ここから本文です
オルドビス(ORDOVIS)スター☆ジョン
シーラカンス(魂)鱗総貼り3年かけ最新データ取り込み造形しました。今、予約販売してます。(無断画像文章転用厳禁)

書庫全体表示

アクアリストでもある私が少しでも警笛を鳴らさなければならない事を
記載して行きます。
それは一時期、恐らく20年くらい前までは国内の生息地でも数が減り、場所に
寄っては天然記念物に指定されていた『オヤニラミ』の件です。

生息地は日本で唯一の淡水のスズキ科の魚、13cm程にしかならない
中型の魚です。近隣種としてはケツギョに近く、産卵後稚魚、稚魚を親が守り
ます。その姿を見てこの名前が付きました。地方ではカワメバルとか様々で
呼ばれています。

現在は関東地方では荒川や多摩川で分布し関西でも琵琶湖周辺で定着している
ようです。本来の天然分布の北限が京都府の由良川以西で琵琶湖には住まない
とされています。

イメージ 1

この地図は天然分布の桂川、そして今回取り上げた宇治川の天ケ瀬ダム上流
です。本来は宇治川には住まないとされていますが、天然分布の桂川と宇治川
は淀川で合流しています。絶対に宇治川の天然分布が無かったとは言い切れない
様な気がします。例えばよく似た水域に住むアユモドキも桂川宇治川共に生息
しています。
更に同じ水域として管轄を行う『国土交通省』自体が淀川水系として由良川、桂川、宇治川も一纏めにしています。同じ川にすむ生物として行き交
う事は充分に考えられます。

問題にしたいのはその宇治川でバスやギルと同じように駆除対象になっている
事です。他にも琵琶湖のアユの放流に混ざりハスなどは全国に放流していますし、
これだけ天然分布に近く食害も少なくもし天然に居なくとも人的に放流した
中型の魚を駆除対象にすると言うのは行き過ぎと思うのですが・・

問題のもとは『近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所』
が出すPDF。本当に魚の事調べてやってるのか不安材料山積。

file:///C:/Users/yosi930/Documents/天ケ瀬ダム外来種.pdf

何でもかんでも外来種は間違っていると思う。
温帯性のガーパイクは仕方ないが、熱帯魚のナイルパーチが日本の何処で
増殖するのか?沖縄にも雪が降る時代で・・
また少なくとも数種要るナイルパーチを1種とするやり方も乱暴すぎる。

魚類だけで言うと自然破壊が大きいのは[ライギョ2種、アメリカナマズ、
ブラックバス3種その他全て、ブルーギル]これらの全滅が先決でしょう。
ライギョなんて昔からいるので何ら問題視されていませんが、アメリカ
当りでは大問題になってます。


国産オヤニラミ

イメージ 2

中国産ナンシンオヤニラミ        韓国コウライオヤニラミ

イメージ 3
イメージ 4











関東地方にはムギツクがいないので、数が増えやすいかもしれないが、関西には
オヤニラミの卵を食い尽くし自らの卵を守らせる『托卵』というズルいやり方
をする魚がいる。芸能界では喜多嶋舞が他人と作った子を我が子と思わせて
育てさせられた大沢樹生と同じようなものです。

こちらが喜多嶋舞のようなムギツク

イメージ 5

しかし、魚類で分かっているのはタンガニーカ湖でもシクリッドはナマズに
托卵させられていますし、鳥類のカッコーも同じですね。
人も、魚も、鳥も同じですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン





顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事