ここから本文です
中村與資平記念館別館
::2019年・令和元年・猪年

書庫全体表示

朝鮮銀行本店

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

朝鮮銀行本店   

現・韓国銀行本店/貨幣金融博物館
所在地      韓国ソウル市中区南大門路3街110(京城府南大門通3丁目)
竣工年      1912(明治45)年竣工  着工は1907年11月
         1909年7月11日定礎
規 模      地上3階、地下1階、延べ床面積8703.5屐別2637坪) 
構 造      石造り、鉄筋コンクリート、外壁−御影石
様 式      ルネサンス様式
設計者      中村與資平(辰野葛西建築設計事務所)
施工者      清水組
現 況      2001年から韓国銀行本店併設の貨幣金融博物館として公開されています。
文化財指定   韓国史跡第280号 1981年9月25日指定
       ソウルサラン市民賞(建築・夜間照明部門)受賞(2005年11月)

その他    
終戦直前の1945年1月に火災に遭い、数カ月かけて修復したものの、
戦後、韓国銀行になってからも
朝鮮戦争で再び屋根や内部を焼失し、臨時の修復で使用されてきたが、
史跡指定をきっかけに本格的に修復され、1989年に原型に忠実に復元された。
その際、旧朝鮮銀行の日本側関係者により設計図を含む資料提供などの協力が行われた。
4番目のパースは韓国銀行のパンフレットに使われていたイラスト。
5枚目はソウル市公式HPより。6枚目は中村工務所営業経歴より。
7〜9枚目は2006年5月撮影。
10〜11枚目は朝鮮銀行拾円券の裏面の図案。
12枚目は東北大学狩野文庫コレクションから借用した絵葉書。
13枚目は昭和3年頃の絵葉書から。
14・15枚目は日之出商行発行の絵葉書から。
12と15は同一原版と思われるが15には雲があるところが異なる。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事