ここから本文です

尋ね人

尋 ね 人
昭和23年(1948年)発行の


「主婦之友」新年号」


の口絵モデルになった


日本人少女は今
イメージ 1

イメージ 2
カラー版(出典不詳) 

食糧難の昭和22、3年ころの子供にしては栄養状態もよさそう。
良いとこのお嬢ちゃんのようだから、この撮影をきっかけに、英語を勉強して、案外いまはアメリカあたりに住んでいるのかも。
進駐軍の司令官らを接遇した英語ができる日本側の関係者の家族と考えれば
範囲はかなり狭まるが、
写真撮影用に臨時にどこかの児童劇団や合唱団などから連れてきた可能性も否定できない。

少女の名前が出ていない点やこの写真をもとに描かれた口絵の画家である洋画家の伊原宇三郎には『進駐軍と少女』のような作為的な作品もあることを考えるとを考えるとこの可能性の方が大きいかもしれない。

子役や少女童謡歌手などに絞って探せば見つかる可能性があるかも。


8/27(日) 11:24配信    
朝日新聞デジタル
 米国ハワイ州の米国人女性が、約70年前に自分と一緒に写真に写った日本人の女の子を捜している。撮影したのは、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官のダグラス・マッカーサー付広報官だった父親だ。

【写真】ドナ・ハワードさん

 女の子を捜しているのはマウイ島に暮らすドナ・ハワードさん(74)。父親の故ウォルター・ペニーノさんは陸軍中佐で、占領下の日本で父、母、弟の家族4人で暮らした。住まいは、現在の代々木公園や国立オリンピック記念青少年総合センターなどの一帯にあった米軍の家族向け住宅地「ワシントンハイツ」にあった。ドナさんは日本語を話していたという。

 約10年前にハワイ大学に寄贈した父親の写真コレクションが東京都千代田区の「昭和館」で29日から展示されることになり、「彼女が日本にいるかどうかもわからないが、ぜひ再会したい」との思いを募らせた。

 撮影時期は不明だが、ほぼ同じ構図の絵が1948年発行の婦人雑誌「主婦之友」新年号の口絵として描かれており、来日した47年とみられるという。

 ドナさんから依頼を受けた「昭和館」では、従軍画家としても活動し、写真をもとに雑誌の口絵を描いた伊原宇三郎の絵画を所蔵する徳島県立近代美術館にもあたったが、手がかりはつかめなかった

この記事に

中原蘭
ファーストアルバム
『COLORFUL TONE
9月10日リリース
イメージ 1
予約分が9月7日到着しました


曲目         作曲
1.WALTZ of leaves 中原蘭
2.大きな古時計   
3.GREAN sleeves
4.朧月夜      岡野貞一
5.向うへ      中原蘭
6.うたかた     中原蘭
7.浜辺の歌     成田為三
8.夕暮れ      洋介
9.スピード     琴線計画
10.手のひらの祈り 琴線計画
11.面影      洋介
12.故郷      岡野貞一
13.雨巻山(あままきさん/ あままきやま) 洋介
14.おやすみ☆    中原蘭



この記事に





オカリナ奏者・中原蘭の『別れの予感』
 (テレサ・テン/麗君)


別れの予感(オカリナ演奏)


 クロマチックハーモニカの南里沙さんの演奏を聞き始めたところ、なぜか中原蘭さんのオカリナのPVにたどり着きました。何気なく聞きだしたところ、美しい音色に驚き、つい引き込まれてしまいましたw。調べたところ、YOUTUBEにはオカリナ演奏のビデオが90本近くUPされていました。その他、きれいな声で歌っているビデオも5本ほどあり、十分楽しめます。できればすべてCD化、DVD化してほしいほど。
南里沙さんは「クロマチックハーモニカの伝道師]のキャッチコピーでメジャーデビューし、活躍中ですが、
中原さんは「歌うオカリナの伝道師」として活躍してほしいものです。

「Ran Ocarina」こと中原蘭 さんは「栃木県宇都宮市出身 。幼少の頃からピアノをはじめ、音楽に親しむ。吹奏楽やオーケストラで管楽器を経て現在はオカリナ奏者として栃木県を中心に活動中。コンサートのほか、YouTubeなどに投稿している。 」だそうです。
 すでにオカリナ奏者としてプロの演奏力を持っている中原蘭さんですが、現在、作品のCD化を目指してクラウドファンディングで資金調達をしているそうです。すでに、CD化の第一段階の資金は集まったようですが、更に第二段階の目標に向かって募集を継続しているようです。3000円でCD2枚(オカリナ演奏と伴奏カラオケ各1枚)をもらえるそうです。

プロジェクトの目標金額達成率183%で無事企画がスタートするそうです。
しかも、このプロジェクトがきっかけになって、全く新しいジャンルの
 CDが決まったようで、レコーディングが始まるそうです。こちらも楽しみです。

引用
「このプロジェクトの支援を募集する中、別企画の依頼があり、4月後半から中原蘭さんのレコーディングを予定しております。このプロジェクトとは、まったく音楽ジャンルを異にするCD企画で、まだ詳細を申し上げる段階ではありませんが、今後予定しております、コンサートやイベントの中で、そのCDも紹介できる見込みです。」だそうです。

全く異なる音楽ジャンルの言葉に期待が高まります。

Facebookなどに依れば音大の出身ではなく、国文科卒でつい最近まで中学校の国語と書道の先生をしていたそうです。手書きのタイトル文字がきれいなのはそのせいですね。
今は趣味が本業になりオカリナ教室の先生をされているようですが、歌の才能もあり、アニソンなどをYOUTUBEで披露されています。
うたはまだ余興扱いなのか、数作品しかupされていませんが、アンジェラ・アキの「手紙」は完成度が高く、メリッサ国吉の「手紙」以来の衝撃ですwww
声質はすぐにアニメの声優やアニソンの歌手になれそうなほどで、しかもオカリナとのギャップがない。
歌うオカリナ奏者として選曲とプロデュース次第で歌手としてもいけるかも。
初期の作品は教職についていたせいか顔が見えないものが多かったが、最近の作品は解禁されたのか、作品に相応しいお姿を見ることができるようになっています。

近況はブログとツイッターで発信中。



歌うオカリナ奏者・中原蘭の
『手紙~拝啓 十五の君へ』
手紙


「気まぐれバロン」(アニメ『ペリーヌ物語』のエンディング)

 

この記事に

クロマチック・ハーモニカの
伝道師/南里沙の
『見上げてごらん夜の星を』

クロマチックハーモニカの奏者 harmonistです。3月4日のNHKラジオ深夜便でこういうハーモニカがあることをはじめて知りました。鍵盤式ハーモニカに押されて普通のハーモニカは衰退しているらしいです。
 でも、こういう演奏ができるのならぜひ復活してもらいたいものです。

ニュー・アルバム『Blend』発売記念
クロマチックハーモニカ奏者 南里沙スペシャルミニライブ&サイン会
日時:2017318日(土)1400/1530
会場:銀座山野楽器本店1F 銀座通り口 特設ステージ
観覧自由 当日、会場にて3/8()発売『Blend』(KICJ-762)をご購入の方は、ミニライブ終了後のサイン会にご参加いただけます。事前に銀座本店にてご購入の方には「サイン会参加券」を差し上げます。※雨天荒天の際はミニライブ中止、サイン会のみ店内にて行います。※お問い合わせ:銀座山野楽器本店2F ジャズフロア 03-3562-5051(代表)

ウィキペディアより
若手女性クロマチックハーモニカプレーヤー。国内及び国際コンクールで数々の優勝を果たし、多数のメディアに出演、精力的な演奏活動を行う。2013年5月22日にアルバム「Mint Tea(発売元・キングレコード)」でメジャーデビューし、これまでに6枚のアルバムを発表(2016年現在)。2016年10月1日より、自身のクロマチックハーモニカ演奏がBGMに採用されたJR東海2016秋CM「そうだ 京都、行こう。」が放映、話題を集める。ドイツ・HOHNER社とエンドース契約を結ぶ。

3月8日 に新しいCD『Blend』が発売!
商品画像1

Blend

「そうだ 京都、行こう。」CM曲の公式完全版収録!
発売日
2017/03/08
品番
KICJ-762
販売価格
定価¥3,000 + 税
世界トップクラスの実力でクロマチックハーモニカの伝道師として躍進し続ける南里沙の最新セルフ・プロデュース・アルバム!!*4曲目のオリジナル曲「つばめ」メロディ譜封入 クロマチックハーモニカ穴番号付き
【DISC1 CDアルバム】
1.My Favorite Things
作曲:Richard Rodgers 編曲:川井 憲次
2.Shape Of My Heart
作曲:Sting&DominicMiller 編曲:渡邉 具義
3.Spanish Dance
作曲:Manuel de Falla 編曲:渡邉 具義
4.つばめ
作曲:南 里沙 編曲:渡邉 具義
5.メロディー
作曲:玉置 浩二 編曲:渡邉 具義            
6.Misty
作曲:Erroll Garner 編曲:渡邉 具義
7.Some Skunk Funk
作曲:Randy Brecker 編曲:渡邉 具義
8.Days of Wine and Roses
作曲:Henry Mancini 編曲:渡邉 具義
9.Love Theme from Spartacus
作曲:Alex North 編曲:西村 真吾
10.Invention 2 c-moll BWV.773
作曲:Johann Sebastian Bach
11.めぐり逢い
作曲:Andre Gagnon 編曲:西村 真吾
12.When I Look at You
作曲:Frank Wildhorn 編曲:西村 真吾

■収録曲■
1. My Favorite Things -私のお気に入り-
2. シェイプ・オブ・マイ・ハート
3. スペイン舞曲 ~歌劇「はかなき人生」より~
4. つばめ
5. メロディー
6. ミスティ
7. サム・スカンク・ファンク
8. 酒とバラの日々
9. スパルタカス 愛のテーマ
10. インヴェンション 第2番 ハ短調 BWV.773
11. めぐり逢い
12. あなたを見つめると ~ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」より~

世界トップクラスの実力でクロマチックハーモニカの伝道師として躍進し続ける“南里沙"の最新作は、
メジャー3作目となるファン待望のオリジナル・コンセプト・アルバム。
自身の選曲・プロデュースによりバラエティに富んだラインナップを展開。
クロマチックハーモニカの新たな可能性を更に追求した渾身の一作。
多くの反響を集めた前作のオリジナルアルバム「El Mundo(エル・ムンド)」から1年。
数多くの演奏、録音、チャレンジにより深みを増した表現力と技巧による最新録音で、まだ誰も味わったことのない、
新しい音楽の感動を全ての音楽ファンに届ける。
ジャンルを超えた名曲カバーからオリジナル新曲を含む計12曲。

メディア掲載レビューほか

世界トップクラスの実力でクロマチック・ハーモニカの伝道師として躍進し続ける南里沙のメジャー3作目、ファン待望のセルフ・プロデュース・アルバム。今作には2016年、JR東海「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンCM曲の奏者として抜擢されて演奏した「My Favorite Things」をフルサイズで収録。 (C)RS

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事