音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

快傑ハリマオ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

■1960年(昭和35年)4月5日〜1961年6月27日放映、全5部全65回、NTVテレビ(現:日本テレビ)系
 第1部 魔の城 :全13回        第2部 ソロ河の逆襲 :全13回
 第3部 アラフラの真珠 :全13回   第4部 南蒙の虎 :全13回
 第5部 風雲のパゴダ :全13回 
  (放映時間: 毎週火曜19時30分〜20時)
●企画:西村俊一●原作:山田克郎●脚本:大村順一、伊上勝●監督:船床定男●音楽:小川寛興●製作:小林利雄(宣弘社)●提供:森下仁丹
●出演:勝木敏之、町田泉、近藤圭子、大竹タモツ、牧冬吉、崎坂謙二、中原謙二、江島慶子、内藤雅之、天津敏、その他
●主題歌:
 快傑ハリマオ(作詞:加藤省吾、作曲:小川寛興、歌:三橋美智也)
 南十字星の歌(作詞:加藤省吾、作曲:小川寛興、歌:近藤圭子)
●日本初のカラーTV映画(1話〜5話まで)。伊豆大島をロケ地に選び全島の馬&100名以上の島民がエキストラとして出演。外人タレントを多数起用。第3部アラフラの真珠でTV初の海外ロケを達成。三橋美智也の歌と共に大好評を博し、5部まで延長された(2部以降はオリジナルストーリー、後番組・恐怖のミイラ)。
●主演には、新劇(俳優座研究所八期生)の俳優で舞台・映画・TVの経験をもつ若手スター・勝木敏之を抜擢。

『快傑ハリマオ』は東南アジアの英雄

 「真っ赤な太陽燃えている 果てない南の大空に……」加藤省吾作詞・小川寛興作曲、
唄うは三橋美智也。テレビ主題歌の中でも名曲。私は今でも『快傑ハリマオ』の主題歌を
歌詞カードなしにスリー・コーラスまで歌える。自慢することじゃないな。

 『快傑ハリマオ』は、『月光仮面』『豹の眼』で連続ヒットをとばした宣弘社の第三弾。
国産カラーTV映画の第1号である。この番組が始まった1960年当時のテレビ普及率
は、4〜5百万台といったところか。殆どが白黒で、カラー受像機を持っている家庭は
何軒あったのだろうか。それにしても低予算製作の宣弘社が思いきったことをしたもの
である。と、思ったら、カラーは第5話までで、後は白黒。

 『快傑ハリマオ』は、『豹の眼』の延長線上にある作品で、圧政で苦しむ東南アジアの
某国の独立のために、現地人を助けて、秘密結社や死の商人と戦う日本人の冒険物
語だった。
これまでの宣弘社の主人公と異なり、ハリマオには部下がいるが、普段の日々は単独
行動。それでも、ドンゴロスの松や太郎少年、タドン小僧が身近にいて、ハリマオの活
躍を助ける。太郎少年なんか、子どものくせに拳銃を持っていたんだぞ。タドン小僧と
いうのは現地の少年で、色が黒いからそう呼ばれていた。今だったら、完全に差別用
語だ。何しろ「ちびくろサンボ」だって差別用語になってるのだから。タドン小僧を演じて
いたのは、もちろん日本の少年。顔に黒いドーランを塗っているだけなのだから、誰が
みても日本人だった。しかし、現地人を支配する統治庁の役人には外人が出演して
おり、国際スケールを思わせた。

 ハリマオのスタイルというのは、白いターバンに黒眼鏡。プリントのダボシャツに白の
ラッパズボン。腰には虎のマーク入りのバックルが付いたガンベルトをまいている。
ハリマオとは、マレー語で虎のことだよ。主人公のハリマオには勝木敏之。大瀬康一は
どこへ行ったんでしょうか。
勝木敏之という俳優さん、黒眼鏡をかけている時はいい顔なのだが、黒眼鏡を外すと
“間延びした顔”という印象がある。

 ハリマオに対する敵は、植民地支配の統治庁の軍隊だけでなく、東南アジア征服を
狙う秘密結社KK団に、死の商人の陳秀明。陰謀をめぐらし、背後から糸を引く 陳
秀明は、それまでにない悪役タイプだったので忘れることができない。

 『快傑ハリマオ』の原作は、山田克郎の「魔の城」だよ。タイトルの魔の城というのは、
KK団のアジトだったように記憶する。石森章太郎の手によりマンガ化され、「少年マ
ガジン」に連載されていたが、桑田次郎の『月光仮面』ほど評判にならなかった。

 南半球でしか見ることのできない“南十字星”があることを知ったのは、この番組の
おかげだったなあ。


主題歌
      快傑ハリマオ

 1 まっかな太陽 燃えている
   果てない南の 大空に
   とどろきわたる 雄叫びは
   正しい者に 味方する
   ハリマオ ハリマオ
   ぼくらの ハリマオ

 2 天地鳴らし 吹きまくる
   あらしのなかも まっしぐら
   どとうも岩も うちくだき
   かちどきあげて 押しすすむ
   ハリマオ ハリマオ
   ぼくらの ハリマオ

 3 空のはてに 十字星
   きらめく星の そのように
   七つの海を かけめぐり
   正義に結ぶ この勝利
   ハリマオ ハリマオ
   ぼくらの ハリマオ

開く コメント(0)

少年ジェット

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

『少年ジェット』(しょうねんジェット)は、雑誌『ぼくら』に連載された武内つなよし作の漫画作品、およびそれを原作とする特撮テレビ番組、またその主人公の通称である。

名探偵船越宏の助手、北村健は、少年ジェットと呼ばれる少年探偵。愛車のスクーター(ラビット)にまたがり、愛犬シェーンを従えて。怪盗ブラックデビルや、ハリケーン博士などの悪人に完全と戦いを挑んみ、難事件を次々に解決して行きます。
敵をしびれさすスーパーコルトという拳銃と、おなじみ「ウ〜、ヤ〜、タァ〜」という気合いと共に超音波による衝撃波を発生させるミラクルボイスを武器にしています。
このミラクルボイスは、同じ武内つなよし先生の『赤胴鈴之助』の真空斬りを意識して考えられたそうです。

1959年3月4日から1960年9月28日まで大映テレビ製作でフジテレビ系にて放映された。また1961年7月2日から1962年4月1日までは続編『新・少年ジェット』が放映された。

キャスト
少年ジェット(初代):中島裕史
少年ジェット(二代目):土屋健
怪盗ブラックデビル:高田宗彦
レッドベア:大川修
ハリケーン博士:浜口喜博
名犬シェーン:シェーン・D・グランプリ
藤川静子:水木麗子
頓田紋太:中田勉
荒川課長:原田該
カンナ:和泉雅子
松永環
矢木沢敏

スタッフ
原作:武内つなよし
監督:古城菅也
脚本:紺野八郎
音楽:小川寛興

勇気だ力だ
誰にも負けないその意気だ(ヤァッ)
白いマフラーは正義のしるし
その名はジェット 少年ジェット
進めジェット 少年ジェット JET

開く コメント(0)

まぼろし探偵

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

■1959年(昭和34年)4月1日〜1960年3月27日放映、全53回(再放送1回含)、37話。
 KRテレビ(現・TBS)系毎週木曜日19時30分〜20時
 1959年(昭和34年)4月1日〜9月30日:毎週水曜日、18:15〜18:45
 10月4日〜1960年(昭和35年)3月27日:毎週日曜日、9:00〜9:30
 1960年(昭和35年)1月3日は、9:30〜10:00に変更。

●原作マンガ:桑田次郎、少年画報(S32年3月〜S36年12月)連載
●企画:神山雄二●脚本:柳川創造●脚色:穗積鷲●監督:近藤龍太郎
●製作:折込広告社●提供:日本水産(缶詰、ハム、ソーセージ)

●出演:加藤弘(冨士進)、吉永小百合(吉野さくら)、藤田弓子(ミチ子)、花咲一平(黒星十郎)、天草四郎・大平透(冨士警部)、大宮敏(山火編集長)、カワベキミオ(吉野博士)、その他

●主題歌:
 まぼろし探偵(作詞:照井範夫、補作:山本流行、作曲:渡辺浦人、歌:上高田少年合唱団)
 作詞は、読者公募により2.418通より小学6年生が選ばれた。

少年探偵王のタイトルで連載開始された[まぼろし探偵]は、[赤胴鈴之助]の後番組として1959年(昭和34年)2月16日よりラジオ放送され、1959年(昭和34年)4月1日よりテレビ放映される。
原作漫画やテレビでも、冨士進からまぼろし探偵に変装(変身)するシーンが描かれており、子供たちも帽子やマスクで変装して遊び、大人気となる。
1960年3月27日のテレビ放映終了後もラジオ放送は続けられ、1960年10月22日で終了となる。
映画も3作製作されて、第1作(1960年2月公開)に加藤弘、吉永小百合が出演した。
この間、漫画・ラジオ・テレビ・映画の4メディアで[まぼろし探偵]が子供たちを楽しませた。

[赤胴鈴之助]のさゆり役でデビューした吉永小百合が、進のガールフレンド・吉野さくら(吉野博士の孫)役としてテレビに登場し話題となる。
この吉野さくら役は、ラジオ化の際にレギュラーとして考案された役で、原作では昭和34年7月号より山吹さくらとして登場する。

[赤胴鈴之助]のしのぶ役でデビューした藤田弓子も、日の丸新聞社の給仕のミチ子役で出演することになる。

テレビ撮影は、原作通りオートバイの使用が考えられたが、すぐに成田亨デザインの空陸両用車F-59・まぼろし号に変更となった。拳銃も電波ピストルとなり、科学者・吉野博士がまぼろし探偵用に考案したと設定された。

主題歌は、ラジオ化に伴い少年画報S33年12月号で作詞が懸賞募集され、昭和34年2月16日よりラジオで毎日流れることになりヒットする。
テレビでもこれが使用される。歌詞の”オートバイ”の部分を”まぼろし号”に変更する案も出たが、レコード販売などの諸問題により変更されずに使用されたためテレビファンは戸惑うことになる。

エンディングに流された主題歌では、桑田次郎の原画をバックにして歌詞が表示された。
23回より、前編と後編に分けられ2回で1話となる。



●ラジオ放送:ラジオ東京(現・TBS)
 1959年(昭和34年)2月16日〜1960年10月22日放送、月〜土曜日、18:05〜18:25

まぼろし探偵 主題歌

  1. 赤い帽子に 黒マスク
    黄色いマフラー なびかせて
    オートバイが 空とべば
    事件のおきた 時なのさ
    ゆくぞ! それ!
    元気な少年 まぼろし探偵

  2. 親に心配 かけまいと
    アッというまの 早がわり
    二丁拳銃 火をはけば
    悪者最後の 時なのさ
    ゆくぞ! それ!
    正義の少年 まぼろし探偵

  3. にっこり笑った その顔に
    輝く希望が わいてくる
    知恵と勇気の 進くん
    平和の世界を 作るのさ
    ゆくぞ! それ!
    明るい少年 まぼろし探偵

開く コメント(1)

七色仮面

イメージ 1

イメージ 2

■1959年(昭和34年)6月3日〜1960年6月30日放映、全7部全57回、日本教育テレビ(NET、10ch)系、第5部より新七色仮面
 第1部 コブラ仮面 :全12回      第2部  :全6回
 第3部 レッドジャガー :全7回     第4部 スリーエース :全6回
 第5部 竜虎の地図 :全6回      第6部 毒蜘蛛に手を出すな :全7回
 第7部 日本は狙われている :全13回
 放映時間: 毎週水曜(第1部10話まで)18時15分〜18時45分
         毎週木曜(第1部11話より)18時15分〜18時45分
●企画:佐藤昌弘●原作:川内康範●脚本:川内康範(1部)、結城三郎(2〜4部)、松原佳成(5〜6部)●監督:島津昇一、和田篤人、飯塚増一、鈴木敏郎、他●音楽:小川寛興●製作:NET、東映テレビプロ●提供:カバヤ食品
●出演:波島進(1部〜4部)、千葉真一(5部〜7部)、安藤三男、陶隆、藤山竜一、潮健児、長谷部建、山口勇、岩城力、小林裕子、藤山竜一、阿久津克子、その他
●主題歌:七色仮面の歌(作詞:川内康範、作曲:小川寛興、歌:キング小鳩会)
●東映は、月光仮面の川内康範に原作を依頼、これに多羅尾伴内のモチーフを取入れて七つの顔をもつ正義の味方が出来あがり。劇場公開を予定して35mmで撮影された(1部〜4部劇場公開/後番組:アラーの使者)。
●主演は、少年探偵団などで人気の波島進を起用。5部からは、より子供受けを狙い元体操選手でニューフェースの千葉真一を起用し大好評を得る。

七色仮面は、TVの月光仮面(宣弘社製作)の大ヒットにより月光仮面劇場版を東映が製作公開した後に、原作を川内康範に依頼、月光仮面の魅力(人気)を備えた多羅尾伴内の子供版として破格の製作費を投入して製作された作品で、東映仮面ヒーローの記念すべき第1作となった。
第1部は、七色仮面がなかなか登場せず探偵活劇となっており低年齢の子供向けとはいいがたい(逆に言えば大人でも十分に鑑賞できる作品である)。 2部〜4部と七色仮面の登場回数が多くなり、5部以降では子供向けに徹した作りになる。
波島進の七色仮面は重みのある貫禄十分のヒーローで、千葉真一の七色仮面はアクションをふんだんに取入れたより子供受けするヒーローとなった。
敵の怪人たちは、1部 コブラ仮面(戦争時の財宝を狙いコブラを操り殺人・誘拐を引き起こす)、2部 キングローズ(銀行強盗・偽札・宝石を狙う黒幕)、3部 レッドジャガー(世界の財宝を狙い、世界征服の野望をもつ国際ギャング団)、4部 スリーエース(大富豪の財宝を狙う スペード、ハート、キングの3仮面)、5部 ゴールデンキング&怪人ブタンカン(世界の財宝に通ずる竜虎の地図を巡り悪事を重ねる)、6部 毒蜘蛛団と首領能面仮面(トルメニヤ国建設を企み古美術を狙って連続殺人を起こす)、7部 暗黒大帝(日本を狙う外国資本とその外人陰謀団)など魅力ある悪役ばかりである。

 七色仮面 主題歌

 1 とけない謎を さらりとといて
   この世に仇なす 者達を
   でんでんどろりこ やっけろ
   でんでんどろりこ やっけろ
   ななつの顔の おじさんの
   本当の顔は どれでしょう

 2 夢は七色 きれいな虹の
   みんな呼んでる 幸せを
   でんでんどろりこ もってくる
   でんでんどろりこ もってくる
   ななつの声の おじさんの
   本当の声は どれでしょう

開く コメント(0)

月光仮面

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

■1958年(昭和33年)2月24日〜1959年7月5日放映、全5部全130回、KRテレビ(現:TBS)系
 第1部どくろ仮面:2月24日〜5月17日、月〜土18時〜18時10分全71回
 第2部バラダイ王国の秘宝:5月25日〜10月12日、毎週日曜18時〜18時30分全21回
 第3部マンモスコング:10月19日〜11月30日、毎週日曜18時〜18時30分
            12月7日〜12月28日、毎週日曜19時〜19時30分全11回
 第4部幽霊党の逆襲:1月4日〜3月29日、毎週日曜19時〜19時30分全13回
 第5部その復讐に手を出すな:4月5日〜7月5日、毎週日曜19時〜19時30分全14回
●企画:小林利雄●原作・脚本:川内康範●監督:船床定男●プロデューサー:西村俊一●音楽:小川寛興●製作:宣弘社●提供:武田薬品
●出演:大瀬康一、久野四郎、谷幹一、宮田洋容、武藤英司、高塔正康、赤尾関三蔵、その他
●主題歌:
月光仮面は誰でしょう(作詞:川内康範、作曲:小川寛興、歌:近藤よし子・キング子鳩会)
月光仮面の歌(作詞:川内康範、作曲:小川寛興、歌:三船浩)
●国産初のスーパーヒーロー。最高視聴率67.8%(平均40%台)を記録。 あまりの人気のため月光仮面の真似をして、高所より飛降りて怪我をする子供が続出し、惜しまれつつも短期で終了となる(後番組・豹の眼)。
●主演の大瀬康一は、当時、東映の大部屋にいたが5人の候補の中より選ばれた。
 本名・大瀬一靉(かずなり)と難しいので原作の川内康範の薦めにより康一となる。


  月光仮面は誰でしょう

 1 どこの誰かは 知らないけれど
   誰もがみんな 知っている
   月光仮面の おじさんは
   正義の味方よ 善い人よ
   疾風のように 現われて
   疾風のように 去って行く
   月光仮面は 誰でしょう
   月光仮面は 誰でしょう

 2 どこかで不幸に 泣く人あれば
   かならずともに やって来て
   真心こもる 愛の歌
   しっかりしろよと なぐさめる
   誰でも好きに なれる人
   夢を抱いた 月の人
   月光仮面は 誰でしょう
   月光仮面は 誰でしょう

 3 どこで生れて 育ってきたか
   誰もが知らない なぞの人
   電光石火の 早業で
   今日も走らす オートバイ
   この世の悪に かんぜんと
   戦い挑んで 去って行く
   月光仮面は 誰でしょう
   月光仮面は 誰でしょう

開く コメント(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事