京都 吉田神社 つれづれ社務日誌

ようこそ『吉田神社つれづれ社務日誌』へお越し下さいました

全体表示

[ リスト ]

頭屋飾り

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

頭屋(とうや)飾り、というそうです。

唐胡麻鉾(とぐるまぼこ)をお祀りしております。

この唐胡麻鉾、平安時代のものだそうです。
応仁の乱で唯一焼け残ったとか。


この頭屋かざり、なんと今年、50年以上ぶりに復活しました。
昭和30年頃、一度お飾りしたそうですが。
今は記録もなく、詳細も言い伝えで残っているのみ、とのこと。




この大変貴重な鉾を、間近でじっくり見せて頂きました。

後ろ側を覗き込むと、中心の装飾部にうさちゃんを発見。
表側には八咫烏の彫刻が施されておりました。
八咫烏と兎は、太陽と月、陰と陽を表している、とのこと。

よく見えるように、と、わざわざ鉾の向きを変えて下さいまして、
じっくりと拝見させて頂くことができました。
装飾はどれも繊細で、彫刻もとても細やか。
実際触らせて頂くことも叶い、大変貴重な時間を持てました。

ありがとうございました。





明日の巡幸前、この唐胡麻鉾の前で、剣鉾のお祓いをするそうです。
                              

                                  巫女K’


     
     吉田神社公式HP http://www.yosidajinjya.com/

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

なにやら国宝級の代物ですね。
八咫烏とうさちゃんに思わず合掌してしまいました。

2008/10/14(火) 午後 10:33 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事