ここから本文です
オルドビス(ORDOVIS)スター☆ジョン
シーラカンス(魂)鱗総貼り3年かけ最新データ取り込み造形しました。今、予約販売してます。(無断画像文章転用厳禁)

書庫全体表示

記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

是非この曲を聴いてブログを見てください。



平成が終わろうとしている昨日悲しい知らせが入った。
あの萩原健一(ショーケン)が亡くなった。我々世代は十代から二十代にかけ、
特に影響を受けた、カリスマである。とにかくその全て惹かれた。
そのファッションと言い険しく特に可愛い仕草、女性が放っておくはずがない。
またその時として反社会的行動、アウトローである。

これらが全てカッコ良く優等生になれない人間にとって憧れの的であった。
公私とも4度の離婚と4度の逮捕歴を持つ人生を通しての不良である。
残した彼の作品は様々鑑賞しましたが、私は若い頃の『傷だらけの天使』
が好きで、ビデオでは持っていたもの最近ブルーレイで全巻揃えました。
冒頭の曲はその最終回で流れる『一人』で作曲した元ゴールデンカップスの
ディブ平尾も2008年に63歳で亡くなっています。
沢田研二と『悪魔のようなあいつ』で共演してましたね。

イメージ 1

これだけ荒れても残っているのも奇跡(2019年3月)

イメージ 2

この階段を見るだけで色々思い出します。ドラム缶風呂があったな。

このシングルジャケットが強烈です。最近フィギュアヘッドを買って、
これに近い白いダブルのスーツ、白黒コンビの靴も手に入れました。
また、次のブログでアキラ!と出て欲しいですね。

イメージ 3

そうです幻のバンド『PYG』では沢田研二とのWヴォーカルでした。

イメージ 4

多分贅沢過ぎて消滅したのでしょうね。この錚々たるメンバーは当時最強。

1972年に製作された松竹映画約束』で俳優に転向このころは今には
ない独特の哀愁を以て女心を独り占めにしたことでしょう。

イメージ 5

比較的最近の画像・・様々な経験をして更に眼力も凄いカリスマ俳優に。

イメージ 6


やはり少し最近声量減少や裏返る声が増して年齢のせいかと思いましたが、
それでもライブは以前に増して凄い物があります。

イメージ 7


つい10日ほど前に内田裕也氏がお亡くなりになり、私が近親の仲間内
アウトローとしては40歳で亡くなった松田優作、その後安岡力也、
原田芳雄、桑名正博各氏ヘビー・ロケンロール・カリスマが頭を過ります。
本当に昭和から平成までアウトローで生き抜いた人たちに心で拍手を送りたい。

ショーケンお疲れさまでした。安らかにお眠りください。


・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン











アクアリストでもある私が少しでも警笛を鳴らさなければならない事を
記載して行きます。
それは一時期、恐らく20年くらい前までは国内の生息地でも数が減り、場所に
寄っては天然記念物に指定されていた『オヤニラミ』の件です。

生息地は日本で唯一の淡水のスズキ科の魚、13cm程にしかならない
中型の魚です。近隣種としてはケツギョに近く、産卵後稚魚、稚魚を親が守り
ます。その姿を見てこの名前が付きました。地方ではカワメバルとか様々で
呼ばれています。

現在は関東地方では荒川や多摩川で分布し関西でも琵琶湖周辺で定着している
ようです。本来の天然分布の北限が京都府の由良川以西で琵琶湖には住まない
とされています。

イメージ 1

この地図は天然分布の桂川、そして今回取り上げた宇治川の天ケ瀬ダム上流
です。本来は宇治川には住まないとされていますが、天然分布の桂川と宇治川
は淀川で合流しています。絶対に宇治川の天然分布が無かったとは言い切れない
様な気がします。例えばよく似た水域に住むアユモドキも桂川宇治川共に生息
しています。
更に同じ水域として管轄を行う『国土交通省』自体が淀川水系として由良川、桂川、宇治川も一纏めにしています。同じ川にすむ生物として行き交
う事は充分に考えられます。

問題にしたいのはその宇治川でバスやギルと同じように駆除対象になっている
事です。他にも琵琶湖のアユの放流に混ざりハスなどは全国に放流していますし、
これだけ天然分布に近く食害も少なくもし天然に居なくとも人的に放流した
中型の魚を駆除対象にすると言うのは行き過ぎと思うのですが・・

問題のもとは『近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所』
が出すPDF。本当に魚の事調べてやってるのか不安材料山積。

file:///C:/Users/yosi930/Documents/天ケ瀬ダム外来種.pdf

何でもかんでも外来種は間違っていると思う。
温帯性のガーパイクは仕方ないが、熱帯魚のナイルパーチが日本の何処で
増殖するのか?沖縄にも雪が降る時代で・・
また少なくとも数種要るナイルパーチを1種とするやり方も乱暴すぎる。

魚類だけで言うと自然破壊が大きいのは[ライギョ2種、アメリカナマズ、
ブラックバス3種その他全て、ブルーギル]これらの全滅が先決でしょう。
ライギョなんて昔からいるので何ら問題視されていませんが、アメリカ
当りでは大問題になってます。


国産オヤニラミ

イメージ 2

中国産ナンシンオヤニラミ        韓国コウライオヤニラミ

イメージ 3
イメージ 4











関東地方にはムギツクがいないので、数が増えやすいかもしれないが、関西には
オヤニラミの卵を食い尽くし自らの卵を守らせる『托卵』というズルいやり方
をする魚がいる。芸能界では喜多嶋舞が他人と作った子を我が子と思わせて
育てさせられた大沢樹生と同じようなものです。

こちらが喜多嶋舞のようなムギツク

イメージ 5

しかし、魚類で分かっているのはタンガニーカ湖でもシクリッドはナマズに
托卵させられていますし、鳥類のカッコーも同じですね。
人も、魚も、鳥も同じですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン





開くトラックバック(0)

WF2019冬オルドビスその2

WF営業中は今回もあまり出張が出来なかったのですが、海洋堂は見ておこう
と思いブースへ行きました。松村さん造形の「メガネカイマン」が在庫1との
事で予定外ですが買ってしまいました。今回の買い物はこれのみでしたね。

イメージ 1

生物系が一番の興味なのでまずこの展示コーナーに目が行きます。

イメージ 2

う〜ん流石に良く出来てますね。ヤフオクでも可なりの価格で取引されてます
一部の日産車のように中古になると更に値が付く素晴らしい事ですね。

イメージ 3

生物の可動は節足動物か骨格でしょうね。生体の爬虫類や哺乳類は関節に
可なり無理があります。ゴジラもそうですが可なり見苦しいのですが、
これらの節足動物は非常に自然です。ウチのアノマロカリスも対応できるように
しようかな?

イメージ 4

後通りがかりにはモスゴジのギニョールが気になる。
ギニョール造形工房の吉埜さんです。

イメージ 5


この内部が曇ったような眼光が素敵です。更に映画では角度によっては
反射して光ります。どうなってるのやら、ガレキ創ってて一番難しい作業
ですね。

イメージ 6

夏のWF申し込みが2月末って早くないすか?どうするか思案中。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン


開くトラックバック(0)

WF2019冬オルドビス終了

WFは年間で最も気候の最悪な2月上旬と7月下旬に行われるのがいつも不思議で
ならない、来場者を制限するためか?当初の会場の日程が空いていなかったのか?
今回も可なり凄まじい環境下で搬入日9日は吹雪で雪が積もり、恐らく全ブースの
1割位しか展示が出来ていなかったと思う。我々は何とか展示が出来た。
開催日は雪が不思議と降りやんだ、翌日はまた吹雪、これしかし千葉の湾岸
なので、この気候で東京ではもう少しマシなようだ。何で幕張なのか疑問に思う。

(厳寒の中朝6時から並ぶ人たち)
イメージ 1

還暦を過ぎた我々にはここまで出向き大人数の中での搬入出はもうきつく、
WF冬は今回を最後とすることを決めました。
WFディラー参加は2010年からで略9年です。間途中抜けたのは5回位か?
10回以上は参加してますね。残念ですが・・・・
しかし、大勢の方が当ブースで購入及び写真を撮りに、また造形師、ディラーの方のご訪問何時も有難く思います。今回はこちらから出向けず申し訳なく思います。

今回のブースはこんな感じで相変わらずですね。
場所的にもエンドが欲しかったのですが・・・言わないとダメですね。
しかし何時も数人が写真を撮られ、商品が見えません、販売優先したいな〜
でも高い入場料払ってますから仕方ないですね・・・
イメージ 2


今回はダンクル・スカル可動をメインに価格を下げ集中販売しました。
展示在庫とも予定数を売り切りダンクルスカルの固定展示も売れました。
有難うございます。
イメージ 3

こちらが、台付、ポール固定タイプです。台の色はアンティックグレーで
高価な塗料使ってます(笑)可動タイプとは本体部の加工が違います。
イメージ 4


イメージ 5イメージ 6

イメージ 7イメージ 8

それで、何人もお待ちのアノマロカリスは持ち込むことさえできませんでしたが、
本来は展示予定してましたので、それに近い追い込みが出来ていますので、
商品化はあと少しです。ご期待ください。

参加者の毎回造形レベルは向上しています。やはり先輩が凄いですからね。
しかし、殆どが副業か趣味で造形されていると思います。
これで、日本で食ってゆくのは大変です。

しかし、搬入時からのあの間の抜けた会場のアナウンスは何でしょうかね??

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン






開くトラックバック(0)

やっぱり、WF出ます!

やっぱり、WF出ます。少々問題続きで不参加を決めていましたが、そうはいきませんので、当日は「ダンクル・スカル可動」や「三葉虫レプリカ」など会場限定特価商材などを予定しています。是非お越しください。⦿2019年2月10日(日曜日)幕張メッセ 〇卓番 6-12-13 です。

イメージ 1

渦中の「アノマロカリス」は量産型原型を展示予定ですが、調整で未定です。
もし展示できればご予約受付ます。

シーラカンス・スピリットは取って置きの再生産まえの逸品を展示します。
勿論購入可能です。今やプレミアム感覚です。

特価商材としては冒頭の
「ダンクル・スカル可動」5点のみ、「三葉虫レプリカ・ファコブス大型」10点
など会場限定特価商材などを予定しています。

イメージ 2


イメージ 3



イメージ 4


イメージ 5


この冬のお祭り何卒宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン








開くトラックバック(0)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事