ここから本文です
オルドビス(ORDOVIS)スター☆ジョン
シーラカンス(魂)鱗総貼り3年かけ最新データ取り込み造形しました。今、予約販売してます。(無断画像文章転用厳禁)

書庫全体表示

記事検索
検索
今回は新作がアクチラムスにダンクルオステウス・スカルと続き大型の
ハンドメイド新作アノマロカリスが間に合わない事がハッキリしました。
最終迄やってみましたが、造形品としては完成しても模型としては未熟、
これ分かりますか?1品物であれば必要のない分割や合わせ目の事、
更に強化とコストこの辺り全て考えての複製増産、自分で納得いかないのでもう少し時間を下さい。必ず納得出来るものにしたいです。

twitterでも紹介してますが主な出品物は以下になります。
しかしダンクルスカルも発送の前日に型抜き業者から届く予定で
その後、展示品は組立、塗装があります。今回もギリギリ間に合うか?

◎卓番:4-13-05です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


是非ご来場の際にはお立ち寄りください。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

昨年の夏は不参加でしたので1年ぶりのワンフェスです。
色々イベントも出てきましたが、今の商品でそこそこ売れるのはここだけでしょう。
ミネラルショーは当日よりも後売りや関係者(化石)とお知り合いになれたのが一番の収穫でしょうね。今回は4ホールなので比較的中心部です。

◎卓番:4-13-05です。

イメージ 1

搬入時の問題は宅配便が届き取りに行く時カゴ台車の数が少ないため取り
合いになります。スタッフもあまり関与しないので、折角キープしたカゴ台車を商品探しに行ってる時血迷ったディラーが荷が乗ってようが勝手に荷をおろし持って行ってしまう事です。対策として今回から2名でやります。

イメージ 2

●今回の出品状況は、アノマロカリスが分割の関係上、上手くいって、
原型展示で、予約受付まで何とかしたい。新製品のダンクル・スカルは少数持って行けるかもウミサソリは完成品とキット、ディクラヌルスも完成品、キット、シーラカンス・スピリット(M)完成品1点、ダンクルオステウス全身が1点完成品、その他もろもろ
お買い得も用意します。

是非お越しくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン



開くトラックバック(0)

やっとダンクルオステウスのスカルが3Dプリンターで出力され、
出来上がってきました。
予定通リ行けばワンフェスに少数持って行けるかもしれません。
何時もですが、ここまでの道のりとべらぼうな制作費をかけて
しまいました。過去最高かもしれません。
それだけ頭骨は難しいのです。
更に運よく当初諦めていた、復元模型に接続部加工を施し頭部と顎が
ネオジウムにより可動します。恐らくリアルタイプの復元模型としては
世界初でしょう。まず見た事無いですね。学習用としても使えます。

イメージ 1

略全国で流通している(少なくとも上野科博、北九州)で展示されている
レプリカ復元模型との外観は精度的にも変わらず、最大級の化石の
1/10サイズ約220mmで作っています。

イメージ 2

上記は仮組状態でガムテープ等が見え隠れします。
これをブラックの成型色で抜こうと思います。勿論支える棒や
スタンドも作ります。ワンフェス時はスカルのみになる可能性があります。

イメージ 3

とにかくこの画像原型では見る事が出来ないリアルさが感じられます。

イメージ 4

また何れ比較する物を置いて画像編集するつもりですが、22cmはスカル
としては可成り大きいです。只日本の様々な展示状況を考慮してこのサイズ
にしました。

イメージ 5

パーツ数は9点かなり薄く裏も確り作りますので、恐らくハンドメイドでは
不可能な造形がここでは行われ、接着面積も外観重視なので多く取れません
この辺りは本物の化石と同じ条件です。

イメージ 6

さてこのようになり予定外とは頭部、顎部がネオジウムで可動するという
サプライズが叶いリアルタイプとしては『ダンクルオステウス・スカル可動』期待以上の商品が出来るかも知れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン



開くトラックバック(0)

アクチラムス、好評のディクラヌルスの節足動物も地味に売れてます。
業者でシリコン型を作ってもらいレジン抜きしたキットと自分で型を造り抜いたものの複合で商品が成り立ちます。
シーラカンスは本体外注でシリコン型からレジン抜き、真鍮加工屋さんに
プレート、木製台は材木店で特注。で、私は眼球のみ作ります。勿論原型は私が作りますよ。
コラボもコラボ、複合商品なのでハッキリ言って儲かりません。
中々分かって貰えませんが・・・

ディクラヌルスの場合ホワイトメタル製で刺が多く曲がりやすいので、
試行錯誤の結果本物の化石同様の梱包をします。これで事故率が軽減します。

イメージ 1


中央の丸いのが回転台で上下左右に観察できます。

イメージ 2

このディクラヌルスの刺の別パーツなんです。メタルなので、半田では本体が溶けます。低温半田もダメです。瞬間接着剤でも取れます。でも新発明でクリアー。

アクチラムスはベース台の追加改造をして戦闘態勢(尾を上げる)もダンクルオステウス大戦様に考えました。このためやや価格と納期が変わりました。

イメージ 3

この様な解説ですね。

イメージ 4

斜め上から。

イメージ 5


この完成品の梱包も試行錯誤です。キットなら簡単ですがね。
ホントに完成品の製作と梱包、発送が如何に大変か理解して頂きたい
ですね。

イメージ 6

イメージ 7


儲けが無いのに作ってる自分は多分好きだからでしょうね。
古生物模型が・・

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン


開くトラックバック(0)

オルドビスの水棲爬虫類を2個ずつ購入して下さっているお客様が大阪に
おられます。結構仕事の合間に製作させて頂いているので可なりいつも納期
頂いていますが、せかされることもなく、逆にどうやって少しでもいいものにしようかと考える余裕を頂いています。

今回はティロサウルスをお届けいたしました。直ぐに写真を頂きました。

イメージ 1

以下はリオプレウロドン、モササウルスを各2個ずつご
購入して頂いています。
最近バシロサウルスなどコレクションも増えたようですね。

イメージ 2
でもこのブラキオデカいですね。これはホライゾンかな?
有難うございました。M様 またよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・スター☆ジョン

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事