佐藤一彦(素心)
 0746−32−3024

この記事に

開く コメント(1)

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事