ここから本文です
中村與資平記念館別館
::2018年・平成30年・戌年

書庫全体表示

天道教中央大教堂

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

天道教中央大教堂 
 
所在地      韓国ソウル市鍾路区慶雲洞88 (京城府慶雲洞)
竣工年      1921(大正10)年竣工  着工 1918年12月1日
規 模      地上2階、塔部4階、延べ床面積927屐別280坪) 
構 造      レンガ造り
様 式      ジャーマン・セセッション様式
設計者      中村與資平      主任技師:アントン・フェラー?
施工者      張時英(中国人)   総監督:古谷虎市(日本人)  清水組
現 況      教会敷地内にあり、保存状態は良い。

文化財指定  ソウル市特別有形文化財 第36号 1978年12月18日指定

その他    
天道教は、1860年に開かれた新興宗教の東学をもとにして、1905年に孫秉熙(ソンビョンヒ)が創設しました。東学は1894年の東学党の乱で、天道教は1919年の3.1独立運動でそれぞれ主導的役割を果たしたとされています。
 敷地内には大教堂のほかに本部の建物が2棟ありましたが、1960年代末期に道路拡張と新館建設のために郊外(江北区ui洞)の教団の修道院敷地内に一棟が移築され、いまも研修施設として使用されています。もう一棟は撤去されたそうです。
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事