音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

CDの内容は唱歌、民謡、山田耕筰作品等、日本の歌を、三善晃編曲による4つの曲集として歌唱収録したアルバムです。

混声、男声、女声合唱とバラエティに富んでおり、馴染みの深い曲が素晴らしい合唱となっています。

よく知られている日本の曲ですが、三善晃氏の編曲により現代的なものとなっています。

色々な混声合唱団のCDを聴いてきましたが、プロの東京混声合唱団と晋友会合唱団が双頭か。

他の混声合唱団は、どうしても男声に難がある。(素人が多いのだと思う−学校で声楽を専門に勉強していない)

私は『唱歌の四季』が好きです。私にとって分かり易い。
2台のピアノ伴奏の混声合唱です。伴奏というより、ピアノです。対等です。2台のピアノは厚く、深く、柔らかく、混声合唱とうまく溶け合っています。

録音:1996年9月14-16日 入間市民会館
演奏者:関屋晋(指揮)、晋友会合唱団
小森瑞香(p)〈16.-20.*〉、藤田晶(p)〈11.-15. 16.-20.*〉


●曲目
五つの日本民謡(混声合唱のための)
1. 阿波踊り
2. 佐渡おけさ
3. 木曽節
4. ソーラン節
5. 五木の子守唄

五つのルフラン(男声合唱のための)
6. 中国地方の子守唄
7. お菓子と娘
8. カチューシャの唄
9. 鉾をおさめて
10. 椰子の実

山田耕筰による5つの歌(女声合唱のための)
11. この道
12. 赤とんぼ
13. 待ちぼうけ
14. からたちの花
15. ペチカ

唱歌の四季
16. 朧月夜(おぼろづきよ)
17. 茶摘
18. 紅葉
19. 雪
20. 夕焼小焼

●商品の説明(amozon.com)
このCDについて
誰からも親しまれる唱歌、日本民謡などを三善晃が編曲した4つの曲集から収録。三善晃の日本の心の本質をとらえたすばらしいアレンジと、晋友会合唱団のみごとな歌唱が深い感動を誘います。

●内容(「CDジャーナル」データベースより)
三善晃による民謡,唱歌などの編曲集。三善の編曲はもう表現主義的デフォルメの世界。そこでは旋律やリズムはしばしば原曲を逸脱し,三善の付加した対旋律が原曲以上に音楽を主張する。三善ファンには薦めるが,さにあらざる人には薦めぬ。晋友会はさすが。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先般、天気晴朗、バイクで日野方面へツーリングに出かけました。

土産などめったに買わない私ですが、珍しく土産に滝の宮前にある創業嘉永元年の「かぎや」で、「いがまんじゅう」を買い求めました。

*いがまんじゅう:米粉で作った餅であんを包み、着色されたもち米を色別に乗せて蒸したもの

以前、兄嫁が「こんな美味しい物は食べたことない」と言っていたので、家族にも食べさせてやりたくて。

私は子供の頃から十分頂いておりますが、そこまでは思ったことは御座いませんが。


帰途に就こうとした時、偶然、旧山中正吉邸前を通りがかり、引きずられる様に入館いたしました。

仁正寺藩ギャラリーとして公開されたばかりでした。

レトロ感覚が満喫でき、しばらくの間、はるか昔へタイムトリップ致しました。

大正時代の洋室で、SPレコードの椿姫の前奏曲をかけて頂きました(女性の方は曲目はご存知ありませんでした)。古い音色が大正時代の洋室に響き渡り、とても素敵な音楽鑑賞となりました。

当家のご長女 山中千代子様、次女様は中学校で顔見知りで、長女様が神戸淡路大震災で亡くなったと聞き、ショックを受けて帰って参りました。

このショックをしばらく引きずりつつ、「死」というものについて、真剣に考えました。ご冥福をお祈りいたします。

●kuri blog
http://cplus.if-n.biz/5001736/party/14529?sid=300dd57100909a2b616de3602f78a8f8

●高井あきひろ
http://blog.a-takai.com/?eid=1044764

●毎日新聞 2008年10月25日 地方版より

旧山中正吉邸:一般公開 日野商人の心意気に触れて
 ◇幕末から明治にかけ、醸造業で財−−多数の美術品/豪華な庭/部屋数15
 幕末から明治にかけ醸造業で財を成した日野町西大路の日野商人宅「旧山中正吉邸」が今月から一般公開された。同町での商家旧宅の一般公開は、旧山中兵右衛門邸(町立近江日野商人館)に次いで2件目。同町は江戸時代から数多くの商人を輩出しており、関係者は「日野商人の心意気を知る手掛かりとなれば」と期待している。【斎藤和夫】

 初代山中正吉は1831(天保2)年に駿河(静岡県)で醸造業を始め、その後造り酒屋として財を成し、江戸時代末期に同邸を建てた。5代目当主が昨年亡くなり、町内の男性(58)が譲り受け、ギャラリーとして公開することした。

 初代は絵画に精通。室内には同町出身の水墨画家、高田敬輔の絵画など多数の美術品が飾られている。庭には当時の西大路藩主拝領の梅の古木をはじめ、西近江の石工、西村嘉平の石灯籠9基も現存している。

 邸宅は敷地約4500平方メートルで建物は木造一部二階建て約2000平方メートル。元は武家屋敷跡で、当時の同藩主から譲り受けたものらしい。昭和の初めに増設された洋室には、ステンドグラスや暖炉もある。「みせの間」「帳場」「仏間」「だるま部屋」など15室もあり、玄関の柱には「厳倹約」と書かれた木札があるなど、日野商人の暮らしと精神をしのばせる。

 前近江日野商人館館長の正野雄三さん(81)は「これほど立派な日野商人の本宅はそう無い。日野商人について勉強するのにうってつけ、いつでもガイド役を引き受けたい」と語っている。

 開館時間は午前10時〜午後4時。月、火曜日休館。入館料はお茶付きで大人1000円、小学生500円。問い合わせはギャラリー仁正寺藩(0748・52・0008)。




<滋賀報知新聞>
観光客を圧倒 旧山中正吉邸 抹茶・コーヒーサービスも人気
=日野商人を知る新名所=

▲広大な日本庭園を抹茶やコーヒーを飲みながらゆったり鑑賞する観光客ら(日野町西大路のギャラリー仁正寺藩で)
◆東近江・日野町◆

 「部屋数が多くて迷いそうやな」と、観光客を圧倒する日野商人屋敷。空家になっていた旧山中正吉邸(日野町西大路)を町内の男性が購入し、ギャラリー「仁正寺(にしょうじ)藩」と名付け、先月十七日から一般公開を始めた。すでに六百人以上が訪れ、日野の新名所となっている。

 江戸時代、全国各地で活躍した日野商人。山中正吉家は、同町に商家(現近江日野商人館)を提供した山中兵右衛門家の分家にあたり、静岡県で営んだ酒造業で大成した。その商いは、富士高砂酒造株式会社(静岡県富士宮市)へと引き継がれている。 馬見岡綿向神社参道沿い東側に位置する旧山中邸の敷地は約二千平方メートルで、仁正寺藩(文久二年以後、西大路藩へと改名)の市橋藩主から拝領した土地だという。

 重厚な門をくぐり、まず、観光客が足を踏み入れるのが江戸時代後期に建築された切妻造瓦葺一部二階建ての「主屋」。続いて、七転び八起きの縁起にあやかっただるま部屋や髪結場などからなる「座敷棟」、大勢の人の出入りをうかがわせる多くのかまどが並ぶ黒タイル張りのおくどさんなど、置いてある家具や美術品から商人の暮らしぶり・繁栄が感じ取れる。

 応接室として利用されていた「洋間棟」は雰囲気が一転し、暖炉とステンドガラスが印象的なモダンな造り。廊下続きにある「新座敷棟」の主室に一歩入ると、梅の古木の枝ぶりや西村嘉平作の石灯篭など、絵画のような美しさを誇る日本庭園が目に飛び込んでくる。その部屋で飲む抹茶やコーヒーは格別で、優雅な気分に浸れる。

 また、曵山が巡行する道路に面した板塀には、桟敷窓(さじきまど)が設えられており、日野独特の建築構造も見どころだ。

 桟敷窓アート(先月十八、十九日開催)に合わせて公開するため、購入者が瓦や庭などを改修し、心が落ち着く畳の和の香りが各部屋に漂う。

 日野観光協会の藤澤一浩さんは「これまで日野商人の商家は近江日野商人館のみしか見学できなかったので、『日野町のために』と町内の方が公開してくださったことはありがたい。旧山中邸から近江日野商人館まで、日野商人の足跡・歴史をたどって散策・観光してもらえるよう知恵を絞っていきたい」と話していた。

 入館料(抹茶・お菓子またはコーヒー付き)は、大人千円、小学生五百円。開館時間は午前十時から午後四時までで、毎週月曜日と火曜日が休館。

開く コメント(1)

イメージ 1

私とゆかりの深い、滋賀県蒲生郡日野町の非公式ブログサイトを開設しました。

いずれは、独立した日野町非公式H.P.を構築する構想を持っています。

今回は、関連Webサイトを調査致しました。

今後の記事中で引用させて頂きます。

●日野観光協会
http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/index.html
http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/hino-to.html 観光情報

●日野町ホームページ
http://www.town.shiga-hino.lg.jp/

●日野菜物語
http://hino.anime.coocan.jp/
 ・義人小川太郎兵衛
http://hino.anime.coocan.jp/gijintarobee/gijinogawatarobee-2.htm

●蒲生氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/gamo_k.html
http://www.shigaplaza.or.jp/sanpou/akindo/AKINDO/04/10/10-1.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%9F%E6%B0%8F
  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


●日野町 (滋賀県)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%87%8E%E7%94%BA_(%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C)

●日野祭
http://www.diana.dti.ne.jp/~tsuku/

●Yahoo!地域ガイド 滋賀県日野町
http://local.yahoo.co.jp/top/25383/

●日野町 「秋の桟敷窓アート」   兵賀県蒲生郡日野町)
http://guwaguwa58.exblog.jp/8792122/

●日野町町民会館わたむきホール虹
http://www.rmc.ne.jp/watamukihall/

●馬見岡綿向神社
http://www.ex.biwa.ne.jp/~j-watamuki/

●蒲生氏郷 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%9F%E6%B0%8F%E9%83%B7

●会津の歴史概要 蒲生氏郷時代
http://www.tsurugajo.com/history/gamou1.html

●日本史人物列伝 蒲生氏郷がもううじさと (1556〜1595)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoropara/retuden/retu00008.htm

●歴史的人物紹介 蒲生氏郷 松阪市観光協会
http://www.matsusaka-kanko.com/kan/hito/01.html

●蒲生氏郷(がもう うじさと) 1556〜1595(2月7日)
http://s-mizoe.hp.infoseek.co.jp/m240.html

●蒲生氏郷プロフィール
http://kakutei.cside.com/photo/bushou/gamou.htm

●武士の如く 蒲生氏郷 憧れの馬印
http://gifuaruaru.gifulog.com/e49475.html

●蒲生氏郷の墓(興徳寺)
http://会津散策記.info0.net/300/ent753.html

●蒲生氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/gamo_k.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%9F%E6%B0%8F
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


●綿向山を愛する会
http://www.eonet.ne.jp/~wak/

●綿向山
http://cont4.mech.usp.ac.jp/~minagawa/amagoi/watamuki.html

●綿向山 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BF%E5%90%91%E5%B1%B1

●日野小学校
http://www.rmc.ne.jp/hinosho-shiga/

●日野町商工会
http://www.rmc.ne.jp/hino-net/

●日野町立図書館
http://tosyo.town.hino.tottori.jp/

●ブログ村 日野町出身者
https://chiiki.blogmura.com/shigaken/25383.html

●仁正寺藩 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(西大路藩 から転送)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E8%B7%AF%E8%97%A9

●中野城(日野城)
http://castle.slowstandard.com/40kinki/44shiga/post_528.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~tjk/shiseki/oumi/hino/index.htm
http://www.siromegu.com/castle/siga/hino/hino.htm
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/cultureagri/treasure/shiga/shiga036.html
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot_around_888.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%87%8E%E5%9F%8E
  日野城 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
http://www.geocities.jp/zanyphenix/shiro331.html
http://www2.harimaya.com/sengoku/zyosi/omi_hinojo.html
http://www.chizumaru.com/czm/objlist-25383G1003X490564.376Y126019.211S500D646@000884.htm
  仁正寺陣屋跡(日野城)の情報
http://underzero.net/html/tz/tz_30c.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115408831
http://nanidoko123.iinaa.net/towns1/56hino/nakanojo.htm
http://www.nihonjiten.com/data/250573.html
http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaeg209/newpage6.htm
http://harimaya.com/home/hinojo.html


●音羽城
http://www.geocities.jp/zanyphenix/shiro332.html
http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/otowa.htm
http://www.oumi-castle.net/second_page/otowajyou/otowo.html
http://zyousai.sakura.ne.jp/mysite1/hino/otowazyou.html
http://www.hb.pei.jp/shiro/oumi/otowa-jyo/
http://www2.harimaya.com/sengoku/zyosi/omi_otowajo.html
http://www.oumi-castle.net/second_page/nakanojyou/nakano.html
http://www.hb.pei.jp/shiro/oumi/otowa-jyo/thumb/

●鎌掛城(かいがけじょう)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/a-takai/kaigake.html
http://www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/kaigake.htm

●蒲生賢秀
http://www.ume.sakura.ne.jp/~edo/persona39.html

●蒲生定秀 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B2%E7%94%9F%E5%AE%9A%E7%A7%80

●滋賀県日野町の画像 写真画像館
http://gazo.web.infoseek.co.jp/shiga01/hino/sh1_hi001.htm

●滋賀県蒲生郡日野町のリンク集
http://www.benri-link.com/25/383/

●日野町観光ボランティアガイド協会 わたむき
http://info.biwako-visitors.jp/v-guide/hino.html

●滋賀県立日野高等学校
http://www.hino-h.shiga-ec.ed.jp/

●日野混声合唱団
http://tutti.fam.cx/

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昨今、カバー集を集めている。それも女性シンガーで。

カバーアルバムは非常に数が少ない。

一昔のフォークソングでは、誰もが人の曲を名曲して歌っていた。

きっと、権利の問題とかが複雑に絡み合い、制作を困難にしているのだろう。

『誰々の曲を誰々で聴いてみたい』という欲求は誰もが持っているものだ。


私は徳永英明という歌手をは全く知らなかったが、

・男性で女性シンガーの名曲をカバーしている、
・特に大好きな『時代』がカバーされていると

いうことで迷わず入手した(レンタルですが)。

アコーステックなバックに乗って、ソフトで力まず、スローテンポでしみじみと名曲を歌い上げる。

歌の上手、下手ではなく、そのムードで心が癒される。

疲れた時、ふっと聴きたくなる。


*上手、下手の判断私にはは難しい。関係ない話だが。


■■VOCALIST■■
●曲目リスト
1. 時代
2. ハナミズキ
3. 駅
4. 異邦人
5. シルエット・ロマンス
6. LOVE LOVE LOVE
7. 秋桜
8. 涙そうそう
9. オリビアを聴きながら
10. ダンスはうまく踊れない
11. 会いたい
12. 翼をください
13. 卒業写真

●説明
このCDについて
2006年にデビュー20周年を迎える徳永英明が、バラード名曲カバーアルバムをリリース! 「Jupiter」(平原綾香)を手がけた坂本昌之をサウンドプロデューサー/アレンジャーに迎え、中島みゆき、ユーミン、ドリカム、尾崎亜美ほか女性アーティストの楽曲を生ピアノや生ギターなどによるアコースティックなサウンドを基調にアレンジ。徳永英明の歌声を堪能できる1枚。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
バラードの名手として定評のある徳永英明の初カヴァー・アルバム。全曲女性シンガーのバラード楽曲をカヴァーしたもので、生ピアノやアコースティック・ギターといったシンプルなサウンドと、じんわり染みる歌声が堪能できる。

■■VOCALIST 2■■
●曲目リスト
1. 雪の華
2. いい日旅立ち
3. あの日にかえりたい
4. 未来予想図2
5. かもめはかもめ
6. セカンド・ラブ
7. シングル・アゲイン
8. あなた
9. 恋人よ
10. なごり雪
11. M
12. 瞳はダイアモンド
13. for you・・・

●HMV レビュー

第1弾『Vocalist』が日本ゴールドディスク大賞「企画アルバムオブザイヤー」を獲得するなど、好評を得ている徳永英明のカヴァーシリーズの第2弾!今回も老若男女を問わない幅広いリスナーが楽しめる好企画盤。


■■VOCALIST3■■
●曲目リスト
1. 恋におちて -Fall in Love-
2. PRIDE
3. 桃色吐息
4. わかれうた
5. やさしいキスをして
6. Time goes by
7. たそがれマイ・ラブ
8. 元気を出して
9. ENDLESS STORY
10. まちぶせ
11. 月のしずく
12. 迷い道
13. CAN YOU CELEBRATE?

●説明・内容紹介

徳永英明が女性アーティストの名曲をカバーした大ヒットシリーズ【VOCALIST】の第三弾が登場!

昨年、一昨年と発売した【VOCALIST】【VOCALIST2】が、合わせて80万枚を超える大ヒットを記録。
今回も時代を越えた女性アーティストのヒット曲を選曲し、前作・前々作同様に坂本昌之氏が担当するアレンジと
徳永英明の歌唱で、名曲の数々がまた美しく生まれ変わります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●徳永英明
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


永 英明(とくなが ひであき、本名同じ、1961年2月27日 - )は、福岡県柳川市生まれ、兵庫県伊丹市育ちのシンガーソングライター、作曲家、俳優。血液型A型。現在の所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「TONY'S CLUB」である。

●略歴
1961年2月27日、長男として生まれる。(4歳下の弟がいる。)
小学校時代は4回も転校を経験する。
中学入学時に父親の転勤で、兵庫県伊丹市へ移り住む。
伊丹市立南中学校、伊丹市立伊丹高等学校を卒業後、大阪の観光専門学校(のちに中退)へ。
19歳の時に父親の転勤に伴い上京。アルバイトをしながらミュージシャンを目指す。
オーディション番組『スター誕生!』第44回決戦大会に出場。山下達郎の「RIDE ON TIME」を熱唱するが、惜しくもグランプリを逃す。同じ日に松本明子(グランプリ)、本田美奈子も出場していた。
デビューのきっかけを求めて22歳で俳優養成学校TBS緑山塾に入る。
乃木坂の喫茶店でアルバイトをしながら、デモテープ製作を行う。
1985年8月、マリンブルー音楽祭でグランプリを受賞したことがきっかけでデビューが決まる。
1985年10月、東郷神社特設ステージにて行われたロックミュージカル「はらじゅくグラフティ」にトニー役で出演。トニー役オーディションではTRFのSAMとも競い、合格する。のちに設立されるファンクラブ名はこの役名からきている。
1986年1月21日、アルバム『Girl』、シングル「Rainy Blue」でRadio Cityレコードよりデビュー。24日には新宿ルイードでデビューライブを行う。
同年2月8日、朝日放送(ABC)「ヤングプラザ」に出演し、「Rainy Blue」を歌う。メジャーデビュー後、初のテレビ出演。
同年4月15日、オフィシャルファンクラブ「トニーズクラブ」設立。
1987年、Radio Cityレコードを同じ文化放送と渡辺プロダクションの合弁会社であったアポロン(後のバンダイ・ミュージックエンタテインメント)に統合、業務移管。
同年8月、富士フイルム「フジカラー」のCMソングとなったシングル「輝きながら…」がヒット曲となり、ブレイク。同曲が収録されたアルバム『BIRDS』はマイケルジャクソンの2週連続1位の記録を抜いてオリコンチャート1位を獲得。
1988年12月14日、12月15日、初の日本武道館コンサート。TBS緑山塾時代に宣言した、5年後に武道館でライブをやりたいという目標を実現させた。
1989年12月28日、フジテレビ系ドラマ『悲しいほど好き! 〜Mr.ダンディお嬢様に恋をする〜』の神崎邦彦役でテレビドラマ初出演&初主演。
1990年、事務所を独立。プライベートオフィス「マゼラン」設立。1月発売の『夢を信じて』は自身のシングル売上第1位となる。
同年7月7日、シングル「壊れかけのRadio」をリリース。本人も友情出演のTBS系金曜ドラマ「都会の森」主題歌。ドラマでは黒木瞳と共演し、キスシーンなどで話題に。
同年10月9日(トクの日)、アルバム『JUSTICE』をリリース。オリコン初登場1位を獲得。
1991年3月、初のCM出演。カネボウ「ZENITH」(男性化粧品)。CMソングとして「Wednesday Moon」。
1993年1月、声帯ポリープ手術のため、ツアーを延期。
同年2月、児童環境づくりのための期間限定ユニット「USED TO BE A CHILD」に参加。『僕らが生まれたあの日のように』をリリース。
1994年9月、元モデルの女性との結婚を発表。
1995年、第一子誕生。
1996年、レコード会社「株式会社アポロン」が、「バンダイ」に吸収され、「(株)バンダイ・ミュージックエンタテインメント」となる。
1997年、進むべき道を見失い、原点に戻る意味でシングル「Rainy Blue 〜1997 Track〜」をリリース。ベストアルバム『Ballade Of Ballade』もリリース。初のバラードコンサートを行う。
1998年、第二子誕生。スペインに単身で渡り、充電期間を過ごす。レコード会社をキングレコードへ移籍。
2000年、バンダイミュージックの解散により、バンダイミュージックから販売されていたCD、ビデオなどが回収される。
2001年1月6日より、TBS「スーパーサッカー」メインパーソナリティーを務める。
2001年5月、もやもや病(脳血管障害の一種)のため、コンサートツアーを中止。スーパーサッカー降板。
2002年、もやもや病を克服。レコード会社をユニバーサルミュージックへ移籍するのと同時に、名前の表記を戸籍に登録されている表記である永英明(正しくは、「英」の草冠の横棒が真ん中で途切れている)に改め、音楽活動を再開。

●人物
音楽活動以外にも、映画『シンガポール・スリング』(1993年公開)の企画・原案、TBS系ドラマ『都会の森』(1990年)出演、ラジオ番組『フロム・シーサイド』の司会、TBS系『スーパーサッカー』の司会(病気のため2001年7月に降板)を行っている。
あだ名は「徳ちゃん」、「徳さん」、「にいやん」など。なお、最近はメディアで「カヴァー王子」と称されることがある。また街頭で「あっ、壊れかけだ」と呼ばれたことがあると徳永自身が発言している。
テレビ番組などにおいて、「声はマイクが拾ってくれるから力を入れてはり上げる必要はない」「マイクに声を充てるような感覚で歌えばいい」「以前は僕も力を入れて歌っていたが今はそうではない」などと発言しており、歌唱スタイルを見ても力んでいる様子はなく、独特の歌唱スタイルを取り入れているといえる。
日常会話では関西弁を話す。しかしながら、テレビ番組のインタビューでは九州なまりがときどき出ている。関西弁と九州なまりで本人もイントネーションがぐちゃぐちゃなのを自覚していて、初出演した映画では標準語を話す役だったため、発音に苦労した事を明かした。
2005年に日本テレビ系『いつみても波瀾万丈』に出演した際、かつてヒット曲を連発した時期、天狗になり高飛車に振舞う自分になっていて、周囲のスタッフがそれを改めさせてくれたというエピソードを話した。

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

三十数年前の高校生のころ、森山良子のフォークソングをカセットのミュージックテープで買った。

当時はコンポーネントステレオにTEACのカセットデッキを接続して聴いていた。

今でも当時の良い印象が残っているので、これらの曲を網羅しているこのCDを購入した。

このCDの森山良子は20才台、今と違いその声自体がが美しい。(デジタル・リスターの効果も)

その美しさに聴き惚れながら、当時を懐かしむ!


●この広い野原いっぱい・フォーク・アルバムNo.1/
 愛する人に歌わせないで・アルバムNo.2

ディスク:1
1. この広い野原いっぱい
2. きっと天使が
3. 真白き富士の嶺
4. 花一りん
5. 中国地方の子守唄
6. 一番星の歌
7. 眠れよい子
8. 朝日のあたる家
9. 美しい町
10. あなたが去る時まで
11. セットル・ダウン
12. 2ペンスを鳩に~「メリーポピンズ」より
13. サムホエア~「ウエストサイド物語」より
14. カルタース・キャンディ
15. この広い野原いっぱい(オリジナル・カラオケ)<ボーナス・トラック>


ディスク:2
1. 愛する人に歌わせないで
2. 野に咲く花
3. ふたつの手の想い出
4. 小さな貝がら
5. 夜明けの渚
6. ママの子守唄
7. 今日の日はさようなら
8. 恋はみずいろ
9. 愛のよろこび
10. 木の葉の丘
11. 恋した男の子
12. 誰も知らない
13. カナダの歌
14. ジ・エンド
15. 小さな貝がら(シングル・ヴァージョン)<ボーナス・トラック>
16. 雨あがりのサンバ<ボーナス・トラック>


●森山良子 カレッジ・フォーク・アルバム/さとうきび畑
 森山良子 カレッジ・フォーク・アルバムNo.2

ディスク:1
1. 時には母のない子のように
2. 白いブランコ
3. 坊や大きくならないで
4. 花と小父さん
5. おはなし 試聴する
6. もしも僕の背中に羽根が生えてたら
7. 忘れかけた子守唄
8. 風
9. 悲しくてやりきれない
10. 小さな日記
11. 人間はだれも
12. 旅立つ彼
13. おべんとうの歌
14. オーブル街

ディスク:2
1. 山羊にひかれて
2. 或る日突然
3. お父帰れや
4. 遠くへ行きたい
5. 炭鉱
6. この手のひらいっぱいに
7. 死んだ男の残したものは
8. フランシーヌの場合
9. 恋の花うらない
10. 弱い人間に捧げる歌
11. 町から来たお嫁さん
12. さとうきび畑



●森山良子
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森山 良子(もりやま りょうこ、本名:同じ、1948年(昭和23年)1月18日 - )は、日本のシンガーソングライター。東京都生まれ。

長女は異色ウクレレデュオPetty BookaのPettyの森山奈歩。長男は森山直太朗。平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。 平成20年秋紫綬褒章受章。

プロフィール
成城学園高等学校時代に一年留年している。成城学園高等学校卒業。(同級生に小宮山洋子)
長女の奈歩は最初の夫との間に生まれた子であり、長男の直太朗は再婚した夫・ジェームス滝との間に生まれた子である。その後、離婚。
サンフランシスコ生まれの日系2世ジャズ・トランペッターの森山久は実父。母はジャズシンガーだった浅田陽子。かまやつひろしは従兄(母どうしが姉妹)、その長男かまやつ太郎は従甥。
高校時代、先輩の黒澤久雄に手渡されたジョーン・バエズのレコードがきっかけで友人らとフォークグループを結成。作品がラジオで流れたのがきっかけで、ソロ歌手としてデビュー。
主に森田公一の楽曲で、1960年代後半〜1970年代にかけてヒット曲を数多く生んだ。。
一時期、出産のため活動休止するが、1972年の第23回NHK紅白歌合戦に出場し、『美しい星』を歌い復活。
1998年長野オリンピック開会式では、テーマソングの「明日こそ、子供たちが…」を子供達と一緒に長野オリンピックスタジアムで歌を披露。
沖縄出身音楽バンドのBEGINとの合作(森山は作詞、BEGINは作曲)で、『涙そうそう』が話題となる。
数々の歌手に歌われていた『さとうきび畑』では、2003年第45回日本レコード大賞の最優秀歌唱賞に選ばれるなど、幅広いジャンルの歌をこなす。
2003年、フォークを歌い始める前からの念願だった初のジャズアルバムをリリース。ニューヨークでライブも行った。
女優としてもテレビドラマにも数多く出演している。
TBS系『金曜日の妻たちへ』では、奥田瑛二演じる若い男と不倫に堕ちる年上の女性役を熱演。
2002年には、『おとうさん』(TBS系)で田村正和の後妻に入る「タマちゃん」を熱演。
2004年には、『夫婦。』(TBS系。主題歌『あなたが好きで』も歌う)にゲスト出演。スーパーマーケットの食料品売り場で働く女性を演じた。
2006年10月、長女の奈歩がお笑いコンビおぎやはぎの小木博明と結婚したことにより、小木博明の義母となる。
2007年1月、フジテレビ系ドラマ『拝啓、父上様』の主題歌『パピエ』をリリース。
2009年1月、長女の奈歩に待望の第1子出産予定で、初孫ができる。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事