ここから本文です
自然や小さな虫たちに癒されて♪

書庫鹿児島の自然と虫とガーデニング

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

白い花、白い穂に揺れるベニシジミ♪

クルリン・・・ストローを少し伸ばしてお手入れ中でしょうか

小さなシジミチョウの仲間は 口吻も小さな足もとてもかわいいです(^−^)


車が通る度に大きく揺れるカラムシの葉の上にラミーカミキリ達がたくさんいました

葉の裏側にはフクラスズメの幼虫もたくさん!

カメラを近づけ過ぎたので、

ラミーカミキリのカップルさんが逃げまわり・・・(^−^)

フクラスズメの幼虫がのけぞっています(^−^)

ここにはアカタテハの幼虫は隠れていませんでした。。。


2015/5/15

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

花のまわりを散歩中?散策中?
ニャンコの背中が見え隠れ♪

玄関先で
カナヘビさん達に会いました
こんにちは〜♪
失礼しました(^−^)

コンクリートの壁に溶け込んだイボバッタ達!
擬態上手な成虫と幼虫?〜雌と雄かな


2015/5月
家のまわりで

ベッコウトンボたち

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

久しぶりにベッコウトンボを見に行きました

一時は干ばつの影響などで全滅を心配された事もありましたが、

こんなにたくさんのベッコウトンボを見るのは初めてです

指にとまってくれそうな個体も・・・♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

高く噴煙を上げている桜島を眺めながら錦江湾沿いの砂浜を歩いてみました

真っ白いモクハチアオイガイの殻が満天の星のように散らばっています

その中に小さなアオイガイの殻が半分砂に埋もれて横たわっていました


数年前、

成長した大きなアオイガイの殻をここで見つけた時は名前もわからず、

ユニークな姿に見入ったものです


今日は、もしかすると今の時期この砂浜に稚貝の殻が漂着しているのではないかと思い探していたところ

たくさんのモクハチアオイガイの中に宝物のように一つだけ見つかりました(^−^)

アオイガイの殻はまるで薄いプラスチック製品のように見えます


両方ともアオイガイと名前がつきますが、

モクハチアオイガイはザルガイ科で、

アオイガイは別名カイダコの、アオイガイ科

生きている時はカイダコと呼ばれて、貝殻の方をアオイガイというのでしょうか・・・


先週、吹上浜の海岸で初めて小さなアオイガイの殻を拾いました

最初の一つ目を見つけた時、もう一つぐらい漂着しているに違いないと思いながら探してみると、

やっぱりありました!

まるで兄弟のようにかわいい稚貝の殻が(^−^)


数年前に拾った大きなアオイガイと一緒に並べて写した写真と、

モクハチアオイガイに囲まれて砂浜に埋まっている小さなアオイガイの写真です


●過去の写真と記事↓

http://blogs.yahoo.co.jp/yosi18101810/28397043.html

http://blogs.yahoo.co.jp/yosi18101810/28561991.html


久しぶりに貝殻拾い♪
時間が取れたのでブログをアップしてみました(^−^)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事