音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

懐かしのドラマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

純情きらり

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

●桜子とピアノ
音楽が好きなので、ピアノのシーンを集めてみました。

NHK朝ドラ『純情きらり』のヒロイン 宮崎あおい
 弾けなかったピアノは、音符からでなく、手の動きと音で覚え「セントルイス・ブルース」など三曲をマスター。「仕事でストレスを解消している」と、平日は毎日撮影という過酷なスケジュールを楽しんでさえいる。・・・・・と


<<Web検索情報>>
『純情きらり』(じゅんじょうきらり)は、2006年(平成18年)度上半期NHK連続テレビ小説の作品である。シリーズ通算第74作目。2006年4月3日から2006年9月30日(予定)に渡って放映する。

放送枠:連続テレビ小説
放送日:2006年4月3日 - 9月30日
放送回数:全156回

概要
主要な舞台は愛知県岡崎市。連続テレビ小説史上初の愛知県を主な舞台とした作品である。原案は津島佑子の「火の山―山猿記」。脚本は浅野妙子。同シリーズでは、平成11年度前期のすずらん以来久々に戦争を取り入れた作品である。

ヒロインの宮あおいの選定については、昭和41年度のおはなはん以来行われてきたヒロインオーディションを平成18年度分は行わずに、NHKによる直々のキャスティングとなった。

岡崎市周辺で使われている三河弁については、イントネーションがおかしいため地元では評判が悪い。


ストーリー
昭和初期、7歳になる有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元で味噌桶に落ちてしまう。4歳のときに母親・マサ(竹下景子)を病気で亡くしてから父親・源一郎(三浦友和)に男手ひとつで育てられていた。母親がいない桜子を思った周囲の人々は源一郎に再婚話を持ち込むが、桜子が亡くなった母親を恋しく思う姿を目の辺りにし、再婚を思いとどめることになった。

10年後、16歳になった桜子(宮あおい)は、周囲の反対を押し切り東京音楽学校に進学を希望する。 そんな矢先、桜子の音楽学校進学を支援してくれていた源一郎が、仕事で駆り出された土砂崩れ現場で落石に遭い、一度は意識を回復したものの結局命を落としてしまう。 長女・笛子(寺島しのぶ)は反対するが、それでも桜子は父が遺してくれたピアノを極めようと没頭する。

そして翌年、桜子は、幼なじみでよきライバルでもある松井達彦(福士誠治)と共に、音楽学校を受験する。桜子は、2次試験までは合格した。しかし、最終試験当日に、秋山のサックスの生演奏に聞き入ってしまい、遅刻してしまう。試験を受けることはできたものの、本来の実力を発揮できずに、不合格に終わった。その後桜子は、岡崎に帰ろうとしたが、西園寺公麿(長谷川初範)に励まされ、もう一度受験することを決めた。

ジャズピアニストを夢見ながら戦争に揺れる昭和の激動時代を駆け抜けるヒロイン・桜子の波乱万丈な人生を描いていく。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ストロベリー・オンザ・ショートケーキは、2001年1月12日〜3月16日のTBS系で金曜22:00〜22:54(金曜ドラマ)に放送されたテレビドラマである。野島伸司脚本。全10話。平均視聴率17.3%。ABBAの楽曲をテーマソングとして使用した事でも話題に。

ストーリー
ダテ眼鏡をかけ「もう1人の自分」を演じる気弱な高校生、まなと(滝沢秀明)はある日父親の再婚により義理の妹、唯(深田恭子)と同居する事になる。まなとに片思いする遥(内山理名)、唯に片思いするまなと、佐伯(窪塚洋介)に片思いする唯、真理子(石田ゆり子)に片思いする佐伯…と片思いの連鎖を描いた。

ちなみに題名を『ストロベリー·オンザ·ショートケーキ』の頭文字をとって『S.O.S.』と表記して使用したりしており、主題歌の題名とかけて、作品が少年少女達が日常生活で「助けを求めるシグナル」を発している様子を描いている事を暗示している。

当番組に出てくるバスは、東急バスのNI1393(三菱エアロスターU-MP218K)である。

入江まなと - 滝沢秀明
入江唯 - 深田恭子
沢村遥 - 内山理名
佐伯哲也 - 窪塚洋介
浅見真理子 - 石田ゆり子
水野妙子 - 林知花
沢村悟 - 有馬優人
入江百合江 - 岡田奈々
入江憲吾 - 永島敏行
白井孜 - 榊利彦
皆川志穂 - 中村麻美
室井悦夫 - 松尾政寿

白い滑走路

イメージ 1

白い滑走路


「白い影」に引き続き、白シリーズの第2弾「白い滑走路」。田宮は、天才外科医からりりしいパイロット役に初挑戦!クールなパイロットのプロ精神と孤独な男の愛を描く。田宮をめぐって、山本陽子演じる同僚の未亡人・里子と、松坂慶子演じるスチュワーデスの薫が繰り広げる恋愛劇の熱い火花も見所のひとつ。

ジャンボジェット機B747の機長昇格試験のため、アメリカで猛訓練を受けていた杉山は、順調に試験にパスし、妻綾子へのプレゼントを抱え、羽田に降りたった。だが、思いがけないことに、綾子は蒸発していた。綾子はなぜ杉山のもとを去っていったのだろう。杉山は打ちのめされていった。しかし、杉山は、職業人としては完ぺきすぎるほどの生活をくずさなかった。フライト中の杉山は適格な判断力でしばしば危険を回避していた。クールな杉山にスチュワーデスの折井薫は、おそれと憧れを抱いていた。だが、ふとかげりが走る横顔に、後姿に、いい知れぬ男の哀愁がただようのを薫は見逃さなかった。また、かつて杉山と腕を競った同僚パイロットの未亡人上条里子は、杉山に表立った恋愛感情は現さず、ほんのりスマートに見守っている。決して振り向かない杉山に薫と里子の女心がひかれていくのである。

田宮二郎、山本陽子、松坂慶子、高松英郎、風見章子、仲雅美、松村達雄、浦辺粂子、河原崎建三、神山繁、団次郎、深沢裕子、ほか

スチュアーデス物語

イメージ 1

スチュワーデス物語(すちゅわーですものがたり)は、1983年10月18日から1984年3月27日までTBS系列で放送された、日本航空のスチュワーデス訓練生を描いたテレビドラマ。

スチュワーデス訓練生
日本航空のパイロットであった今はなき父親の思い出を胸に、スチュワーデスへの道を進みだした高校卒のスチュワーデス訓練生・松本千秋が、厳しい訓練を受ける中で、教官との恋愛や教官の元婚約者や継父による嫌がらせ、同じ訓練生寮「くれない寮」に住む訓練仲間との友情を通じて一人前のスチュワーデスになるまでのいきさつを、日本航空の全面協力のもと計22回(+スペシャル1回)の放送で描いた大河ドラマ的作品。

当時のアイドルであった堀ちえみが主役を演じ、その大根役者ぶりが大げさで奇想天外なストーリーとマッチして、全23回の放送を通じた平均視聴率が約20%になった他、「ドジでのろまなカメ」などのドラマ内のセリフが当時流行語になるなど、一種の社会現象といっても過言でないドラマであった。放送終了後20年以上経った現在も、地方局やケーブルテレビなどで度々再放送されており、人気を博している。


原作
原作は元日本航空社員の直木賞作家、深田祐介が日本航空の新人スチュワーデスの奮闘を描いた小説「スチュワーデス物語」(新潮社刊)だが、大げさな演技と奇想天外なストーリー展開が売り物の大映テレビ制作のため、原作とは似ても似つかない内容となっている。

なお、支離滅裂といっていいストーリーにもかかわらず、日本航空の全面的な協力を得たこともあり、要所要所で本物の訓練所や飛行機、教官が出演しており、また、その後に作られたスチュワーデスを扱ったドラマに多い、海外に仕事で行けるという点(スチュワーデス刑事など)や派手な男性関係(やまとなでしこなど)に絞ったものとせず、訓練や仕事上の苦労を細かく描く点に力を入れたことにより、格段に臨場感がある内容に仕上がっている。そのためか、このドラマを見てスチュワーデスに憧れたという現役スチュワーデスが意外に多い。

出演者
そのドラマ内容の割には、「オールスターキャスト」と言って申し分ないほどの気合が入った豪華なキャストで構成されている。水を得た魚のように虐め役を嬉々として演じる往年の名優・長門裕之と、「石立鉄男節」とも言える、その独特のセリフ回しで統一された大映テレビ作品に欠かせない名優・石立鉄男の名演が光る。

また、当時新藤真理子役で出演していた片平なぎさは、非情な悪役を演じていた為、プライベートで街を歩いているときなども、ドラマの中の彼女を憎たらしく思った番組ファンから度々石などを投げつけられ酷い目にあっていたという。

松本千秋-(主人公/478期)堀ちえみ
村沢浩(478期担当教官)-風間杜夫
新藤真理子(教官の元婚約者)-片平なぎさ
柿野竜太(客室訓練部課長)-石立鉄男
火山さと子(479期担当教官)-秋野暢子

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

アテンションプリーズは、航空業界が舞台の脚本家・上條逸雄によるオリジナルのテレビドラマ。少女フレンドで連載された細川智栄子のコミックは、それをベースに漫画化したもの。

1970年8月23日〜1971年3月28日にかけて日曜夜7時30分〜8時に全32回でTBS系で放映。主人公が高校卒業後、スチュワーデス試験に合格して上京し、厳しい訓練を受けて国際線スチュワーデスとして活躍するまでを描いている。スチュワーデスという職業への認知を高めたといわれる。日本航空の協力により制作されたこともあり、のちのスチュワーデス物語(主演:堀ちえみ)とよく比較される。テーマは「美しい心」、名セリフは「私は世界一のスチュワーデスになる」。2006年4月にフジテレビ地上波で新作が放送されることに伴って最近CS放送のフジテレビ721で放送された。


2006年4月から地上波フジテレビにて、往年の名作ドラマ「アテンション プリーズ」の2006年版が連続ドラマとして制作される。
それをうけ、フジテレビ721では、オリジナルである1970年に放送の紀比呂子主演「アテンションプリーズ」を放送する。
1970年には、ジャンボジェット機就航の年という社会背景も相まってドラマがブームとなり、19時30分からの30分枠で、最高視聴率30.3%(全32話の平均でも28.0%)を記録した話題の作品。このドラマをきっかけにキャビンアテンダントが憧れの職業として人気急上昇するほど、社会現象を巻き起こした。さらに、時代を象徴する、女優陣のミニスカートにも注目! 「アテンションプリーズ」で懐かしむ人も初めて見る人も、まずはフジテレビ721で1970年版をチェック!! 

 フジテレビ721+739 初回放送日:2006/04/03

美咲洋子(紀 比呂子)は、当時誰もが憧れた職業、世界一のキャビンアテンダントになることを目指している。試験に合格した洋子は佐賀から単身上京したが、厳しい訓練やライバルとの対立のなか、何度もくじけそうになる。しかし、持ち前の明るさで困難を乗り越え、やがてキャビンアテンダントとして成長していく。
<原案>上條逸雄
<脚本>上條逸雄 ほか
<主題歌> ♪「アテンション プリーズ」 / ザ・バーズ
<出演>紀 比呂子、范 文雀、皆川妙子、高橋厚子、佐原健二、山内賢、竜雷太、黒沢のり子、麻衣ルリ子、明美幸代、安倍みどり、加藤弥生、野村順子、池田満美、原久子、福井つなよ、蔵悦子、石津康彦、笠置シヅ子、千石規子、藤田進 ほか


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事