音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

懐かしのドラマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

水戸黄門〜月形龍之介

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

水戸黄門さんは東野さんでも、西村さんでもありません。
私にとって黄門さんは月形龍之介さん、ただ一人です。


水戸黄門(みとこうもん)は、徳川光圀の異称であり、ふつうは光圀主従が世直しのために諸国漫遊の旅をするという架空の物語・時代劇を指す。かつてはもっぱら水戸黄門漫遊記(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれた。メディアとしては、講談・歌舞伎・演劇・小説・映画・テレビドラマ・漫画などに広く及ぶ。

実在の水戸藩主徳川光圀は、『大日本史』編纂のために家臣の儒学者らを日本各地へ派遣したといわれているが、彼自身が諸国を漫遊したという史実はないとされている。在世当時の光圀は名君としての誉れが高く、亡くなったときには

「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」
という狂歌が流行った。このような名君としての評判や、幕末における水戸学の浸透が後の物語の形成に影響していると思われる。ただし、光圀は『大日本史』編纂のために藩の財政を傾けて藩や領民を苦しめた暗君という見方もある。後の物語の素材としては、光圀の伝記といわれる『桃源遺事』『久夢日記』や『水戸黄門仁徳録』などが残された。

ラーメン・餃子・カレーなどを日本人で初めて食べたのは水戸黄門である。

水戸黄門漫遊記
幕末になって、講談師(氏名は不明)がこれらの伝記や十返舎一九作の滑稽話『東海道中膝栗毛』などを参考にして『水戸黄門漫遊記』を創作したと考えられている。内容は、光圀がお供の俳人を連れて諸国漫遊して世直しをするというもので、大変な人気作となった。

明治になると、大阪の講釈師玉田玉知がお供を俳人ではなく家臣の佐々木助三郎(介三郎、助さん)と渥美格之進(格さん)とする話に膨らませて、さらに人気の題材となっていった。徳川幕府が衰退した幕末から維新後の明治・大正・昭和の大戦前にかけて徳川氏への評価が著しく低下したにもかかわらず、黄門物がもてはやされた背景には、実在の光圀が天皇を敬ったり楠木正成を忠臣として称え、『大日本史』編纂や水戸学が尊王論や天皇制・南朝正潤論に多大な影響を及ぼしていることと関連していると考えられよう。


時代劇の定番として
明治末期に日本でも映画製作が始まると、時代劇映画の定番として『水戸黄門漫遊記』ももてはやされ、大戦前から戦後にかけて数十作が製作された。戦前〜戦中には、山本嘉一、大河内傳次郎、市川右太衛門ら時代劇の大スターたちが黄門を演じている。黄門が老け役であることを嫌った大河内や市川のために、若侍との一人二役が設定された。

戦後は占領期の剣劇禁止を経た後に、東映が月形龍之介を主演にシリーズ化した。初期の月形黄門はB級作品であったが、好評のためオールスター大作が作られるようになり、題名も従来の『水戸黄門漫遊記』から単に『水戸黄門』が主流になっていった。月形シリーズでは、昭和34年(1959年)の『水戸黄門 天下の副将軍』が名高い。月形黄門の興行的成功により、各社が競作したが月形作品には及ばなかった。

テレビ時代になると、東京放送(TBS)がやはり月形を主演にテレビドラマ化(ブラザー劇場)し、さらに月形と同様に悪役が多かった東野英治郎を主演に起用したナショナル劇場シリーズ『水戸黄門』になって現在まで続いている。このドラマでは脚本家の宮川一郎の案により、ドラマの毎回の佳境で三つ葉葵の紋所が描かれた印篭を見せて「ひかえおろう。この紋所が目に入らぬか」と黄門の正体を明かすという筋書きが創られたが、現実には考えにくい設定である。


あらすじ・内容
ときは元禄、「犬公方」こと五代将軍徳川綱吉の治世。藩主を隠居して黄門(中納言の唐名)となった光圀は、お供の俳人を連れて、諸国漫遊を兼ねて藩政視察の世直しの旅に出る。悪政を行なう大名・代官などがいれば、光圀は自らの俳号「水隠梅里」を書き記すなどしてその正体をほのめかし、悪政を正す。

お供は明治の講談以降、佐々木助三郎と渥美格之進の二人に定まった。現実の光圀は、家臣の佐々十竹(さっさじっちく、佐々介三郎、佐々宗淳)らを各地へ派遣しており、彰考舘総裁であった佐々と安積澹泊(あさかたんぱく、安積覚兵衛)の二人が助さん・格さんのモデルと見られている。家臣の藤井紋大夫を斬殺したことなども脚色された。幕末〜大戦前の講談・小説などでは、湊川に楠木正成の墓参に行くなどの尊王論的色彩が強かったが、大戦後の映画やテレビドラマではそのような尊王色は払拭されていった。

水戸黄門(みとこうもん)は、1964年11月2日〜1965年12月27日(別に10月11日と言う資料もある)に「ブラザー劇場」(TBS系・月曜19:30〜20:00)枠で放送された時代劇である。全61回。モノラル放送。

「水戸黄門」と言えば「ナショナル劇場」版が有名だが、実はこの「ブラザー劇場」版が初のテレビドラマ化である。

光速エスパー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

『光速エスパー』(こうそくエスパー)は、1967年8月1日から1968年1月23日まで日本テレビ系で全26話が放送された、宣弘社製作の特撮番組、および劇中に登場する主人公の通称。

概要
「エスパー」というタイトルだが、主人公は超能力者ではない(サブキャラである善悪の宇宙人たちは超能力を持っている)。自力で超人的な主人公が奇抜な扮装をしているのではなく、特徴的な装束そのものが能力を持っている、という「強化服」の概念を広めた先駆的な作品。その意味では、後のスーパー戦隊シリーズやメタルヒーローの源流の一つとも位置づけられる。また「中の人」はまったく普通の少年であることは、当時一層視聴者に親しみと憧れをかきたてた。

怪獣ブーム以降の作品にもかかわらず、巨大怪獣が登場するのではなく、劇中で起きるのは怪事件、怪現象である。特撮予算が割けなかったこと、エスパーが基本的に等身大ヒーローであることもあるが、スポンサーの意向もあり、当時としてはSFテイストをもった良質のプロットが多く投入され「科学時代に相応しい(当時のキャッチフレーズ)、科学が問題を解決する明るい未来の物語」に仕上がっている。

当初から家電メーカー東芝をスポンサーとして企画されており、主人公「東ヒカル」の命名は同社のイメージソングの一節「光る東芝」から採られている。作中にはご丁寧に芝光子というガールフレンドまで登場する。「サザエさん」に先行する東芝のマスコットキャラクターとして、全国の電気店のシャッターにイラストが描かれ、店頭に販促用のディスプレイ人形が設置された。また「エスパー」は同社の電動鉛筆削り器のペットネームとしても使用された。

メディア提携として、本放送時にはあさのりじが、再放送時には松本零士が雑誌連載を行った。松本版は仕事を受けるにあたって「好きにやらせてくれるなら」という条件を出したこともあり、全くのオリジナルストーリーになっており、後に主人公名が『宇宙戦艦ヤマト』に流用され、主人公の境遇は『銀河鉄道999』の星野鉄郎のキャラクター原型の一つとなった。この松本版も東芝オフィシャルなものとして扱われ、広告や系列電気店のシャッター図案も後期は松本のデザインしたキャラクターに差し替えられている。強化服と一体のフルフェイスヘルメットをかぶり、耳のアンテナがレシーバの中心を通っていない(パーマンのそれに類似)のがあさのりじのデザインしたキャラクター、ブーツとレシーバとショルダージェットが特徴的にディテールアップされウエストにベルトのある強化服、レシーバの中心軸と合ったアンテナをつけたジェット型のヘルメットをかぶり、極端なパースがつけられて左右の瞳の大きさが異なる絵が松本のデザインしたキャラクターである。


ストーリー
TV版
ごく普通の中学生、東ヒカルは、両親と共に気球の遊覧飛行を楽しんでいる際に墜落事故に遭ったが、全員奇跡的に一命を取りとめた。事故の真相は、ギロン星人に母星を滅ぼされ、地球にたどりついた善意の宇宙人エスパー星人の夫妻が気球に接触して起こしたもので、実は光の両親はその際に死亡しているが、エスパー星人の夫妻が光への贖罪の意味も込め光にも秘密で入れ替わり、以後、家族として生活している。そして、ギロン星人も地球にやってきたことを察知したエスパー星人らは、光波エネルギー研究所で強化服を開発中の朝川博士(ヒカルの叔父)に、ひらめきを模したテレパシーを送り、エスパー星の科学力を反映させてこれを完成させる。そして、強化服装着者に選ばれた光は「光速エスパー」として、小鳥型サポートロボット「チカ」を介して常に共にあるエスパー星人の母と共に、ギロン星人の地球侵略作戦である数々の怪事件を解決していく。


光速エスパーの歌
昭和42年8月1日

吉岡 治 作詞  服部克久 作曲  望月 浩 唄

バババババビュンと空を行く
バババババビュンと空を行く
光より速いのさ
輝く強化服 かっこいいぞ
僕らの 僕らの光速エスパー

ガガガガガガーンとどんな敵も
ガガガガガガーンとどんな敵も
平ちゃらさ負けないぞ
KOパンチだかっこいいぞ
僕らの 僕らの光速エスパー

ピピピピピキュンと誰か呼ぶ
ピピピピピキュンと誰か呼ぶ
すぐに行く 助けるぞ
七つの能力かっこいいぞ
僕らの 僕らの光速エスパー

バババババビュンと燃えている
バババババビュンと燃えている
太陽のエネルギー
ファイトは満々かっこいいぞ
僕らの 僕らの光速エスパー

ウルトラセブン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

主題歌の前奏部分のホルンの遠吠えが大好き。
それと、「モロボシ・ダンの名を借りて」のくだり

<<Web検索情報>>
音楽
劇中音楽は冬木透が担当した。主題歌は、印象的な重厚な和音とそれに続くコーラスで始まることで有名で、ホルンによる「合いの手」が入ることも極めて特徴的である(このような特徴は当時の同種の作品には見られない)。実相寺昭雄の回想によると、これには「子供たちにハーモニーの楽しさを伝えよう」という製作サイドの意図があったという。実際に子供たちの間では、冒頭のコーラス部分が一人では完全に歌えないため、何人かで集まって歌うことも行われた。この曲は、クラシック音楽の世界で「英雄の調」といわれる変ホ長調で書かれている。最終回には、シューマンのピアノ協奏曲イ短調が使われていることなど、音楽の面ではクラシック音楽志向が伺われる。ちなみに主題歌を歌っている男性コーラスグループ「ジ・エコーズ」とは尾崎紀世彦がメンバーを務めていた「ザ・ワンダーズ」の変名である。冒頭の「セブン〜」の男性コーラスの三人目が尾崎氏である。また、ロック色の強かった『ウルトラマン』から一変して、ジャズ調が多くなっている。


『ウルトラセブン』は、1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日にTBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に全49話が放映された、円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組の名称、あるいはその劇中に登場する巨大変身ヒーローの呼び名である。番組としてはウルトラシリーズ、ひいては特撮ドラマの最高傑作と評されることも多い。


■解説
地球防衛軍の中でも特に優秀な隊員で結成された「ウルトラ警備隊」の前に、モロボシ・ダンと名乗る謎の青年が現われる。彼の正体は、M78星雲の光の使者(恒点観測員340号)・ウルトラセブン。優秀な頭脳と強靭な肉体を持ち、宇宙人の攻撃にもひるまず立ち向かったダンは、めでたくウルトラ警備隊の隊員となり、地球に襲い来る宇宙人達と激闘を繰り広げていくのだった。

 「ウルトラセブン」のセブンは、日本に駐留するアメリカ軍の第7艦隊を暗喩しているという説もある。ウルトラ警備隊は、自衛隊。

 メカニック描写、画面構成、そしてハードな展開と、一連のウルトラシリーズの中でもファンの間から特に支持されている一本。平成の世に入って、オリジナルビデオ作品として新シリーズも製作された。

 またファンの間では、放映後のトラブルから封印された“12話”「遊星より愛をこめて」の存在が必ず話題になる。主人公の森次氏は、その後「ウルトラマンレオ」で隊長役も務めた。

 セブンは、ウルトラシリーズの最高傑作とも評されることが多い。

ウルトラQ

イメージ 1

小学6年だったか。
ヒーローが存在しないドラマだったので面白かった。
ストーリーに工夫があった。
毎回、ウルトラマン対怪獣ではマンネリです。

<<Web検索情報>>
『ウルトラQ』(ウルトラキュー) は、ウルトラシリーズ(空想特撮シリーズ)第1作のテレビドラマ。

概要
アメリカのTVドラマ『アウターリミッツ』や『トワイライトゾーン』を意識して作られた特撮SFドラマ。主人公は万城目淳(パイロット)、戸川一平(助手)、江戸川由利子(報道カメラマン)の3人で、毎回彼らが遭遇する不可思議な事件を描く。モノクロ作品であった。1966年(昭和41年)1月2日から同年7月3日まで、TBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に放送。放送当時の提供は武田薬品一社。

本作は当初、『UNBALANCE』というタイトルで制作が決定し、1964年9月から撮影が始まった(しかしこの時点では放送スケジュールが未定であったとも言われている)。『ウルトラQ』というタイトルは(東京オリンピックの際に体操競技の難易度を示す言葉から一般的になった)当時の流行語「ウルトラC」からヒントを得たものとされている。円谷英二が特撮技術を監修することが売りであり、国産初の本格的SF怪奇ドラマシリーズとして撮影が進められた『UNBALANCE』だったが、すぐに怪獣路線へと変更をされることになり(火星怪獣ナメゴンの出来栄えと円谷=「怪獣」特撮という世間の認知度によるものと考えられる)、同時に番組タイトルも『ウルトラQ』へと変わった。そして放送前に全28話分の撮影を済ませ、放映の順番を決める異例の体制をとり、満を持して、1966年1月2日から放送が開始された(ただし、「あけてくれ!」のみは、TBS側の意向により放送を見送られ、後の再放送で初めて電波に乗った。また、一部のエピソードについては、本放送開始時にはまだ完成には至っておらず、1966年1月半ばまでダビング作業が行われていたことが、近年になって判明した)。制作者側の意図通り、本作は大反響を呼び、ほとんどの放送回で視聴率30%台に乗る大人気番組となった。

TBSは本作の制作途中(放送開始前の段階)で、既にこの大人気を予測し、次の番組企画も円谷プロに依頼していた。円谷プロ側がこれに応え、本作の基本構成に、常時怪獣と戦う組織と、怪獣を退治する巨大ヒーローを付加するという形で具体化させていったのが、結果として本作を上回る大人気番組となった『ウルトラマン』である。

もともとの企画は高価なオプチカル映像合成機を生かす作品の制作ということだった。その機械は、当時まだ世界に二台しかない米・オックスベリー社製のもので、円谷英二が見切り発車で発注したものの(しかも先約があったのだが、円谷の請願と、先約方が「世界のツブラヤ」たっての頼みという事で折れた、という事らしい)、あまりに高額であり、キャンセルしようとしたがすでに船便で向かっていたため、当時TBSのディレクターであった円谷一の口ぞえで代金をTBSが引き受ける事になり、それを使った特撮ドラマを円谷プロで製作するという契約が結ばれ、本作品の制作が行われた。

平成になってから藤原カムイによって、基本的に原作に忠実な漫画化がされている。

寺内貫太郎一家

イメージ 1

先日、第1回と最終回を特別番組で観ました。
第1回は小林亜星、下手です。
最終回は随分ましになっていました。

<<Web検索情報>>
小林亜星、加藤治子、悠木千帆、梶芽衣子、西城秀樹、堺正章、浅田美代子、左とん平、由利徹、藤竜也、篠ヒロコ、横尾忠則、藤園貴巳子、毛利久、芦沢竜介、伴淳三郎、ほか

寺内貫太郎一家(てらうちかんたろういっか)は、1974年にTBS系列の水曜劇場枠で放送され、平均視聴率31.3%を記録した人気テレビドラマ。昭和の東京下町、石屋を営む一家とそれを取り巻く人々との人情味溢れる毎日を、コメディータッチで描いた。向田邦子脚本、久世光彦プロデュース、小林亜星主演。 

概要
東京・下町(谷中)で三代続く石屋「寺内石材店(石貫)」の主人・寺内貫太郎を中心とし、家族や近隣の人との触れ合いを描いたホームドラマ。家族に手をあげ、何か気に入らないことがあるとすぐちゃぶ台をひっくりかえすような、頑固で短気で喧嘩っぱやいが、どことなく憎めずむしろ共感してしまう昔ながらの下町の親父を小林亜星が好演している。一貫してコメディーであるものの、その中に「死」や「孤独」、「老い」といったテーマ、家族の生活の中に潜む「闇」の部分も描かれており、単なるコメディーでは終わらない。

ドラマなのになぜかレシピが出たり、お決まりの会話が飛び交うユーモアたっぷりの食事シーンや、貫太郎の長男の周平(西城秀樹)との大喧嘩(西城秀樹はこのシーンの撮影で実際に腕を骨折して入院)、きん(悠木千帆)婆さんが沢田研二のポスターを見て身悶えしながら「ジュ〜リ〜」と叫ぶシーンなどが話題になった。また、職人のタメとイワが石を削りながら掛け合うシーンも見どころ。

 平成になってからも、主な出演者が「東京電話」のCMに起用されたり、舞台公演されたり、新たにTVドラマスペシャルも3本作られており、その人気の根強さがうかがえる。また、寺内貫太郎の役柄そのままに小林亜星が「全優石」のCMに起用された。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事