ここから本文です
オルドビス(ORDOVIS)スター☆ジョン
シーラカンス(魂)鱗総貼り3年かけ最新データ取り込み造形しました。今、予約販売してます。(無断画像文章転用厳禁)

書庫全体表示

世間が連休でも自宅にこもり相変わらず造形品とにらみ合いをしていたのですが、
 
気晴らしに4月29日は大阪はOMMで『石ふしぎ展』に嫁とゆきました。凄い人で、化石等は少なく、
 
風水で流行りのパワーストーンが大人気です。日頃のごますり様に母嫁娘に安い(笑)
 
ブレスを買いました。池袋のミネラルショーでお会いした業者も来られてましたね。
 
イメージ 1

それから長居公園の大阪自然史博物館で行われている『モンゴル恐竜化石展』をやっと見る事に。
 
思い出せば恐竜に魅せられた一つは小学校2年生くらいかな?図書館で「ゴビ砂漠に眠る恐竜」
 
と言う本を発見し借りて帰り読み漁った覚えが在ります。その頃はタルボサウルスも
 
『チラノザウルス』暴君竜と紹介されていたことを覚えています。懐かしいですね。
 
※その後改定され『熱河竜』になってましたね。
 
イメージ 11
ゴビ砂漠の化石は白くて美しい物が多く、昨年ある先生のモンゴル産の『タルボサウルス頭骨』
を見せて頂きましたが、白い白い、化石でなくてもう骨でしたね。ロシアから買ったそうで、○百万円!
 
 
イメージ 14
 
タルボサウルスと言うゴビ砂漠の頂上捕食者を頂点にし北米にそっくりな恐竜がいた事が良く分かると
同時にその先祖型の恐竜がここモンゴルで見つかっています。また羽毛の存在も見逃せない新事実。
 

イメージ 15イメージ 16
 タルボサウルスの幼体がたくさん見つかっています。   こちらは、有名なプロトケラトプスに襲い掛かっ年齢は足の骨の断面の年輪だそうで2〜3歳の子供   て化石化したラプターです。
が多いようです。                                   
                                

イメージ 17
イメージ 2
 【本物の化石                         【レプリカ】 
タルボサウルスです。体長は10〜12mと北米のティラノサウルスと同じくらいあり、非常に良くにています。
違いとしては頭部の形状、前足がタルボの方が小さくより特殊に進化しているとの事です。
 
 
 
イメージ 3
ここで比較してみます。ティラノサウルスはブラックヒルズの3Dスタン・レプリカです。
タルボもレプリカですが、赤い矢印で頭骨が上から押され、黄色矢印で少々陥没しています。
それが無ければさらに、良く似た頭骨になるでしょう。タルボが若干顔が長いようです。
 

イメージ 4イメージ 5
 サウロロフス                             ラプター & プロトケラトプス
 

 
 
 
イメージ 6イメージ 7
 サイカニアですね。アンキロサウルスに良く似て生態  プシッタコサウルスです。2本足で歩きますが何をも良く似ています。ハンマーのような尾が武器ですね。  隠そうあのトリケラトプスの先祖だそうです。
                                  最近蓑のような太い羽毛が見つかりました                                                                
プロトケラトプスイメージ 8イメージ 9

 
イメージ 10ここでDVDや看板でタルボサウルスの子供の説明がなされています。成体の全身は大きく見ごたえが
あります。ティラノサウルスの全身骨格ではあまり見られない腹骨がタルボでは普通についています。
いかにゴビ砂漠の化石が綺麗かを物語っています。

 
イメージ 12
勿論、徳川さんのフェバリット、タルボサウルスのフィギュアも買わせて頂きました。タルボは珍しいです。
 
後、もう一つ珍しかったので買って帰りましたが、カルカロドントサウルス&ティラノサウルスの頭骨
 
キーホルダーで殆どフェバリット製の中無印ですが、良く出来ています。どこで作っているのでしょうか?

 
 
 
イメージ 13
 
極め付けが本館1Fのミュージアムショップのガラスショーウィンドーの巨大なT・REXと
トリケラトプスフィギュアです。1m近くありますね。それで1万5千円は安い?しかしFRPか
ポリストーン製でしょうね。たぶん。非常にJPにクリソツです。
 

 
いや〜来年はジュラシックパーク4が公開されそうですね〜スピルバーグも参加して本気みたい。
 
私も恐竜作ってみたくなりました〜唯、興味は大型獣脚類ですが、いいですね、恐竜は・・・
 
あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆スタージョン
 
 

  • 私もやっと4月末にいってきました。きれいな化石が多かったですね。フィギュアPVCでも手をぬかず(タルボ)各趾のつながりから足のありかた、最新の尻尾形状、口蓋の内鼻孔のあたり、徳川さんに手抜きなしで素晴らしいと報告。一応形態は無理だが、歯の数は合わしてあるとのこと。素晴らしいこだわりですね。

    [ tsukudados ]

    2013/5/1(水) 午後 8:25

    返信する
  • tukudadosさん今晩は。
    JP4は全米公開2014年6月13日なので、日本は同時公開されるか7〜8月の夏休み公開かでしょうね。監督はサルの惑星のコリン・トレバロー監督で総指揮がスピルバーグ監督らしいですね。今まで出なかった恐竜がメインとの事で何が出るか楽しみですね。また羽毛の処理はどうやってくるか?また今後のオーバーに言えば恐竜世界的造形デザインの流れを掴んでいるはずですね。今でもティラノはやたらJPににてます。パポなんてそのものですし、徳川氏タルボは冬のWFで散々説明聞きましたので分かってます。ホライゾンのティラノ、ラプター、ブラキオ手つかずで納戸に眠ってます。完成は何十年か先でしょう。作る物が山ほどあるので(笑)。

    [ ☆スタージョン ]

    2013/5/1(水) 午後 10:29

    返信する
  • 今調べましたが羽毛に関しては不明ですね。それより酷評された2のような作品を作らない。評価の高い作品を目指す事、すなわちロボット導入や恐竜人間(噂)の導入で話題作りが優先みたいですね。

    [ ☆スタージョン ]

    2013/5/2(木) 午前 4:39

    返信する
  • なるほど、話題作りなんですね

    [ tsukudados ]

    2013/5/2(木) 午前 6:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事