ここから本文です
オルドビス(ORDOVIS)スター☆ジョン
シーラカンス(魂)鱗総貼り3年かけ最新データ取り込み造形しました。今、予約販売してます。(無断画像文章転用厳禁)

書庫全体表示

記事検索
検索
twitterでも発表しましたが、以下の様に当選いたしました。
実は今大手放送局の〇〇〇スペ用のダンクルオステウス全身、アクチラムス
そしてアノマロカリスのご注文を頂き、日々格闘をしています。
この責任感重圧可なりの物で、もう3年前でしたか?
シーラカンススピリットの納期にも似た感じで、丁度尻を叩かれる感じ
なので、暢気にはしていられません。  ん〜どうしよう。

イメージ 1



開くトラックバック(0)

今年2018年2月に行われたワンダーフェスティバルでシーラカンス・
スピリットのキットをお買い上げになり、早速組立塗装を行い画像を
送って頂きました。
神奈川県のR・Tさんです。ご購入時も非常に熱心に質問され、
大変興味がおありなのが分かりました。以下画像を紹介します。

台座は通常でなくスペシャルバージョンです。中々西洋らしくこれも
良いと思います。

イメージ 1
シーラカンス独自の白い斑点は筆塗りだそうですが、これが可なりリアル、
私は塗装枠を使いエアーブラシで吹きますがこれも参考にさせて頂きます。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
R・Tさんの愛魚は『淡水シーラカンス』と紹介されたあのアマゾンの
牙魚タライロンです。〜凄い!

当月東京の池袋でシーラカンス・スピリットの最後の取り置き分が売れ、
2回目の型も終了します。さて未だ需要や要望がありそうですが・・・
どうするか?悩みどころ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

新レンタル商品紹介

ヤフーブログでは商取引が出来ませんので、紹介になりますが、
レンタルもやっています。春から夏にかけてイベントでご利用の機会も多いと思います。

従来のレンタル品に配送方法を考え節足動物なども取り入れました。
6月以降ではアノマロカリス40cmもレンタル可能と思います。

・御連絡は〇掲載商品ご購入ご相談コーナーよりお願いします。
・Aから始まる商品はオリジナルです。


イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 20


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19



どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン


開くトラックバック(0)

オルドビスとして水棲生物を中心に行ってきていますが、恐竜に興味が無いはずもなく、私の一番最初の造形品はティラノサウルスです。
それも今で言う可動もの。小学校5年位かな?恐らく1/20位で意外に大きい。
写真はありません。紙粘土で作り、関節をクリップ、歯は釘を曲げて作りました。邪魔になると父に捨てられましたが・・

実は海外のショップで見つけ現在アメリカの倉庫待ちで早ければ来月位には
お目見えかな?なんとあのサウスダコタ州ブラックヒルズ研究所のスキャニングによるティラノサウルスREXの全身骨格、まず以下ギャラリーを見てください。
イメージ 7

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

とにかく1/35で良く出来ている。というか実物の写しなので、
この骨格模型を作るのに可なり研究者が議論したという、略、省略簡素化はせずにそのまま作ったのが凄い!特に頸椎や頸助骨がこれだけ細いのに再現
している。
実は月に一度くらいのペースでこのT・REXににた模型が
ヤフオクに出品されている。ネオジウムで下顎が可動との事何度か落札
しようかと思ったが安くなるまで待とうと考える。でも似ている。
オリジナルとの事ですがそれなら凄いね・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

WF2018冬完了!

毎回ですが、作品発送ギリギリまで何か1個でもと、もがいています。
今回はダンクル・オステウスのスカルです。
超精密なサトルデザインをプリント会社にてデータ上の結合面の処理そして3Dプリントにて光硬化アクリル樹脂で原型製作。
ですが今回は非常に薄い骨格に挑戦しデータ上の結合面、及び可動するための模型的処理に悩まされ、データ会社との意思の疎通が出来ず、思ったより時間がかかりました。現在もこれで格闘中です。

何とか当日を迎えました、下は開場当日で宿泊地から搬入場所が良く見えます。

イメージ 1

当日は厳寒の中お目当ての会場限定品購入のために並ばれる人たち本当に
ご苦労さんです。私には先ず出来ません。しかし、最近は悪質ディラーが
パスカードをオークションで高額で出品しそれを購入して迄、会場にいち
早く並ばずに潜入、お目当ての限定品を獲得する不届き者が横行していますので、ディラーに対して主催者側が年々厳しくなっています。

さてこれが今回のオルドビスブースです。正面右側に新しい展示台を投入
致しました。お馴染みのシーラカンス・スピリットもお目見えです。
今回も売り上げ好調です。
お買い上げの皆様誠に有難うございました!

イメージ 2

有難いことに発売して2年を迎えるシーラカンスは未だに販売が継続され
それどころか、舐めるように張り付く超信者も何人かおられます。
やっぱり納得行くまで作ったものは奥が深いです。犠牲も多いですが・・

何とお隣は今回はトラブルでこれなかった。
とおっしゃるシーラカンス購入者であるディラーさんのブースです。
あいさつ程度にお見えでしたが残念です。

イメージ 3

新しいひな壇の商品群です。ダンクル・スカルがメインのつもりです。

イメージ 4

これがダンクル・スカルです。塗装はプライマーのみで可なりリアルですが
更に上塗り可能の状態です。右の復元模型の輪郭が合致するので忠実に作っている事がこれで分かります。未だ可動とか展示台とか改良の余地が多分あります。

更に右隣は3Dアクチラムス、巨大ウミサソリです。
何と確り梱包したはずですが何かに擦れ、一部塗装剥がれが起こっていま
した。
更に梱包の改善をしなければなりません。
しかし、このウミサソリは予想以上にヒットし予約でもまだ売れ続ける
ヒット商品になりました。作って良かったですね。
イメージ 5

こちらは三葉虫の怪物ディクラヌルスですが、マニアック過ぎてWF来場者は存在自体知られていません。
このデザインは凄いと思うのですが、今一つ売上には繋がりにくい三葉虫マニアご用達?しかし化石マニアも模型はあまり買わない?
難しい一面を投げかける商品となりました。

イメージ 6


これは本来の化石と同じ梱包方法で幾つも壊した後に辿り着いた方法です。

イメージ 7


こちらはお馴染みの化石魚復元模型。地味ですが少しずつ売れる
ベストセラーですね。
(左からケイロレピス、ケファラスピス、ボスリオレピス)

イメージ 8

今回もあまり他のブースに顔を見せる余裕が無かったのですが、
シンゼンさんは見てみたかったですね。海洋堂に急接近ですが、
全ての仕事を受けられない忙しさの様で羨ましい限りですね。

イメージ 9

鳥類に近いとイメージされていた時のティラノサウルス羽毛です。
今は子供は考えられるが生体は鱗が大半説が有力ですね。

イメージ 10

このティラノは海洋堂ソフビトイボックスの原型です。
発売が楽しみですね。

イメージ 11

超人気のシンゼン・シン・ゴジラ。渾身の吠えまくるポーズがいいです。

イメージ 12


さて、歴史文化交流会なるプロジェクトが出来、海洋堂の古田五郎氏や
古生物漫画の川崎氏を交えたチームが会場に来られていました。
今回は現生生物のナガクビガメを取り入れたサツマウツノミヤリュウという
クビナガ竜の一種を古田氏が造形、これなら今生きていてもおかしくない
程のリアルさが出ています。
只、研究者ではあまり古生物復元に独自の解釈を入れるのを嫌う人も多く
復元模型としては難しいところですね。

イメージ 14



イメージ 13




さて、私はアノマロカリス完成に向かい作り続けます。
しかし、毎年、年のせいでしょうが中々遠方のイベント参加がキツくなって
来ています。いつまで続けられるかな〜

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事