音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

妖刀村正

イメージ 1

一時期、亡父が日本刀を収集していた
その影響で少なからず興味がある

まず、その美しさに心を奪われる

日本刀といえば、まず村正
テレビの時代劇でも頻繁に出てくる名刀

私は日本刀を美術品として鑑賞する

自宅の和室、床の間に、この村正の模造刀を飾り、部屋を引き締めたい


●妖刀村正 伊勢千子村正

よく妖刀村正と呼ばれるが、徳川家康が勝手に妖刀呼ばわりしてただけで、本来は普通の日本刀である。しかし、刀身に彫ってある仏教用語や彫刻を見ると、たしかに妖刀みたいに見えてくる。徳川家康が村正を妖刀扱いした理由は、家康の祖父の清康、父親の廣忠、長男の信康が皆村正で死に、家康自身も関ヶ原で村正の槍で傷を負ったことにある。

徳川家康が忌み嫌った村正は、当然「反徳川派」には愛された。反徳川派は皆村正を使ったので、村正の価値は急上昇し、偽物も大量に出回った。「真田幸村」「毛利秀元」「島津義弘」「由井正雪」など、反徳川派の名将たちの愛刀は当然のように村正であった。


●村正(むらまさ)は、刀剣・日本刀の名。または刀匠の名。千子村正。

村正は、濃州赤坂左兵衛兼村の子と伝えており、赤坂千手院鍛冶の出である。最上大業物の大家である孫六兼元と親交があったと伝えている。その根拠は、村正の遺作のなかに「三本杉」の作が残されているからである。赤坂千手院で修行した後に、伊勢国桑名で千子派を旗揚げした。

伊勢で二代兼定とも親交があったと伝えている(二代兼定は伊勢の山田で鍛刀していた時期がある)。村正とみて「イヤ」であったなら「二代兼定」とみる、「二代兼定」とみてイヤであったなら「村正」とみるという鑑定上の掟がある。

五郎入道正宗の弟子という俗説もあるが事実無根である。そもそも正宗は、鎌倉時代末期、村正は室町時代中期以降が活動時期であり、活動の地域や作風も全く異なる。また村正は、同名で少なくとも3代が存在するというのが定説である(前述の、二代兼定と兄弟弟子であったとも言われているのが初代)。


●妖刀・村正のエピソード
土州土佐郡潮江村砂入 福原竹五郎という藩士は精神に異常をきたし村正で自殺した。
戦前、東北大学工学博士・本田幸太郎が、試料を引き切る時の摩擦から刃物の切味を数値化する測定器を造ったところ、 皆が面白がって古今の名刀を研究室に持ち込んだのだが、妖刀と呼ばれる村正だけが、何故か測定ごとに数値が一定しなかった。科学雑誌『ニュートン』に書かれた、本田幸太郎伝の一エピソードである。


●村正と徳川家
村正が妖刀と呼ばれるようになった由来は、徳川家康に関わる以下の逸話が残されていることによる。

家康の祖父清康と父広忠は、共に家臣の謀反によって殺害されており、どちらも凶器は村正。また、家康の嫡男信康が謀反の疑いで死罪となった際、介錯に使われた刀も村正。さらに、家臣が偶然槍を取り落とし家康が負傷するという事件が起こり、調べてみるとこの槍も村正であったという。

これらの経緯から徳川家は村正を嫌悪するようになり、公にも忌避されるようになったという。これが転じて芝居などに妖刀として登場するようになったことで、村正は妖刀としてその名を知られるようになった。

経緯に関しては村正が徳川領・三河に近い伊勢の名工であり、単に三河に村正の絶対数が多かったためという説もある。実際、徳川に仇なすと言われつつも、徳川家康を幾度も救った徳川家の武将で、徳川四天王の一人に数えられる本多忠勝の蜻蛉切は、村正作である。

異説として、徳川家への遠慮というものがある。実は家康は村正のコレクターであり、没後、形見分けとして一族の主だった者に村正が渡され、これが徳川一門のステータスとなり、他家の者は恐れ多いとして村正の所有を遠慮するようになったが、後代になると遠慮の理由が曖昧となり、次第に「忌避」に変じていった、というものである。

徳川家からは嫌われた村正であるが、逆に徳川家と対立する立場の者には、良いゲンかつぎとして好まれた。たとえば、大阪の陣で名を馳せた名将・真田信繁(幸村)や、徳川政権初期に謀反の疑いで処刑された由井正雪も村正を所持していたという。さらに幕末期の倒幕派志士らも好んで村正を求めたといわれ(このため、多数の贋物が出回ることになった)、西郷隆盛も村正を所持していた。しかし皮肉にも、これらの所持者らも非業の死を遂げている。


●村正の妖刀
囲碁で小目への一間高かかりに対して二間で挟む定石からの変化に「村正の妖刀」なる大型定石が存在する。 この定石は昭和に入ってから誕生し双方が切り違い変化が難解で場合によっては大石が死ぬこともあり得る妖しさから、その名がついたとされている。

開く トラックバック(1)

風林火山

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

風林火山

風林火山(ふうりんかざん)は、甲斐(山梨県)の戦国大名・武田信玄の旗指物(軍旗)に記された「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の通称。実際にも使用されたが、江戸時代以降の軍記物などで武田軍をイメージするものとして盛んに取り上げられ、現在でも多くの人が「武田軍」といえば真っ先に「風林火山」を想起させる。

●歴史
「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の句は『孫子』・軍争篇で軍隊の進退について書いた部分にある「其疾如風、其徐如林、侵掠如火、知難如陰、不動如山、動如雷霆。/其の疾きこと風の如く、其の徐(しず)かなること林の如く、侵掠すること火の如く、知りがたきこと陰の如く、動かざること山の如く、動くこと雷霆(らいてい)の如し」からの引用。これは「移動するときは風のように速く、静止するのは林のように静かに、攻撃するのは火のように。隠れるには雲のように、防御は山のように、出現は雷のように」と言う意味である。各版本によっては「知難如陰」と「不動如山」が逆に記されている場合もあり、信玄はそうした版の前四句を採用したものと思われる。

●経緯
この風林火山の陣旗の始祖は本当の所は武田信玄ではない。風林火山の旗印は信玄よりも200年早く、南北朝時代の若き公卿武将で鎮守府将軍であった北畠顕家が、京を制圧した足利尊氏を打倒するために奥州多賀国府(現在の宮城県多賀城市)で兵を挙げた時から使用していた陣旗であった。

北畠顕家は平安時代後期から鎌倉時代後期まで活躍した村上源氏を始祖としており、学識も深く、孫子に深く傾倒していたと思われる。北畠顕家はこの風林火山の旗印を用いて、一度は足利尊氏をあわや自害のところまで追い込んだのである。

北畠顕家は南北朝を経て戦国期には、「太平記」や「梅松論」、父の北畠親房が記した「神皇正統記」などの書物によって名将として親しまれ、したがって信玄も北畠顕家の風林火山の陣旗を参考に陣旗を作ったと考えられるのである。

また、信玄は信仰する諏訪明神の加護を信じて「南無諏方南宮法性上下大明神(なむすわなんぐうほっしょうかみしもだいみょうじん)」を本陣旗としている。

この話は武田信玄の逸話として有名なものであり、そのためか風林火山を題材とした作品や、名前を引用したものが多く存在する。

ねむけを防止

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

◎エスタロンモカ錠
■エスタロンモカ錠は、ねむけを防止する医薬品です。主成分の無水カフェインが大脳皮質に作用してねむけを除きます。さらに、神経の働きをよくするビタミンB1を配合、カフェインの効果をたかめ倦怠感を取り除きます。会議の時、深夜の残業、受験勉強など、ねむけをとりたいときに効果的です。
■希望小売価格 24錠 420円(税込み)
■効能・効果
・ 睡気(ねむけ)・倦怠感の除去
■用法・用量
・ 次の1回量を1日3回まで服用できます。ただし、短時間内の服用および連用を避けてください。
■成分 1錠中
無水カフェイン 100mg
ビタミンB1硝酸塩 5mg


◎エスタロンモカ内服液
■エスタロンモカ内服液は、ねむけを防止する医薬品です。コーヒー3杯分のカフェインを配合、ねむけ・だるさを除きます。さらに、神経の働きをよくするビタミンB1をはじめ、ビタミンB6、グリセロリン酸カルシウム、ニコチン酸アミドの4つの成分がカフェインの効果をたかめます。飲みやすいコーヒー風味。
■希望小売価格 30mL×2本 924円(税込み)
■成分 30mL中
カフェイン 150mg
ビタミンB1塩酸塩 10mg
ビタミンB6 5mg
グリセロリン酸カルシウム 20mg
ニコチン酸アミド 15mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 1000mg


◎エスタロンモカ12
■エスタロンモカ12は、ねむけを防止する医薬品です。コーヒー3〜4杯分のカフェイン(大人1回服用量中)を配合、大脳皮質に作用してねむけを除きます。さらに、神経の働きをよくするビタミンB1・B6・B12がカフェインの効果をたかめ倦怠感を取り除きます。会議の時、深夜の残業、受験勉強など、ねむけをとりたいときに効果的です。
■希望小売価格 20錠 504円(税込み)
■成分 2錠中
無水カフェイン 200mg
ビタミンB1硝酸塩 5mg
ビタミンB6 5mg
ビタミンB12 7.5μg


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

パキシル30mm服用のせいか、日中眠い。
特に会議がつらい。
何かいい方法はないか。
コーヒー程度のカフェインでは役立たず。
コーヒー一杯はカフェイン50ml位です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<<Web検索情報>>
・薬局でカフェインの錠剤を購入。(一箱1000円前後)
 お茶やコーヒーと一緒に飲んではいけません。(効き過ぎるので)
 飲み過ぎるときかなくなります。用法・用量を守って服用し。

・1.5の倍数(1.5、3、4.5、6、7.5)の睡眠時間

・速寝

・コーヒー?それならエスタロンモカに代表されるカフェイン錠剤の方が安く、効果的。        胃への負担も少ない。

・薬局で買える眠気覚まし剤といえば、後は栄養ドリンクと、エフェドリンの錠剤。
 カフェインもエフェドリンも普通に風邪薬などに含まれているもので全く安全。

・コンビになどで買えるスッキリ系のガム。
 香りもカフェイン等の成分も覚醒作用がある上に、噛むというのは眠気覚ましの運動。
 人が眠いときあくびをする本能も、顎の運動による目覚まし効果があるからです。

●各種飲料、薬剤のカフェイン含有量
ドリンク剤のカフェイン量
製品名/規格/製造元/カフェイン/アルコール
リボビタンD /100ml/大正製薬/50mg/−
リボビタンゴールド /50ml /大正製薬/40mg/○
リボビタンDスーパー /100ml/大正製薬/50mg/−
リボビタンA /50ml /大正製薬/− /○
アリナミン∨ /50ml /武田薬品/50mg/−
リゲイン /50ml /三共 /50mg/○
新グロモント /100ml/中外製薬/30mg/−
グロンサンDX /50ml /中外製薬/50mg/○
グロンサン内服液 /20ml /中外製薬/50mg/−
チオビタドリンク /100ml/大鵬薬品/50mg/−
プラセントップ液 /30ml /エスエス/50mg/−
ローヤルグロンビター内服液/30ml /常盤薬品/40mg/○
ビタシースーパーゴールド /50ml /常盤薬品/50mg/−
ユンケルD /50ml /佐藤製薬/50mg/−
ユンケル黄帝液 /30ml /佐藤製薬/50mg/○

出典:健康スポーツドクターへの道(南山堂) 資料4.市販ドリンク剤のカフェイン含有量

各種茶類のカフェイン含有量(浸出液)
カフェイン (%)
玉露 0.16
せん茶 0.02
番茶 0.01
ほうじ茶 0.02
玄米茶 0.01
ウーロン茶 0.02
紅茶 0.05
レギュラー・コーヒー 0.04
※ソリュブル・コーヒー 0.05

資料:四訂食品成分表及び※はネスレ日本(株)調べ。

鎮痛薬のカフェイン含量
バファリンA錠(ライオン)    なし
ナロンエース錠(大正)  2錠中 50mg
ノーシン錠(アラクス)  2錠中 70mg
イプA錠 (エスエス)   2錠中 80mg
新セデス錠(シオノギ)  1錠中 40mg
ナロン錠(大正)     2錠中 50mg
ハッキリエース顆粒(小林) 3包 225mg
セデスハイ 錠(シオノギ) 1錠 25mg
ケロリン散(内外薬品) 1包中 60mg
小児用バファリンC蕎(ライオン) なし
カフェルゴット 無水カフェイン 100mg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
眠気防止剤 (カフェイン主薬のクスリ)
「無理やり起きろ!」眠気防止剤です。
栄養ドリンク剤を、眠い時に使う人も多いと思いますが、栄養ドリンク剤に入っているカフェインの量は、だいたい50mg。1杯のコーヒーくらいです。 一方、眠気防止剤には1本あたり100mg以上、200mg入っているものもあります。

■ ネーミングのインパクト
眠眠打破(常盤薬品・清涼飲料水)
ミンミン・ダハ!
ミンミン・ダハ!
とてもインパクトのあるネーミングです。私は、インパクトのある名前を見ると、
どうしても、小林製薬を思い出します。

それはさておき、眠眠打破(みんみんだは)は、カフェイン配合の清涼飲料水です。
一見して、ドリンク剤に見えますが、クスリ(医薬品・医薬部外品)ではありません。

医薬品・医薬部外品には、厚生労働省に製造承認申請をする際に、コストと時間がかかります。それを、はしょったのかもしれません。でも、製薬会社の出しているものですから、品質は間違いないと思います。

■ 眠眠打破(みんみんだは;常盤薬品)
分 類 ;清涼飲料水
量    ;50mL
価 格 ;300円
味    ;濃いコーヒー味
成 分 ;1本中にレギュラーコーヒー約2杯分(120mg)のカフェイン、
      ビタミンB1,B2,B6,菊花エキス(※)配合。

※菊花(キクカ)は、目がしょぼしょぼしたり、頭痛がしたりした時に良い生薬(しょうやく)です。
 眠眠打破は、コンビニで買えます。

■ カゼ薬とドリンク剤を一緒に飲むと、カフェインの取りすぎですか?

・カゼ薬に含まれているカフェインは、たいてい、25mg(1回服用分)
・栄養ドリンク剤1本のカフェインは、たいてい、50mg

コーヒーや緑茶のカフェインも1杯につき、50mgくらいはあります。
カゼ薬とドリンク剤を合わせて飲んでも「75mg」なので、問題ありません。

■ いったい、カフェインをどれだけ飲んだら体に悪いのですか?
1回につき500mg、1日に1グラム(1000mg)以上とると、胃部不快感、動悸(どうき)
などの副作用が起きやすくなると言われています。

1歳2ヵ月の女の子がカフェイン2グラム誤飲し、目はひっくり返り、強いけいれんで入院した事例もあります。処置を受けて数日後に回復しました。なぜそんなものが、子供の届くところにあったのかナゾ。
(前山昌隆ら;日本小児科学会雑誌 1995より)

ヒトでの経口致死量は、推定で10グラムだそうです。
ドリンク剤にしたら、200本分です!(誰も飲まね〜)

■ カフェインが主役!(主薬)のクスリ(眠気防止剤)
薬局・薬店で買える、医薬品のカフェインです。

・アオーク (大正製薬 )50mLのドリンクタイプ
 1本にカフェイン200mg配合。
 2本840円。1本420円。
 (タウリン、ビタミンB1、B2、カルシウム配合)

・エスタロンモカ内服液 (エスエス製薬) 30mLのドリンクタイプ
 1本にカフェイン150mg配合。2本で924円。タウリン、ビタミン
 B1、B6、カルシウム、ニコチン酸アミド配合。

・カフェロップ (第一製薬 )コーヒー味ドロップタイプ
 カフェイン12粒中500mg配合。1回4粒1日3回。
 これもアメっぽいですが、立派な医薬品です。
 お子様にあげないようにご注意下さい。

・ベッセンティー (日本医薬品工業) 50mLのドリンクタイプ
 1本にカフェイン200mg配合。
 2本で760円。1本で380円。
 (オロット酸コリン※、グルクロノラクトン配合※)

※オロット酸コリンはビタミンの一種。グルクロノラクトンは肝機能改善剤。

眠気防止剤は他にもいろいろあります。店頭で見てみてね!
コーヒー味が多いのは、カフェイン=コーヒーというイメージからでしょうか?

●●●●●●●● まとめ ●●●●●●●●
・カフェインのいっきのみは、最高で1回 200mgマデと心得よ
・コーヒーとドリンク剤、どちらも1杯50mgで、カフェイン量は同じ
・胃が荒れているときは控えるか、胃腸薬か牛乳でも飲んでおけ
・ドリンク剤とカゼ薬のカフェインたしても「50mg+25mg=75mg (1回分)」だ、心配するな
・妊婦さんは、なるべくカフェインレスを心がけよ
 (緑茶は少なめに。がぶがぶ飲むなら麦茶にしよう)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  先日新聞に、「かぜの新常識」と題して、クスリはいらない!というコラムがありました。
内容は(かなりはしょりますが、)かぜはウィルスからくるものが殆ど(ほとんど)なので、細菌にしか効かない抗生物質は不要、その他のクスリも全部不要、
・寝る
・水分を取る
・野菜や果物をたっぷり摂る
・乾燥を避ける(加湿する。加湿器がなければ洗濯物を吊るす)
これらをやってれば治る!というもので、お医者さん(日本呼吸器学会)から2003年

サイクルメーカーです

イメージ 1

自転車製造メーカーです。
私は10代はブリジストン、20代はフジでした。
当時として高価な自転車でした。

●丸石自転車
http://www.maruishi-cycle.com/

●宮田工業
http://www.gear-m.co.jp/

●ブリジストンサイクル
http://www.bscycle.co.jp/

●パナソニック サイクルテック
http://www.panabyc.co.jp/

●FUJI
http://www.akibo.co.jp/fuji_contents/index.html

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

学生時代(30年前)、滋賀から函館までは国鉄(現JR)で輪行し、北海道一周自転車旅行を行ないました。近々、体力作りも兼ねて、自転車に回帰予定。


サイクリング用車の特徴

サイクリング用車は、長距離を楽に走れるように設計されている。

サイクリングは走る場所、走る距離、走り方などに合わせて使用する自転車の種類を選ぶことによって、安全で快適なサイクリングを楽しむことができる。

●低めのギヤ比設定
 サイクリングの 醍醐味は日常性を脱出して 峠の景色を楽しんだり、 山道を走行するために 低めのギア比を設定し、登りの効率をよくしている。

●ボトル&ボトルケージ
 夏場はもちろん、冬場でもサイクリング中の水分補給は必要不可欠。 自転車専用のボトルがあれば走行しながらも安全に水分を補給することができる。

●ヘッドランプ/リフレクタ
 峠のトンネル通過や予定外の夜間走行などの万一の危険防止にヘッドランプとリフレクタは、サイクリングの必需品だ。

●太めのタイヤ
 乗り心地や耐久性を高め、長時間サイクリングでの快適性を優先させるために多少の重さを犠牲にして太めのタイヤが使われる。

●フレームポンプ
 サイクリング中のパンクや道路状況に合わせて空気圧を調整するために欠かせない、フレームにセットできる空気入れ

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事