京都 吉田神社 つれづれ社務日誌

ようこそ『吉田神社つれづれ社務日誌』へお越し下さいました

つれづれな話

すべて表示

中門修復

まだまだ暑さ厳し御座いますが、みなさま如何お過ごしでしょうか。

あっという間に平成最後の夏も過ぎ、
5月末から約3ヶ月ありました御本宮中門工事も明けました。


中門の屋根が桧の皮を重ねることで出来ているのですが、
長年風雨にさらされると傷んできます。
今回はその葺き替えの工事を行っていました。


ずっと上りたくてうずうずしていた足場へ
撤去日に記録用の写真を撮るという大義名分を得て上らせてもらいました。いざ行かむ

イメージ 1



な ん と い う こ と で し ょ う 。
風雨にさらされ、烏に突かれ傷んでいた桧皮葺の屋根が
職人さん達の手によって綺麗に組まれ、美しく生まれ変わりました。

イメージ 2

イメージ 3

朱も新たに塗り直され、一層の輝きを誇っています。

匠たちありがとうございました。


今回は中央部分(お賽銭箱の置いてある付近)のみで、
来年再来年と同じ期間に少しずつ左側、右側と工事を行います。


これからは気候も落ち着いてきて待ちに待った行楽シーズンですね。
是非皆様が吉田神社へお参りにお越し頂けるのを楽しみにしております。


巫女H


吉田神社


.


みんなの更新記事