京都 吉田神社 つれづれ社務日誌

ようこそ『吉田神社つれづれ社務日誌』へお越し下さいました

つれづれな話

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全68ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ご無沙汰しております。
早いもので新年も明けまして二十日あまり過ぎました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私どもは来月2日より4日まで行われます節分祭の準備で忙しなく過ごしております。



先般、3日の午後11時に行われる火炉祭の火炉が完成致しました。


イメージ 1


直接火炉の中に古いお札やお守りを入れて頂けるのは
係員が立っております2日と3日のお祭が始まるまでと限らせて頂きます。

また、環境問題等に配慮し、人形やはがき・写真など生活にて使用されていたものや、
お札などを入れて持参頂いた紙袋やビニール袋等もお持ち帰り頂いております。

上記の日時以外にお持ち頂く方は
社務所にて受け付けておりますので、どうぞお申し付け下さいませ。

ご協力の程、宜しくお願い致します。


より一層寒い日が続きますが、
節分祭にて皆様にお越し頂けることを楽しみにしております。


吉田神社

巫女H

この記事に

開く コメント(0)

こんばんは。

ご無沙汰しております。

みなみなさま、つつがなくお過ごしのことと存じます。

さて手前味噌ながらご報告をひとつ。

わが吉田神社が第45回左京自衛消防訓練大会に出場いたしました。


京都市左京区内の各事業所にて編成された各自衛消防隊が日頃の初期消防の訓練成果を披露する場です。

毎年、左京区宝ヶ池公園で初秋のころ開催され、今年は約30の事業所が出場。

わが吉田神社自衛消防隊は屋外消火栓操法という部門に出場させていただきました。

これは65メートルの延長放水を的確かつ迅速に行うものでして、毎年この部門で出場しております。

神職3名、巫女1名の計4名のチーム吉田はまさかのトリを務めまして、華麗なるw消防訓練成果を披露させていただきました。

結果、入賞!(^^)

京都市消防局左京消防署鹿ヶ谷消防出張所のみなさまの2度にわたる御指導御鞭撻のおかげはもとより、ひとえに日頃、御参拝に訪れる皆々様のおかげと存じます。

ありがとうございました。


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

長く短い夏


お久しぶりです、巫女Tです。
久々の更新です。
暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
吉田神社は夏場はお祭も少なく、穏やかな日々が続いております。

この時期になると、森山直太朗さんの『夏の終わり』がぐるぐる脳内再生されて、少し悲しくなります・・・今年も早かったなー。
そんなん言って秋も大好きですけどね!!ごはんおいしい。

夏の手が空いているうちに、自宅にて神社までの案内地図を作成しております。あとは少し色味などを調整して完成です!!結婚式の案内状など、ご自由にお使い下さい。色々と不備はあるかと思いますが・・・あくまで素人作ですのでお許しを。

ではでは、巫女Tでした。


イメージ 1





この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

当社の恒例神事、水無月大祓が明日、30日午後4時より斎行されます。

神職が祓え(はらえ)をお修めいたしまして、みなさまからお預かりいたしました形代(ひとがた、とも呼んでおります)をお浄めして今年、上半期に知らず知らずに犯した罪、背負う穢れお祓い申し上げます。

式修了後は、ご参列いただいた皆様と御本宮玉垣外に設置いたしました茅の輪をくぐった後、茅(ちがや)を授与いたします。

茅につきましては、なくなり次第、終了となりますのでご了承ください。

どうぞ、みなさまのご参列をおまちしております。

この記事に

開く コメント(0)

すこし前といっても今月はじめですが「京都の凸凹を歩く2」という本が発売されました。
イメージ 1

いまの京都市中の地形に痕跡をとどめた中世あるいは近世、はては古代の京都の姿を丹念に紹介した内容です。

去年発売されました前作「京都の凸凹を歩く」は発売から好評で京都ガイド本大賞2016リピーター賞をとられたとか。

さて今回発売された「京都の凸凹を歩く2」。

吉田神社も取材されています。

中世から近世の吉田惣溝遺構、さらにはそれにまつわり近世においての吉田神社がどこを指すものだったか?

表参道がどこにあったか?  

などなど著者である梅林秀行さんが取材された、かつての吉田神社といまの吉田神社について非常にわかりやすく取り上げられています。  

6月3日、著者の梅林さんと発行元の青幻社の久下さんが神社にお越しになり、献本いただきました。

「京都の凸凹を歩く2」

京都市内の各書店はもとより全国発売されていますので是非、吉田神社のいまむかしに皆さんお触れください!


この記事に

開く コメント(0)

全68ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事