ここから本文です
オルドビス(ORDOVIS)スター☆ジョン
シーラカンス(魂)鱗総貼り3年かけ最新データ取り込み造形しました。今、予約販売してます。(無断画像文章転用厳禁)

書庫全体表示

記事検索
検索
未だにtwitterにログイン出来ず。新しいアカウントではフォロワーさんの
情報や連絡取れず困っています。twitterのサポートはロボットでしょうかね?
同じことばかり繰り返しいつも回答が得られません。英語で来るときもあり。
困り果てています。

さて急ですが明日スーパーフェスティバル大阪5に出展します。
特価品と新バージョンの「ダンクル・スカル可動タイプ」を始めて展示します。
リアルタイプ復元模型で正確に上顎と下顎が稼働し、噛み合わせも確り
出ます。研究や教材としても利用できそうです。

イメージ 1


イメージ 2


ご来場是非お待ちしています。
twitterの対策ご存知の方是非ご指導お願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

牙魚の再来!

久しぶりのブログ更新です。もう可なりの水棲生物が登場し、熟成した貴重な
内容もあるかもしれません(笑)
管理者としてはもう少しコメントが欲しいなと贅沢な思いがあります。
今回はtwitterの不可抗力による制御不能(アカウント登録できず)
もう数週間同じ操作をやり疲れてしまいました。

さて、またご縁がありあの「アフリカの牙」ゴライアス・タイガーフィッシュが
我が家にお目見えです。18cmサイズが2匹です。
前回は1か月くらいで2匹とも☆彡にしましたので、今回は最低60cmを
目指したいです。

イメージ 1

これが到着時点のゴリアテ(愛称)です。小さいながらも牙がはみ出ている
様です。今回はこの2匹が90cm水槽を独占しています。水流は現地のコンゴ川
に習い強めにしています。

イメージ 2

光の関係で青みがありますが、実際はシルバーメッキです。体の割には
尾鰭が大きいのが目立ちこれが大型になる由縁のような気もします。

イメージ 3

これも同じ魚ですが角度やカメラの調整でこれだけ違います。

イメージ 4

この小魚が以下のような恐竜特にティラノサウルスREXのような頭部になるとは
考えにくいです。本当に凄いですね。

イメージ 5

しかしこんな魚が家に居たら恐怖です。しかし、危険は危険ですが、幼魚は外見
程では無いのは解っています。しかし・・成魚は現地では人を襲った例もあるとかで
やはり危険ですね。

イメージ 10

イメージ 6


これは飼育下の60cmの個体ですかなり混泳の影響か?鱗や鰭が乱れています。
ここで気になるのは側線が異常に下部にある事です。
恐らく生息環境下で何ら意味があるはずですね。

イメージ 7

毎回このスカルは凄いと思い欲しいが手に入らない逸品ですね。

イメージ 8

こちらは近縁のタイガーフィッシュです。ゴリアテほどは大きくならず、
現地では大群で住んでいます。やはり口には鋭い歯が生えています。

これらのファーゴマキュラータスという鰭喰いのアフリカンカラシン
と頭骨等の類似が見られることから関係があると思うが詳しくは不明。
なにしろ、シーラカンスやダンクルオステウスみたいに上顎、下顎が開く。
これにより、より大きな獲物を獲得すると言う太古からのメカニズム。

イメージ 9


三大牙魚の雄が我が家に居る事は楽しみであり不安もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン








開くトラックバック(0)

twitterに関して



先週10月初旬あたりからtwitter(オルドビス/スター☆ジョン)にログイン
出来なくなりました。フォロワーは1000人を超えており、
大変ご迷惑をおかけしています。

場合によっては新しいアカウントで再フォローをお願いする
かもしれません。

サポートセンターと連絡を取り何度も行っている内に全ての電話番号
やメールアドレスを使い切り、何ともならない状況に置かれています。

一説によると現在twitterの規制強化(facebookやインスタ)にユーザーを
取られ、可なり売り上げがダウンし、様々な規制の強化をしたために様々
な箇所でトラブルが起こり、問題ないアカウントの凍結や削除などが
起こっているとの事。

何か情報をお持ちの方是非どんなことでもお知らせください
宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

さてアノマロカリスの詰めにかかりたいのですが、その他の仕事が大量に入って
来ています。優先順位を決め熟してゆきます。

アノマロカリスはさてどこまで手を入れようか思案中です。勿論頭の中では
図面が出来ていますが、期間の問題ですね、後半年いじろうと思えばできますが・・
許されないでしょう。触手の刺は出来れば一体にしないと製作が大変です。
尾に関しては作り込みが必要です。

台は楕円で湾曲した支えで本体が固定されます。何処かにアノマロカリスに齧られた
三葉虫のレプリカを数個取り交ぜたいですね。

新説の頭甲や7本目の尾、三ツ矢サイダーのような口も取り入れようと企み中。

さてどうなりますやら。

イメージ 1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

ワンフェス2018夏にアノマロカリス・カナデンシスの製作途中原型を
展示いたしました。完成までもう少しですが、期限が来てしまいました。
しかし、仮にでも組み立てて良かったなと思いました。
それはバランス面や遠目での問題発見などが出来たからです。

イメージ 1

全体的なディティールやモールディングも仮の物で更に細かいものにしてゆきます。
特に頭部は急遽作りましたのでまだまだ作りこみます。
口や触腕の刺はまだです。尾鰭も大まかに出来てますね。
量産しますので最初の原型ですべて決まります。
複眼は3Dデータで造った繊細な物です。材質はクリアーレジンです。

イメージ 2

twitterで先に紹介してしまいましたが、左右13枚ずつのヒレは各自独立していて
微調整が可能です。一番いいところで固定します。これは全体を作ってからでも
変更できるので良い方法と思いますが、大変手間と時間がかかります。
いずれ中空構造にはする予定でしたので丁度良いです。

イメージ 3

締め付けで電動のドライバーを使うと鰭の固定部が破損します。
緩めるときに使いインパクトで絞めて行きます。ヒレのデザインは大変自分的には気に入っています。強い個性でなく適度にアノマロのヒレっぽいです。
イメージ 4

複眼のサイズはやや大きいかな?しかしこれ位のインパクトは必要かも・・
真円でなく楕円を採用し捕食者の凛々しさを強調します。
触腕も時間がかかりこれは5個くらい造りこの画像のデザインに落ち着きました。
勿論基本は化石にあります。

イメージ 5

背部のデザインは最初に作った原画に元付いています。体節の存在をアピール
しています。腹部は背部に合わせたデザインを採用しました。
此方も未だ作りこみます。
新説に対応するため円形の頭甲部と7本目の尾を思案中です。
後展示台はこのアノマロが45度位全部が傾斜するくらいの固定棒に展示台が
着きます。

今回はこの位で・・・・・・・・・スター☆ジョン




開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事