ここから本文です

書庫全体表示



イメージ 7私にとっては2台目のJB33W
ジムニーワイド

G13Bエンジンの非力具合に嫌になってきた・・・イメージ 1




今回はターボ付けようか?など考えましたが
結局ヤフオクで出物落札

S15シルビアの SR20DE+MTミッション
ハーネスや補機類付き  載せ替えろと言ってるような出会いでした

イメージ 2
外したエンジン(奥)とSRミッション付き(手前)

長さが違い過ぎる


前回はATだったので
シフト位置は気にしませんでしたが
今回はマニュアルのシフト位置が重要に成る


イメージ 3お決まりのドンガラエンジンルーム

この際綺麗に再ペイントとかやればよかったと毎回思う(積んでからね)

エアコンはジムニーを使用
パワステポンプはSR・・・と
前回悩んだことは話が早い

パワステの圧力センサーは今回マニュアルなので無しのまま

ステアリングギヤボックスが邪魔なのでラジエーターサイズが難しそう

イメージ 4まーとりあえず
入れてみる

オルタとギヤボックスの隙間は数センチ

エンジン傾けたりしなくても入りそうなので


ミッションも合体


イメージ 5
だいたい良い感じの場所に来ましたね

写真は3速に入ってるかな?

最終的にはシフトレバーの傾き180°
入れ替えて丁度良い感じに収まりました

フロアーはちょっと切り過ぎたけど
作業性的に良かったかも?

イメージ 6解ってはいたが
ラジエーターと
エンジン近いな・・・


今回はプロボックス用ラジエーター使用

キャップが配管の途中に着く別置きタイプだからレイアウトが自由に出来た

エンジンマウントは前回と同じ 右 G13B用  左SR用
パワステの配管は曲げ直しただけで切断&延長なし

エアコンコンプレッサーはマウント作り直しで収まった
イメージ 8

ミッションメンバーは
ジムニーとSRをミックス

フランジで外せるようにしてみた
ただし、エンジン載せたままミッションだけ降ろすにはスペース的に難しそう


イメージ 9マニュアル搭載で
一番悩まれたのが

フロントのデフフランジとクラッチレリーズの近さ

ノーマル車高1Gにて数センチ



SRエンジンには社外品でダイレクトクラッチ成る物があって
ミッション軸にシリンダーが付くタイプらしい・・・  高価そうなので選択外

しかたなく3インチUPコイル投入

イメージ 10おまけに キャスター補正アームも自作

SCM435(クロモリ)使用
ホイルベースも伸ばしてフランジの干渉を逃がす作戦



そんな感じで下回り 完成!

公認車検に向けて触媒も付けました

イメージ 11


















作業記録的なので続きはそのうち更新予定

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事