ここから本文です
自然や小さな虫たちに癒されて♪

書庫鹿児島の自然と虫とガーデニング

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

隣の猫ちゃん!

キジネコ?

トラネコ?

キジトラの猫ちゃん(^−^)

わが家の猫ではないけれど、飼われてからもう16年目になるメス猫です


冬になるとまるまるふっくらと、

遠くから見るとちょっとタヌキに見える キジトラ猫ちゃん!

寒いから暖かい寝床でいつも丸まって寝ている

寒くなくてもいつもよく寝ているから、ネコちゃん(^−^)


飼い主さんがもうずいぶん長い事帰ってこないから、

ジ〜ットいつまでも外を眺めている

いつ帰ってくるの〜?

寂しいよ〜!

早く会いたいよ〜!

早く帰ってこないともう顔を忘れてしまいそうだニャン〜!

今日も人待ち顔であたりを見回すキジトラ猫ちゃん


ハイ、大きなイチゴでも食べませんか(^−^)

あ、興味ない〜!


虫達がやってこないのでキジトラの猫ちゃんをアップします(^−^)


日本猫 キジトラ

2015/2/5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

観葉植物の手入れをしていると、葉の隙間にヒメグモの仲間がいました

おや?

わが家のまわりでは今まで見た事のないクモのようですが、

でも・・・この模様はちょっと気になります

オオヒメグモにも似ているけれど、ちょっと雰囲気が違います


もしかすると・・・

あのハイイロゴケグモかな?

でもまさか、わが家の鉢植の植物に隠れ住んでいるとは!!!

小さな網を張って隠れていたので、小枝でちょっとつついて出てきてもらいました


光線の角度でちょっと白っぽかったり赤みがかって見えたりするけれど・・・

全体像や顔や頭の部分、お腹の模様など、マクロモードで写真を撮りました

ちょっと間違えそうなオオヒメグモとの違いがわかる腹部のお腹側の赤い模様も写しました。


お腹側の足の付け根の所に見える三個の白い丸いものは?

これは・・・!!!

足の付け根についている透明な丸いものは?


小さいけれど、ヒメグモ科の毒を持つクモ!

よく出かけた温泉の壁にもセアカゴケグモなど写真を載せて注意が促されていました


ほかにも我が家のどこかにハイイロゴケグモが隠れていないか、よく見てまわらなくては。

ここにたった一匹だけいるとは思えないし・・・

もしかすると、小さな卵のうもたくさんあるかもしれない。


セアカゴケグモに比べると攻撃性は低いようですが、

気付かずにうっかり触って噛まれてしまうかもしれません・・・


外来生物法によって特定外来生物になっているので、

撮影後は処分しました(*_*;

きれいな不思議な模様をしているハイイロゴケグモでした

毒はメス(雌)だけにあり、

名前の後家蜘蛛の意味も面白いです


わが家から遠くない港のあたりなど、セアカゴケグモやハイイロゴケグモの発見データがあるので

地域的にも身近にいてもおかしくないとは思っていましたが・・・

ガーデニングも気を付けなければ!


ヒメグモ科の毒を持つ小さなクモの仲間

灰色後家蜘蛛


撮影2015/2/2 鹿児島市

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

公園の一角にまるで“スミレモの大地”を思わせるような場所があります

足元はオレンジ色の絨毯!

冬の木漏れ日を浴びて輝くスミレモの風景がまぶしい!


樹の幹にも、地衣類と一緒に生きている

むき出しになった樹の根を飾るスミレモも・・・


大きな石にマメヅタと一緒に生えているスミレモも面白い!

そして・・・

苔蒸した岩にマメヅタと一緒に競り合っているのはオオイタビ!

樹の幹をデザインするように成長していくオオイタビの幼葉!


厚みのある丸いつやややかな葉がマメヅタで、

カサカサと乾いた感じの葉がオオイタビの幼葉


最近ミニ観葉植物として人気のあるフィカス・プミラと同じ仲間で

売られているものは白い斑入りが涼しげですが、

野生のオオイタビは緑色で、とても繁殖力が強くて成長するとまるで別種のようです


撮影2015/1月
鹿児島市

カメムシの集団!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

公園の樹に生えている苔に見えたのはサシガメの仲間の子供たちの集団でした!

幼体たちがウジャウジャ(^0^)

眼の高さにいるとついつついてみたくなる。。。バラバラウロウロ〜!

しばらくするとまた元通りの集団になっていました!!!


撮影2015/1/18

冬のスミレモ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

マフラーを巻きなおしながら歩く

冷たい風が水面をなでてゆく

スミレモが辺りの空気を和らげながら

鮮やかな時を教えてくれた


清水摩崖仏のある岩屋公園の池のそばで際立つスミレモたち


緑藻と同じ仲間だけど地上部で生活する気生藻、オレンジ色のスミレモは名前も面白い

フレッシュなものや乾燥したものなど、

何度も匂いをかいでみたけれど・・・スミレ?のにおいがするようなしないような?

でもきれいな不思議なスミレモ!


地面に置いてある大きな石に何種類かの苔と一緒に生えていたり、

樹木の表面や石塀、コンクリート塀などにも、

一年中どこかで見かけるが、

冬のスミレモは特に色鮮やかで美しい!


撮影2015/1/19

鹿児島 岩屋公園

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事