ここから本文です
斑鳩(いかるが)慕情
斑鳩(いかるが)の里から想いを込めて
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

又々雨が降ってきました
地震で痛められ雨で痛められておられる
震源地に近い被害者に「頑張って」のエールを送ります
当方は幸いに何処も痛まずに済みました
築うん十年のあばら屋にしては
よく頑張ってくれています

今日の掲載写真は
2006年6月の心斎橋筋です
戎橋の改良工事の真っ最中でした
その後道頓堀や心斎橋筋は
大きく変わりました
(2006/06/19:撮影)

この記事に

開くトラックバック(0)

毎朝の仕事なんですが
起きてからダイニングキッチンへ行き
食パンを焼き
珈琲を沸かし
卵焼きを作り
パンの上にそれらを乗せて
パクリといった途端
ガタガタと来ました

テーブルの下へ身を隠そうと思ったのですが
足が細く食器棚や何かが落ちてきたら
ぺしゃんこになるのではないかと案じ
四方に棚や食器入れが有る場所で
逃げ場が無いものだから
「ええい、なるようになるさ」と
度胸を据えてテーブルに手をついて
治まるのを待ちました

こうゆう時の時間の進み方は
めちゃ遅いですね
可成りの時間揺れが治まるのを待ちました
治まって家の中を点検すると
何処も痛んでませんでした
ヤレヤレですが
怖かったです

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

婿殿が務めている運送会社に
恐竜が昨年に続き今年も現れたと
娘から電話あり
孫共々娘の車に乗せて貰って見に行く

昨年より頭数は少なくなったようだが
社員の子供や孫が大勢来ていて
楽しんで遊んで居た

この記事に

開くトラックバック(0)

案内葉書
イメージ 1

会場入り口
イメージ 2

会場
イメージ 3

帰途珈琲屋へ
イメージ 4

朝から奈良県文化会館で開催中の
「第43回フォト學展」を見に行く
県美術協会員の一人が会場当番で居て
同じく県美術協会員の一人が来ていた
一時間ほど会場に居って
三人で写真談義

帰途県美術協会員の一人の車に乗せて貰い
途中有名な珈琲店で珈琲を飲んで帰って来ました

この記事に

開くトラックバック(0)

西安駅
イメージ 1

イメージ 2

女性車掌
イメージ 3

車内放送設備
イメージ 4

朝から工場や幼稚園を見て回り
夕方西安駅に行き
夜行寝台列車で洛陽向けて出発
工場は木綿工場二カ所
幼稚園は訪中者宛の特別用の感じがしました
寝台には「硬臥車」と「軟臥車」が有り
「硬」は普通寝台車「軟」はグリーン寝台車相当です
我々外人は(現地の人から見て)軟臥車です
翌朝無事に洛陽駅に着きました

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事