音楽する心

登山、ピアノ、クラシック音楽、オーディオ、バイクの話題と懐古的Webサイト収集(転載)サイト。

邦画(新・旧)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

うた魂

イメージ 1

この映画、邦画では珍しく合唱をテーマにした映画。
随分前に、第九をテーマにしたものがあった程度と記憶する。

洋画では、ウィーン少年合唱団、コーラス等があり珍しくはない。

合唱人(昔)として、非常に感動的に鑑賞させて頂いた。
是非カムバックして、もう一度歌いたいという思いがこみ上げて来る。


同じく合唱人の妻(現役指導者)も一緒に楽しく鑑賞、夫婦円満!

合唱人が観るのと、一般人が観るのとでは評価が随分異なると思う。
合唱人なら、音楽だけで感動してしまう。


●主題歌

「青い鳥」 ゴスペラーズ


●劇中歌

en:Early One Morning(イギリス民謡)
待ちぼうけ(作詞北原白秋・作曲山田耕作)
ダンシング・シスター(ノーランズ)
川〜女声合唱組曲水のいのち(作詩高野喜久雄・作曲高田三郎)
15の夜(尾崎豊)
OH MY LITTLE GIRL(尾崎豊)
私の青空(榎本健一)
心の瞳(作詞荒木とよひさ・作曲三木たかし)
Dona nobis pacem(作曲エドヴァルド・グリーグ):2007年度全日本合唱コンクール課題曲G2
宇宙創造神への呼びかけ〜男声合唱のためのリグ・ヴェーダ《宇宙創造の賛歌》(訳詩辻直四郎・作曲千原英喜)
僕が僕であるために(尾崎豊)
あなたに(MONGOL800)


●作品解説・紹介(goo映画より)

高校女子合唱部のかすみは、歌っている自分が大好き。ある日、イケメン生徒会長から「歌っている君を写真に撮りたい」と言われ、自分が好きなんだと有頂天になる。しかし、出来上がった写真を見て大ショック。歌っている自分がこんな顔だったなんて。生徒会新聞にその写真が大きく使われ、悲しみと自信喪失で合唱部を辞めると言い出す。しかし、かすみのやる気のない態度に、ヤンキー高校の合唱部から文句をつけに来た男がいた…。

歌が大好きで、ちょっと自信過剰なヒロインが歌と自分を見つめ直していく青春ストーリー。シンクロ、ジャズ、フラダンスなど、映画から様々なブームが生まれたけど、次に来るのは合唱かも。クラシックからポップスまで、名曲がたくさん登場。合唱のパワーってすごいと感動すること間違いなし。主演は、モデル出身で『東京少女』など、08年は新作が続々待機している夏帆。天真爛漫で憎めない主人公をキュートに演じている。ガレッジセールのゴリが、合唱に命をかけるヤンキー高校生を熱演しているのも笑える。また、伝説のストリートシンガー役で薬師丸ひろ子が久々に美声を披露しているのにも注目。監督は、『タナカヒロシのすべて』の田中誠。

イメージ 1

昨日のテレビ版に刺激されて劇場版を家族で観た。
病が強調され、全体が重々しく進行して行く。
観るのがつらい映画だった。


Amazon.co.jp
 木藤亜矢(大西麻恵)は中学3年のとき、脊髄小脳変性症という全身が次第にマヒしていくという治療法のない難病に侵されながらも高校に入学。しかし日に日に病状は悪化し、やがて養護学校へ転入することになる…。病魔に侵され、25歳でこの世を去った木藤亜矢が21歳まで書き綴った日記をもとに描かれるヒューマン映画。
岡村力監督のいわゆるお涙ちょうだい的作劇を避け、淡々としたリアリズムで気負いなくなされている演出が逆に功を奏し、哀しい話でありながら鑑賞後は心洗われる感動の佳作たりえている。身障者差別にも目を向けられており、ふと我が身を顧みてしまう瞬間もあり。主演の大西麻恵の飾らない好演も印象的。母親役のかとうかずこは彼女の代表作ともいえるものになった。また駄菓子屋のおばさん役で登場する松金よね子が、前半部の画面をさらうほどに素晴らしい存在感を示している。後にTVドラマ化もなされている。(増當竜也)

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
体の全機能が停止してしまう難病により弱冠25歳でこの世を去った、木藤亜也によるベストセラー小説を映画化。15歳の時、母親に体の異変を指摘され病院を訪れた亜也は、そこで次第に体の自由が効かなくなる難病、脊髄小脳変性症だと診断される。

予言〜酒井法子

イメージ 1

昨日、『予言』をDVDで観た。
まずまずの恐怖映画でだった。
のりピーが可愛かった。


恐怖は[感染]し、死を[予言]する……。
 究極の6つの恐怖を競う、全世界発信=究極のレーベル“Jホラーシアター”。究極の対決・第一弾は、悪魔のウィルスVS死の活字。

 ホラーコミックの先駆者・つのだじろう氏により1970年代に連載された漫画『恐怖新聞』。このストーリーを現代的な解釈で再構築し、『リング0〜バースデイ〜』『案山子』の鶴田法男監督の手により最新の表現で映像化。

 【新聞】の死の予言に翻弄される主人公・里見英樹を演じるのは、表現者として常に成長し続ける三上博史。また里見の元妻で、独自に【新聞】の謎を追う立原綾香役には、『呪怨2』にも出演した酒井法子。『予言』は間違いなくJホラーの歴史を変える一本になる、とここに予言する。

 妻・綾香(酒井法子)と娘・奈々を連れて車で帰省中の里見英樹(三上博史)は、途中、電話ボックスで奇妙に古びた【新聞】を見つける。目に留まった記事は交通事故による娘の死亡記事だった。その瞬間! 不吉な予感がして振り返った里見は、恐るべき光景を目にした。娘のいる車に、大型トラックが追突してきたのだ。

どろろ

イメージ 1

映画『どろろ』をDVDで観た。

昔観た、手塚のテレビアニメの強烈なイメージが脳裏に焼きついている。

この映画は、単なる妖怪映画の域を出ていない。残念!


<<Webより>>
 時代劇で妖怪物、というかなり特殊なジャンルとして発表され、アニメ化に伴う掲載誌の変更、ヒーローキャラである百鬼丸をうたったタイトル変更、なによりも全身に欠損を持つ超能力者と盗賊の孤児が主人公ということで、差別問題など微妙な問題が多く地上波では殆ど再放送されないなどかなり不遇な状況を背負った作品。

 但し、内容は手塚得意のバラエティ豊かなドラマ、特に戦争に対する庶民の怒りが語られ、一つの村が隣同士の争いに巻き込まれて「ばんもん」という壁に分断されてしまう『ばんもんの章』はベルリンの壁や板門店に対する強烈な風刺で描かれている。

 ちなみに唐沢俊一が生前の手塚に執筆動機を尋ねた際に、手塚は執筆当時の白土三平、水木しげるの作品人気を意識して描いたと答えた。 唐沢の談によれば、以前から水木や白土の作品人気を意識していた手塚が、ある受賞式の折、賞を受賞した水木に向かって『僕だってあなたみたいな妖怪ものぐらい書けるんですよ』といきまいてそのまま退場したという。どろろの執筆にあたって水木と手塚との確執(と言うより手塚の水木に対する一方的な嫉妬)が関与していたことが想像される。 「どろろ」というタイトルは手塚治虫の友達の子供がどろぼうのことを片言で“どろろう”といったことをヒントにした。

明日の記憶

イメージ 1

テレビ放送の「明日の記憶」を家族で観た

義母が初期のアルツハイマー

他人事ではなかった!

私に妻はここまでしてくれるだろうか?

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事