音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

オーディオ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

「ぼくの宝物」会社の広報誌への投稿文より

いまでも現役のLPプレーヤー、アナログレコードが「ぼくの宝物」です。

 中学生時代に収集したアナログレコード、高校生時代に入手したLPプレーヤーが「ぼくの宝物」です。LPプレーヤーは今から41年前の1972年頃のもので今でも現役です。

 私は趣味で少々オーディオをかじっていますが、普段はCDオンリーで、アナログレコードは全く聴いてません。今回「ぼくの宝物」というテーマで会社の広報誌に投稿を頼まれ、久しぶりに音を出してみました。

 さて、そこで再生された音は、現在のCDを凌駕する大変素晴らしい音質でした。CDでは人間が聞こえない20kHz以上の高周波数帯域がカットされています。この帯域に高次倍音が含まれ、人間はその音に「深み」を感じます。今、巷でアナログレコードへの回帰現象が起こっているのは、これが理由です。

 短時間のレコード鑑賞でしたが、ノスタルジックなアナログレコードの良さを再認識しました。CDと比べてノイズは大きく、レコード独特のパチパチいうスクラッチノイズもあります。かける度に、レコード盤と針のクリーニングを行います。しかし、そんな手間を差し引いても、レコードには捨てがたい魅力があります。アナログサウンドは大変聞き易く、アナログ独特の厚みも魅力的です! きちんと調整すると、CD以上の音が出ます!  良い音で聴くには、それなりの深さがあり、時には鳥肌が立つほど素晴らしい音を奏でるレコード。そんなところにも趣味的な要素が強く、心をくすぐります。私が若かった頃、40年くらい前の学生時代、一生懸命少ないおこずかいをやりくりして集めて聴いたレコード、今聴くと、あの頃のたくさんの思い出が、音楽と一緒に甦ってきます。

 レコードの写真は特に思いで深いものです。
 ・カラヤン、フェラス、BPO、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(協奏曲への入門でした)
 ・カラヤン、BPO、ベートーヴェン:交響曲全集 (ベートヴェンと交響曲への入門でした)
 ・ベーム、ベルリン・ドイツ・オペラo、モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」(私のオペラの原点です))

イメージ 1

現在のシステムは、ピュア・オーディオとAVシステムを完全分離しています。

AVシステムはシャープ52インチモニターにデノンAVC-4310とパイオニアSシリーズで7.1Chシステムを構築しています。

ピュア・オーディオのメインスピーカーは、タンノイturnberry/se、サブスピーカーは、パイオニアS-A77TBです。

メインスピーカーのタンノイがソースを選ぶため、音質がフラットで自然、どのソースもそつなくこなすパイオニアS-A77TBとソースにより切り替えて使用しています。

スピーカーの切り替えは、スピーカーセレクター:ラックスのAS-50Rを使用、付属のリモコンにより、音楽信号をディスクリート配線した大型スピーカーリレーを動作させる方式で、リスニングポイントにいながらにして、快適な切り替え操作ができます。

タンノイ

タンノイのターンベリー/SEが家に鎮座して一年余。
クラシック音楽を100リットルの箱で豊満に奏でています。
一癖あるスピーカーで、クラシック音楽限定です。
人生の終わりまでお付き合い願うつもりです。

好楽家には是非聴いて頂きたいスピーカーです。

効果はよく分かりませんが、超高音域再生にリボン型スーパーツイーターPT-R4を追加しています。

イメージ 1

SHURE V15 Improved

イメージ 1

アナログ時代には幾つかのカートリッジを経験したが、一番気に入っていたのがこのSHURE V15 Improved
同じくオーディオマニアである東京の叔父からの兄を経由して頂いた
非常にフラットで癖のない素直な音質で長期にわたり楽しめた
交換針が高価なのがネックで、途中で安価なテクニカに乗り換えた
針が入手できれば、再びV15兇妊▲淵蹈阿魍擇靴澆燭

所有のプレーヤーはマニュアル操作のテクニクス初代SL1200
昨今、途中で転寝してしまう事が多いので、フルオートプレイヤーの必要性を感じる

<<スペック>>
SHURE  V15Improved
■発売年 1970年     

●MM型カートリッジ
●出力電圧/3.5mV
●再生周波数/20Hz〜25kHz
●出力インピーダンス/650Ω
●負荷抵抗/47kΩ
●chセパレーション/25dB (1kHz)
●chバランス/2dB (1kHz)
●針先/Biradial 0.2×0.7mils
●針圧/0.75g〜1.5g
●カンチレバー/アルミ
●自重/6.8g
●交換針/VN15E (Red)

スピーカー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

●現在のスピーカー
・ダイヤトーン(DIATONE) DS-503(1981年、\125,000×2)
 当時、ワイドレンジと高解像度がウリだった
 ウーファー:高抗張力ポリアミド繊維32cm高抗張力ポリアミド・ハニカム・コーン
 スコーカー:6.5cmDUDボロンミッドレンジユニット
 トゥイーター:2.3cmDUDボロントゥイーターユニット
 重量:32Kg

●スピーカー考え
14畳のリスニングルームで聴いている。
これと言って現在のスピーカーDS-503に不満は無い。
しかし、購入後25年を経過し、昨今のスピーカーが気になる。
この四半世紀の技術革新で劇的に良い音がするのか?・・・・・

流行のトールボーイ型スピーカー、
スペースファクターは良いが、小口径ウーファーで重低音は出るの?
トールボーイでも価格が上がると口径が大きくなるではないか
重低音用のサブウーファーは25cm〜30cmが使われているではないか

●気になるメーカー
予算は50万円を越えない程度が限度だが

・タンノイは?
・JBLは?
・KEFは?
・DALIは?
・B&Wは?
・audio proは?
・MONITOR AUDIOは?
・ヤマハは?
・パイオニアは?

高価で長く付き合うものなので失敗は許されない

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事