ここから本文です
中村與資平記念館別館
::2018年・平成30年・戌年

書庫全体表示

淑明女学校

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 3

淑明女学校


所在地      京城府寿松洞 現校地はソウル市江南区道谷にある
竣工年      1920(大正9)年竣工
規  模      地上2階、延べ床面積約1280坪 
構  造      レンガ造り
設 計       中村與資平     
施 工      清水組
現  況      
現校地に復元されたが、3階建てになり細部のデザインは簡略化されている。
その他
淑明学園は岩手県出身の淵沢能恵が1906年に明新女学校として創立し、李王家の皇太子妃方子(まさこ)妃殿下が総裁を努めたこともある由緒ある学校で、現在は淑明女子大学、女子高校などからなる。
(参考:『淵澤能恵の生涯』村上淑子著 原書房)
写真:淑明女子高保存資料

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事