ここから本文です
☆女の徒然草☆
徒然なるままに、おんなもすなるブラというものをおとこもしてみんとてするなり

書庫全体表示

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b4-f9/yoshimy_s/folder/503455/89/16428989/img_1?1344636633
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b4-f9/yoshimy_s/folder/503455/72/11814372/img_0?1301538305
(要約)
5月30日、午前中を中心に小豆島の北側を震源とする群発地震がありました。
その震源を地図にプロットして見たところ、この地震も和歌山県南部がエネルギー源でした。

ブログ/記事の閲覧者総数 : https://c.statcounter.com/4440886/0/1c5b0b72/0/ 


5月30日、午前中を中心に小豆島の北側を震源とする群発地震がありました。

震源記録

2017/05/30 06:34:09.6  34°34.2'N 134°17.2'E   13km  M0.4  播磨灘
2017/05/30 06:49:48.1  34°34.3'N 134°17.3'E   13km  M1.0  播磨灘
2017/05/30 06:59:23.1  34°34.8'N 134°16.5'E    8km  M0.4  播磨灘
2017/05/30 07:00:47.5  34°34.3'N 134°17.3'E   12km  M0.7  播磨灘
2017/05/30 07:01:55.1  34°34.3'N 134°17.3'E   13km  M0.7  播磨灘
2017/05/30 07:12:46.3  34°34.3'N 134°17.4'E   12km  M0.6  播磨灘
2017/05/30 07:12:52.5  34°34.5'N 134°17.1'E   11km  M0.8  播磨灘
2017/05/30 07:18:26.3  34°34.1'N 134°17.4'E   13km  M0.7  播磨灘
2017/05/30 07:45:46.4  34°34.2'N 134°17.3'E   13km  M1.9  播磨灘
2017/05/30 07:48:04.0  34°34.5'N 134°17.6'E   11km  M1.2  播磨灘
2017/05/30 07:57:00.1  34°34.1'N 134°17.4'E   13km  M0.6  播磨灘
2017/05/30 08:57:53.6  34°34.3'N 134°17.3'E   12km  M0.8  播磨灘
2017/05/30 09:09:22.7  34°33.8'N 134°17.5'E   12km  M0.8  播磨灘
2017/05/30 09:21:52.9  34°34.2'N 134°17.1'E   12km  M0.5  播磨灘
2017/05/30 11:01:44.2  34°34.3'N 134°17.3'E   13km  M0.8  播磨灘
2017/05/30 19:25:28.7  34°34.2'N 134°17.3'E   13km  M0.6  播磨灘

この震源を地図にプロットして見たのが次の図です。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b4-f9/yoshimy_s/folder/503455/73/21598573/img_0?1496241048

1つだけ深度が8kmの震源があり、そこが一連の地震の末端で、全体としては『北西−南東』方向への並びとなっています。

そのためエネルギー源は南東方向と推定されますので、紀伊水道付近の様子を描いてみました。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b4-f9/yoshimy_s/folder/503455/73/21598573/img_1?1496241048

この付近で判明しているのは、志摩半島から潮岬へ伸びる熊野灘沿いのラインは、フィリピン海プレートが和歌山市方向へと潜り込むスロープであることと、土佐湾のラインもその湾曲状にフィリピン海プレートが潜り込むスロープであることです。

その2つのスロープは紀伊水道付近でクロスしていて、土佐湾側からの潜り込みは田辺市付近の海岸ラインを構成し、熊野灘の南、潮岬付近からの圧力は徳島県の南岸ライン(室戸岬以東)を形作っています。

そして紀伊水道の南から北へは、2つのスロープで作られる谷間になりますので、真北へのフィリピン海プレート圧力はそれほど強くありません。


そのような状況と、小豆島の北側で起きた群発地震の震源配列関係を見比べると、熊野灘沿いのラインが北西側へ加えているエネルギーが発端になっていると判断しました。


この付近からのエネルギーは西日本の広範囲へ影響を与えていて、和歌山市の地震群発や淡路島付近の地震原因、鳥取県や島根県でM6クラスやM7クラスの地震を起こすのも、熊野灘沿いのラインで起きているフィリピン海プレートの潜り込み圧力によるものと考えられます。


Messaage Box 書庫

スパム対策に関するお知らせ

   記事と無関係な連続コメント、複数トラックバックは無条件削除します
   アダルト業者によるコメントはIDを削除させていただきます

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b4-f9/yoshimy_s/folder/503455/89/21022889/img_2?1467988198.gif https://s06.flagcounter.com/map/XHPd/size_t/txt_FF0D05/border_CCCCCC/pageviews_0/viewers_0/flags_0/.png https://bit.ly/2hfuI5v?.png

https://s09.flagcounter.com/count/1Yv/bg=FFFFFF/txt=000000/border=FF8CA8/columns=6/maxflags=30/viewers=0/labels=1/pageviews=1/
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b4-f9/yoshimy_s/folder/503455/27/15241027/img_0?1329116059
IP Information - Flag Counter (Map,Flag) - Country List - utrace

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事