京都 吉田神社 つれづれ社務日誌

ようこそ『吉田神社つれづれ社務日誌』へお越し下さいました

つれづれな話

すべて表示

火炉についての注意事項

ご無沙汰しております。
早いもので新年も明けまして二十日あまり過ぎました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私どもは来月2日より4日まで行われます節分祭の準備で忙しなく過ごしております。



先般、3日の午後11時に行われる火炉祭の火炉が完成致しました。


イメージ 1


直接火炉の中に古いお札やお守りを入れて頂けるのは
係員が立っております2日と3日のお祭が始まるまでと限らせて頂きます。

また、環境問題等に配慮し、人形やはがき・写真など生活にて使用されていたものや、
お札などを入れて持参頂いた紙袋やビニール袋等もお持ち帰り頂いております。

上記の日時以外にお持ち頂く方は
社務所にて受け付けておりますので、どうぞお申し付け下さいませ。

ご協力の程、宜しくお願い致します。


より一層寒い日が続きますが、
節分祭にて皆様にお越し頂けることを楽しみにしております。


吉田神社

巫女H

.


みんなの更新記事